タグ:リバ ( 75 ) タグの人気記事

 

僕のかわいい王子様/村上左知

わ~~~~~~!!!性癖~~!!!!!
こ、これだよ……私が求めていたのはこれだよ。


「ネコとしてのアイデンティティ」に、まず、さすが村上さんだな~~と思い。
受けにこだわる受け……相手が誰であろうと積極的選択として受けにこだわりアイデンティティにまでなっている男。
それ。まずそれ。
「男らしさ」から降りて、しかし女性性表象までは獲得せず、かわいらしい絵柄で「男のネコらしさ」を演出。

次に、千原先生という圧倒的受けを前にしてそのアイデンティティが揺らいでしまうこと。
つまるところ攻め×攻めのマウント争いの真逆。
攻め×攻めは「男らしさ」の争いであり、ホモソーシャルのそれとまったく同値。
対して受け×受けは「いかに男らしくないか」を競争していく。村上作品は、それを「いかに女らしいか」競争に反転しないよう慎重に回避している。自覚的。
あくまで「男」であることを前提にする。だから絶対自分の作品を「百合」と表現しないし、今作も例えば高森は美容は怠らないが短髪スーツ、汚部屋、そして二人とも料理下手、という設定によって、「女らしさ」を受けに背負わせないようにする。


はーー好き。
って、思ったんだけど、読み進んでいくうちに、ちょっと高森先生ネコにこだわりすぎてない……?ともやっとしてくる。
「男らしさ」から降りつづけた結果、「受け」の役割を固定化してきていないか……? それは「男"なのに"ネコにこだわる」という意味を帯び、結局役割規範を強化して、その線上には「女らしさ」規範が待ち受けているのでは……?

そしたらそんなことを思ったつぎの瞬間に「ちゃんとタチできるかな やるならちゃんとやりたい」!!!!
わーーー!!ちがう!!!受けにこだわってたんじゃない!メタで見て役割を強化しようとはしていない!タチにもなろうとしてる!!
がんばってタチをやるネコ大好き村上作品はそれ!!!

で、明かされるのは、高森先生が執着していたのは実は「役割」という固定観念そのものであったということ。
ネコならネコ、タチならタチという役割どおりのロールプレイをしようとしていたから、千原先生の存在によって混乱が生じる……。
この構図めっちゃ狂気じゃない? 攻めと受け、リバ、それぞれ役割とは「らしさ」とはなにかについて延々考察してなければこんなこと描けなくない?
男らしさを求める男を描きたくない気持ちがめちゃくちゃ伝わってくる。わかる………………わかる~~~~~~~~。

役割規範が崩壊したから、最終的に受け×受けであることを受け入れ、高森先生もネコでありながら探り探り攻めていく……。
「僕ここまで乳首感じないし」とかこの、受けだからそれを発言してしまえる、受けとしての比較を攻めている最中にさせる、こうして攻め×受けを周到に破壊していくのはいつもどおりさすがの手腕。
事後千原先生のタチ性が覗くのは、役割規範を破壊しおえたからこそなんですよ。

で、紙幅の都合上?完全なリバシーンは描けなかったから、話としては高森×千原で終わる。
だから高森先生が攻め化した、と見られてしまう可能性も微妙に残ってしまった。
しかし、それを村上さんは絶対に許さない。
番外編、「千原先生かわいくてネコの自分忘れそう」と調子に乗る高森でさえ、挿れてほしいと懇願する……こいつは受けなんだよ本人がアイデンティティ攻めに傾いていてさえ受けであることを"望んでいる"んだよ……。

性癖!!!!!
性癖……はーー、こういうリバが、こういうリバが、こういうリバが、私の求めたオアシス。ニッチ需要を満たしつづけてくれることに感謝する。
攻め役割に執着する男を見ると「男らしさ」に縛られていることにつらくなってしまうんですが、単純に男"なのに"と男らしさの反対にこだわれば男らしさを破壊できるわけではなく、男らしくなさを追求するたびむしろ無視された選択肢が浮かび上がり男らしさを強化してしまうことが往々にしてあるからつらい。
それをね見事に昇華してみせたよね最高。


ルールそのいちシリーズはもうなんか安定の萌え……。周到すぎてもはやよくわからない……リバ感覚が合いすぎる。
理央のこの騎乗位のコマの構図、実は初めて? かわいい。
[PR]

by jinloturu | 2017-02-27 22:00 | BL漫画 | Comments(0)  

ドラッグレス・セックス/エンゾウ

『好きにしたいよ』がとても好きです……。
BLにおける異常な執着極まれり……。本当にやばいやつ……。
閉塞的依存は普段だめなんですけどここまで突き抜けたらなんかもういいかなって。藤生って働いてんのかな。たとしても真澄が在宅勤務しか許可してなさそう。
これは真澄の執着もきっとなかなかのやつだろうなと思ったら馴れ初めが凄まじかった。そりゃ勘当するわ。
殺してやるね、実際萌えたよね……。


そしてタイトル違わずどえろだった。セックスで物を黙らすどえろ。
アへ顔(というか三白眼?)最初引いたけどもうこれだけのセックスの洪水の前にはやはりもういいかと……。
そしてお目当てのリバ!
攻め顔マッドサイエンティストがフェロモンによって素直に「今度は君がそっちか」と受けるのとてもよい。
手袋フィンドム代わりにするのも好きだな!
[PR]

by jinloturu | 2016-10-13 02:24 | BL漫画 | Comments(0)  

