<   2015年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

 

イスラム国の正体/黒井文太郎

体系的でわかりやすい説明書。
日本でやっとISISに関心が向けられてきた2014年12月刊行。
なのでとっつきやすい。

シリアでアラブの春が失敗し、アサド政権下でシーア派が幅をきかせた。
そこで大量虐殺が行われたので、スンニ派(とか?)が立ち上がり内線が始まった。
だからシーア派と対立してたISISはそこに漬け込み勢力拡大できた。
シリアでは打倒アサド政権の大きな勢力もあったけど、そこの理念はあくまで「打倒アサド」に留まり、他方ISIS「理想のイスラム世界建立」を掲げていた。
政権を崩すだけで状況は改善しなかったアラブの春の失敗が記憶に新しいシリア国民はISISに流れた。


オバマはそもそもブッシュ政権の反省を踏まえ「軍縮」を掲げていて、最初ISISに干渉しなかったことが事態を悪化させた。アメリカくらいしかISISを制圧できる軍事力を持つ国はないから。
けど、そうもいかなくなったので、アメリカ国民の人質が殺されたことで国民感情が高まったのをきっかけに空爆を開始。
遅すぎとか言われたこともあったみたいだがそもそも今まで他国の戦争に首突っ込みすぎて無駄に兵士を死なせることに国民の抵抗感が強いのだから仕方ない。



……私の関心のあるところのまとめはこのくらい?
残虐さを押し出すところが他の過激派との違いだが、それを理解してる人ばかりが入ってくるので扱いやすいとか。
何故残虐か、というところにはあまり答えらしき答えはなかった。

北海道の学生がISISに参加しようとした事件について「あまり深く考えてなかった」とあった。
いやまあ有り体に言えばそうなんだろうけど、他の評論で「日本のイスラム研究家(名指し)が現況を歪曲してぬるい情報しか学生に伝えてなかった、学生は現実に閉塞感があり別世界を求めていた」っていうの読んでたから、「深く考えてなかった」というのは可哀想かなと。
きっと状況が違えば、時代が違えば(遡れば、あるいは下れば)日本のカルトにハマってたろうな。
[PR]

by jinloturu | 2015-06-18 19:12 | エッセイ・評論他 | Comments(0)  

一九八四年/ジョージ・オーウェル/高橋和久訳

はー……。
なるほどそりゃあらゆるところで引用されまくるわけだわ。
今でも尚褪せぬ普遍性。
怖いもの。うわあ安倍だとか思える、現実を転写しうるディストピアの片鱗が怖い。
ディストピアものは現行社会批判を内包しているものですけど世界中いつでもどこでも当てはめられるのが文学として優位たれるのは真実ですね……。
唯一、唯一「テレビによって民の意見を画一化できる」っていうのが古いなあと。
多様性を促進したというのかネットは。ネットなんかなかった1949年刊行。

「二重思考」という捉え方はすごいなあ。「認知的不協和」よりわかりやすくキャッチーで正確。
人はそうして脳内をやりくりしているのだ……。

普遍性というのはもうひとつ、これめっちゃオウムだ……。
全体主義独裁の再現……。
そのわりにオウム関連書籍でこれが引用されてるの一度しか見たことないけど。
情報統制、二重思考、記憶操作、絶対帰依。
党(グル)がすべて正しくて民(サマナ)は自我を破壊してそこに党(グル)の考えを注ぎ党(グル)の化身とならなくてはならない、とか。
そんなの現実ほとんど無理だったわけで……でも二重思考でなんとか耐えてきた信者たちはいたわけで……。
ニューナルコとかお粗末すぎるけど理念としてはこれなのかって。



しかし正直話そのものを楽しめたかというと微妙。
ジュリアを裏切らないことこそ自我の砦でそれが最後に崩れた、って流れはわかるけど、は、はあジュリアそんなに大事な……いやうんそっか……構造的には充分すぎるほどわかるけど実際の心理がわかんねえぞ……。
自我を守るためにこそジュリアを利用し「この線さえ越えなければ自分は自分でいられる」としているのだと理解すればまだなんとかなる。
けど「理解する」だけじゃ感情移入できない。あの二人の再会の倦怠感も、そうですか……と。能力低いのかなあ。

いやうん、ジュリアの、体制に批判的でありながら現状追認してその中で上手く立ち回ろうみたいなキャラクター性は、いるいるこういう奴って配置で感嘆。

サイコなオブライエンは面白かった。
言葉巧みにウィンストンを陥れていくマッド感。
二重思考の最高の体現者であると。

現実は身体の外ではなく脳内にあるってSF設定を設定としてではなく価値観として揺らがせたのも面白かった。
過去は可変。
[PR]

by jinloturu | 2015-06-17 21:51 | 小説 | Comments(0)  

