タグ:オウム真理教 ( 16 ) タグの人気記事

 

輪るピングドラム

そうそう見たかったんだよな~と思って何気なく見ていたら11話でうわーーーーーー!!!!ってなりました。
事件!テロ!地下鉄!丸ノ内線!16年前!95!!!!
私が見るべきアニメでした……。
慌てて3話見直してだめ押しの「3月20日」に戦慄する。

いやなんかどこかでうっすらそういう話を聞いたことはあったけど繋がってなくて忘れてたんだよなー。

でもモデルに留まっていたのは少しがっかり。
うーんそこをそっくり描いて喜ぶ(というのは語弊があるけど)視聴者なんて私くらいだと思うけどさー確かにそんな描写されてもって感じだけどさー。
でも例えばB29とか特攻とかモチーフに出すのにその史実の背景を完全に否定する作品になってたら文句のひとつも言いたくなる人はいると思うんだよ。
私はそれだよ。
オウムは大それた大義名分のもとにサリンを撒いたわけではない。
理由はそんな単純明快なものではない。
オウムが人を殺し始めたのは不幸な事故で麻原が人の死を救えなかったのがきっかけだし、武装化は社会の是正ではない、むしろ復讐といったほうがまだ正しい上に、人殺しは入力足りずに察しろと圧力をかけるグルと過剰な忖度をするサマナの共犯関係でサリンもそう。(ついでに単純に「強制捜査を避けるための撹乱」という表面だけ見ても意味はない)だからそもそも決起会みたいなものが成立しない。
大義名分による政治的テロ、という構図を採用するなら安直にオウムを引用してほしくないわ。オウムはオウムで社会の歪みを一身に引き受けた存在だったわけだし。

日記の「指示」を完璧に遂行しようと奮闘する苹果は、全体像は見えないけれどとにかく上からの指示に忠実な(一部である自分が失敗したら全体が完成しないと躍起になる)サマナでは?と思ったりもしたけどそこまで重ね合わせても得られるものはないかな。
ああ、でも、オウムと家族の問題は切っても切れない関係にあるわけでそのへんはまあ何かしら読み取ってもいいのかしら。オウムの出家は縁も財も何もかも捨てる形式だからこじれにこじれた家庭が続出したしそもそも麻原の家庭が機能不全だった。


愛と家族と運命の物語。
泣くことはないかなと思っていたけどラストにやられてしまった……愛による死を選択した者へのご褒美なんだよ!(うろ覚え)
一気見してよかったな、伏線とその回収を拾える。
愛を与えられなかった子供たちが戦って、「生存戦略」して、どうにかして生き延びようとする話……そんなん弱いに決まってる。
『ROCK OVER JAPAN』が凄く好きなので音源買おうかな。ももクロちゃんがカバーしたというのもわかる。
ピングドラムってマクガフィンだと思ってたけど、まあマクガフィンみたいなものだったけど、それよりはもう少し必然性のあるものだったのかな?
「ピングドラム」という名に必然性があったかはわからんけど。
[PR]

by jinloturu | 2016-05-22 06:51 | アニメ | Comments(0)  

一九八四年/ジョージ・オーウェル/高橋和久訳

はー……。
なるほどそりゃあらゆるところで引用されまくるわけだわ。
今でも尚褪せぬ普遍性。
怖いもの。うわあ安倍だとか思える、現実を転写しうるディストピアの片鱗が怖い。
ディストピアものは現行社会批判を内包しているものですけど世界中いつでもどこでも当てはめられるのが文学として優位たれるのは真実ですね……。
唯一、唯一「テレビによって民の意見を画一化できる」っていうのが古いなあと。
多様性を促進したというのかネットは。ネットなんかなかった1949年刊行。

「二重思考」という捉え方はすごいなあ。「認知的不協和」よりわかりやすくキャッチーで正確。
人はそうして脳内をやりくりしているのだ……。

普遍性というのはもうひとつ、これめっちゃオウムだ……。
全体主義独裁の再現……。
そのわりにオウム関連書籍でこれが引用されてるの一度しか見たことないけど。
情報統制、二重思考、記憶操作、絶対帰依。
党(グル)がすべて正しくて民(サマナ)は自我を破壊してそこに党(グル)の考えを注ぎ党(グル)の化身とならなくてはならない、とか。
そんなの現実ほとんど無理だったわけで……でも二重思考でなんとか耐えてきた信者たちはいたわけで……。
ニューナルコとかお粗末すぎるけど理念としてはこれなのかって。



