タグ:百合要素 ( 105 ) タグの人気記事

 

結城友奈は勇者である

なんで誰もこれを私に薦めてくれなかったんだ!!
戦う女の子……
泣いてわめいて打ちのめされて、どうしようもなくって泣きながら立ち上がり咆哮する女の子を、私に!


夏凜ちゃんの雄叫び……
怖くて震えてもそれを押さえつけての雄叫び、勇者部五箇条を振りかざした彼女が、もうね、すき……。
あと風ちゃんがすき……。
なにもかも背負い込んでしまう、まだ中学3年生なのに「樹さんの保護者」をなんの抵抗もなく聞き入れてしまうから感情の堰が切れた涙が光る。


切れなかったんだよな友奈ちゃん。
なんでもポジティブに捉える友奈ちゃんはつらくもあるけど救いにもなる。だから簡単には戻れなかったんだけど。


まどマギフォロワーでありながらまどマギを求めると肩透かしを食らうみたいな情報はおぼろげに知っていたので気をつけてたのですが、あまり気負うことなく楽しめた。
日常回がたんまりあるのってありがたいじゃないか……一粒の緊張感をまぶした日常回って見ていたいじゃない。
まどマギの残像が重ならないほどの月日が経っているしね……TVシリーズ5年以上前なんだな。


最初車椅子に乗るキャラが特に説明されることも気にされることもなく自然に手助けされてバリアフリーに生活している!すげえ!と思って。
東郷さんが「変身時のみ立てるようになる」だったら嫌だな立てなくなっても動けることを証明してほしいと思ったら脚で立たないデザインですげえ!!!と思って。
だから車椅子であることに意味付けをしてほしくないと思ってたのよね、8話はラストまで乃木園子が東郷さんと関わりがあったなんて気づけなかった。
8話の衝撃な……忘れている記憶への思い。さびしさ。
と思ったらタイムリーに秋から鷲尾須美は勇者である放送するんかーい見なきゃ。
「食事が豪華だったのは労いじゃなくて供物」とかこっええわ……。

まあ「身体機能の欠損」はどうしても「絶望」の道具として扱われるんだ、とは思ったが。「完治すべし」なんだなとか。


樹ちゃんの「勇者部に入らなかったら歌いたい夢も持てなかった」という肯定はなんか……そうだよなあ……と。
東郷さんの絶望だって深いでしょう……友奈ちゃんの勇者力に救われてしまったけれど。
システムを変える力などない。
女の子が犠牲になりつづけるシステムが存続するのはやはりどうかと思う。
ていうか、今後またバーテックスが現れるとしたら、どう考えても後輩じゃなくてまた勇者部の面々に白羽の矢が当たると思うんだけど。機能を失ったまま。
来期には記憶を取り戻したわっしーと乃木ちゃんの再会が見れるのか。
[PR]

by jinloturu | 2017-09-16 18:57 | アニメ | Comments(0)  

銃座のウルナ1-3巻/伊図透

なんだこの胸苦しさは。
取り立てて奇抜なことをやってるわけではないのにぐいぐい読ませる。
面白い。

雪は閉塞をもたらす。
女部隊は辺境を表す。
トロップの平和さがそれらを引き立てる。
世界から隔絶された地でしかし閉塞感を打破するために戦うのではない。
だから胸苦しい。
その先にはなにもないから。
むなしさでもない。辺境までウルナは自分の足でやってきてカレットとふたりだけの楽園を築いた、流れるままに迎え入れられたから。
救済のための楽園ではなく、だから死守すべき花園にはならず、失うとは思ってなかった。ウルナがトロップを簡単に捨てられたのはそれを失うと思ってなかったからだ。

ヅード殲滅戦前夜、ここだけは、ここにだけは男が来ないでくれと願った。
男が乗り込んできた、辺境だった女の園が初めて男に踏み荒らされる、(構造として)世界の中心地になる。
乱交が、そのなかにレイプもあった、ウルナとカレットの秘密基地を浮き上がらせるための男女セックス。
翌日あっさり男に侵入されてしまうのもあの夜を際立たせることになる。幻のような淫靡。