みずいろの町まで/嶋二

男子高校生最高ですね。
私気に入った作品の作者の別作品ががっかりな出来だった場合もう一作だけ希望を込めて読んでしまう癖があるのですが、『小さな恋のメロディ』ががっかりだった分、これは好みの出来に仕上がっていて大満足だった。
なんつーか、ちゃんと二次元男子感のあるいちゃいちゃわちゃわちゃって感じ。

押しと引きが絶妙でたまらんね。
なんでこう展開すんだろう(笑)ってなるけど、萌えの前では重要というかそんな突っ込み無視してしまえる。
急な激しいキスから引いていくのきゅんきゅんすんね。

引っ越すことで意思疏通がままならなくなり諦めようとしてしまうかずくん、好き。
こういう誤解は解ける瞬間への期待がね、高まるね。
[PR]

by jinloturu | 2015-06-15 23:59 | BL漫画 | Comments(0)  

ケンガイ 2,3巻/大瑛ユキオ

良かった~面白かった~。
非デミセクシャルでアセクシャルを貫いてくれただけでも大満足なのにストーリーが気になる気になる。
実に良いバランスで良作だった。

これのどこに反応するかで読者の価値観が露になってしまうやつだ……(いや感想とは往々にしてそうだけど)。
「ピュアラブ」「最後駆け足すぎ」「もう終わり?!」「映画引用したかっただけじゃ」「作品として発表する意味あったのか」「白川さんに変化を求めてしまう」等々、興味深い感想沢山見かけた。
私と感性一緒の感想だ!って思ったら小池みきさんだった。笑


私としては、過不足なくとてもすっきり決着ついたなと思い、変に生い立ちに理由付けしてほしくなかったなとも思い。
だから白川さんの過去がほとんど見えないまま終わってくれて安心した。
でも「こんなに美しい女性に優しく接してもらったことがなくて」の部分は、そっかー白川さんにもそういうとこあるんだーと。
ていうかここはちょっと意味がわからなくて、えっ伊賀くんのことではないよね?って混乱した。
ちらと出てきた元地元の友人のことか。


白川さんも大概だけど伊賀くんも相当だ。
手の甲キスとかいきなり抱きつくとか気持ち悪ー。
その度白川さんが貶して図星さしていくのが気持ち良かった。
おまけ漫画の、待ち受けに文句つける伊賀くん、めんどくせえ。
これ「付き合ってるんだからこうしてくれたっていいでしょ」とか言い出して白川さんの信頼崩して別れるパターンだ……。
「今はね」という言葉の重み。
伊賀くんあの台詞で感動はしなかったわけだしな。

とりあえずセックスできて一緒に時間を過ごせて話も合うから今は付き合えてると。
伊賀くんがこれ以上を望んだら無理だろうな。人は簡単に変えられないし変えてほしくない。
そういう衝突を今まで描いてきて。

結局「病気」って何?
機能不全家庭だとかの?
[PR]

by jinloturu | 2015-06-11 05:18 | その他漫画 | Comments(3)  

ガングレイヴ 16~26話

あー泣いた泣いた。
もう何から何まで気持ち良いほど王道だった。
ハリーが過去の夢を見てさ~チンピラやって仲間と暮らす日常を「自由だ」と語るのさ~卑怯。何もかもをほしいままにするのはハリーにとって自由じゃなかったんだと。
そこからのブランドン邂逅で嬉しそうな顔するハリーなー!!

最後撃ったか撃ってないかわからないようになって終わるところが小憎い。
そっか……「初対面だと判明した施設のシーンで繋いだ手」に重ねるから撃ってないと思ったけど、邂逅のときブランドン震えながらも撃ったんだよなー。
弾が切れてなければ。笑い合うとこ最高……泣ける……。



萌えないのが悔やまれるとは再三言いたいが、もう二人の最期にミカの「好きだよ」告白を重ねてきたのはハリーの口に出せない告白のように思えてならない。
本当は25話~26話の間に一回セックスしたろ。時間的に難しいか。

「ハリーを選んでしまった」って重すぎる台詞だよな……。
この齟齬……わかりあえなさ……。
ずっとハリーはブランドンが自分を裏切ったって呪詛を溜めてきてさ。
昔の仲間の写真を飾ってるとかもほんと何もかも王道すぎて泣く。
昔の酒場で対話のとき、ビジュアル・声が会話内容に対応して変化する演出面白かった。




さて二人のことしか話してなかった。
前半で出てきたキャラクターたちが次々に死んでいく無惨さが見てられなかった……。
殺されるかもしれない脅威の中の銃はムリ……。

ボブ、文治、リー、ベア・ウォーケンが一人ずつ襲ってくる武士道笑う。
特にリーの突き抜けた「悪役」感はこの作品では滑稽に過ぎるように見えて萎え。
死ぬ場面で「男には為さねばならぬことがある」的なの好きじゃないし理解したくもないなあー。
シェリーの徹底お飾り感も笑うしミカの徹底ヒステリーも笑う。

しかし15話ではケニーたちのことを忘れ墓の体面だけ飾ろうとしてたハリーがシェリーを弔ったのは象徴的よね。
このタイトルにして墓ではなかったのは時間的拘束か他に意味があってか?