しかし正直話そのものを楽しめたかというと微妙。
ジュリアを裏切らないことこそ自我の砦でそれが最後に崩れた、って流れはわかるけど、は、はあジュリアそんなに大事な……いやうんそっか……構造的には充分すぎるほどわかるけど実際の心理がわかんねえぞ……。
自我を守るためにこそジュリアを利用し「この線さえ越えなければ自分は自分でいられる」としているのだと理解すればまだなんとかなる。
けど「理解する」だけじゃ感情移入できない。あの二人の再会の倦怠感も、そうですか……と。能力低いのかなあ。

いやうん、ジュリアの、体制に批判的でありながら現状追認してその中で上手く立ち回ろうみたいなキャラクター性は、いるいるこういう奴って配置で感嘆。

サイコなオブライエンは面白かった。
言葉巧みにウィンストンを陥れていくマッド感。
二重思考の最高の体現者であると。

現実は身体の外ではなく脳内にあるってSF設定を設定としてではなく価値観として揺らがせたのも面白かった。
過去は可変。
[PR]

by jinloturu | 2015-06-17 21:51 | 小説 | Comments(0)  

オウム真理教の政治学/大石紘一郎

「理論的な教義体系に惹かれた」と語る(元)信者が多かったから教義内容気になってたけど、そんなものかと拍子抜け。
例えば「コーザル界、アストラル界、現象界」があると仮定して、そこから説明を組み立てていく、というもの。
だから幽霊は「現象界から下位アストラル界を覗いたもの」と説明できる、と。
じゃあアストラル界ってどうやって説明すんの?って疑問が沸く。
いや、それそのものは中々に面白い話でそういうのわくわくしながら聞きたいけど、揃って「教義が理論的」と言うのならもっと根拠がしっかりした凄いものを期待してた。
逆に言えば他の宗教ってこういう説明すらできないの?
キリスト教とか確かにもっと抽象的だったような……?

まあ修行方法が明確だった、って魅力のほうはわかるけど。


『言語ゲーム』。
わかりいいネーミング。
アイヒマン実験知ってりゃわかりますね。戦中は日本全体が「特殊」な言語ゲームの中にいたと。
創造した新語によって本質を覆い隠す……。
仏教の「四量無心」のひとつ――「捨」(平等心)を、「聖無頓着」と訳し、麻原は「事に心を動かさず、自分のすべきことをしなさい」と教える。
単なる無頓着を「聖」に変えた、という『言語ゲーム』。
なるほどなと。
"カルト化"とは言語ゲームからしていくのか。
[PR]

by jinloturu | 2015-05-03 23:29 | エッセイ・評論他 | Comments(0)  

イスラム国 テロリストが国家をつくる時/ロレッタ・ナポリオーニ

世界情勢全くわかってないよ……。
辛うじてアラブの春あたりはわかるけど事件とかを「既知のもの」として扱われると困る。
勉強しよう……。

日本でオウムと関連づける言説よく見かけたけど、それはいかんだろう、と。
これは読む前からわかっていたが、読んで更に強化されました。

まず目的!
オウムはサマナでさえ武装化知らない人が多数派だったんだから。単に解脱したい修行したいだけ。
そして戦略。
先人に学び烏合の組織から卓抜したISISと行き当たりばったりのオウム。
明白だ。


本当に、各国の絡み合いのあたり複雑すぎてわかんね……。
ISISを支援すると何の見返りがあるの?


「あなた方は処刑だけを見ている。
われわれは食糧配給所をつくり、学校や病院を建て直し、水や電気の供給も再開した。食糧や燃料にも金を出している。国連は人道支援さえできないが、われわれは子供たちにポリオワクチンを接種させている。要するに、一部の行為が目立ちすぎているだけだ。われわれは、泥棒を罰する。だがあなた方だって、無関心によって大勢の子供を罰しているのだ。」(ページメモ忘れた)

ISに惹かれ入ったという青年の言。
これには、なるほどー……と思った。
いや、絶対に相容れたくないけれども、屁理屈だけれども、国家としてのインフラを整えるにはもうそれしかないのか……っていうな。
残虐行為ならいつの時代もどこの国もやっていた、やっている、わけだし……。
これを国家と認める、ことも選択肢のうちに入れた著者にはびっくりしたけど。

