ユーリ!!! on ICE

これは語らねばなるまい。記録せねばなるまい。
間違いなく特異点。
私は渦中を追ってはいないのが残念だけど社会の話を絡めて語らなければ見えない。誰か熱心な人が二次の盛り上がりとか学級会とか現実と創作のゆらぎとか含めまとめてくれないかな。
私は私の感想の限りを記録するので、もっぱら、「アニメと同性愛表現」の話をします。今記事はストーリーラインやアニメ的表現の話はばっさり切る。
これもひとつの社会の外縁でしょうと。


まずこの作品に「性・ジェンダー」タグを付けることを残念に思う。そんなものを考えずに、ただ「愛」のアニメとして他の作品たちと同列に埋もれてほしかった。
でもセクシャリティの側面を語らずにはいられない。



色々な意味で盛り上がってると聞き、人種から人生から多様性を描いていると聞き、そして明るい感じのスポーツものはわりかし好きなので、きっと面白く見れるだろうと途中から追いかけた。
でもこの時点ではどうせいつものクィアベイティングなんだろって思ってた。
「腐女子」をターゲットにしつつ、「でも"ホモ"じゃないからねっ☆当たり前だけどねっ☆勝手に"腐らせ"てくれっっ☆☆」ってエクスキューズを入れるんだと思ってた。
だって、今オタク文化のなかにあるありとあらゆる漫画やアニメは、そうだから。
何度も何度も失望してきて、クィアベイティングを経て"正しき"異性愛に帰結した作品群に心を殺してきたから。


だからね、4話、「勇利は俺に何を求めてるの?兄?親?先生?」に並列して「恋人?」を入れてくれただけでもう私は嬉しかったんですよ。
「ありがとう!!!!」って叫んだんですよ。
想定してくれてありがとう。同性愛を当たり前に排除しないでくれてありがとう。同性愛的関係にすることを「腐らせる」なんて言わないでくれてありがとう。普通はありえないものと言わないでくれてありがとう。このホモフォビアはびこるオタク社会の中で逃げ道を作らないでくれてありがとう。私の存在をないものにしないでくれてありがとう。


そしたらさ。全然そんなもんじゃなかった。
7話です。革命の、7話ですよ。
別にこの二人に萌えとかはなかったので、最初は「わーちゅーしたー笑」程度でテレビを消して次の行動をしてたんだけど、服を着替えてるとき、不意に実感が湧いて、号泣した。
やってくれた。
BLという触れ込みでないアニメが、しかもオリジナルアニメが、ギャグにも逃げず、物語の要請上という形にも逃げず、ただひたすら話の盛り上がりに最高の仕上げをするためだけに男同士のキスシーンを描いてくれたんだ。
クィアベイティングから脱したんだ。

ちょうど今ね自分の中にホモフォビアとヘテロノーマティビティーの毒が回っている時で、苦しくてなんにでも泣けてしまう不安定な時で、だからというのはある。号泣までしたのは。
でも、先のわからないオリジナルアニメで、どうしても「同性愛」の存在を認めたくない視聴者が「腐」を排除しようとする中で、これをやってのけてくれた意義は大きい。


色々な反発を見かけたけど、色々と怒りに震えてきたけど、とりあえずこのエントリは「はあ??」って声が出た。
BLとLGBTを厳密に分ける必要がまずわからん。BLが差別問題に向き合った上でそれを痛快にひっくり返すことは非常によくあることだ。
別に『ニューヨーク・ニューヨーク』みたいな作品のことを指してはないよ、挙げるのも迷うくらいいっぱいあるよ。BLを馬鹿にするのも大概にしてほしい。
そして、異性愛を描いたアニメは意識するまでもなく氾濫してるのに同性愛を描いたアニメは数えるほど しかない中で、BL原作を使って視聴者層を限定・隔離したりせずに、男同士の限りなく同性愛的な関係をてらいなく平然とやってのけた功績は大きい。
「LGBTに踏み込む」ってそういうことだよ。同性愛を異性愛と同じ位置に置いて特殊なものにしないでBL嗜好者だけが見る独占的なものにしないでおくことだよ。社会状況全体を考えないとなにも見えない。どれだけのアニメで作品で社会で同性愛の存在がないものとされ馬鹿にされてきたと思ってるの。
これは私の場合だけど同性愛程度のことに今さら悩む作品なんか見たくねーよ。現実に散々絶望して疲弊してきてるのに。
悩み抜くBLも既にうじゃうじゃあるし。それらの作品はこの人の中で「BLではない」のだろうか。

