人気ブログランキング |

蒼穹のファフナーTHE BEYOND

ああああああああ!!
あーーーーーーー!!!!

ファフナーだ……。え、はやくない? もっと先と思ってたよ5月17日??
はやく4話以降の予定を教えてくれ!!!!!




う、うえーん。
戻ってきてしまった。

とりあえず1回観て噛み砕いてから2回目以降行きたいと思います。
「これぞファフナーだ!」みたいな高揚感がまったくない。
期待はずれだったと言いたいのではなくて、逆。期待しているものが当然に差し出されることを知っていたから、「どうなる?面白いといいな……」の不安ゼロで迎えた。それだけ。私はファフナーが面白いということを当然知っている。
昨日まで全然BEYONDのこと知らなかったのに4年前からこのシナリオや映像をわかっていたかのような感覚。

もちろんこんだけ愛が重たいファン抱えたコンテンツが「期待がはずれることなく面白い」に堪えうるまで練り上げた続編だもの、尊敬はしてやまない。
最高のものを最高のスタッフで作り上げたのだ。というか3話丸ごと作監平井さんとは……4話以降はどうなるんだ。




なんか、こう、順当な3話、だったね……。想定したかぎりの。
一騎を憎む皆城総士、ちゃんと本編観るまではそう解釈しないようにしよう……と思ってたけどまるっきり!そう!!にくしみでした!!

それでも乙姫を消したのはさすがに一騎じゃないとおもってたよ。おい!真壁!!(笑)(笑)

なに、この??
こっちはもう「一騎ったら変わんない容赦なさ!しょーがないなー!お前ってほんと不器用だな!!まじ追い込み漁!!」としか思えないけど、総士にとっては初めての憎しみなわけでな……。

……と思ったら、状況が一刻ごとに目まぐるしく変わっていくので「殺してやるー!」の気持ちが長く続かなかった。
あと一歩で落ちるやん。いやOPでもうバレバレですが。
そう、私は総士には一騎と真っ向対立してほしいんじゃなくて、最後に一騎のもとをそっと去ってほしいんですよねずっと。
肝心の一騎がそっと世を去ってしまいそうですが………………。

長く続こうと続くまいとニヒトに乗れば強制的に増幅するからな。
これ美羽のパワーで怒りが鎮まるのでしょうか。美羽が撃てないんじゃ愛のパワーしかなくね……(投げやり)
ザインとニヒトの再対立はやっぱわくわくするから見たいけど、肝心なのは共闘するかどうかだな。するか。するよなこの分だと。
OPラストニヒトなの違和感しかない。。うう、総士。


総士を片手で守り片手で敵殲滅ってなにこのふじょしの妄想。
久々にふじょし心が瑞々しく高鳴ったけどこのきもちはかずこそじゃなくて一総へのきゅんなんだよな……。
子どもになったからああまで触れることを(絵的に)許されるのね。
触れる手、瞳、全部が一騎の総士への想いであふれてるのにこの3年間彼がどう過ごしてたか知るすべはもうないのでしょうか?

まあ、総士は総士でないけど総士である、というスタンスですからね私は。
だてにEXODUSからの4年間前世ものについて考えてきてないんだ。
そういえば、この記事で「一騎なら総士を見て「お前ってほんと不器用だな」って言ってくれるはず」と書いたけどもうそれどころじゃねえな。言ってくれるかな。(言ってほしいわけじゃないけど)

織姫ちゃんは「乙姫ちゃんと全く逆のキャラクターと印象づけてから最後の最後で無理してつくっていたことが明かされる」キャラ構成だったけど、総士は「ああ、これは総士だ」と思わせるまでが早い。
口ぶりもそうだし、あらゆる手段を検証しようとするのも、寝たふりして抜け出し船を探索するも監視カメラの存在を知らない浅知恵感も皆城総士5歳って感じ……。


にしても傷浮上はひっでえな!!!!
そういうことする!?なんでそう我々の感情操作がお上手なの!?
こんなにのびのびと育って、ダメ人間だなんて初代と対極に位置づけられて、興味ないことをしなくていいなんてああよかったねこれは総士じゃないね~ってしてるときに積極的に初代と重ねる所業、する!?!?
顔と名前だけでもうじゅうぶん呪いなのに! ファフナー!! 貴様らは今日左目の傷を呪いにした!!!!

