タグ:性・ジェンダー ( 77 ) タグの人気記事

 

ブラックヤギーと劇薬まどれーぬ/大沢やよい

『夕暮れ、オレンジ、咲く花は』がよかった。
「ビアンが無差別に女好きと思うなよ!」がテーマと聞いて、納得。笑
こういう失恋ものは素晴らしいよ~。

『真夜中グラヴィティ』、これ昔気まぐれで百合姫本誌買ったとき読んだやつだ……連載ものだと思ってたらこれで終わりか……。
収まりよくないなー……連載だったら読みたいんだけどなー。

表題作は私これ苦手なやつだ……。
オタク文化取り入れ×ありきたり、、
[PR]

by jinloturu | 2015-10-17 22:46 | 百合 | Comments(0)  

憂鬱な朝 6巻/日高ショーコ

安定の傑作としか言いようがない。
すごい。
キャラやエピソードの絡み合い方がとんでもなく上手いし萌えるしめんどくさいしすごい。

特に「桂木が女なら良かったな」「僕は今の桂木がいいんだ」が最高でしたね。
もうね、日本に同性愛差別が根付いたのが大正期あたりでね、時代考証するならこんなみんなにすんなり受け入れられてるのはおかしいわけですけど、絶対それはしない作品だから私は信念を感じて大好きなわけでね。
作品的にでなく、社会的にでもなく、キャラ個人的なレベルでまで異性愛規範がすげなく破棄されるのが本当に最高。

まだ暁人の考えが全部判明してないからよくわからんね。
暁人への好きしかないっていう桂木めっちゃいい……想いの逆転ですね……。
[PR]

by jinloturu | 2015-10-11 06:18 | BL漫画 | Comments(0)  

コンプレックス・エイジ 5~6巻/佐久間結衣

「苦しいのもひっくるめてわたしは今が一番だよ」、泣く。
そう言えてしまうまでの今までのすべて。

「好きは呪いだ」。ここにこの作品全部詰まってるな。
趣味とは何か。趣味に人生をかけた人たちの話。
ああ、ウルルコスやめちゃうんだ、と落胆したけども、これが作者の考え抜いた答えなんだなあと。
物議をかもした読みきりと印象は違う。
ずっと同じように続けていくことは「できない」ものだと。色んな要素から。
公子がやめてしまう理由が結婚ではなくてまあよかった。限界を見てっていうのも悲しいし、裏切られた気持ちも悲しい。
それでも関わりつづけていく。呪われた好きを背負って。
そして公子のドレスを作って捧げる渚にまた泣く。百合だ。

渚母の友人がアンティークショップを開いてるの見て、一瞬あー仕事にならなければ趣味は認められないんだよなあと思ったけど、「仕事にしちゃえば誰も文句言えないでしょ」で考えを改めた。
趣味を貫き通す意志としての仕事、か。
だから渚の行き着く先も起業だ、と。
[PR]

by jinloturu | 2015-09-29 16:38 | その他漫画 | Comments(0)  

アルテ 3巻/大久保圭

交渉術を学びにいく、とかの、アルテの「とにかく自分で」精神好きよ。
師匠がアルテに昔の自分を重ねてたから弟子に取った、説得力と掘り下げも。
最初周りに文句言わせないためにわざと厳しくすることで同情買ってるのかな?と思ったけど師匠はそんなことしないよな。
いつもどおりの修行とな。

アルテの作業見初められたみたいだけど「やわらかな線が描けるのは女ならではで素晴らしい」とか言われたらアルテどう対処するんだろうな。
[PR]

by jinloturu | 2015-09-29 16:32 | その他漫画 | Comments(0)  

とりかえ・ばや 7巻/さいとうちほ

とりかえたかーーー。
滝修行する睡蓮がなぜか好き。
東宮が一瞬で睡蓮を見抜くの、愛以外の何物でもない……!
離れながらもお互いの歌を後生大事にしておくなんとあはれなことか。
あなたがいないと生きていけない、熱烈なプロポーズですよね。
主従百合。

三の宮姫が意外とお転婆出身で曲者を引っ捕らえるシーンきゅんとした。かっこいい。
それでいてお上の妻の座を狙うしたたかさも。

沙羅には四の宮姫とよりを戻してほしいけどもはや叶わぬか。
[PR]

by jinloturu | 2015-09-29 16:27 | 少女漫画 | Comments(0)  

きのう何食べた? 10巻/よしながふみ

「いい息子じゃない」って繰り返すシロさん気になる。
結構親を支えていると思うんだけどやっぱりゲイカム周りのことがしこりなのだろうか。
仕方ない、かな。
うーん。


シロさんをしっかりした人じゃなく「責任取りたくない」感情を暴くのはよかった。好き。
あと友達少ないから孫できた佳代子さんに寂しさを覚える……ふふ。
老化の話もじわりじわりとやってきて楽しみ、だなあ。
パンケーキ美味しそう。
[PR]

by jinloturu | 2015-09-24 00:51 | その他漫画 | Comments(0)  

