涼宮ハルヒの憂鬱~10話

やっと見た。
有名作はあらゆるところに見るきっかけが落ちているな。

方向性はかいつまんで聞いていたけど本当に宇宙人と未来人と超能力者なんか。
~4、5話くらいまで引き込まれた。
壮大にいくと思ったらわりと軽めでコメディだった。
特別な人間じゃないと気づいたと思ったらあまりにも特別だったって設定、すげえなあ。

キョンが本当に口癖「やれやれ」連発してて面白かった。
ああ、過去の流行かー。と。
やれやれ系主人公とか今や揶揄だものな。
(そのおかげでアニメほうたるがあんなにかわいく、かつ人間らしくなったのだ!!!)
作画問題とかも。

長門、守ってるかな?
守るって台詞が聞けるの待ってる。
あとみくるさんあざとすぎてなー。
今だったらウケるか?
ここまであざといヒロイン私見たことないよ。まずラノベアニメをそんなに見ないことから始まるけれども。
ハルヒは横暴だけど嫌みなかった。わりとかわいい。



6話の、世界作り変える編がわりにあっさり終わったけど、これからどうなるのかな?
もしかしてラノベに於いてキスって重大すぎる意味を持つ?
世界を救うレベルで。

あと本当に古泉くん公式でほのめかしてたんだ……。
キョンが立つとき手を差し出しても無視されるとかツボついてくるな……。
(そして7年後Free!でちゃんと手を取ってくれるようになる京アニさん)



設定と時代とその時の反応とキャラと位置付けと現在を穴くいつつ知ってるという昔流行ったアニメを今見るのって結構面白いね。
[PR]

# by jinloturu | 2014-10-19 04:29 | アニメ | Comments(0)  

好きというのになぜかしら/阿部あかね

お約束お約束~~~。
でも受けがかわいかったな。
泣きぼくろのつり目で乙女。
SのふりしたMオネエ攻めも。

リバじゃなかった!
そういえばリバじゃなかった!
でも作者はそうしたかったみたいだ。すれば良いのに。
もーう。

3連続さらっと楽しめるBL。
[PR]

# by jinloturu | 2014-10-19 04:28 | BL漫画 | Comments(0)  

スタアな恋/扇ゆずは

あー。
なんも考えずにとりあえずエロい、うん、うん、はい。


『ラスト・サマー』。
リバの印象が薄かった。
展開が即物的すぎ急すぎてリバと言われてもピンとこないね。
まあ、たまにはいいんじゃない。ピアス読むのも。

無意味に芸能界で大成功を重ねる攻めな。
わざわざ言うことでもないくらいお約束だが。
[PR]

# by jinloturu | 2014-10-19 04:27 | BL漫画 | Comments(0)  

クリムゾンスペル5巻/やまねあやの

バルト色んな人に「辱しめられる……!」って抵抗見せてるけどほんとハヴィも犯したやんみたいな感想ちらちら拭えないね???
高貴感ないけど、まあ、まあ。


あまり深く考えずエロければまあ良いんじゃないですか。
肢体はとてもエロいし。
[PR]

# by jinloturu | 2014-10-19 04:26 | BL漫画 | Comments(0)  

フジワラくんとセトくんのはなし。/青井れん

別にワンコ×ツンデレってほどでもないような……。
ほのぼの、かわいい。って感じでした。
表紙がとにかく良いな。
さっき、表紙で攻めや受けのカメラ目線考察ツイート見たけれども、どっちかのみカメラ目線=受けが女性的だとすればカメラ目線どころか顔すら見えないこれがリバだというのもどこか暗示的な話で。
リバが無条件に萌えるってわけではないねえ、わかってたが。
方向性としては百合ですな。
百合だったら萌えてた???
(BL方向の百合、が一番見たいけどねーーー)

でもやっぱり対等感は「イイ」んだよなー!
攻めが余裕見せちゃってる作品は結局抗いようなく引っ掛かるからなー!