木蓮のキチェかよ。
えっ遺言聴いたらすべてを思い出したりするだろうかと身構えてたけど段階踏むんですね……。
えっいずれ固定化します? なに? 初代があすなろ抱きしたときだけ浮き上がる仕様?
しかし総士の思念、ニヒトに残ってるのだな……。第一段キービジュまんまじゃん。あの憂い顔、思ったとおりの心配しかしてねえ。

まだ1回めなので正確にいつ浮かんだか覚えてないんだけど憎しみ覚えたときでした?

総士は物理的傷を与えてもらって感謝したわけじゃないですか。
目には見えない傷を心に負わされたら、その痛みはどこに表れるの?って話ですよ。
いやそんな安い話じゃないか。おまえは皆城総士なのだと、傷を負い傷を与え続ける存在として何度でも生を迎えなければならないのだと、そういう刻印だ。
妹の喪失は明らかに傷であるが、そんなものがここにいる証になってよいのか。それが存在を選ぶ理由に足るか。もっと大きな痛み、それこそ憎しみによって誰かを傷つける痛みを総士が背負ってしまうのかもしれない。ニヒトに呑まれたら。
左目は、喪失の傷になんかならないはずだ……。
存在と痛みを調和させる一騎の手、総士と同じ格好で無に還した左手、それをさあ、やめろと触れて庇える子に育つことができたんだから。(初代の歪みようがうかがえる)


1話でいきなり真矢ちゃんの目も奪われて衝撃だった。
弓子の姿形をしたセレノアを躊躇なく狙撃するだけでわりと悲鳴ものだったのに次の瞬間これだよ。。
でも失明したのかと思った。それHAE一騎じゃん、なんだよこの3人組は目を奪われ主人公かよ、と。
SDPだけ奪われたのか?
「遠見」の力が消されるのはけっこうでかい喪失。(SDPなしでも真矢ちゃん激強ですが。)
この喪失は布石なので真矢ちゃんの今後益々のご活躍を期待しちゃっていいですか。
ああ、対ヘスターだけの役割かと思っていた。BEYOND。それが、ついに、ついに、真矢ちゃんもフェストゥムと対峙するということだろうか。
ファフナー、あんまりに地道。

総士に異様に厳しいし……。
ミツヒロのこと、パペットのこと、苦い記憶があるとはいえなぜにこんなに??

「たとえ憎まれても二度とあの子を敵の側へは行かせない」、PVで見た感じマリスらに憎まれても……ってことかと思ってたけど総士自身に憎まれても、だったし。
私は、真矢ちゃんは未来を守ると決断した戦士だと思っているので。というか、『THE FOLLOWER2』で彼女は確かに自分の守りたいものじゃなくて未来の対話可能性を守ることを選択したので。
だからそれに必要な総士を全力で守るようになったんだ──と理解したのだけど、どうも少々ちがうらしい。
服従、支配ってそれ父性じゃん!? ミツヒロバートランドか!?
いやこれ以上ない「お前はかつてのお前ではなく、こうあろうとしたお前でもない」(『THE FOLLOWER2』)あらわれよな!
ああ、もう、真矢ちゃんは一騎を守る母性を、手放したのだ………………OPで優雅にお茶する真矢ちゃんむちゃくちゃいとおしいのですが………………!!!
もう真矢ちゃんはひとりで生きていける!!!!
なんか私が望んだ真矢ちゃんすぎて怖い!すき!
あああそろそろ真矢呼び、せねば……。

あーーなんの疑り深さなんだ。一騎も真矢ちゃんもいともたやすく総士を組み伏せてやるなよ。うけるだろ。
おかげで総士剣道に目覚めたじゃん……剣道って、なに。零央ちゃんに学んでるのか。



まだ全然些末なことしか語ってないのに文字数だけが膨らんでゆく。


マリス~~~~おまえ知り合いかよ~~~。
「あいつが裏切るなんて」って調子で進んでいくから誰かと思った。
美羽に匹敵するエスペラントって相当では!!?ていうかパンフ!さらっと重要な設定書きすぎ!ファフナーかよ。ファフナーだった。
どうしたら美羽に匹敵するエスペラントになれるか見当つきませんが。生まれる前からフェストゥム因子を移植されてる両親から自然受胎で生まれるしかないのでは?
甲洋でも対話能力のないだし(パンフ💢💢)、ルヴィはさすがに美羽くらいかな?コアだし。
ディランが隣にいるのは笑いましたが。パペットでは?生きてたの?