まあもちろん「LGBTアニメなのでBLではない」「BLじゃない、愛だ」みたいな意見もまた私は嫌いですけど。同じことです。BLを隔離するな。
「ホモなんかじゃなくてそれ以上の愛」なんかは論外中の論外……なんでそこで"ホモ"を貶めるかな……。



わかってる。
こうしてさえ逃げ道は捨ててない。クィアベイティングから脱したとは言い切れない。真っ向から同性カップルを描いてはいない。だからこそ幅広い視聴者層を獲得できたのはわかってる。

みんな「恋愛」パッケージ嫌いだよね、なんでもかんでも「恋愛」にされるの嫌いだよね、安易にそんな陳腐なものにしないでほしいよね。
だからって殊更同性関係のみに反発しつづけ、安易に恋愛関係になる男女のことは当然視するその社会に私は殺されてきてるんだからな????
愛は多様って言うけど、この作品はそれを謳っているけど、恋愛だって多様なんだよ陳腐なだけが恋愛じゃないんだよ。

何をかわからない感情を愛と名付けて、それで、キスをしたって恋人になったって結婚したっていいじゃん。
恋愛を、同性愛を、排除しないで。

結婚……結婚二期でしてくれ……。
二期見たいなあ。この世界ならロシアに同性愛宣伝禁止法なんかなくて、日本でも同性婚法制化されてるんじゃないかなあ。もちろん結婚を選択しない人も等しく尊重されて。
なんて理想の世界だ。住みたい。



まあくどくどと並べたけれど話はきちんとテンポよく面白くて、だからこそ褒めちぎることができる。
まあ私はもっぱらクィアベイティングについてと、どんな形であれ「愛」の称揚神格化を毛嫌いしているのとで目が曇りがちで、ストーリーやキャラを掘り下げて見据えることができなかったのは心残りかな。
特に愛については抜け目ないフォローがそこかしこにあったはず。
そういうアニメが盛り上がってよかった。まず、同性愛を真っ向から描いてほしくはあるけれど。(しかしそれはどれだけ上手くやってもここまで盛り上がらないだろう、理想にならない社会への落胆)
いっこストーリーの話をするなら最後に勇利が引退を思い止まるのがユーリのFPっていう構成が一番興奮したね。最後に主人公を氷上に押し上げる牽引がパートナーの愛じゃない!
あっでも10話バンケットと最後のエキシビションはさすがにときめきを覚えました!すげーな!!

これを踏み台にもっとBLと百合とセクシャルマイノリティーとGSRDと現実と虚構が混ざりあって尖鋭化していくアニメが見たい。
[PR]

# by jinloturu | 2016-12-22 05:59 | アニメ | Comments(0)  

やがて君になる3巻/仲谷鳰

ウワーッ恋愛しやがった!!!

っていうショックと、でも、本当に私の望んだとおりの展開になりそうでわくわくと……。
侑が七海先輩好きになることで七海先輩が愛想つかせるかこじれていくっていうやつ……。
ぜったい一筋縄ではいかないよね。そもそも侑も自分の感情認めようとしてないし。楽しみ。


ただ、恋愛「できない」ことに引け目を感じ淋しくなるようなキャラが、本当に恋愛できるようになってしまうのがショックだったかな。
そういう淋しさをもってしてでも恋愛しなくていいんだよって言ってほしかったのかも。
まあそのために槙くんというキャラがカバーしてるんだけど。

沙弥香は完全にひとり空回りって感じだけどどう入ってくるやら。眼鏡かわいい。
物語が否定してくれるとはいえそろっそろ百合漫画において「先輩と付き合って卒業した先輩から女同士は一過性通告」過去話入れてくるのやめません!?
古びてほしいよ!!こっちがダメージ受けるんだよ!!!!
[PR]

# by jinloturu | 2016-12-14 15:44 | 百合 | Comments(0)  

アイツの大本命10巻/田中鈴木

安定のかわいさ。安定の公認感。
女子が!!吉田を庇った!!!
いや別に庇うためにではないけどできる限り佐藤と吉田の関係を尊重しようとしている女子たちの健闘に乾杯だ……!
ヨハンもうちょっと引っ掻き回してくれることを期待したのに残念だ。
イギリスの話もう膨らまないかなあ。
[PR]

# by jinloturu | 2016-12-14 15:43 | BL漫画 | Comments(0)  

ラストゲーム11巻/天乃忍

この異性愛め~~~~~!!!!!

