タグ:性・ジェンダー ( 86 ) タグの人気記事

 

世田谷シンクロニシティ/本郷地下

目新しいな。目新しいね。
でも5chのバイスレのテンプレに載ってるんだなこれ。性欲と恋情の分離。
目新しさ抜きに面白いかといったらそんなにかな。

でも「本当はゲイだった」に回収せず「今まで好きになった子も本当に好きだった」はほっとした。
そうだよね。
そして『彼女とカメラと彼女の季節』しかり同性に感じるのは性欲である。異性愛と同性愛の等価性は同性にのみ性欲を覚えることで説得される。

女という記号、男という記号、自分の枠組み、なにを見て男と認識してるのか、そこを突いたのはよかった。
変わってもいいし、変わらなくてもいい、流動的であることを認めるあたたかさ。
[PR]

by jinloturu | 2018-03-26 03:05 | BL漫画 | Comments(0)  

女子的生活

しおりんかわいい~~~
私は!しおりんのお姉さんメイクが大好きなんだ!!
OL役最高。ボールペンかちかちってやるとこ(杏果談)かわいい、バインダー取り損ねるとこかわいい、合コンでの「チャオ!」的ジェスチャー!!かわいい!!


言うほどパス度高くなくない?ふつうにバレるのでは?
と思ったんだけどほどよいさじ加減難しいのか……埋没してるでもなく全然パスできないでもないみたいな役者さん……。


涙のカミングアウトとか偏見に負けず立ち向かうトランスジェンダーとか手垢ついたパターンを絶対やらねえ姿勢はドラマとして新しかったし、アイデンティティが確立していて好戦的で世渡り上手なキャラ設定もよかったし、思ったよりさらっとMtFレズビアンだと説明されてそのまま進んでいくのもよかった。
けど、父親の「女に手をあげるんじゃない」でまとめられるとか、「女子よりも"女子力"高い」みたいな古典的キャラ像とか、うーん???
しかしどうやら原作はもうすこし繊細らしいんだよな。
トランスジェンダーを自認しながら「自分は女だ」じゃなくて「女子になりたい」で終始進むのも違和感だったけどここらへんも繊細らしいんだよな。

1話の「初回特典ってことで、」まわりのあの感じ、すげーーーああいうセクマイいるわーーーー

こっぱずかしさがある、丁寧に説明しても理解されないし同じ話何度も繰り返すのに飽き飽きしてるから端から説明放棄、でも理解されないことにすこし選民意識もある、会話の主導権を握れる優越感、内輪意識。
わかるーーーーーー

聞く前に自分で調べろ、に誘導してるのはよかった。

あんまり人間ドラマはなくて、無理解な差別者を言い負かしたりするパターンはわりと飽きるな。
意外とパターン化されてはない展開だしじみにキャラ設定つくりこんではあるけど、だからなんなんだ、という。
でも「こういうの、向こうでは許されるんですね」みたいなじわーっといやーな偏見に日常的に出くわすのだと伝える手段だと思えば。なんというか、そうか……そうよね……。


しかし鬱への偏見とか"オーガニック"女子への蔑視とかひどくない?
ミニーさんは結果的にはそうでなかったかもしれないにせよ。
なんかこう、別にみきが戦闘モードで見下しが入るのはいいんだけどだからって物語がそれを許しちゃうのはな~。
いや、安易に後藤と恋に落ちなくてよかった。

「くっそうめえ~~~」とか、"つい素の男言葉が出てしまう"って感じじゃなくて、女以上にジェンダー規範に沿おうとするようなMtF像にならない、囚われているのではなく選択している小川みき、っていう表現はけっこう伝わってきてこのへんドラマとしてもよかったな。
街中ちゅーは不覚にもきゅんとしたぞ。

はーしかししおりんかわいかった。
もっとしたたかなキャラでもいけるぞ。

[PR]

by jinloturu | 2018-02-11 10:34 | その他 | Comments(0)  

逃げるは恥だが役に立つ(ドラマ)