そうなんだよなーカレットさんまじかーここで死ぬかー……。
犬とカレットさんを殺したヅードはラフトマの愛人……?
画的な衝撃を選ぶなら首をはねればよかった。
しかし肩なんだよな。肩で死ぬんだよな。
これはヅードの倫理観と覚悟の弱さを表現しているんだろうか。
世界の秘密を知り加担し秘密基地を失ったウルナは辺境の地でどこまで自己を保てるのだろうか。
[PR]

by jinloturu | 2017-08-27 16:41 | その他漫画 | Comments(0)  

出口ゼロ14巻/瀬田ハルヒ

うーーーーーーーーーん。
お、おう?


ロマンス……ロマンス……。
ロマンスの敗北と読み取ることは可能ではあるんだよなあ。
咲良が最初に想定したほど物語の中核に存在しておらず結局は夕日とゆみかの話であったわけで。

だからキスしたんだよな、咲良が夕日に侵入するための唯一の見せ場なんだよな。
その程度に堕した男女の恋愛を、私は肯定できるか?

やーなんかわからん。
愛子ですらなくなったゆみかを前にして百合を……
いや百合ではあった……確実に。
しかしゆみかが想像以上に異次元すぎてな。
これまでとこれからにもっと描写がさかれればまた違うんだけど。

夕日に救われてほしいんだよなあ。

夕日は確実に私の大好きな大好きな少女漫画主人公でした。
[PR]

by jinloturu | 2017-08-27 16:34 | 少女漫画 | Comments(0)  

ももたまい婚

結婚おめでとう!!!!!
BDみた。2016年9月4日。


いや……
とりあえず……とりあえず司会進行どうにかならなかったの。
飯塚さん……って思ったけどこういうときこそ山ちゃんでは!?めちゃくちゃ適任では!?
お忙しかったのか!?

殺されてたなー。せっかくかわいくてニヤニヤしちゃうももたまいなのに。

茶番なこと自体はいいしケーキカットとかペンライトサービスとか小ネタはすっごいよかったのにイベントの構成セットリストの作り方とかコンセプトのまとめ方とかが妙に退屈しきりで期待に応えてもらえない感がありパッケージ見たら演出川上さんとあり「ああ……しょうがないか……」と思った、思ったけどいつもの茶番とはわけが違うでしょ!!
関係者のメッセージボードスライド見てて違和感がピークというか確信に至った。
最初あーりんがくるからなんだ推され隊いつだと待っていてちょいちょい謎な内輪ウケ狙いのズームでイラッ、これでももたまいがウケてくれるならまだ見るものはあるが二人はお色直し退場中、飽きていたらあかりんがきて衝撃が走った、ら、坂崎さんで締める????
????しかも推され隊は????
謎すぎた。(後編があるなんて思わないし)
別に坂崎さんが悪いわけじゃなくてももクロヒストリーにとっての比重は明らかに坂崎さんよりあかりんのほうが重いのに芸能界的比重でトリを奪われたからだよ。
そこはこう順当に推され隊・あかりん締めでええやん……喜ぶよ……誰が作ったんだこのスライド、というかこれを川上さんは通したのか。
加えて司会者が場馴れしてなかったのでなんか……相当……あーりんが演出すればよかったのでは……。



ももたまい婚に関して私がこういう書き出しをするとは思わなかった。
とりあえず作り上げられたものに対してそのメッセージ性の是非に賛美したり吐棄したりするのだと思ってた。

だから『Ring The Bell』で「おじいちゃんとおばあちゃんになっても」ときたときも「うん……茶番だな……(悪い意味で)」としか思わなかった。



私がももたまい婚を見るに際していちばん懸念していたのはこのももたまい婚がいずれ来るかもしれない男とする公的結婚への前哨戦というかノフに耐性つけるための模擬挙式になってることだった。
ふたりのための結婚式のはずなのにヘテロ規範に回収されるべき未来が透けて見えやしないか。

結果ヘテロ規範じゃなくて商業的事情が透けて見えたのは斜め上だよ。
「ぜひ本当の式で使ってください」て。
いやヘテロ規範もばりばり透けてましたけどねこの曲。
本当の挙式が男女だけだとお思いか。

