それは初恋すぎるでしょう。/花川戸菖蒲

全体的に淡々としている。ふーんて。
仕事描写にもかなり字が割かれていてそちらでいくらでもハラハラ展開できたろうにまったく順風満帆。
ここで波乱起きてそれを堅実な性格の阿川が支える、くらいだったらそこにある想いに説得力出たのになー。
20年は重すぎるけれどもその重さってどれくらい?の説明が不足してたと思う。
千鶴さんいいキャラしてたけど結局振られる理由にもドラマチックさはなくそれかーっていう。

ていうかそれ以前に説明口調の過ぎる話し言葉や文のリズムが肌に合わなかった。
それでも読んだ理由はタイトルは良かったのとこういう長年の成熟した愛の関係設定は嫌いじゃないからだよ。
「恋愛をしよう」「ああ。なるほどな」はよかった。
[PR]

by jinloturu | 2016-10-02 21:47 | BL小説 | Comments(0)  

<< 僕の幸福を紹介します/ロッキー イノセントノイズ/井村瑛 >>