見る見る言っててやーっと見ましたよ!
面白かった。原作既読。



流行った当時は、「私のような者たちが読むものが、ついに世間のメインストリームに乗るように……」といううすら感動があったのですが、なるほどこれはうまい。
言語でまくしたてあう理屈っぽいくどくどしたコミュニケーション部分をばっさりやって、ラブコメ全開。
しかし根底はぶれることなく、「それは好きの搾取です!」でその姿を露呈させる!
最終話の会議で原作『逃げ恥』らしい言語コミュニケーション炸裂、でもそれはドラマ版にとって唐突というわけでもない。
うまいなあ。



あのね、あのね、原作でいちばん気にくわなかったのはゲイの描きかたでして。最後のほうはそこそこ見れるようにはなったけど男をみんな性的に見ている男好き、的なオチ担当っていう。
「俺が風見さんに手を出さないか心配だったんでしょ」
って台詞、これは別にいい。つづくドラマオリジナル台詞、
「男だからって誰彼かまわず取って食うわけじゃないのにね」
これも、いい。
BLでもよく見るようになった世間反発。偏見打破。

でだ、それだけならいくらでもできるわけ、偏見に辟易してる側はそれで胸がすくかもしれない、でも、素直に受け取れない偏見持ち側からすれば鼻につく描きかたになる可能性をはらんでいる。
別に偏見持ち側への過剰な配慮をしてほしいわけじゃなくて、私がそういう教科書的な説明台詞はあまり肌にあわないので。
こういうのにかぎらず説明台詞はできるだけ省いてほしいので「いや、もう、それ、言われなくても知ってるし」って気まずさを受けとりたくなくて。

だけどこの作品は、そこに留まらなかった。
「僕はこれまでも知らないうちに人を傷つけているんだろう」
傷つきたくなくて閉じこもるあまり独りよがりになって弱さとコンプレックスと思い込みで人を傷つける平匡キャラの説明を盛り込んできた!
そうそのプラスアルファがほしかった!
説明台詞がほっぽりだされず本筋にさらっと合流する気持ちよさ~~!
これぞ創意工夫~~~~!!


っていうね、工夫があちらこちらに見えて楽しかったですね。
全然原作と展開ちがうのに「全然ちがう!」感がなかった。
脚本も演出もキャストもぜんぶ噛み合ってたね。


ガッキーかわいすぎるでしょ。ガッキーかわいすぎるでしょ。
「うそです!」って後ろから抱きつかれたすぎる。朝まで一緒に寝ていいか聞いたらちいさく頷かれたすぎる。
ガッキーがあまりにかわいすぎるから理屈っぽさ削ぎおとすと「かわいくて完璧に家事してくれて優しくていつも笑顔なみくり」像が如実になり。
するとけっきょく高学歴高収入男が若くて綺麗な都合のいい女をつかまえたに過ぎないじゃねえかと思いそうにもなるんだけどそこに「それは好きの搾取です!」をぶつける構成がめちゃくちゃよかった。
都合の悪い女になっていこうな。それが大事な自分なんだ。
いやそういう話でもないんだけども。

まあでも異性愛ですね。青空市のハグにみんな注目過剰演出、つらい。異性愛が祝福される、つらい。
真逆のことを言いたい最終回なのはわかるけどね。作籍婚を濁してあらゆる未来を示唆したのはよかったけどね。とても。あんしん。
でもなんかあー異性愛なんだな~と気づかされる感じでしたねあれは。私の呪いは解けないし解きたくないですね。
ゲイ同士の(とってつけたような)出会いにすこし救われ涙を流す。
[PR]

by jinloturu | 2018-02-09 23:30 | その他 | Comments(0)  

しまなみ誰そ彼3巻/鎌谷悠希

はあ……
「君の言葉で僕が傷ついたことを知ってほしい!」、そう。
そうなんだよな。
それだけなんだよな。
「傷ついた」、言葉だけじゃ絶望的に伝わらないんだ。
お前は気軽に無邪気に口笛を吹いたつもりかもしれないが目の前にいる殴られて血のついた私を見てほしいだけなんだよな。

怒るべきか。怒らざるべきか。笑顔の下の「あームカつく!」。瞬間的に沸いてきたのは。
「怒り」。
怒りだ、我々の。
どこにもいけない怒り。加害者はお前だ、君だ、私だ、被害者もみな、お前であり君であり私だ。

椿くん内面化ホモフォビアかよ。
見てらんね。
救われてほしいのだ。たすくの言葉が届いたのだといい。
[PR]

by jinloturu | 2017-12-09 23:49 | その他漫画 | Comments(0)  