ここからは本来やろうとしてたメッセージ性に対しての検討です。

なんなの。
知ってるよ別に同性愛問題についてなにをか提起するイベントではないことなんて。
「新婦新婦」に笑いが起きる社会なのも知ってるよ。
でもさ。
これが茶番だってわかる要因として「ももたまいだから」「メンバー同士だから」なのは前提としても「女同士だから」って要素もあるんでしょ。
ももクロのライブでは性別を問わないカップルシート作ってご丁寧にメンバーからのカップルへのメッセージも性別に触れない書き方をしてたりするのに、これでしょ。
メンバーが結婚したら式で『Ring The Bell』歌うんでしょ、そこはやっぱり模擬挙式だ。


なんでノッチ呼んだのか。
単に茶番のためだと思ってたけどオバマが人権問題に取り組んで全州同性婚を可能にさせたときの大統領だってわかっててやってるのか。

なのにヘテロ主義な『Ring The Bell』だよ。
ふたりの曲のはずなのに根底には男女カップル様式が蔓延っている。
エンディングでは「おじいちゃんとおばあちゃんになっても」の歌詞が入らないよう構成させてるのが上乗せでムカつくわ。
最初から性別におわせないウェディングソングつくれよ。

別に茶番でいいよほっぺちゅーくらいしてよ昔は口にちゅっちゅしてたじゃーん。
こんな空気のなかは絶対恥ずかしいけどさ!!!ww照れるしおりんがいちばん見たい!!!




でも そういうヘテロ感基調感は想像の範囲内というか、同性愛への想像力の足りたなさにはまあこの社会に住む限り私は日常的に殴られているわけで、感性を鈍化せざるをえないところであり、そのうえでそれ以上に傷つくことはなかった。


オープニングは最高だった。
浜辺のハグやっばい……
なんか、夏菜子ちゃんとしおりんの間に恋愛があるというのは茶番であろうとも、なににも替えがたい偽らざる絆があるのだけは本物であり、たとえふたりがそれぞれ男と結ばれても恋愛よりも大事なものがここにあるシスターフッドを目の当たりにしているのはたがえない事実なんだな……って思った。
夏菜子ちゃん、スピリットには男に支配されることを拒絶する断固とした抵抗心が見えるし。
ももたまい婚と銘打つのは結婚の脱性愛化と見ることもできると思う。

あと新郎になりきったタキシードしおりん、「私もウェディングドレス着たい!!」でダブル新婦として登場~という流れもよい。
これも期せずしてヘテロ主義への懐疑になってる。
「婚姻は男女を模倣せねばならぬのか? 違うでしょ女同士のまま結婚できるよ!」と投げ掛け古いパラダイムを削ぎ落としてる。
大合格◎◎



この時点で涙ぼろぼろだったので「会場いかなくてよかった……(元々在宅だけど)」と思ってたけどMCによって結構泣いてた人がいたらしいと聞いてちょっと安心。
ももクロ百合スレの人とかいたんだろうな。いまこのスレあるか知らないけど。
同士よ。



いや泣きっぱなしだよ。。
恋愛ソング歌っても「君」とか観客にだけ向けてたらどうしようとか杞憂だった……
互いのことを……照れつつもちゃんとまっすぐ見つめあって歌っている……
そこに込めた想いだけは本物なんだよー!

もうね最後のソロとかふたりの関係が見えてこれだよこれだよももたまいに求めてるのはこれ。
求められているという意識もあるんだろうけどそれで大仰な嘘の気持ちは歌えないもの。

喧嘩もするけどずっと一緒にいようっていう夏菜子ちゃんの家族みたいな感情に、Storyの「私が君を守るから」を繰り返すしおりん。
夏菜子ちゃんの歌を聴いて真剣な表情をするしおりんはなにを思っていたのか気になる……。

ももクロがももクロとして活動する限り、ずっと一緒にいることができる。ソロ仕事が増えても。
ももクロが長くつづくアイドルを目標するのは、若さを至上価値とされてきた女の抑圧への破壊メッセージにもなりえるけど、シスターフッドが成立するんだという叫びにもなる。



愛の確かめクイズ企画最高♡♡♡
これでしょ期待したのは!!