政治利用しかねない安倍が一番怖いです……結局自国のことだけど……。
[PR]

by jinloturu | 2015-04-18 16:31 | エッセイ・評論他 | Comments(0)  

未解決事件 オウム真理教秘録/NHKスペシャル取材班

堅実な良書。


何より「マインドコントロール」の言葉を疑い「その前に信者の責任放棄があった」と言ってくれたのが良かった。
「操られる」前に自ら「操られる」ことを望んだ人たちの集まりがオウムであったのだと私も思ってるから。
「責任分散の構造」も、改めて言われると、納得。

事件当時、警察から逃亡するサマナに対して「出頭は自然に任せる」と言った麻原。今まで麻原の思惑に従ってきたのに、いきなり任せると言われた苦悩よ……。
出頭せよって言ってたら平田も菊地も高橋も間違いなくすぐに出頭していた。

警察の捜査の観点もよくまとまってて新鮮。
波野村の強制捜査の時には内部に信者がいたから漏洩したとか。
県を跨いで捜査する体制が確立してなかったとか。
「警察は地下鉄サリン事件が起こるのを知っていた」っていうのは「怪文書」の「密閉された空間で使用すれば未曾有の惨劇が」って記述からだとか。



取材にあたってテープ解析班の「麻原って魅力的ですね」って証言も読めてよかった。
そうか、やはり、カリスマ性が彼を尊師たらしめていたのだと。信者以外の人にもそれがわかるのだと。
私も聴いてみよかな。youtubeとかにあがってるかな。
そういう話すると周りに「洗脳された?」って心配されんのあるあるwww


私はでも、当時の報道を全然知らない世代なのよね。
「当時はこう思ってたけど、実はこうだったんだ!」って衝撃がないのはちょっと残念。
「選挙大敗後に武装化したと思われていた」のとか、へえ~って感じ。

高橋シズヱさんの「報道はオウム寄りだった」の言葉とか。
その「オウム寄り」の内容はバッシングだったけど、オウム幹部やらを映してばかりで被害者に寄り添っていなかった、という意味らしい。
それも、へえ、と。



記者「みんなピュアなんですよ。純粋にオウムに何かを求めて入ってきたのに、組織が勝手に暴走しちゃって……」
デスク「お前、オウムに寄り添いすぎてないか?」「お前、被害者や遺族をどれだけ取材してきたんだ? え? 遺族は二度も地獄に突き落とされてるんだ」
(430ページより引用)


でもこれは違うよね?
オウムが一般信者の知らぬ所で暴走して可哀想だと思ったからって、オウム被害者の気持ちを慮れないことにはならないよね?
オウムへの「理解」の言葉とメディアの被害者蔑ろは関係ないじゃない。
何で白じゃなければ全部赤になるのか。
(そしてこの構図こそ、私がオウムを知りたいと思う最大の理由)

私はただの野次馬なんで、被害者については『アンダーグラウンド』さえ読んでないくらいだから、「オウム寄り」の思想を持ってることは自覚してるけど、取材する立場の人がオウムへの「理解」を拒むのであれば、一面的な見方にしかならないでしょう。
わりと切り込んでいて思考停止しない良書だっただけに残念。
[PR]

by jinloturu | 2015-03-09 05:55 | エッセイ・評論他 | Comments(0)  

オウム法廷連続傍聴記/佐木隆三

数多ある事件のひとつひとつの詳細を全然知らなかったな。
そんなこともやってたのか、みたいな。
そして私教団が具体的にどんな事件起こしたかにはあまり興味ないんだな……。
傾向は知ってるし、と思ってしまい読むの苦痛だった。
心理的背景やその移り変わり、社会的情勢と分析を重視してる。
まあそれには詳細知らないとなんだろうけど。

逮捕8ヶ月後に初公判とか傍聴希望者1000人越え3000人越え倍率50倍とか、20年前の社会の関心が窺える。
こないだ行った高橋克也公判余裕で抽選割れたのにな。

そしてやっぱり「家族」の闇が見えるぞ……。
林郁夫の妻が離婚しなかった理由として「片親は子供によくないと思って」「(医者を辞めて専業主婦となったため)離婚後の生活が不安だった」を挙げたり……。
出家するつもりなかったのに熱心な母親に騙され監禁されてその後母親を告訴したり……。