男の絆-明治の学生からボーイズ・ラブまで-/前川直哉

意外とジェンダー論初学者に向けて書かれてた。
セジウィックの論が難解だったからかな……。修論下敷きというのもあるだろうけど。


そうそうー!
「昔の日本は同性愛に寛容だった」論イラッとするんだよ。
ホモソ下位への搾取と対等な人間関係の区別がつかないのかと。
別に……いまの同性愛者がみな対等関係つくってると思ってるとか対等信仰したいとかじゃないんだが。

まああと教養のない頃は同性愛差別の原因はキリスト教の流入だと思っていて、次に性科学の流入だと思ってたけど、そうじゃないんだとわかってからは明治日本の流れを知りたかったのでようやっと読めた。


男同士の性行為が硬派学生のものから軟派学生のものへと変わっていった経緯とか、結局人間意味づけによって言動が抑制されるよなと。


あーあと近代家族観=伝統論もうざいよね。
いかに明治期女が家庭に押しやられていったかとか、高度経済成長の波によりそれまで少数だった外で男が働き女が内で子育てする家族が急増したとかわりと初めて知る知識だった。

これ書き足そうかな。
「外で社会を生きる男は友を想う気持ちが強いが内で家庭を生きる女はそれが薄い」とか百合オタ的には腸煮えくりかえるぞ。


それら偏見を破壊する著作と見ればたしかに初学者にこそ薦めるべきなのかもしれないな。


BL論的には物足りなさすぎるけどまあそれが主題でないし。
論に持ち出すのがグリーンウッド(のみ)っていうのはチョイスそこか~って感じだけど当時はそこまでのインパクトあったのかね。いや面白いけど


後輩が電車で女学生と話して笑っただけで「女子に歯を見せるとは何事か」といきなり鉄拳制裁する硬派学生、という例示にめっちゃ引いた。
あああの手の保守的価値観人間の自己と他者の同一視ってこういうことか(いやここまでじゃないけど)……おっさん価値観だと思ってたけどおっさんも若い頃があったんだよな……って妙に実感する。
[PR]

by jinloturu | 2017-08-27 16:39 | エッセイ・評論他 | Comments(0)  

透明なゆりかご1~4巻/沖田×華

1、2巻を外で読んでしまって完全に失敗した。
重い。
涙をこらえるだけで必死。
こんな生死の境がさあ、町の片隅にある。たしかにあるんだな。


ただなんか重い内容のわりにまとめ方が取ってつけたような陳腐な綺麗事ばかりだな?
と思ってたら、3巻あとがきの「漫画ネタ探しの末に大昔の忘れてたバイト時代を掘り返した」話で納得。
人生に根差して深く考えたりはしてないんだなと。
「その後」として位置付けられた当事者たちの家族像が綺麗に救われすぎというか、本当にそれで幸せになってるんだろうか……という感じ。
作者の願望が見える。まあ救われないとやってられんよな……。
[PR]

by jinloturu | 2017-06-11 23:28 | 少女漫画 | Comments(0)  

先生の白い嘘7巻/鳥飼茜

美奈子が……!!
いちばんの衝撃だった。
美奈子がついに気づいた、ホテルへ向かった、美鈴先生の前に現れた。
美鈴は諦めたんじゃないのかと想像した。美奈子を認識した瞬間、この状態でいてもなお美奈子から責められるのだろうことを諦めたんじゃないかと。

ああー……
「私たちはそんなに遠くないはずだから」。
見下し見下され知らずいがみあうよう仕向けられた女たちの連帯を。

ひとりでいなきゃ強くなれないと新妻くんを手放すのもすごく……好き。
男の手なんか。
でも先生は先生なんだよな。権力なんだよな。
今度はミサカナちゃん救われないかな……年を経ないと周りに連帯できる女の子が現れないものなの……。
[PR]

by jinloturu | 2017-06-11 23:25 | その他漫画 | Comments(0)  

ファイアパンチ1~4巻/藤本タツキ

え……まって……すごい……すごい面白い……………………

1話が話題になって面白くて出落ちかと思いきや本物だったっていう……。


エロスとタナトスと宗教倫理そして文明。
どこか進撃に似ているけれども決定的な違いはエロスとタナトスだ。進撃は未分化だがこちらは性のにおいがすごい。しかもいやらしいわけではなく。