間違えたら相手への愛を叫ぶ罰ゲーム、はぐらかしをいれるのかと思ったら夏菜子ちゃん一発「さりげなく支えてくれるところが好きー!」なものだからそれ泣くでしょ。
ガチ告白じゃん。
これだから読めないのよこの子は!大好き!
なんか本当茶番にかこつけて結局互いを想う気持ちが強化されるならそれだけでこれをみた価値はある。

怒ってイラついてがっかりして、泣いて拝んで拳を振り上げ感情が忙しいイベントだった……。
[PR]

by jinloturu | 2017-08-20 14:25 | その他 | Comments(0)  

進撃の巨人21,22巻/諫山創

2巻まとめて読んだんだけど読むまでよくネタバレに出くわさなかったな。よかった。

「そうか……」「そうかよ……」「そうか」。
と言った。

そうか。
うん。
そうだね。自由は。自由は?

ひっでえ話だ。ひでえ話だ。
しかし海に到達した。自由は犬に食われると知った。
目的は? ねえ目的霧散した?
主人公が最初に目標を立てて、しかし本当の世界を知って目標の無意味さを痛感しアイデンティティを確立、真の目標を立て直す、という流れは完全に王道なのに。
本当の世界を知るまでに氷山の一角に過ぎぬ世界の残酷さをどれだけ味わわされどれだけ犠牲を払ったよ。
マーレのある大陸に拘る必要ないのではと思ったけど孤島だし早々海渡れなかろうし結局難民になっても問題山積みだろうし正体隠してもいられないだろうし巨人化する脅威に周囲を脅かしながら生きることになるんだろ。


いやもうほんとあの、アルミン重……。
いやなんかまあ20巻の時点で巨人化する可能性もなくはないと、想定はするでしょ。したけどこれはねえだろ。
ねえだろ……。いやねえわ。
誰も考える余裕なんかないのに誰もが私情を背負ってそんな、新米くんだってエルヴィンに希望を見いだしたから生を与えたかったわけではないんだ。
ベルトルトの最期きついな~。あんな死に方あるかよ。寸前まで友情への憐憫すら抱いてたのに。

はーー臆面もなく結婚願望を語るユミルと受け流すヒストリア最高……。
突っ込みが入らない……。
[PR]

by jinloturu | 2017-05-30 14:47 | 少年漫画 | Comments(0)  

クズの本懐7,8巻/横槍メンゴ

うおお麦好きだーー!
弱い女を見下して自分の手元に置いて優位性を錯覚したいミソジニスト男が好きだーーーー!!!

という性癖がはっきりあぶり出されてしまった。
最高。
茜さんの「嫌がってくれなきゃ嫌」嫉妬むき出しもかわいい。
ちょうどいま『妖怪女子ウォッチ』読んでるけど茜さんはもろ恋心搾取モテ女子だ……。


淋しさを埋めるのに本物もなにもあるのか?
麦と花火が未練を残してそれでもひとりで歩こうとするラストは納得する、けど、このまとめ方はちょっと疑問が残った。
と思ったら番外編の連載とな……。
[PR]

by jinloturu | 2017-05-30 14:43 | その他漫画 | Comments(0)  

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ26話~50話

クーアト……結婚おめでとう………………
の気持ちで書き出しました。どうしよう。
一期の感想読んだら「ハーレム中の百合は好きです」という余裕気取った文言が入っておりましたけどおまえ……そうだよな2016年初頭のおまえは気取ることしかできなかったんだよな気取ることで自分を守っていたよなでもおまえはわりとクーアトに参ってたよな15話の言葉のいらない信頼関係めちゃくちゃストレートきまってたよなでもありがちな男を挟んだダブルヒロインなのだからと自分を律していたよな。