[PR]

# by jinloturu | 2014-10-17 04:25 | BL漫画 | Comments(0)  

ルールそのいち/村上左知

あっこれ!
リバの醍醐味!!!!
「スイッチの切り替え」!!!!!
気分によって自然に上下変わる瞬間たまんねえよな!!
(だから攻め×攻めの攻防戦はもしやあまり好きじゃなかったりしてね?読んでみるけど)
ウケモード終わったことに「ちょっとザンネン…」と思いながらも受け入れる理央かわいいなあああ。

普通のBLだったら過去遊び人の方にだいぶ嫉妬してこじれがちな展開に入るところをリップ買ってくるとか「俺の事好きでいてくれてるのちゃんとわかってるから」とか、さらっと流してるのが良い。
周りの理解もある世界だしPC的にも快適だしこれ本当に素敵な作品だな。


初濡れ場にて受けたあとの理央がタチ側の悦司に「かわいい」って言うのも、良い。
あーーーそうね。
私がBL読んでてPC以外のお約束で引っ掛かるところを均しているんだなこれ。この作者追ってみようかしら。
とにかく好きだわこれ。

[PR]

# by jinloturu | 2014-10-17 04:24 | BL漫画 | Comments(0)  

罪と罰の間/綺月陣

例の少女漫画の系譜、純愛がすべて、だけれども、地に足ついてて面白かった。
ミツコさん、ポーカー、元妻子、元取引先、全ての描写がちゃんと物語に陰影つけていて、一文で片付けてしまうようなありがちな平面タッチにならなくて。
エロでは萌えなかったけどごちそうさま、萌えました。
将来絶対リバるでこれは。
[PR]

# by jinloturu | 2014-10-17 04:22 | BL小説 | Comments(0)  

愛を乞う/夜光花

うーん。
設定でうっかり萌えたけどそういうのは往々にして期待通りには展開してくれない。そうね。

てか綿貫さん、なんで春也をそういうつもりで買ったのに犯さなかったん?
息子すら道具と思うなら息子の言い分に素直に従わずに貸し出せたはずじゃん。
叶わないと知ったら高校くらいすぐ退学させられたじゃん。愛人になる宣言であっさり引いてくれてあっさり死んで結果的には超イイヒトだよ??
しかも6年間てどういうことだろ?
んで高校で寮に入れちゃったら、6年間終わったら、訴えられる可能性十分あるじゃん。
設定に無理ありすぎ。


あと情緒ないな。会話で盛り上げられないのかな。即物的。ヤればいいやみたいな。他の描写を掘り下げないから今一つ感じ入れない。

で、居場所を「純愛」によって得る、少女漫画の系譜。
うーん。
途中々々はそれなりに良かったけれども。
あと同性愛否定きつい。
[PR]

# by jinloturu | 2014-10-17 04:21 | BL小説 | Comments(0)  

精霊の守り人/上橋菜穂子

5時間で読みきれる長さなんだな~。軽かった。
当時感じたより面白さは減少した気がするけど、音のない集中して読めるとこで読んだほうが良かったかな。
最後だけそうしたら染み入ってきたのだが。

見えない世界がいまここの世界と重なっている、という、幼い頃の妄想が物語化されていたこともハマった理由の一つだったかもしれないね。



実写化情報に伴い、実写化した場合の映像が脳内に浮かび上がって辛かった。
実写だと表現制限されるじゃん。臨場感のない映像が辛かったんだよ。




たしかにシスヘテの世界だなあ……。
昔はバルサとタンダの関係描かれると嬉しかったけど今はいらないな。くどいっつーか、いや恋愛?描写もっとささやかでいーよと……。あ、シスヘテ世界とは関係あんまないがね、これは。
そしてナチュラル男尊女卑。

あと宗教否定の否定というか、尊重せねばならないってことが描かれてたのは良かった。


死生観。
ラルンガから文字通り必死の思いで逃れた直後食用に鳥を殺し、チャグムの兄が死ぬ。
その、後者ふたつのあっさりとした描写が恐ろしい。死とは「あっけなく、ありふれたこと」なのだ。

そしてチャグムは運命にまた縛られる、という。
世界の無慈悲さとそれを受け止める登場人物たちの覚悟が、間違いなくこの物語を骨太にしている。

[PR]

# by jinloturu | 2014-10-16 04:19 | 小説 | Comments(0)  

課長の恋/九州男児

まあわりと笑えたん……。政治的にも"わりと"正しかったし。

ほとんどギャグにせよリバはリバである。受けと攻めの無化。


しかし合間の作者の男衆探訪??「男の性愛」への熱意が凄かった。
それが時折「ゲイ表象のやたらな消費」に見えてしまってあまり読めなかったが。
ほんと、私が勝手になんとなーく思ったことですが。
[PR]

# by jinloturu | 2014-10-16 00:59 | BL漫画 | Comments(0)