タグ:すき、印象的 ( 167 ) タグの人気記事

 

蒼穹のファフナー5巻/XEBEC/松下朋未

ローンドッグ野郎いただきましたーー!!!


ごめん……翔子よりも先にインパクトが……ローンドッグ野郎いただきました……待ちわびていたよ……。

だってしばらくは、、模擬訓練時まででさえ、態度普通に見えたじゃん。
普通ではなかったけどアニメ版に沿っていたじゃん。
あれっこのままなのかな?小説版甲洋スルーかな??
……と思いきや。思いきやの。
模擬訓練を挟むことで毒親強調し追い詰められ度増している。
甲洋の心理描写くそ丁寧だなあ……最高と呼ぼう……。
甲洋の優しさがね。どの媒体より随一優しさ増し増しだった甲洋がね……この蔑みの目めちゃくちゃ興奮するな!!!?
待ってました。


墓の一騎の「俺は平気だ」も満点だと思いますね……そして総士もそれに突っ込めないっていう……いいなあ14歳。そこに立ち戻る。
海辺でも決壊しない、まだオチない、平気だって言い続ける。

バーンツヴェック稼働確認で甲洋が翔子から目を離すとか、リンドブルム調整中だから一騎が追い付かなかったとか、毎度ながら地味な繋ぎの説得力感心ばかりだ。

ちゃんとジークフリードシステムからのアクセス不能も新型フェストゥムも強調してるし、保さんの「大人をなめるんじゃない」を食って確固たる意志を見せる総士とか調整中のリンドブルムの性能を越えてまで追い付こうとするから翼爆発してしまう一騎の切実さの表現とかさあ……。
約束!! 一騎の約束……。
「これがやりたかったんですよね?!」感がすごい。
この、準備の整わないなかで誰もが精一杯対応してそのぎりぎりでの戦いで選択を貫いた者が完遂し翔んだ翔子に結実する。
このね、真矢ちゃんがこぼす言葉が「やだよぉ……」なのまじで真矢ちゃんのキャラが立っていて好き。
アニメはそもそも戦争の現実感がなかった子供たちの呆然が描かれたけど、そうだね、現実が迫りつつ受け止めきれない真矢ちゃんの心情は、「やだよぉ」だよ……あの顔で……。


あとさ浜に落ちてた部品、この場合マークゼクス確定になるよね? 他に破壊された機体もないし?
いやエルフの可能性もあるんだっけ?
暗夜航路ね。暗夜航路だ、一騎の一人落ちた海の安息。
泣くことさえまだできない一騎が決壊する瞬間がまた楽しみですね……。
甲洋のことが一騎を孤独に追いやり翔子のことが重たい枷になる描写を全面にやってくれると、期待してます。
[PR]

by jinloturu | 2016-11-19 23:30 | 少年漫画 | Comments(0)  

溺れるナイフ/監督:山戸結希

ついに少女が死んだ!!


ずっとずっと少女の遺作を撮ってきた。儚い少女のゆらめく一瞬を切り取ってきた。
儚かった少女はついにその身を滅ぼした。
いや、自動詞ではない。受け身だ。滅ぼされた。少女は殺された。
殺された。「正しい男」に殺された。その正しさに殺された。



感想よりも先に作家論を書きたかった。
書きたくて書いたら作品読解になった。↓

感想を漁ると、いつもの様子とは違った。いつもよく見るのはサブカル層が山戸結希に感化されてポエムを並べ立てる姿だ。
私もその一人だった。だけど私はサブカルじゃなくてオタクなので作品分析をした……。
今回は「よくわからなかった」という感想を散見。「よくわからない」層に届くような映画なんだなって新鮮だった。
と同時に、これを見てなにもわからないの!? なにも伝わらないの!? とも思った。既に山戸信者だな私。
よくわからなくても、山戸結希の末恐ろしさは伝わっている人も多く、それは安心した。よかった、わかるんだね。