途中で突然同性カップルが現れて「僕らも常識から逃れてきた」とか言い出したので、「え……うん、作中倫理を疑い揺るがすのに手っ取り早く"使える"のが同性愛だったのかな?まあ現代的だな?」と思ったんですが、ちがう、それだけの意味じゃなかった、それだけの意味じゃないことに泣いた……。
根幹はエロスとタナトスだ。性という生と死だ。

生き延びるための食人、世代を継ぐための若い兄妹姦(未遂)、それらを忌避する倫理観とそうもいってられない切羽詰まった世界、葬式という儀式、「死んではならない」「生きて」という宗教観、生の苦痛から死へ向かう衝動と死に抗う動機づけ。
1話に全部詰まってる。

セックスがある。強姦が日常的に行われている。子供を産ませることが正義だと正当づけられて。下品なトガタ。
愛がない。性と愛が結びつけられていない。ただ強者の快楽と子をつくるためのセックスがある。
そして4巻ラストだ。
次世代につなぐ大局的アポトーシス!!!

急に飛ぶんじゃないのだ。セックスから急に死へ飛ぶんじゃない。
不死身の肉体再生。
「年よりよりも若い者を守る」。
兄妹姦の倫理。
同性愛と常識。
生があまりに過酷ゆえ子を残すことに懐疑がうまれる。
死にたい。
負けたくない。
トガタの性別の謎。
すべて次世代につなぐための力点をセックスに置かないための。

そしてそのためにセックスがある。タナトスへ向かうために。アポトーシスが現実味を帯びるために。

なんか感動して泣いてた……。




読みながら感情が同期してしまって、そして現実を投影してしまって、そうだよこの世はディストピアだよと思って、私がタナトスを感じて、安寧のための死を想って、いた。しんどい。
そしたらさあーー、、この世界に、負けたくなかった。
この世界に負けたくなかった。
泣き崩れるわ!!

そうして正義が生まれる。掘り下げばっちりだな……。


死のために宗教がある。神が要る。
宗教、倫理ときてスターウォーズの新作のための破壊!!!文明!!!!文明だ!!!!
映画!漫画でメタやって読者を現実に引き戻してリアリズムやって地球を捨てた人類SFそしてスターウォーズにつなぐ!
はあああ……



しかし近親相姦に同性愛にクローンに、そこから見いだされる生命とつながる命と生命倫理、って、やっと時代が90年代の少女漫画に追いついたかなって感じ。
破壊と再生だよ。まんま少女漫画じゃん。そしてその先だ。
あー少女漫画と少年漫画が混ざってくれるの嬉しいなほんと。
[PR]

by jinloturu | 2017-05-31 14:20 | 少年漫画 | Comments(0)  

男子の貞操/坂爪真吾

「性でつながる社会」に抗して――坂爪真吾『男子の貞操』批判
このブログの書評(批判寄り)を読んでから読み始めた。

僕たちが生きている社会は、男性が性にまつわる問題の当事者にならなくても済む社会、より正確に言えば、本当は当事者であったとしても、そのことを意識せずに、平然と生きていくことができてしまう社会です。
(p39より引用)

はい♡それ♡
私の怒りは性を語らずに済む思考停止で済む性の現場で不在になれる社会化された男へのものが主です♡♡




性が「お上」の規制によってコントロールされている、禁じ隠すことにより性的興奮が喚起される、性器露出が恥ずかしいからパンツが要請されたのではないパンツが生まれたから恥ずかしくなった……
あれよあれよと性的記号が剥がされていく序盤の章はいっそ快楽なほど憑き物が落ちていく感覚を得る。
「隠されるから/タブーだからエロい」「性的記号は文化」までは実感として知っていてもこんなにまで上から支配されていたのかと。

……と感心しながら読んでたらいきなり「セックスする動機付けがないならしなくていい、じゃないのよ、命をつなぐライフラインと他者との絆のために必要」とか生殖イデオロギー、ロマンティックラブイデオロギーが展開されはじめて「!!?」ってなった。
おい「男性同性愛者にも学びがあるよ」とか書いておきながらそれがただの申し訳程度の記述に堕すぞ。
「エロ」と「愛」は意図的に使用しなかったくらい性に対して誠実であろうとしてるはずなのにそこで性欲と性行為と生殖と情を結びつけちゃうのか。