こんなにやたらと墓が出てくるアニメもまた珍しい。
結局生命倫理はグレイヴに「俺は生きていちゃいけない」と言わせるに集束していったわけだが墓は終わりの場所というわけか。
越えちゃいかんと。
二人の最期も墓場に相応しい死に姿だったのかね。



『pieta』
5話 マリアとブランドン再会、ゆったり語り合う
20話 死んだマリアの面影がブランドンを慰める
23話 ベア・ウォーケンの走馬灯。シェリーの思い出
24話 ミカが口ずさむ。ブランドンが死地に赴き独りぼっちになって。シェリーの亡骸を抱えて車を走らせるハリーに重ねて

良いところで染み入るように流れたなあ。私は昭乃さんに集中しちゃうのであまりシーンには入り込めなかった弊害が。
昭乃さん参加アニメこれで13作品消化。
[PR]

by jinloturu | 2015-06-11 05:17 | アニメ | Comments(0)  

ガングレイヴ ~15話

えー……っと……。
スタッフは天然BL脳のおじさんたちかな???
まあハードボイルドやバディものは琴線触れないし、マフィアやヤクザや警察なんかのホモソーシャルジャンルに全く萌えないから如何ともしがたいのだが。
しかしお前……自分より親父を取ったから殺したってお前……あー、このツボが私にあったら良かったのに。絶対萌えてたのに。それほど骨太な描写の積み重ねをしているのに。

それは措いといても「ブランドン……」と絞り出して泣くハリーに集束していく15話は凄かった……。
そりゃそーよそりゃないぜハリー……と焦燥感に包まれる。
町のお店の店長殺しという場面を通して描く演出が実によく効いている。
瞬間の憎悪で殺しをした自分を肯定してほしかったのに逆に思いきり否定され、純粋で周りも顧みない悲嘆に自己の本心を見いだしてしまったハリーの心情描写がただただ身につまされる……。




しかし12話あたりまでのんびりですなあ……と思うのは私がハードボイルド好きではないからかね。
今のアニメなら4~5話でまとめてきそうだ。
その分丁寧に丁寧にハリーが狂っていく様子を活写している。
もはや自分の欲望を成就することだけが目的となって軸がぶれてしまったというの……。本末転倒すぎるわ。

今のところ『pieta』が5話しか流れていない。
インストゥルメンタル、というか昭乃さんの声なしver.は所々で流れているのに……。
見る前はこの曲この作品に合うのかな?と思ってたけどなるほどゆったりした切なさ、合いますね。
ぴったりなのはマリアのシーンだけじゃないと思うのよなー。

というか久々に女が徹底的にお飾りのアニメを見たので笑ってる。昭乃さんが関わってなかったらマフィアもの見ないから……。
ベクデルテストクリアしてないよねたぶん。
ネクロライズされたブランドンとマリアが静かに見つめあってマリアが一筋の涙を流すシーンあるなこれ。


ここからが本番ですねー!
ていうかdアニメストアのあらすじが15話までがっつりネタバレしてくれちゃったからここまで見るの退屈でもあったんだよ……。
信頼と裏切り、組織、生命倫理、自由、復讐なんかがどう回収されてくんでしょうか。
[PR]

by jinloturu | 2015-06-08 19:11 | アニメ | Comments(0)  

ラストゲーム 8巻/天乃忍

あー……前巻で冷めてしまったのか私……。
すっかり萌えない。
柳がオモシロかイケメンか両極端な。
完結まで読むとは思うけど。
九条の萌えシチュがあれば保つな~。九条すっかり恋愛脳だな~萌えねえ~。

両片想いは切実さと半ば諦めかけてるとこがあればこそ昇華されるのだ私の中で。
いやうん可愛いよ、可愛い。
[PR]

by jinloturu | 2015-06-08 19:10 | 少女漫画 | Comments(0)  