末恐ろしかった。
私は見る前から期待値上げすぎていたことはわかっていたから、序盤、展開の早さ夏芽とコウのやりとりの雑さに不安を覚えてた。このまま終わってしまう映画だったらどうしよう。
油断したね。助かるんだろうと、間に合うんだろうとどこかで思ってたよ。
少女の処女性を描いてきたから、少女が本当に今ここで死ぬなんて、思ってなかった。
死んだよ。殺されたよ。
あのレイプ犯はけして歪んだ男ではない。山戸映画においては、正しすぎるほど正しい男だ。

見たか。山戸映画の処女たちよ。
外に出た、閉塞を抜けた舞子が、しほが、りこが、どうやって死んでいくか、見えてしまった。死なないならそれでいい。だって彼らは受け入れていた、消費されることを知っていた。
……違うよごめん。死ぬことを受け入れていたね。


そこからはずっと苦しくて、服や体を掴みながら耐えて、滂沱にあふれる涙をやり過ごしていたんだけど、わかんない、どこだったかな、ラストのほう体の痙攣が止まらなくて恥ずかしかった。
とりあえず二回見たけど二回目も二度目の火祭りで痙攣した……。

そしてさっきたまたまネットでこの記事(美人ってどんな気分?美人に人生観を聞いた!)を読んだら、体が震えてきて、「あ、『溺れるナイフ』で体験した震えとまったく一緒だ」と納得した。
正しい男。女が男に消費される存在であることを一切疑問に思わず、女が性的に消費されてすり減らされるものを一切想像にのぼらせず、まさに今目の前の女の心を削ってるなんて思いもよらずただ「褒め言葉」を撒き散らす正しい男。
そうだね私たちのいる社会はそういうところよ。だから山戸映画が響くんだよ。
処女を殺された私たちの。



映画を見た直後に未読だった原作全巻読んだ。
原作の根底を成している魅力さえ引き出せれば別メディア化が成功、してなければ失敗、だなんて嘘だ。
映画『溺れるナイフ』は原作の一番の魅力を間違いなく損ねてる。
彼らが生きようともがく姿。子供時代の殻を抜け、ただひとりの人間に成ろうと矜持を捨てない姿。それは、映画、ないよね。

がむしゃらな少女少年たちの切なる精一杯とか荒々しくて止められない純情とかそういうものはある。何を措いても輝かしい生命力もある。原作の持つ痛々しさを越えようとする気概もある。
しかしその痛々しさは完全にヤマトライズされてた笑

原作ファンの不満に「コウの背景が見えない、理由付けが弱い」というのがあった。
なるほど原作読んだらコウちゃんひとりの少年だった。母を求めて母(血)の呪縛に縛られ夏芽の子宮に回帰しそして葬りたがるただの少年だった。
そしてふたりはやっと人間に成る。

映画のコウはひたすら夏芽のファム・ファタルだ。
加えて言うなら私はこのコウを夏芽の処女性の具現化だって解釈する。それは上の考察で書いた。
理由付けなんかいらない。ふたりはただひとつだった。甘くて柔い蜜月を過ごしたひとつのものだった。
充分だよ。


エンドロールで大友役の子がジャニーズって知ってちょっとびっくり。めっちゃ上手いなあ、素が。
夏芽の眉毛を見ようと前髪に触れるときの少しのためらい、緊張感の手の演技が好きだな。

主演4人ほんと凄い。
面白く生きてみせるから!!あいつの呪いにかかったままなんだな!!
はーー。
構成が洗練されてたのは脚本の力なのかなあ。(脚本の人、山戸映画批評で「正しい男」的無神経発言をするからあんまり好きではないのだが、だからこそ山戸監督がこの人に惹かれるのもわかる気がするからなんとも……)
[PR]

by jinloturu | 2016-11-08 19:39 | その他 | Comments(0)  