まじ少女漫画の王道をこれでもかと詰め込まれ異性愛が憎い……。
いや、基本的には「異性愛め~~!(喜)」って感じだったんだけど周りからなんの軋轢もなくカップル認定されたりすんなり王道結婚エンドやられるとなんか異性愛への憎しみが……。


いやはやまじ柳かわいいよ!
途中ジェンダーテンプレに柳が回収されそうになって九条目線の柳がかっこよくなったあたり本当につらかったんだけど試合に勝って勝負に負けた柳の涙最高にかわいいな!!
それでこそ柳。

前巻の、九条がいるから留学(離れること)を選択した柳というその裁量も大好きだし。
支えあっていけるよねっていう。

はあー。おめでとうございます。
王道を現代風アレンジで面白くできるのは力ですね。
11巻楽しませていただきました。
[PR]

# by jinloturu | 2016-12-14 15:42 | 少女漫画 | Comments(0)  

名づけそむ/志村志保子

本当にこのテーマ縛りオムニバスの上手さときたら絶品だな!
テーマが絶対浮かない。自然に話に溶け込んで、ああそういえば全部共通してるねって。

最後の二話「律美」「恵」が好きかなあ。
名前って自分自身だもんね……自己肯定の話だよね。全部。
どれだけ自分を愛せるか。他人に関心を払えるか。
名づけるとは他人の一生にレッテルを貼る、ある種の暴力だからこそ繊細で重たい。
「律美」に憧れていてくれた後輩も、「恵」の女性性を認めてくれた親友も、人の人格を尊重する、人付き合いの繊細さだ。
[PR]

# by jinloturu | 2016-12-14 15:41 | 少女漫画 | Comments(0)  

この世界の片隅に/こうの史代

リンさん~~~~!
なんだよ百合じゃねえか……。
なるほどなあ。
私は映画を見ていて、戦争の追体験だという思いが強くあった。
その臨場感の作り込みは映画がすごくて、漫画のシーンの膨らませ方が絶妙だったのだなあと思う。

こちらの原作はふわふわと、映画以上に日常のヒトコマが一話完結に顕れた感じ。
で、だから「暴力で従えてた」と気づいた衝撃があると。

再生、というよりも、それでも生きていかねばならないし、ただ生きていっている、っていう、終わりかた。
[PR]

# by jinloturu | 2016-12-14 15:40 | その他漫画 | Comments(0)  

お菓子の家~un petit nid/凪良ゆう

あー堅実!
本当にそつがないよな。キャラの作り方も。
味覚障害と人付き合いをねそう使う。
そして180cm受け!
攻めと身長変わらないのにべたべた甘えたっていうの大好きよ。
まあこれは前作でDV当て馬役だったからこその設定でしょうけれど。前作読んでないけど。
激高の人付き合い初心者コストを払えない受けの清算。
包み込んでくれる人に甘え爆発させるの弱いよね。
[PR]

# by jinloturu | 2016-12-14 15:39 | BL小説 | Comments(0)  

憂鬱な朝7巻/日高ショーコ

朝がきたーーーー!いや夕方かーーーー?!
憂鬱でない、朝が。


はあ……大好きな大好きな開放型依存ですね……。
お互いから離れて自分のことを考えて。
久世と自分のため以外に動く桂木に喜ぶ暁人も、それでも桂木が鎌倉に来た途端掴みかかるように抱きつくのもバランスがいい……ありがとう。
今まで色々あったから奔走する彼らを見ているのも楽しいし、桂木家の確執が徐々に徐々にほどかれとりあえず株で手を打ち前進するのもよかったなあと思うし、だからふたりがやっと会えるのもBLとしての盛り上がり最高潮……。
さてこれからですけど……。
母親がまじで桂木激似美人。
ペーパーの桂木はいつでもかわいいなあ。
[PR]