麻原の家族も機能不全説あるし、オウム事件は時代が生み出した病理っていうのは本当そうだよ。

ナルコやりすぎだね?そんなにして何したかったんだ?
監禁事件とかも、何が目的なのか全然見えてこなかった。
だって入会不希望者とか脱会希望者とか、無理やり引き留めずそのままサヨナラって人もいっぱいいたじゃん。
金か?という割にそうとも読み取れなかった。いや公証役場事件とかはその要因もあるっぽい?けど?
こういうのってどの文献にあたれば書いてあるのでしょう。

マハームドラー実践のために「グルの意思だ」と自我を滅却していくのが弟子の主なあり方だから、責任問題って難しいよね。
「いかにも麻原に罵詈雑言を吐くことこそ洗脳が解けた証だと煽られるが、麻原へ責任を押し付けずに自分のしたことの社会的責任を自覚して初めてマインドコントロールが解けたと言える」
みたいな著者の記述に、納得。
オウムに向けられる「マインドコントロール」の単語って全然実態を捉えない“思考停止”した言葉だと感じることが多いから嫌いだけど、これは受け入れられる。


これは途中経過を追った本に過ぎないから、いずれ、全記録も読む。
読みきれないと思うけどな……。
[PR]

by jinloturu | 2015-02-11 18:13 | エッセイ・評論他 | Comments(0)  

黄泉の犬/藤原新也

最初に「えらそう」という感想を抱いてしまって、しかも麻原を端から馬鹿にしてるような印象を得てしまったため、その後が素直に読めなくなってる……。

この本の最大の意義は「麻原は水俣病だったのでは」という提言にあり、それ自体は後年の資料で知っていたのだけれども、まさにタイトルの『黄泉の犬』の章でドキリとした。

それはまんま去年自分の書いた話と真逆の世界であったからだ。(正確に言うなら、私が『ソレイユのこどもたち』から受けたイメージと。)
人間の屍肉を喰う3匹の犬。
新鮮な著者の「肉」を喰らおうと鋭く睨みつけ距離を縮める捕食者。
まだ捕らえてもいないうちからどちらが喰うか喧嘩。
私の知らない世界だ。
でも著者の言う「人間はそんな価値のあるものではないと溜飲下がった」思いは、私の結末と同じであった。

あれ、メタファーとかないので単純なんだけど、「勝手に同族と投影しかつ見下してた人に自分より価値があったと思い知る(そういう基準でしか人を計れない)」って話で。ちょっと沿わないように見えるけど、何で私はそれを死に仮託したんだろうって思ったら、生を受けた人間の価値なんてないよってことが言いたかったのかもと。
まあ私描写力ない(テーマを伝えられないとかでなくて受け手の中に物語世界を構築する力が今ないの、まあまず受け手がいないのだが)から読み返したくないんだけど!

「夢みたい」「現実感が薄い」と言うように、目の前を幻像と捉える感覚ってみんな持ってるんじゃ。それは悟りとは言わないのか。まだ違うのか。
[PR]

by jinloturu | 2014-12-06 15:06 | エッセイ・評論他 | Comments(0)  

私にとってオウムとは何だったのか/早川紀代秀/川村邦光

本屋で麻原に惹かれた人って多いのかな?
今だったらネットか、とは、一概には言えないと思うけど。(あーでもイスラム国はめっちゃネット活用してるか)
まああれだよね……「貢いだから好き」みたいなもんだよね……。
あと「もう後戻りできない」と思わせる構造も。
全財産寄付して完全出家に至らせる。早川も始めは気楽なヨーガセミナーだと思ってたら「何回も受けるなら入会しちゃったほうが」と言われ入会したら出家主義にあてられ、と。
現世で具足された汚れを真我から払い落とし「本当の自分」へ覚醒すると。
情報遮断ってやっぱ人を盲目的にさせる。

葛藤する、んだよなあ。もう当たり前のこととして知っているけれども、世間はそう思ってないんじゃないか。世間のオウム観が気になる。
扉が閉まっていてくれと願い、開いてるとわかったら落胆した、とか。
自分の記述でオウムの内部を詳かにすることで少しでも罪滅ぼしになればと、上祐も野田も高橋も同じように考えてたけども、世間は、被害者は、オウムに絶対的な悪であってほしいんだろうなあ。
とはいえ林郁夫が死刑にならなかったのは被害者の許容もあったと聞くし、どこまで誠実さが伝わるかが大事?