2017年だ。
ああなんか深い思索とかいい。クーアトが結婚した。している。自然に。
「自分の家」と言った。
鉄華団の「家族」に憧れ、生まれのちがいにより結局最後まで帰属意識を持てなかったクーデリアが、「クーデリアさんも家族だよ」と再三引っ張ってもらって、鉄華団の象徴と、鉄華団の外縁(かつどうしようもなく孤児として生きてきたこども)と家族をつくった。

なんかそれなんだよーーー私がオルフェンズをホモソーシャルものと言いたくないのはそれなんだよ。
ホモソーシャルは男同士の絆を絶対視し男にはやらねばならぬことがあるとしがらみを形成していくだろ。それのみを兄弟だと、家族だと言うだろ。

オルフェンズが描いた様々な形の恋愛が物語に及ぼした意義は、ホモソーシャル的家族の解体と相対化だと思うんですよ。
そしてそれが2017年の私たちが持つ「伝統的家族観/恋愛観への懐疑」に合致したと思うんですよ。


そもそも鉄華団はホモソーシャル最下位の男たちを寄せ集めて「家族」と銘打った。

タービンズ名瀬ハーレムはホモソーシャルから爪弾きにされた女たちのセーフティネットとしての家族を。
マクギリスとアルミリアの年の差婚は圧倒的権力差において男に搾取されない女と結ぶ対等であれる夫婦を。
シノとヤマギの恋愛はホモソ的「家族」とホモソが吐棄すべきホモセクシュアルの両立を。

三日月とアトラとクーデリアのポリアモリーは色々意義があると思っていて。
モノガミー規範破壊が家父長制を揺るがしたことは言うまでもなく、恋愛関係が「所詮男の絆には敵わない、女を閉じこめておくための装置」にならず、オルガ&三日月というホモソ関係に引けを取らないインパクトを提示したこと。
ホモソに死んだ男に残された女が泣き暮らさず、立ち上がり、女同士で非ホモソ的家族を形成したこと。
男2人女1人という、ホモソの絆のために女が利用される三人関係ではなかったのもポイント。

タカキが退団した33話『火星の王』がなによりいちばん好きなんですよ。
鉄華団という男たちのホモソーシャル、「火星の王」というホモソーシャルのてっぺんを目指した矢先、だからこそ、ホモソーシャルにいられなくなるタカキが。
裏切り者ラディーチェを疑いはしても「家族だから」と信用しなければならぬと思ったのは、タカキが、鉄華団の言う「家族」がなんなのかちゃんと理解できてなかったからだと思うのね。
チャドが「離れても俺たち家族……」と言いかけたところを三日月が食って「家族じゃないよ」と言いのけたところほんと最高、ほんと最高……!!!
三日月の優しさ!ホモソーシャル的家族にタカキはいられなかったから脱けるんだよラディーチェを殺した上で!
タカキの家族はフウカとアストンなんだよ……。
アストンにとっての家族も鉄華団ではなくウノ兄妹だったんだよな……。
この33話でホモソの忠義に死んだアインをヴィダールが悔やむのも苦々しくて大好き。

こうして家族を掘り下げていった。
進むしかないと宣言さえしたタカキが破滅に向かいゆく鉄華団を脱けられたのは、鉄華団のほかに「家族」つまり「居場所」を見つけられたからなのだ。それが悲哀。


交わした義兄弟の杯は割られた。
鉄華団は結局のところホモソーシャルのてっぺんに上れなかったし、吸収されなかった。義兄弟というホモソ家族は真っ向から否定された。
男の上下関係を最重視するジャスレイを殺したことは直球にホモソーシャルの破壊を意味する。

ていうか名瀬がオルガのために死んだことも、鉄華団が結局賊軍として平和の象徴にされ名すら死したことも、全部ホモソの敗北だよな……。


「家族」は、「彼らの居場所」は、各々が思う、各々が想う、情と生活にかかわろうとする相互アプローチによって成立する糸なのだ。



総評としてはすげえ好き、ですね。
言い訳をしなかった。描くものに自覚的であった。無自覚に踏んだものがなかった。全部わかって踏みにじった。テーマに対して誠実であった。
三日月が大義なんかないと言いきり、ジュリエッタの「大義」に討ち取られた瞬間私の評価は定まりました。
ニヒリズムでも冷笑でもないリアリズムが描けることを証明した。
確かに雑なところ、眉をひそめたいところはあったけど、私にとって重要じゃなかったな。
まあテーマを背負うキャラクターが多すぎたためかうまく扱いきれず発展させる余地が不足して変化のない単調なシーンがどのキャラにも繰り返されだれたのはもったいないなあと思うけど。