アルテ 1巻/大久保圭

あーいいね。
突き動かすのは怒り。怒りの肯定。


男の子に手触られて恥じて、その後の手取って「やめて下さい」は痺れた!
こういうキャラ大好き!!!
あと一押しされたら惚れるな。


しかし「他の骨のない女と比べていい」って言われて喜ぶのは少し癪だった。
まあそうだろうな、アルテは自分が人間扱いされることには執着するけど、女という性全体が貶められてること自体への怒りはないんだよな。
変わっていくんだろうか。2巻で描かれていたのはその一歩だろうか。
[PR]

by jinloturu | 2015-09-24 00:41 | その他漫画 | Comments(0)  

glee ~4話

見始めてしまったよglee。とりあえず第1シリーズは時間かけてでも見る予定。
なんか思ってたよりポリティカルコレクトじゃなかった。あくまで思ってたより、だが。

石井さん目当てで吹き替えにしたけど吹き替え声優さん錚々たる人たちだった。
それでwiki見たらフィン役の俳優さん亡くなってるのか……。なんと……。



めっちゃ面白かった。
うまく生きられない人たちの群像劇、最高に好き。
キャラクターたちが生き生きしてる。最初は記号的だったアメフト部やチア部のハイカーストの子らがどんどん肉付けされていくのたまらん。
クインがチアユニフォームを脱ぐ(=記号を捨て素顔をさらけ出す)瞬間が楽しみ。

ミュージカルシーン毎回楽しみ。かっこいいしほんっと歌うっまいな。
私でも知ってる名曲だらけだしなー。

ティナのメイクが好きだよ。
だって日本ドラマじゃあの典型的中日韓顔であんなメイクできない。美しくかっこよく魅せて奮わせるためのメイク。好き。



しっかし実力至上主義だなー!アメリカへの偏見強化されたぞ。
カースト主義へのレジスタンスなんでしょうけど、役に立たない人間はいちゃいけないのってなるよな。
gleeのメンバーたちの歌の才能って端から前提にあるし、カートのキッカー能力なんか最たるもの。

まあ泣いたけどな!
いや音楽流して踊りながらっていう自分のやり方突き通して認められる瞬間はたまんないでしょ……そういうの大好きよ……。

しかしいちばん政治的に正しくないだろってなったのはゲイの描き方だよね。
性自認と性的指向を混ぜんなよ。女っぽいゲイもそうでないゲイもいるし女っぽいからってゲイとも限らないよ。
……っていう指摘をしてるCM、アメリカでやってなかったっけ??
まあこれ2009年か。LGBTの人権意識怒濤の勢いで変わってるし今はもうちょっと違うのかなどうかな。
でもそこ限定で言えば場合によっては日本のほうが理解進んでるんじゃ?

そしてそしてカミングアウト至上主義な。
この作品のテーマにも「本当の自分を晒け出す(そして人に認められる)」があると思うんだけどゲイカムしないと人と本当の絆は結べないって言っちゃうのは暴力だと思うんですよ……。
だってゲイカムって本人じゃなくて周囲側の問題じゃん……。
このへんはアメリカとの価値観の相違を強く感じる。他のゲイを描いた映画とかでもそうだった。

まあ泣いたけどね!笑
親にカムして受け入れられる展開はいつでも弱いのよ。うわあ幸せだって思う……。
そしてそういう感動シーンをさらっと流しちゃう早さもわりと好き。


でも「同性を好きになる人はふつうにいる」っていう意識が根付いてるのは羨ましいなと思った。
[PR]

by jinloturu | 2015-09-13 15:15 | その他 | Comments(0)  

アルテ 2巻/大久保圭

1巻読んでないからあれだけどそこそこ私好みかな!
真っ正面から「女」という境遇を打ち壊す話なんだな。

強い意思を持ったフェムっ娘、好き。
2巻だけじゃありきたりにならないアルテならではの芯を感じられなかったのでそこそこどまりだけど、1巻も、続巻もよみたい。
[PR]

by jinloturu | 2015-08-16 08:49 | その他漫画 | Comments(0)  

境界のないセカイ 2巻/幾夜大黒堂

あれ?この世界Xジェンダーの概念ないんだっけ??
そのへん作者の見解が見たいな?
同性婚はできるもよう。

ほー、へー、ほー。フラれたか。
聡美編おもしろいな。
ちゃんと「男になったからって性的指向は変わらない」ってことを話の展開で読者に無理なく納得させる手腕は上手い。
「男になる体験に出産はないのか!不公平じゃね?!」と小さいコマでさらっと流したのはゾクッときた。
明らかに意図的だ……女性にかかる負担をこれで「不公平」と言い切った……ここに作者の信念が見える。
あの騒動があったことでわりと安心して読んでられるから良かった。
[PR]

by jinloturu | 2015-08-01 05:24 | その他漫画 | Comments(0)