EXODUSラストは海神島平和に見えましたが、まさにその裏で平和を守るため誰かが犠牲になったのでしょうか。マリスの大切な人が?
総士も最初から親しげだったということは、ルヴィ、美羽、マリス、総士とエスペラント(及びエレメント?)で海神島のミールと対話したりなんだりしてたのか。

あ~~~疑似日野家、違和感しかないな……。
道生役が堀さんじゃないことに慣れない。『THE FOLLOWER』ではちゃんと連れてきてくれたのに……。
と思ってパンフ読んだら美羽の記憶ということで納得はした。声まではコピーできずか。
ていうか急にファフナーっぽくない黒ずくめの犯人みたいな奴が出てきて笑った。レガート、堀さんでは違和感があるキャラに成長するということでしょうか。零央ちゃんのお父さんも最上さんだけど。。

しかし改めて喜安さんすごいな。
PVとかでは違和感あったような気がするけどもう全然ないもの。フロロはここで退場なのか。
死者を想う文化まではコピーできずランタンに願いを、って、それから学ぶフラグじゃん。フェストゥムが弔いを学んでしまう……文化を。
しかしマリスまでも理解できないっていうのは、例えば美羽がナレインとエメリーから食物として命を奪った動物への祈りを捧げることを学んだようには文化を学んでいないっていうことなのか。
マリスも実年齢わかんねえな。美羽よりも限りなくフェストゥムに近い側から生まれたのか……というか北極生まれなのかもね。

私はBEYONDで心をなくすことを受け入れる一騎が見たかったのですが、果たして一騎がどこまで描写されるのか。
対立しようにも都合よく寝てしまわれるのじゃあどうしようもないのでは。
いや「無限のクロッシング」ってかなりの過酷ですが……。
存在と痛みを調和する役割ってなんなのか、やっと見えてきましたね。


一騎のSDP、これしかないって代物でしたね。
なんかもう美羽へのザイン明け渡しエピソード挟むかと思ったら前提なしにいきなりよ。
わかっていてもザイン見たら一騎が乗ってると思ってしまう。前情報なしに観た人きつそう。
総士はなに?OPで球いっぱい飛ばしてるのなに?と思ったら最後さっそく使ってやがる。

1話、まるでEXODUSの分割3クールめかのように始まった。まさか「第五次蒼穹作戦を開始する!」が開幕1分そこらにあると思わなかったよ……怒濤すぎ。
急にOP流れて受け止めきれずもっかい見せて!!と思ってたらすぐに2話のOP見せてくれて笑った。
「平和」を描くから、EXODUSでほとんど使われなかった無印の劇伴が久しぶりに聴けて嬉しかったな。
CCTS開放はもろにEXO9話オマージュ。アバドンぐるんしたね……やっぱり肩幅あると回っちゃうのかかわいい。所々セルフオマージュは変わらん姿勢だね。
でもティザーにあった総士がブルクでニヒトを見上げる絵はカットされたのかな??なかったよね?
三年後いわれてもそもそも第五次蒼穹作戦はEXOラストの何年後よ??そろそろ教えてくれたって???と思っていたらこれもいよいよパンフ読むまでわからなかった……パンフ……なに……。

(追記。ごめん史彦がさらっと「アルタイルが来てから5年」って言ってたわ。さらっと……)


衛一郎はさ~~~。
そりゃあさ~~「衛」の字は入ってるだろうと思ってたけど「一」はさ~~。ごめんね「衛二」とか予想していて。衛一郎は衛の次じゃないもんね。
この子も相当なエスペラントか?と思いきや今のところそんな兆しもなく。
ジークフリードシステムから直アクティビオン、シャブすぎて笑ったが引退のきっかけになるなら……。
というか真矢ちゃん、1話時点でも「まだ乗ってるの???」だったけどニヒト暴走して戦闘命令出されて走ってるのなんなの、まだ乗ってるの????