いやもうクーアト……シノヤマ……なんか夢かな……わたしどれだけ待ちわびたかな。
同性愛がネタ扱いされず腐媚びと忌避されずクィアベイティングとして恋愛とは呼ぶまいと一線を死守されたりもせず説教くさくもならずただ異性愛同様そこに存在するものとして描かれることを、どれだけ待ちわびただろうか。
ユーリも私を救わなかったよ。
完璧すぎて怖い。今まで私は気取ることしかできなかったのに。余裕ぶって、しかしちらちらと異性愛に溜飲を下げることができるかもしれない期待に全神経を集中し一縷の望みを賭け、かなわないと見るややっぱりねと諦めたふりをすることしかできなかったのに。
シノ生きててよ……生きてても全然許すよ……でも生きてたら「同性愛を描けたのは悲恋だからでしょ!」って拗ねることさえできなくなる。怖い。シノしかもおそらくパンセクなんだろ。はあ。

クーアトもあれは私のなかではメタモアとも呼ばないからな。恋愛と呼んでやるからな。いやたぶんいちばん適切な互いの呼び名はメタモアなんだろうけど。いや「妻」か……。(感慨に耽る)
クーデリアが一人で鉄華団のことを想うときはともかく、アドモス商会の窓辺でふたりが話してたとき、「三日月もクーデリアさんも好き」「三日月もアトラさんも好き」と、"好き"は三人の間に留まっていて、「鉄華団のみんなも好き」と日和らなかったのが最高であることは繰り返し言っていく。


……と書いたところで、「同性婚ができる世界なのに~~なのはおかしい、矛盾している」という意見をいくつも見てしまって腸煮えくりかえってる。
同性婚ができる世界ならホモソーシャルもホモフォビアも男女性役割もなくなってると思うなよ!!!!!!!
トランプが大統領に決まった途端に「ホモ野郎てめえの居場所はなくなった」と往来で血だらけに殴打されるヘイトクライムが多発したアメリカはなんだ?同性婚ができるから優しい世界か?
人身売買はあるのに同性婚は認められてるのはいくらなんでも歪すぎる?現実がそういう歪な世界だと知らんのか??
ホモフォビアの存在は名瀬からもユージンからも匂わされていた、そりゃヤマギ恋愛感情隠すでしょ。知ってるか、日本も同性愛が受け入れられてきてるけどいまだ同性愛を理由に人が死んでるんだよ。私も命こそあるけど殺されたよ。

まあ甘い世界観のほうがわかりやすいよな……でも鉄血が描いたリアリズムってライドが救われない世界のことだろ……マクギリスもガエリオボードウィンに殺され鉄華団もサクセスできずヒューマンデブリがいなくなっても日陰者が消えない世界だろ……なんも矛盾ねえわ。
持たない者が"きちんと"救われない。救われたらいま世界に"あってしまう"現実を矮小化してしまう。単に「これが現実なんだよオラァ」に留まらず、そこまで踏み込んだと思ってるよ。
だから好きだと言ったんだ。私はオルフェンズを。

[PR]

by jinloturu | 2017-04-10 06:35 | アニメ | Comments(0)  

出口ゼロ13巻/瀬田ハルヒ

ああああああ百合だああああああああ!!
すさまじくすさまじく私好みの私のための百合だ…………。
あり、あり、ありがとう……。
もはや愛子という名もぐらついたぞ。ゆみかと呼んでよいか。


前巻で愛子と怜士にフラグらしきものが立って、私は、ふっと我に返った。恋愛要素のないこの作品も、なかよしだから、やっぱりそこに終結するのかと。
夕日と咲良はともかく、そこも安直にまとめてしまうのかと。でもしょうがないよね、その安直さも、恋愛要素も、求められているのだろうし、なかよしだしさ。
勝手に期待して勝手に諦める私自身を弔って、覚悟しなおした。
ありがとうさよなら夕日ちゃん大好き、と言う愛子の予告に、ああこれだけあれば生きていける、と、悼みも含めて少し泣いた。


