<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

ズートピア

なんかこう……ディズニーは毎回「洒脱だなあ」という感想になる……。
面白いんだけど、すべての描写に余すところがなさすぎて、隙がなさすぎて、余剰と情感を愛する私は一歩引いてしまう。



いや、面白かった。
冒険譚はいつ見ても爽快。
ブルーベリーは最高だ。

あとアナ雪に対して「結局マイノリティはその特性を社会の役に立てることによってしか認められないのだ」とモヤっていたのでジュディが知恵や勇気によって夢を叶え事を成していく様はスカッとした、アップデートを怠らねえなあ。
まあこれも「役に立たねば認められない」と批判することはできるだろう。

公開当時から「差別反対者も無自覚に差別者になってすごい」くらいはネタバレがあり、このへんのネタバレは私にとって重大なので初見時の楽しみが充分に削がれてしまったため見てなかった。

のだけど、記者会見のシーン、泣いてしまった。

え、すごいと称賛していいのかこれ。
ネタバレなしで見てたら私も驚きと称賛をしていたかもしれない、でもこんなふうにジュディが責任を負わされてしまって、いいのかこれ。

大きな構造のもと、差別されつづけて、巨体動物に囲まれながら生活していて、あんなん慣れてなければ日常的に恐怖に脅かされているも同然なのに。(私は日本人女性の平均身長だけど、街中で幼子含む150cm以下の人を見るたびいつも怖くないのなら慣れだよなあと思う)
それでもニックにペンを渡して、そうだ信頼とは自らの一部を差し出す勇気からしか生まれないのだと感動したのに、構造に巻き込まれ、記者会見という圧力の場で草食動物たちに明らかな期待を発され、
清く正しくありたかったジュディさえもが大きな構造に負けてしまったがためにニックを傷つけることに泣いた。
「負けた」のだ、弱かったから「負けた」のだ。
その弱さはジュディが自分で引き受けなければいけない部分もあれば、そうでない社会や環境のせいもある。
だってあそこで力を誇示したニックを警戒しなかったら死ぬかもしれない世界にいるんだから。
そんな勇気のせいで死ぬのは弱い者だけじゃないか。ライオンなら怯えるわけがないのだ。
「負けた」ことを見ずに「ジュディも差別していた」描写をすごいと言えるのは欺瞞だ。

いや用意のない場では聞きかじった偏見をそのまま垂れ流してしまうという差別の再生産構造の描き方はうまいなと思った。

そして「生物学的に」!!!!きました!
これですよトラウマですよ得体の知れぬ生物学な。


しかしてっきりジュディも差別者だったというのは、より弱い動物を差別したのだと思っていた。強者差別か……。
差別というのは社会的構造からしか生まれないんだよ。
人種差別と見るなら「強者」ではないのかもしれないが1割の人種が残り9割を差別する歴史なんかそっくりそのままと考えると肉食動物差別は人種差別と重ならないよなあ。アメリカの人種構成の歴史はわかってないですが……。
マジョリティとマイノリティというのは数の多寡のみを原因とする言葉ではないし。食うことのできる強者性はどう考えてもひっくり返らないし。


しかし肉食動物なに食べてるんだろ。じゃぱりまんかな……(言いたかっただけ)
[PR]

by jinloturu | 2018-06-19 01:37 | アニメ | Comments(0)  

あさがおと加瀬さん。(映画)

えーーーん。
泣いた。

原作は『あさがおと加瀬さん。』のみ既読。


ファンムービーだった。
どろっどろの甘い部分をこれでもかと凝縮する。
せめて「高校時代の一瞬」という軸を建てなおして不安を煽ってくれたらラストが引き立つのに!!
……と思ったけれどもうね、でもね、これでもいいのだ。ファンムービーで。
演出もわりとキラキラさせとけばいいだろ感あるけど、山田の頭から芽の漫画表現を映画に持ってくるのどうなのと思うけど、日なたと日影の対比すら有効活用してないけど(しなきゃいけないわけじゃないが)、いいのだ……。


あああー!
思春期一過性を描く作品じゃないことくらいわかってたけど!!
新幹線飛び乗りは!!!最高!す ぎ る!

どうしてもどうしても恋愛ものは温度差のある二者が最後に同じ想いを共有する展開に感動を覚えてしまいますねどうか共有してくれと願ってしまいますね……。
受動者が能動者になる瞬間を愛している。

山田のぽやぽや初恋が確固たる現実になった瞬間と考えるともう……加瀬さんの重たさがもう……
たかが高校生の恋だと、ましてやたかが思春期の女同士の恋だと、言ってくれるな。
よかった、山田がそういう呪いそういうクソみたいな現実に抑圧されないまま加瀬さんを選びとれて、加瀬さんを思い出にしないで、よかった……。
儚い恋を否定してからの固い絆だよあさがおえーーーーん。


あのねえ加瀬さんクッッッソ好み。
「ちょっと来て」とか手を引かれたすぎる家に招いたら押し倒されたすぎる山田その無防備なミニスカート部屋着はいかんでしょー!?
佐倉綾音さんの声まじでやばかったからこれ。迫られたいわ。

ボイ系ながら確実に女性寄りな見た目でおっぱい大きくて健康的な体つきで能動的でリードしてくれるけどLINEこなかったくらいでフられたと思う弱さがある女めちゃくちゃ恋愛対象なんですけど…………………………。

少女漫画の男の子にときめく女の子の気持ちが今やっとわかった……。別にヒロインの子とのカップリングを無視しているわけではないのだな……。

そして加瀬さんの性欲が大好きだよ。
なんか「加瀬さん完全に中身男子高校生(笑)」みたいな茶化し見てびっくりしたんだけど加瀬さんを男に回収すんじゃねえ。
性欲を男に回収すんじゃねえ。
好きな女を前にしてあらゆる期待をしてけしかける加瀬さんのなんとも愛らしいことか。
いけると思った瞬間を逃さない加瀬さんの。


あーー満腹、満腹です。
[PR]

by jinloturu | 2018-06-19 01:36 | アニメ | Comments(0)