はあ~~~。これ、言うか。
まあいいか。言うの、やだな。でもこのブログちゃんとタイトルトップに異性愛へのにくしみ注意喚起してるからよろしくな。

主人公異性愛展開気配、濃厚ですなあ。

一騎と真矢ちゃんが恋愛になりませんようにとあんなに苦闘したのに、どうやら私が怖いのは一騎が総士がっていうだけじゃなくて、ファフナーの主人公が異性愛することなんだよな。

主人公というメインストリーム代表がテンプレ異性愛を避けて同性との絆一転突破だったからファフナーに救われたんだよ。異性愛エンドならいくら他が面白くてもこんなに読み込むほどのめりこんでない。私のための物語にはなりえないから。

主人公、ヒロイン、抗うべき運命、越えるべき父……みたいなテンプレやります……?
異性愛についてはいくら言っても言い足りないのでこのへんにする、けど、ファフナーがテンプレに甘んじるコンテンツでないことだけは信じてるからね。

だから、なんつーか単純に一騎を憎むだけで終わらないと思うし、かといって単なる反抗期として終わって自分の運命を受け入れる──にもならないんじゃないかと思うんですよね。そんなひねりのないオチにはしないだろ。なにせ総士を転生させたくらいだし。
私はたぶん本物の竜宮島が人の手に取り戻されてほしくないんだと思う。
皆城総士が否定した公蔵の思想が詰まった島を取り戻したところで、旧来の価値観が肯定されるようではせっかく人々が生きて時を歩むファフナーが巻き戻って成立しなくなってしまう。

アルタイルが目覚めてすっかり様変わりさせるのならあるいは。フェストゥムと人の共存する島として。でもそれはもう海神島でも実現しているんだよな。
ファフナー、同じ役割を持ったものは一方が失われる法則を律儀になぞっているから、竜宮島が復活するのであれば本当に海神島が命くんと一緒に沈むとかもしくは海神島との差別化を図らないと難しいよな。

偽竜宮島も最期を見ることもできずに破壊されてしまって……まだ残ってるのか。ていうかフロロがウォーカーの擬態だなんて一見しただけじゃわからなかったぞ。
ああー、この竜宮島の「自分たちだけの平和を守る」幻想崩壊、好きなんですよ。
幻想がはがれてしまった。この島だけが楽園だったのに。だったはずなのに。平和を擁する島は、その実、あらゆる大きな犠牲を強いている。
そういう竜宮島のしくみが暴かれてしまった。もう、元の島には戻れない。
ビリーの「なんで一緒に戦ってくれないの」という素朴な疑問は、あのときは里奈に共感するものだけれど今聞くとビリーもだいぶ正論なんですよね。
そこにマリスが現れてしまった。

「ここにいると定められたのなら 僕はその運命に抗う」の対象はひとまずマリスらだとははっきり判明したけれど、総士の背負った運命はまだまだ沢山待ち受けているわけで、どこまで抗ってくれるのか非常に楽しみですね。このキャッチコピーに何重の意味を重ねてくるか。

同じ役割持った~でいえば剣司がジークフリードシステム引退してCDCに突っ立ってるの、史彦の命が危ない……。急に舞台挨拶とかパンフとかで表に出されはじめる史彦と溝口さん……。剣司が司令になるのでは。。
急に双子になってしまわれたコアもふたりでなんの役割を得ているのか。朔夜、少年だったか……(パンフ💢💢💢)
ゼロ&パーフェクトムーンじゃん。
結局沈んだ竜宮島についてはなんもわかってないんだよな。輝夜朔夜の存在を一騎は知ってるのか?
ていうか芹ちゃんはーー!?!?はやく!!4話!!
仲西さんがフロロでファフナー終了ならさみしいのですが、新コアたちには違和感ないんだよな。


しかし生姜焼き定食を食べる総士を慈愛の目で見守る剣司や大人たち、あまりにも視聴者……あるいは能戸隆の具現化…………。
石井さん、なんか視聴者とキャラを重ね合わさせようとする癖あるけどファフナーで自分と重ね合わせられるキャラってなに? こそうし見守り隊しかないんだが???
いやでも石井さんあまりにも私たちと近いんだよな感性が。
最低3回観るまでは他のファンの感想読まない!と自衛中なのだけどパンフの対談は読むじゃないですか、石井さん、あんまりにもファンと同じこと言うんだよね、自衛とは。
「結局、この人は不器用なんですよ。本当にああいうやり方しかなかったのかなあ……」って本当に石井真、真壁一騎の親か?


