リズと青い鳥

なんだかんだ京アニ好きだわ……山田さん……。

わたしねー!?
ひとりの人間を想う重てえ感情がどくどく描写されるの超絶弱いんですね!?
あー思ったけどもこういう方面の百合がほしいってずっとずっと思ってた。
相手への想いの重たさでつぶれてしまうような愛が百合でほしいって。
思春期特有のとかそういう言葉で埋もれないほどの、愛が、そして、報われる瞬間が。重たい愛が重たい愛で返される瞬間が。

同じ熱量で返される瞬間、というと、まだ私の願いは叶っていない。でもあんなにまで克明なみぞれの、誰にもわからない、いじましい、愛が。
大好きすぎる……………………




序盤からラストまで泣いていた。
アニメであった。映画であった。カメラの、色彩の、美術の、捉え方すべて。
つーか台詞最小限かつ画面でたっぷりの情緒を語る演出がめちゃくちゃ好きなんだよ????
だから日本アニメが好きなんだよ??????

希美のフルートが理科室のみぞれに反射するシーンよすぎるみぞれにとっては






……とここまで書いて二回目を見た。

傘木希美………………………………
傘木希美、傘木希美としか言えねえ。

ああもうすげえわかる。
こいつみぞれの愛を養分にしてやがる…………


あああ今わかったみぞれのオーボエが好きなのだけはほんとうのことだと思ってたあああああああ
あいつまじこの野郎だな!?!?養分!!!養分!!!
なんだろうなんだろうみぞれもいやあいやあさあ

あーーーーーーーーー

特別になりたい、特別になりたい、
麗奈は自分が特別になりたくて久美子も特別だった、
みぞれは希美だけが特別だった、
希美は自分が特別であることを確認するためにみぞれを利用し、しかしみぞれが自分よりも特別だと気づいたら閉じこめようとした。
この閉じこめようとした、のは、みぞれに追い越されたら自分が特別になれないから貶めようとしたのか?あなたはひとりで私はあなた以外にもいると主張することで。
みぞれには自分のことだけ見ていてほしいでないと自分が特別になれない他の子といないでほしいでないと自分が特別になれない。信じきれない。
音楽で追い抜かれているから、追いつこうとしても届かないってほんとうはわかってるから、せめてみぞれの視線を独占することでしか。
それも梨々花ちゃんの登場により揺るがされるこの行き場のねえというか二局同時に圧迫されることでしか籠の開け方を自分の欲望を知ることができなかった希美の頑なさよ。信じていられたのだこのときまでは。

あのね、オールオブミーの映画とオールオブユーの映画、という話が印象的なのですが、みぞれは完膚なきオールオブユーで、希美は8割方オールオブミーなわけですね。

いや二回め時点でほんとは10割だと思ってるんですけど希美が多少は他者としてのみぞれを希求していると思いたい気持ちもあり……。
というか、コミュニケーションが成立する以上は、100%自分あるいは100%相手というのはありえないし明確な切り分けはできなくて混ざりあっているものではある。
オールオブユーであってさえ、自分の全部が相手であっても相手の全部は見えない。

しかし個人的な昔の思い出で傘木希美(の一部)身に覚えがありすぎる…………ゆえにこいつにどんなに独占欲や不安が見えても全部自分のためにしか思えなくてつらい……。こういう見下し方やったよ……。
オーボエが好き、ほんとうの気持ちが1ミリもないまま言えることではないでしょう。
夕べに山登って「なぜ私に籠の開け方を教えたのですか」とは呟かないでしょう。

それでも籠を開けたのは希美ではないのだ。みぞれが自分で飛び立った。
他者としてのみぞれを愛して籠を開けることができるようになるためには90分では足りなかったのではないか。
オーボエが抜群に上手いというのはつまりみぞれは制御できない他者である、という諦めに似た発見だから。
中学生の頃から『リズと青い鳥』演るまで見ないようにしてきた間はまだ他者ではなかったと言える、と思う。

にしても希美は部活を離れてた間のみぞれの音に情感がなくなっていたことを知っているんだろうか……。
復帰してからそれとなく知って、自分でも気づかないうちに籠に押し込めるようにみぞれの愛を振り回すようになった。あなたにはわたししかいないけどわたしはあなただけでない、というメッセージを日々発信しつづけるようになった、と見る。
それがみぞれにとってつらいって知ってるくせにな……知ってるからこそな……。
「昔のこと」と殊更主張するのも自分は気にしてないアピールでその実すげえ気にしてるっていうあれか。


「『リズと青い鳥』ってさー私とみぞれみたいだよねー!」
(ふぐに餌やるみぞれに)「リズみたいだね!」
あああすげえ古傷いたい……超見下してるじゃんどういう意味か説明しなくていい圧倒的権力勾配のなかで自分の本音を織りまぜることができるわたしはあなたより上なのだとそのたび確認できる……たぶん昔そういうことやってた……。

理科室こそが鳥籠だったというね……気づけよ傘木希美……
でもラストの赤と青のように混ざりあっているんだろうな、ふたりともリズであり、青い鳥であると。





なんかサイコミステリーだった。
一見美しい純情な青春をくるんで圧倒させてくる映画かと思ったら徐々に明かされていく真実に寒気が呼び起こされしかもヒントはすでに埋め込んだ、探偵はきみだ、というような。

でもあんな希美のすべて(のガワ)が好きだというみぞれの感情感情および感情にはもう琴線大乱舞よあの初見の揺さぶられる感情の洪水だけでもこんなん好きに決まってる……。
[PR]

by jinloturu | 2018-05-15 19:45 | アニメ | Comments(0)  

<< あさがおと加瀬さん。(映画) 世田谷シンクロニシティ/本郷地下 >>