恋の記憶/杉原理生

ちょっと『きみと暮らせたら』に「男同士は変」が散りばめられてショックだったから「そんなことないよね?!」と思いたくて杉原作品3冊め。
まあ、まあ、なくはなかったかな……。
キャラの関係がよかったな。二人で生きてきた姉とか。会社の男女同僚の掛け合いとか。

刹那的な関係と知りながら出会って手を取ってしまったじりじりの恋心を持て余す高成好き。
破滅的でなく建設的なラストになっていて安堵。萌えました。
まあ淡々と至るべきへ至った感じか。
[PR]

by jinloturu | 2016-10-04 12:14 | BL小説 | Comments(0)  

<< リンケージ/倉田嘘 群衆/木原音瀬/和泉桂/水壬楓子 >>