さて、明日また朝イチで観るぞー!


# by jinloturu | 2019-05-17 22:46 | アニメ | Comments(0)  

甲鉄城のカバネリ 海門決戦

人が初めて二次元に裏切られた瞬間を目撃してしまった。「確かにテレビシリーズ最後は粗があったけどそれでも好きだった。なのにこれは粗どころじゃない、穴だ」「こんなに無駄な時間を過ごすくらいなら虚無のほうがまし」と憎しみに駆られている。(オタクは二次元に裏切られてからが本番よ……)


まあ~~~つまらなかったですね!びっくり!
劇場行かなくてよかった、NETFLIX・Amazonプライムで同時公開されたので。

公開前から無名ちゃんが生駒に恋を~~!?という情報が垂れ流されていたので覚悟して見たわけですが、それでも別に話が面白かったら良作判定は出すよなと思ってたんですよ。

いやふつうにつまんなかったですね。
薄っぺらなテンプレにテンプレを重ねたらこうも凡作になるんだなって。
どこかで見た展開にどこかで聞いた台詞。オリジナリティーの欠片もない。王道とテンプレを履き違えるな。

開始直後落下を抱き留められてなんの前触れもなく頬染めしたときあまりの安直さ雑さに不安になったらこれですよ。安直と雑でできている。
設定や展開を作り込むクリエイティブな仕事を放棄して、こうきたらこう言うものだろう、これが王道だろう、ファンはこれが見れたらいいだろう、ここを魅せたいからこいつにはこうさせよう、のつぎはぎでしかない。
EDはほんと「カバネリでこういうことやったら面白いだろ(笑)流行ってるし(笑)」ノリでできた安直さのあらわれだと思いますね。
EDで脈絡なく踊る深夜アニメってもうだいぶ賞味期限過ぎたと思いますが時代をキャッチできていないです……??『かぐや様』のチカダンスくらいやりきるならともかくさあ。
よさこいに割ける体力があるなら本編の作画に力入れろよ美麗な一枚絵の原画が浮いてるぞ。
本編が面白かったならご愛嬌に思えたかもしれないけど。


最後のみゆきちゃんと景之とクロケブリあたりのところはオ~カバネリだと思ったので、ここだけ一本軸にしてドラマ見たかった。
ほんと無名ちゃんの恋愛および連合軍茶番削ってここ膨らませましょうよ。雲母より景之が先に死ぬ謎。
最後のチープな生駒の「憎しみに囚われず思いやりの心さえあれば」とかまとめてさもいいこと言った風、とってつけた逞生回想、茶番すぎる。

無名ちゃん落下からの生駒抱き留めが三回もあったのまじ笑うんですが!?
偶然別件で購入していたアニメージュ6月号の監督インタビューを読むかぎり無名ちゃんをヒロインにするために生駒がかっこよくなったっぽい経緯が語られてるんだけど、結果的に、生駒をかっこよく見せようとするあまりに無名ちゃんが気を散らして落下してってかっこわるくなってません??
凄まじく強いヒロインを男主人公の都合で弱くする古典的手法、まじで古典も古典な???
自分たちの古い感性をまったく認識できてないのはクリエイターとしてやばいと思います。
女の子に恋をされるのだから男の子は当該女の子に絡めてよりかっこよくしなければならない、ってのも思い込みに囚われた安直さですよね。主人公のかっこよさ/生駒のかっこよさって女を助けるところではなかろう。

無名ちゃんと生駒の対立も、生駒がカバネを調査するんなら「あたしも行く」って言うのが無名ちゃんだと思ってたんですよ……。
監督もしっかり「無名は自分の信じた人を守り、その人の夢を実現するのが好きな子」っつってんじゃん。大量のカバネに囲まれても無名ちゃんなら生駒を守りとおす自信あるだろ?? ふたりを対立させたいだけの安直展開。
プレゼントを渡そうとするも主人公の行おうとする大義の前には些事だと切り捨てられていじけた末に"大義"な計画に反対するヒロインを無名ちゃんにやらすな。
落下を三度抱き留められてお姫様だっこで運んでもらってオフショル白ニット(時代設定!?!?)着て編み物してプレゼント渡すか渡すまいかでどきどきして暴走する主人公に涙してそばにいたがって「会いたい」と言いながらぼろぼろになり何度も助けられて最後にキス、掃いて捨てるほどいるヒロイン鋳型にぶちこまれたの泣くんだが。
テレビシリーズ最終話で笑顔で負傷中の生駒をぶん投げた無名ちゃんはどこに行ったの……?