やっぱどこででも一番葛藤がないように描かれるのは村井なんですよね……。もう死んだからその内面が明かされることは永遠にないという……。

なるほどね、「呪殺する能力がないから弟子に殺させた」と。「生き返らせられなければ呪殺もしてはいけない」と。そういう宗教的無知があってこそ麻原に従えた。
そいえば早川は普通に麻原の指示を直接聞いてるの、ね?
ポアしろっていう。じゃあ「又聞きばかりであった」って情報はこれなんなんだろ。調べないとわかんね。

[PR]

by jinloturu | 2014-12-02 16:35 | エッセイ・評論他 | Comments(0)  

A3/森達也

森さんの感傷的な文章、好きです。
「杜撰すぎる精神鑑定」の内実がわかって良かった。


「入浴は拒否する姿勢を見せないのに裁判関連には選択的無関心」のレトリック、私も騙されました……。
あー。酷すぎるね。一緒なのに、作為的に訴訟能力はあると判断。
「もうまともな収穫は得られないだろうからさっさと処刑してしまえ」という国民の声。
それでも裁判の手続きは踏むべきだと、例外はやがて演繹されて通例になってしまうと、繰り返し主張する森氏。
アイヒマン実験の怖さや、善意や正義が思考施行を歪ませるとか、私の価値観にすんなり入ってくるから同意しやすいのです。

「オウムは変わらない」。
その証拠となるサマナの「痙攣」とは。
こちら側から見ないとな。

「弟子の過剰な忖度ゆえの暴走」か「麻原の絶対命令」か。
そんな二元論じゃない、安易に四捨五入するなと。
賛同や、「よくやった」と褒めるなどが、麻原の加担であった。それゆえに暴走した。
一人一人の責任感は軽い。上から言われたから。麻原を信じたから。だからこそ、自分で決断していないからこそ、暴走できる。
弟子たちの権力闘争があったのではないかっていう弁護士側の指摘はあまりぴんときてないんだけど、どうなんだ。
てーか、『麻原裁判の法廷から』もそうだけど、ここでも裁判所側の人間味がかなり薄いというか、大衆の"正義"に迎合した存在として描かれてて驚く。
結果的に実際に、かなり意味不明な行動を繰り返すわけだけれども、これこそ安易に「民意の反映」と捉えてよいものか?と思ってしまう。
しかしそう理解するとかなり整合性のある対応をしているわけで(時系列ではなくインパクトのある地下鉄サリンから審議したとか、かなり大雑把な割りだし方で、対応しきれないのわかりきってる「被害者」を3000人と措定した挙げ句に14人に搾るとか、かなり杜撰な精神鑑定結果をそのまま法的効力のあるものとして受け入れるとか、弁護側の控訴を一日と待たずに死刑確定とか)、おいおいとしか思えなくなってくる。
そしてだからこそ、この部分が「正義」かつ「悪」として描かれるわかりやすさから、にわかには信じがたいな、と。

[PR]

by jinloturu | 2014-11-30 02:33 | エッセイ・評論他 | Comments(0)  

麻原裁判の法廷から/渡辺脩

なんだこれ、ここに書いてあること全部信じるならめちゃくちゃすぎないか、唖然。
サリンの点検が事件の二ヶ月後とか、杜撰すぎる。
「裁判の引き延ばし」と批判されてたらしいけど、普通に考えて、弁護士が裁判を引き延ばすのにどんなメリットがあるというんだ。
なんかよくわからないなあ。

ただ、検察に対して「破防法を通したい」「世間の圧力」という理由からくる疑問は理解できるけど、警察にオウムと何らかの関わりがあったとか、サリン事件が起きるのを前もって知ってたとかは、にわかには信じがたい。

これ1998年刊行なんで、後年にまとめた著作のほうも読まなきゃ。
今A3読んでるし、傍笑記も読んでから、そちらにかかろうかな。

[PR]

by jinloturu | 2014-11-17 02:18 | エッセイ・評論他 | Comments(0)