アイドルマスター

面白かった。
キャラを生き生き描いてくれて気持ちいい。
一人一人が愛しくなるような仕掛けがたくさんある。
特に表情がいいよね。キラキラしてて、微妙な感情の揺れ動きをふわっと画面に浮かばせてくれて、力入ってるなーと思った。
デレマスから入ったのでまず赤羽根Pがイケメンでびっくりしたよ。

千早回が良かった。
復帰ライブでみんなに支えられて復活。恥ずかしげもなくドラマチックで感動。
「みんな一緒に」というテーマをリフレインする、すっきりした軸が通底していてとっつきやすい。



しかしですね、えーと……。
春香の危うさが気にかかっていたので春香回楽しみにしてたんですけど……。
マネージャーくらい雇えよ?!新事務所とか言ってる場合じゃねーよ!スケジュール管理ちゃんとしろ!
明らかに春香が背負わなきゃいけない問題じゃないよ……それは違うでしょ……。
「どうしたらいいの」って、そりゃ1アイドルにどうにかできることじゃないもの。事務所が環境整備しなきゃいけないでしょ。
雑設定はある程度無視できるけど、これはさすがに気になって仕方なくて全然入り込めなかった。
一人で背負う春香がかわいそうでかわいそうで腹立って……。

あと無視できない雑設定はお前らどうやって有名になったんだよ……。
たった一度のライブ成功ですぐ全国規模で有名になって冠番組持ってどういうツテなのか演技仕事までしてる弱小事務所アイドル……めちゃくちゃ謎。
いくら竜宮小町が有名でも有名ライターが宣伝してもそれだけじゃあ無理でしょう。それだけの面白いとっかかりがあるわけでなし。
いや一年後とかなら、ああそのへん省いてぼかして忙しくなったアイドルたちを描きたいのね、で普通に納得できたのに。

うーん。
もやるよー。

ストーリー面でのもやもやも。
いぬ美と響が適当ごはんで喧嘩して「本当は自分が忙しくなって寂しかったんだな」って流れ……そっくりそのまま創作内での母子家庭描写の再現……。
やよいが家庭切り盛りしてるのも、兄弟が寂しがって家出して仲直りも、うーん……「女」への圧力……。うーん……。
真のコンプレックス描写もまたなんだかなあ。コンプレックス自体は可愛いから好きなんだけど、それの調理は上手くしてくれないとな、、、
お姫様になりたい願望……こういう女の子、アイドルは見たくない。
(ももクロちゃんが「交際するなら互いに仕事優先するような関係でないと嫌」って言ったの、完璧なまでに今求められるアイドルって感じ。だから好きなの夏菜子……)


このへんのストーリー面のもやもやはデレマスでかなり意識的に綺麗に払拭されてたのが感嘆ですねー……!
歴史と努力を感じる点ではよかった。夏クールが楽しみ。

いや、いや、色々言ったけど全体的にはとても面白かったのよ。
劇場版も見る。
[PR]

by jinloturu | 2015-06-08 19:03 | アニメ | Comments(0)  

ヲタクに恋は難しい 1巻/ふじた

絵綺麗だな。
オタク、腐女子、腐男子、百合ヲタの恋愛もの、趣味ががっつり関わってくると全部むず痒くてダメだ……。
なんだろうなこれ。

いやてか結局、オタクに都合良くてイケメンな彼氏だとか、余裕持ってる彼氏だとか、きゅんとするエピソードひとつひとつの"少女漫画感"とか、それがダメなんだ……ヘテロものってどうしてこうなんだ……いや私の好みに合わないだけだから文句をつけてるわけじゃないのだが……。
あ~恥ずかしくてお姫様になれないからオタクになる、のだけれども、その照れをちょっと捻ってメタっぽくして「女の子扱い」してやれば受け入れられるオタク女性は……そっかいるのか……。?
[PR]

by jinloturu | 2015-06-07 00:08 | その他漫画 | Comments(0)  

愛と混乱のレストラン/高遠琉加

うん、私の好みに露ほども当てはまらないやつだ。
完璧主義とかお高くまとまろうとしてるキャラは受けでも攻めでもダメです。
自分の弱いところも自覚的に受け入れるがゆえの余裕を持ってる攻めもダメ。
余裕持ってるだけでダメなんだけど。
「変えてやる」とか!「~してやる」系。
「何でも言うこと聞け」系。
受けが弱味を晒してそれを包みこんでやる系。
ズケズケ突っ込むくせに弱味につけこむような真似はしない完璧さ。

ウワー。
全てがピンとこなさすぎて、逆に私の好みを炙り出す良い教材になってる。
そういう意味でまあ悪い買い物ではなかっ……た?
[PR]

by jinloturu | 2015-06-07 00:07 | BL小説 | Comments(0)