萌え汚染だよな。
かわいくて強い。ええ。好きです。
無名ちゃんのアクションがたっぷり見られて爽快でした。かっこよかった。これこそ無名ちゃん。
なのに恋をするとこうなりますってロマンティックラブイデオロギー×萌え汚染。
これで何度めですかねえ。強くてかっこよかった女の子のかわいさを恋と萌えでしか引き出せない悪しき萌え男オタク慣習滅びろ。
オフショル白ニット、「無名を恋させてかわいくしたい!萌えたい!が先行して安易に採用されたがそれまでのキャラ像や設定と矛盾を起こしている上に中途半端」海門決戦の象徴だと思いますね。

私の推しは断然菖蒲様なので、卑称で無能な小物を習いたての剣術でえいっとやって諭す程度の見せ場しかなかったの残念でならない。
来栖は別にあのままでいいんだけどなあ……。


# by jinloturu | 2019-05-11 13:06 | アニメ | Comments(0)  

やがて君になる7巻/仲谷鳰

うっうわー!!!
正直ね!正直ね!
私やが君ハマりきれてなかったんですよね!!
今もハマりきれてるとは言いがたいんですけどそれでも!!
今回は、やばい。


正直沙弥香のこともなにも思うところってなかったんですよ~~。
なのに、なのに……。
恋だ!!!
「言った」「言った」「言った」
ああ、沙弥香は勇気を出したんだ。
空気が、においが、手触りが。伝わってくる。この、恋が。
涙。

選んだ燈子。
走る二人。
涙。

言語化の怠慢。

恋の手触りが感じられる、Bloom into youですね。
選ぶことの痛さ、傷つくことの怖さ。
ぜんぶぜんぶ恋なの。やっと同期して、泣いたのだ。

「ぜんぶが好きってどういうこと?」
にも作品なりの答えが提示されるこの周到さがやが君ですね。
なんだろう、沙弥香じゃなかったらわからなかった。
そうかあ、そのために沙弥香が必要だったんだね。

ごめん。言語化怠慢のままおわる。


# by jinloturu | 2019-05-04 00:17 | 百合 | Comments(0)  

世界一初恋14巻/中村春菊

まだまだKADOKAWA引っ張る気かと思ってたから恋に(完全に)堕ちるまで残り一ヶ月切っててびっくりした。もうすぐじゃん。
ここからまた長いんだろうか……。

ネタ切れ~~~~。
むしろ雪木佐のほうがまだネタがある。読める。まあ、時間進んでますからね。
高律停滞して何年経った???
いい加減くっつけよ。
いや、停滞はもう諦めたけど、セックスノルマはもうやめてほしいよ……26日間くらい我慢して。
尚も別に当て馬じゃなくて親友ポジションでも引っ掻き回したり背中押したりカウンセラーやったりできたのでは?
あと電車内で仕事のしかも未発表の話するなよ~~~。

この期に及んで鍵置いて帰るのかといらっとしたらさすがにそれはなくてほっとはした……。
あ、唯一、「今さら間接キスで恥ずかしがる関係じゃねーだろ」は、こいつらこんなこと言っててヤってんだよな……と笑えつつ好き。


# by jinloturu | 2019-05-04 00:16 | BL漫画 | Comments(0)  

ハクソー・リッジ

実話だったのか。そんなこと冒頭に書いてあった気がした。
完全劣勢なのに白旗挙げて一瞬の隙をつき手榴弾投げつけ一斉射撃される日本兵、ありそうすぎる……。

なんというか、ふつうに面白かった。ただ戦場表現耐性がない……。
ふつうに面白かった-(戦場こわい+グロい+痛い)=疲労……

ただただ戦場を見せられてもこわいだけで一辺倒になりがちなところを、敵に見つからないかとか爆撃のなかを危険省みず飛び込むとか相容れなかった上官との共同作業とか助けた仲間が死んでいて「なんのために」とか、いい感じに気を引く要素が盛り込まれていた。
ドスの子ども時代から始まり、要所要所で人を殺さない信念に至った生い立ちを挟む構成が効いてたんだな。
徐々に明かされる過去、そして最後に「ああ、だからきみは……」と納得すること。