二番目の男/ともち

わーいリバだーー。
情報を仕入れたもののこれ相手によって立場変えるだけの単体リバかな……と疑心暗鬼してたらちゃんとクゥ相手でも智がとろとろ受け顔してて思わず萌えた。よい。
基本的にリバ詐欺疑ってるのでちゃんとリバだと萌え幅大きくなるんですよね……。


しかしなんかキャラの心情についていけない話だった。
ただ描きたいことはよく伝わってきて、ぼろぼろの恋愛の不安定さとかこれちゃんとキャラに感情移入できたらすげえ痛いだろうな……って上手さはあった。
まあついていけさえすれば。
[PR]

by jinloturu | 2016-09-08 22:26 | BL漫画 | Comments(0)  

そんな君と僕だから/青樹緫

まったく挿れてほしい攻めは最高だよー!
抱かれたかったのにタチっちゃったから「あーそういうもんかと思って」っていうノンケ自認は本当に素晴らしいと思う。
萌える。

しかし他の作品微妙なんだよな……ぱら読み。どこも響かないなという感じ。
ちんこの精BLとか今じゃ別に珍しくないしな……。
脛毛への拘りはとくと感じた。
[PR]

by jinloturu | 2016-09-08 22:25 | BL漫画 | Comments(0)  

いとしの猫っ毛5巻/雲田はるこ

わーいかわいいね。まさか結婚式とは!季節一巡したね!
久保くん再登場嬉しいなあ~。高校時代のみいけいを知ってる分ね。男の恋人がいるというのもわかるわ。
おばあちゃんにも段々認められてるし。柔らかくなってくし。

でも性欲性欲だなあ……別にエロいらんのよ……と言いつつリバにはたぎりましたありがとうございます。
リバはエロとして好きではない場合が多いんだよな。
小冊子ちらっと見て北原さんとハルくんもリバ?!と思ったら寄稿者さんの妄想だった……この二人は無理か……。
次の巻は他のキャラの話とのことだけど正直ハル北くらいしか興味ないかな。久保くんの話なら楽しみだけど。
雲田さんのストーリーづくりとても好きなので愛着わくかもしれないと思って買いますけどね。
[PR]

by jinloturu | 2016-07-13 02:22 | BL漫画 | Comments(0)  

クリームな僕/山藍紫姫子

短編集か。表題作が続いていくものだと思ってたから最初混乱した。

うーん、はい。
この人よくリバ書いてるみたいだけど私と違うところに萌えている気がする……他の作品も読みかけで積んでる。
強者が弱者を搾取する構図を好み、その弱者が反転して搾取する構図も好むようだけれど、私は好きではないので。
好きな場合はあるけどね?なんかどこかときめいたようなシーンがあった気はする。
これは反転のニアリバと、なんかサンド的な前挿し後ろ挿しリバがありました、とだけ。
展開も心理描写もないエロは今いらないやー……。
[PR]

by jinloturu | 2016-05-05 07:19 | BL小説 | Comments(0)  

愚か者ども、愛を知れ/会川フゥ

かわいい軽妙なリバだ♡♡
「俺基本ネコ側がいいんやけどしゃーない」
すき……。
はーーー受けが仕方なく攻めやるのほんとうにすき……。
そしてED治るって拝む、うける。


高校生の話が好きだな!
こう妙な勘違いからのとんとん交際!
キスがかわいい。
[PR]

by jinloturu | 2016-02-06 04:46 | BL漫画 | Comments(0)  

にゃあと鳴いたら/村上左知

っあーーーー!!!!!
リバだーーーーー!!


さいっこう。さいっこう。
……さいっこう。

本当ここまで私の性癖に合う作家さんこの人しかいないよ……。
受け×受けのリバ。最高。

しかも半年前出した単行本が絶対リバだと思ってたのにリバじゃなくて落胆してたところにこれだったから狂喜度上がる。
ルールそのいちシリーズ以外でガチリバ初めて見たんだよーー。

「俺を抱けるの?」
「わからないけどやってみる」

見たかこれが受け×受けの醍醐味だよ本当に私のツボわかっているよ大興奮だ。

散々ルールそのいちシリーズでリバをねちこく描いてきてまだこんなリバのバリエーションを……。
このシリーズがまた収録されてるのも嬉しいし一冊で受け×受けリバが堪能できるなんて贅沢だなあーーー。



だったのだけども、なんか最近シナリオに無理やり感が出てきてるのが気になるところ……。
もっと萌えることできたと思うんだけどもったいないなー。
[PR]

by jinloturu | 2016-01-01 15:23 | BL漫画 | Comments(0)  

子羊たちの獣道/黄河洋一郎

ぽやぽやしてたら告白してきた他の男に一度だけならと尻を許してしまい→尻いてえ!→先生いつも痛いんじゃ→なんてことねーよキラキラ
の流れ、笑う。その強引さ、好き。
でもその痛みをこらえて先生に優しくしてもらって受けてみよう挑戦、好き。

リバったあとに髭先生がいいってことよと布団の上で突き出すケツにうっかりときめく。
ビジュアル好きでもなかったのにな。
[PR]

by jinloturu | 2015-12-31 16:19 | BL漫画 | Comments(0)  

ファンシィラブ/青樹總

うっかりきゅんとした。
捨て猫拾ってでも自分が捨てられたくないまじめ系わんこ。
本命いるのかよ死人には勝てねえ→犬かよ、のお約束。
ナチュラルリバの系譜。
接合部見える構図よい。
[PR]

by jinloturu | 2015-12-31 16:19 | BL漫画 | Comments(0)