そしたらこれだよ。こんなん予想してねえよ……。
ラスボス咲良じゃねえのかよ完全に愛子巻!!!!
2巻のさあ!!「ごめんね……!!」のあの信頼を!さあ!!!
破壊しきった夕日の人格真っ向から破壊しにかかった女が女を妬み嫉みに由来しない意思をもって絶望に突き落とすこの殺伐を描ききった!!!
これを私が百合と呼ばずして誰が呼ぶ!!!
夕日ちゃん♡夕日ちゃん♡って愛を叫ぶ姿からこの変貌だよ。
とんでもねえ女優だ。二重人格的な感じなのか。
女優といえば許される感のある、「からっぽな」、愛子の人格安定しなさすぎだけどどういうふうにまとまるやら。
これで本当に本当に、夕日にとってメインの男ふたりは戦うパートナーで、愛子とはなににも代えがたい絆で結ばれるのなら、私は、私は何も言うことないですけど……。
完全に「敵」化するとは思えないけど、作品の方向性としてそれもありえなくはないからな。
アカデミーの破壊は"本当の愛子"を敵とするのか。
それでいて表紙もう全部王道百合やん。最高。
次で最終巻かーー。
[PR]

by jinloturu | 2017-03-21 21:46 | 少女漫画 | Comments(0)  

少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録

そいえば劇場版感想書いてなかった。

あーね。
そう、ウテナと聞いて想像していたラストシーンは、こういう感じだったな。
概念を破壊していく少女革命。望みうる、求めうる、エンパワメント。
キスしてくれてありがとう~~(;_;)確かにテレビシリーズの心残りはここだったかな。"キス"(という象徴行為)してほしい。
本編三分の一ほとんどレースしてただけだった、そして勝利そのものは確定しているのに、終始飽きさせずぽんぽんいろんなモチーフが飛び交い、はらはらさせる。アニメーション。

うん。うん。そうだね。険しい道だ。誰も走ったことのない道だ。それでも二人なら。二人の力でなら声を振り絞れる。世界を革命する力を獲得し、城を、王子様を、破壊できる。乗り越えられる。
そうだね。ウテナとアンシーならば。
いいなあ。いいなあ。いいなあ。乗り越えられるだけの力を得られていいな。孤独に戦っていた私には無理だった。戦えなかった。ひとりでは乗り越えられなかったよ。いいなあ。私もそこにいきたかった。すりつぶされてしまった。希望を求めて追いすがった特別な二人がやっと破壊できる世界なんだよ。道は開いてくれたけど、絡みとられてしまう女が、ここにいてしまう。

男性表象がなるほどな、ずいぶん簡略化されていて感心した。
そうそう百合作品の当て馬問題。クズorいい人類型。
類型の根本でありながら、キャラクター性には深みがある。
王子様であることを求められて王子様になろうとしたから死んだ王子様。
王子様であるためにお姫様を必要として食いつぶし殺された王子様。
結局この蜃気楼に支配された世界では、誰も彼もが苦しめられる。生きながら死んでいく。
救いがない。行き止まり閉塞。
だから革命が最後の奇跡。最後の希望。
それがたとえ険しい道でも。

七実のネタ扱いかわいそすぎる……。
[PR]

by jinloturu | 2017-02-27 22:01 | アニメ | Comments(0)  

危険な二人/岡崎京子

時代を感じる……固定電話個人別に二台持ち……!
男、とてもクズな男、最後まで憎めないのがまあなかなかいいね。クズだ。
しかし二人とも頭悪すぎでは……?

ふたりでママになろう、は泣くわ……。それででもやっぱり結婚したりするんだけど離婚してママふたり……子供も全然受け入れてて素敵……泣くわ……。
[PR]

by jinloturu | 2017-02-12 02:45 | 少女漫画 | Comments(0)