過剰な演出がない分見やすく、演技力が物を言ったところもある。
兄が軍に入隊したときの父親の泣き、よかった。父親、WW1帰り、アル中、DV、子を守る、全部つながっていて、多面的。

ていうか、知らなかったけど、宗教逃れの理屈づけ、「戦争と殺人はちがう」にしてるのね。
あと6月23日沖縄戦開戦日かと思ってたけど終戦日でした。

「神様、もう一人だけ助けさせて」
実話だったのか……。


# by jinloturu | 2019-05-04 00:15 | 映画 | Comments(0)  

私の推しは悪役令嬢/いのり。

kindle unlimitedのオススメに出てきたので読んでみましたよ、悪役令嬢もの気になってたんだ。しかも百合とな。
えっここで終わり!?と思ったらつづきあるのか。なろうで全公開してたから読もう。


して、読んでみたら。
あれ? 悪役令嬢百合って……「百合と男」を考える上で最先端のサンプルが採取しやすいのでは??
創作素人寄りの集合になる分百合オタクの積もり積もるところが剥き出しになりやすいのでは……。
「男を攻略すること前提に男に囲まれている中で女が女を選ぶ」絶好のステージ。


さて本編についてですが。
ほぼほぼ初めてちゃんとなろう&悪役令嬢ものに触れましたがちゃんと説明が不足なく読みやすかった。

掛け合いは面白いんだけどレイもクレアもカップリングとして見ると記号的であまり入り込めないなあ。
……としても、展開は読ませる上に背景設定もきっちりしていて地に足ついてるし、戦闘パートも政治パートもここまで書くか~と面白い。
テストの論述問題とか面白くて読んじゃう。
チートだけかと思ったらちゃんと主人公慢心でゲーム知識通用しない展開もあり。
まあ乙女ゲームすこししかやったことない私でも「乙女ゲーム、か……?」ってなるけど。

クレア様が最初セインに惚れつつレイになびいてきているのがいいですね。「百合と男」軸にしてもあまり見ない展開。 
でもレイ気持ち悪く讃えてるだけでこれ本当に「推し」への態度だから両者の感情ぴんとこないんだけどな……。
主人公、そんな複雑な「おちゃらけるしかないわきまえレズビアン」この世界でもやるほどの距離感でガチ恋してるのか?っていう。

セクシャリティの描き方はわりといい落としどころ。だが、政治活動に対する目とかは素人作品な分剥き出しに冷笑的できついな。

「何があっても諦めない」
わりと伏線回収がうまいので、この伏線気になるね。
あと再登場キャラもちくいち説明があって親切。


# by jinloturu | 2019-05-04 00:14 | 百合 | Comments(0)  

熱帯魚は雪に焦がれる1巻/萩埜まこと

この手の女子高生日常百合ってあんまり好みじゃないんだよなーと思って食わず嫌いしてた。
1巻無料だったので読んでみたら、えっ思わぬ良作じゃない!
好みだったわ!

孤独を救われるのによわい。
小雪ちゃん~~自分はずかずか踏み込めないのにそういう人に憧れて小夏ちゃんに近づく妄想してしまう小雪ちゃん。
ふたりとも臆病な感じが好きですね。というか似た者同士カップルが好きなんだ……。
続刊、どうしましょうか。


# by jinloturu | 2019-05-04 00:13 | 百合 | Comments(0)  

BIRD BOX

序盤の「なにが起こってるんだ?」というミステリアスな掴みがよかった。
5年前と現在をいったりきたりする構成も。
ただそのあと予告編を見て、あ、特に正体判明するわけでもないパニックホラーかと。
グロはこわいからやだー…………。
こう、「周縁」から死んでいくあれ。アジア人、太っちょ黒人、カップル……そして虐殺。