いい方向の「べき論」を提示する理念はなるほどと思ったけど、全体的にいささか「記号」への憎しみが過ぎる。
確かに記号は危険を孕むから慎重に扱わなきゃいけないけど、必ずしもリアルセックスと両立しえないものじゃないでしょ。記号の虚構はリアルセックスの代替ではない。
積み重ね型セックスの"正しさ"とやら、「もし僕らがモノアモリー的クローズド対人関係において自己とパートナーが長期的に満足を得やすいセックスを探求したいと思うのであれば」、という前提がほしかったかな。
でもまあ「べき論」に沿うなら男を性の当事者として意識させるためには記号を捨て去るほど強制しなきゃいけないのかなあ。現実問題それくらい記号は暴力に転化しつづけているしね。


性風俗批判もまあ……ひとつひとつは説得力があってわかるけど……って感じ。
あ、『AV女優の社会学』における「エンタメ」という単語はもっとポジティブな意味合いだったと思うんだけどな。エンタメ"だから"と問題を矮小化してはいけないけど恣意的な運用ぽさ。

私はヘテロ主義的挿入・射精中心主義を蛇蝎のごとく嫌ってるからちゃんとそこを解体してくれたのはありがたい。
が、嫌いすぎて「"誤った"オナニー」とか「膣内射精障害」とかいう言葉にも嫌悪感があるからもやっとしたかな~~……。長期モノアモリー恋人契約異性とのセックスを至上とする価値観は拒絶したい。ヘテロセクシズムと容易に結びつくし。

あと絶対に反論したいのは「多くの国で一夫一婦制を採用してるのは一人の男が複数の女を満足させるのは非常に難しいから」。
いや秩序形成のための社会的単位として都合がいいからだろ……。



そんな感じでちょいちょいもやっとしたところはあった(大枠は上記ブログが言ってくれてる)、にせよ、基本的には「そ れ な !!!」って言ってた。
意義深い本ではある。なにしろ男は語らないから。
それでずっと活動しているのはすごいなあ。
[PR]

by jinloturu | 2017-05-30 14:44 | エッセイ・評論他 | Comments(0)  

少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録

そいえば劇場版感想書いてなかった。

あーね。
そう、ウテナと聞いて想像していたラストシーンは、こういう感じだったな。
概念を破壊していく少女革命。望みうる、求めうる、エンパワメント。
キスしてくれてありがとう~~(;_;)確かにテレビシリーズの心残りはここだったかな。"キス"(という象徴行為)してほしい。
本編三分の一ほとんどレースしてただけだった、そして勝利そのものは確定しているのに、終始飽きさせずぽんぽんいろんなモチーフが飛び交い、はらはらさせる。アニメーション。

うん。うん。そうだね。険しい道だ。誰も走ったことのない道だ。それでも二人なら。二人の力でなら声を振り絞れる。世界を革命する力を獲得し、城を、王子様を、破壊できる。乗り越えられる。
そうだね。ウテナとアンシーならば。
いいなあ。いいなあ。いいなあ。乗り越えられるだけの力を得られていいな。孤独に戦っていた私には無理だった。戦えなかった。ひとりでは乗り越えられなかったよ。いいなあ。私もそこにいきたかった。すりつぶされてしまった。希望を求めて追いすがった特別な二人がやっと破壊できる世界なんだよ。道は開いてくれたけど、絡みとられてしまう女が、ここにいてしまう。

男性表象がなるほどな、ずいぶん簡略化されていて感心した。
そうそう百合作品の当て馬問題。クズorいい人類型。
類型の根本でありながら、キャラクター性には深みがある。
王子様であることを求められて王子様になろうとしたから死んだ王子様。
王子様であるためにお姫様を必要として食いつぶし殺された王子様。
結局この蜃気楼に支配された世界では、誰も彼もが苦しめられる。生きながら死んでいく。
救いがない。行き止まり閉塞。
だから革命が最後の奇跡。最後の希望。
それがたとえ険しい道でも。

七実のネタ扱いかわいそすぎる……。
[PR]

by jinloturu | 2017-02-27 22:01 | アニメ | Comments(0)