# by jinloturu | 2016-12-14 15:38 | BL漫画 | Comments(0)  

この世界の片隅に

エンドロールと監督舞台挨拶のとき、涙があふれてあふれて。
安堵した。戦争が終わって。しあわせの。へいわの。終わったのだ。そう思って安堵して、涙が止まらなかった。

「悲劇の消費」とはよく言う。
「悲劇を消費して、自分の関わらない刺激的な悲劇にこそ喜んで、そして自分の安泰な日常生活に安堵する。悲劇をダシに幸せを語る」と言う。

私はこれを見ていて、そうじゃない、そうじゃないのだ、と、強く思った。
これはむしろ、「不幸を経験したからこそ小さな幸せを実感できる」類型だ。表裏一体。
いかに自分が幸せか、幸せなうちは気づかない。気づけない。それが当たり前だから。
不幸を自分事として追体験するのにノンフィクションや事実をもとにしたフィクションは導入として便利である。

すずさんの衣食住と平凡さ安寧を保つ居場所。
すずさんの精神安定をはかる絵描きの居場所。
居場所の入れ子構造?
もっかい見たい気持ちは強くあるけどしんどいのでしばらくむりやな……。

居場所を探して、居場所を与えられて、居場所を奪われて、居場所を選んでいく。
一瞬に奪われるのではない。徐々に削り取られてく。異常はすぐに日常と化す。
嫁に行って働いて禿げるほどのストレスが笑いに昇華されるのと、戦争による「よかった」探しは同じ線上に存在していて、だからあのときまで、極限に晒されていることに気づけなかったのだ。
はるみちゃんが「空襲飽きたー」って言ったところらへん、山田風太郎の戦争記エッセイを思い出した。
「空襲の多発する地域から疎開してきたので、空襲に慣れてなくて少しの爆音さえ過剰に怯えるこのへんの人間が馬鹿らしい」みたいな一文を。
麻痺する。慣れる。


周作が死なないでくれて本当によかった。
すずさんの居場所の最後の象徴を、奪わないでくれて……。
[PR]

# by jinloturu | 2016-11-30 01:19 | その他 | Comments(0)  

マギ~8巻/大高忍

政治描写が面白そうと聞きつけ手に取りました。
中東アジアか……。
王制→下からの民主化(下から……?? 上からとも言えるか、アリババが王族じゃなかったら成立しないし)への流れは順当、王道。
でも共和制って単語が出てきたり、ていうかアリババが自分で考え出したわけじゃなくて勉強した上で他国から共和制の考えを転用しようとしたり芸が細かいよ!
説得力を持たせるのに必然的な選択なのが小憎い、萌えだよ。

ここからだなー!
少年漫画的に民主主義を描いてアリババが「君たちはもう国を作っていける力がある」と演説するのは熱かった。
王族でありスラム出身であり兵士であり市民でありダンジョン攻略者で能力者であり政治家でありアリババくんひとりで色々役目負いすぎだろ。笑

1巻の最初から「元々ここはダンジョンを拠点に栄えた町だ」って紹介される、リアリティーラインの線引きが上手い。
だから政治経済的な話が現実味をもって響いてくる。ある程度単純化してるけど結構複雑なことやってるよね。
他国の紙幣が鍵になるって完全にそれを盛り込もうと思わなきゃできない要素だ。

その最初の説明で、「おっこれは攻略されたら町が衰退するフラグか?」と思ったらとりあえずそうではなく。
あとで気づいたけど兌換紙幣発行って基本的に世界は金本位制なのかー?!
ダンジョン攻略されるたび豊かな金が発掘されそれを町で使えば完全に潤う、世界豊かになる、すげえ。
「かね」が「かね」として描写される。


あとね、"運命"が絶対的で従うべきもの、命が全へと回帰するものっていう思想をここで見れるとは思わずもうけもの。
少年漫画らしからぬ、と言うには私は少年漫画に詳しいわけじゃないけど、物語が肯定するのが運命への投身で主人公側が倒すべきが「運命への反抗分子」って構造めっちゃ面白い。
それでいてカシムによって「運命」を懐疑する、抜かりねえー! いいね私はぬかりなさが大好きだよ。
回帰すべき「全」とはブラフマンがモデルなのかな? いやまあ大分違うんだけどwiki見たらアラビアンナイトってインド思想が色濃いらしいな。
運命の描き方は完全に東洋的でそこに少年漫画性をまぶしてるのわくわくするので頑張って最新刊まで追い付こう。

しかしバトル要素(肉弾戦)は基本的にあんま興味ないんですよね……困った。
[PR]

# by jinloturu | 2016-11-30 01:18 | 少年漫画 | Comments(0)