キリスト教モチーフなのね。
これ母強しと解釈するの嫌だな、、と思ったけど疑似処女懐胎マリアね……。
てっきり双子だと思ってた。ちがった。girlの母。
見張り役任せるかと思ってショックだったよ。

これ元々目の見えない人は取り憑かれるのかなー? と思ってたらそれがオチかい。
現在の安心はわかったけど将来的な安全確保がわからんな。
なんか、「何が生存戦略になるかわからないから障碍者も人間の多様性のために必要なんですよ」教訓めいたものを受け取ってしまったけど。精神病患者は体のいい狂人扱いだったな。


# by jinloturu | 2019-05-04 00:12 | 映画 | Comments(0)  

kiss you,kiss me/ひのもとうみ

10年恋。忘れられない。執着。ゆえの健気受け。
私も大好きなのだが、だが、だが……。
あれっ10年前の作品かな?と思ったら作年末だった。
そんな、不憫受けにスパダリ攻め、独占欲由来のレイプ、もうお腹いっぱいだよ……。
そろそろ倫理的にも厳しいですよ、愛ゆえ独占欲ゆえのレイプ。

うーん、パターン化してるということで、嫌いではないの。
むしろ馴染んだパターンなので読みやすい。

しかしまあジェンダー分析にうってつけの教材になりそうなくらい受けが不憫で健気で逃げる……。
あれだけ傷つけてきた優吾に対し怒りが一切なくただもう「迷惑になりたくないから」逃げる。
私の読んできたものとしてはまだ「傷つきたくないから」比率のほうが高かったわ。


というか、単純に、話の展開が冗長かつ単調で面白くない。
メリハリがない。
人物の気持ちが、
なにかひとつ出来事が起こる→「~と思うようになっていった」
の繰り返しでしか表されない。描写力が弱い。
一週間別荘行ってひたすら穏やかに過ごすばかりでセックスは起こらない、というシーン自体はぐっとくるのに、そこで取り立てて目を引く感情のやりとりがなく「穏やかに過ごしました」をとりあえず読ませたいだけにしか見えないから、蒼が優吾への信頼を取り戻していく過程にいまいち説得力がない。

そろそろ10年恋を10年恋というだけで読むのやめたほうがいいな。。


# by jinloturu | 2019-05-04 00:10 | BL小説 | Comments(0)  

月にむらくも 花にあらし/こめり

表紙でぴんときた!

そういうことあんまり起こらないのに。「あ、私好きそう」と思うことはたまにあるけどたいていはずれ。
なのにこれは確信を得た、「私絶対好きなやつ!」。
あらすじでさらにぴんときた。10年ものの熟成された恋、大好き……。


と思ったらこめりさんだった~~。
『話せば長いふたりの話』もこめりさんだったの!?
えー昔の絵柄しか知らなかったからわからなかった。今の絵めっちゃ好き。

で、今回で「熟年カップルの名手」枠に入れました!
そうそうこれこれ。痒いところに手が届く、10年ものの恋といったらこれが見たかった、求めたものが与えられる。

いやもう、序盤でだめでしょ。好きでしょ。
改めて読んだけど「10年前は相手の顔が見えないときに真っ赤になってたどたどしく一世一代の告白してた」のに「10年後今のいい感じの友人距離感やりつつ目つき悪いダウナー系に育った」攻めが「ローテンションのまま急にさらっと告白」って構成うっまいな~~!
で受けも「10年前は寝たふりで逃げた」のに「ふつうの顔して「さらっと言うようになったなあ」」、、はい、好き。

鶴間がねえ、いいのよ。すき。
根暗系かと思えばふつうにツッコミやるし「大事にしまってた!」ってセックスに必死。ホカホカと顔ゆるむし。

「おいここめっさ床やん」とか日常感あふれる描写ぴかいちだよな。
書き初め四字熟語なにがいい?→落花流水、って、三木のお家背景と鶴間の熟成執着心がいっぺんに垣間みえる。

勢いで『彼と付き合う10のメリット』も読んだんだけど微妙で、今後こめりさんは熟年カップルものを見かけたら買うことにしよう、と思いました。
『話せば長いふたりの話』と今作はまじで良い。


# by jinloturu | 2019-04-22 23:59 | BL漫画 | Comments(0)