ゼーガペインADP

※本ブログはネタバレ前提垂れ流しです。


はーー!
2回目終わったとき劇場で近くの席の人が「つまりRIGHT OF LEFT?」って言ってて笑った。違うだろ。


これは3回見て整理がそこそこついた頭で書き始めます。
初見の吐き出しは既にやっているので……それも後日にup予定。(→upしました

起承承承承承承承転転転転大転承サビ転結
って感じ。
休む間もなくおらおらおら食えやあ!!!って詰め込まれる。ハードSFでそれやるか!?
1回目ほんと見てる最中に頭ショートしてQL切れ起こした。
この構成、作品として正解かと言われたら正直絶対違うと答える。間違ってはいる。削りの美学から見たら話づくりのなんたるか基礎からやり直せって話だ。
だけどこんな濃密で興奮する仕掛けに富んで制限のあるなか「ゼーガペインならでは」を追求して心からエンタメしていて知的パズルを放り込んで鬼気迫ったこの「ただならぬ作品」に否を突きつけられるか?って言ったらそれもまた絶対違うんだよ……。
"商業"作品としての、ひとつの正解ではあると思う。

軸はなんだ!?
とまず混乱したんだけど、2回目ラストで「触れること」かなーと思って、いやちがう、3回目でやっと「記憶」かとわかった。演出考察オタクの私が3回見てやっとテーマ理解できるっていう……むしろだからこそ余計なことまで読み取り過剰を起こしてパンクしたのかも……いやまあ私は感覚的に把握できちゃうタイプじゃなくて無意識に労力かけることで読み取ろうとするタイプだから……盛り込みすぎだろ…………。

カミナギの「未来の、記憶なんだ……」のシーンの印象が見るたびに変わる。
初見:いやいくらなんでも詰め込みすぎだろ!! ここでサービスシーン入れる必要なくない!? キョウちゃん女たらしすぎだわ今回はカミナギ切り捨てるべきだわ!!!
2回目:何をどう見るべきか理解しつつ見進めていき息もつけぬ怒濤の「転転転!!」におおう……ってなっていたところにこれがきて、思わぬアクセントにそれまでとは違う感情を揺さぶられてその落差に涙する。そうか……未来か……
3回目:過去の記憶、見たい記憶、忘れたい記憶、ループする記憶、TV版やパチスロのカットというメタ的記憶、消去される記憶、重荷をすべて抱え込む覚悟の記憶、膨大なデータとしての記憶、「目的のためなら手段を選ばない」がゆえに切り捨てられる記憶――
そして「未来の記憶」でひとつ奥行きを描いたのかーー完全に必要なやつだーーーーー

でした。

ぞっとするじゃん。カミナギがカノウトオルをいずれそっくりすべて忘れるっていうの。
あれ? 最後流し込まれた記憶データって、そういうのなのか?
私作戦とか設定説明とか理解するの苦手なんだよ……BD見返そうにもうちのBDプレイヤーは壊れている……でも買ったけど。
あとクラゲの記憶消去ねー……耐えられなくなったから忘れたのか……ドラマCDでてっきりサーバーにスキャンされた時点で忘れたのかと思ってたので、あれはかなりの衝撃。
ミズサワ抱き止めて「そう……我々は……」とシリアスに説明しだしたの笑ったけど。
「神や生命に対する冒涜では」じゃないのうける。
どこで方向転換したんだ、初期クラゲ完全にマッドサイエンティスト。

そして疲れたクラゲと、忘れたくて逃げたキョウ。でも、背負うと決めてもいるんだ。「おでこ光んなくてよし!」
このループする記憶を背負うと。いつでも、前向き。

そういえば、「飲み込むような奴が全国行って勝てるかよ」→「諦めるような奴が~」に改変されてたのに、その後すぐ「お前は強い。強いからなんでもしょいこんで、そんでくたびれる」の台詞は採用するんだーって思った。
一人で背負い込んで潰れちゃうキョウはADPではいないと思ってるんだけど……どうだろう?
「前向きに自滅」でしょう、それが外部から見たら「背負い込んで潰れる」になるのかな?
いやもう私はTV版の時間軸の過去編だとは思ってないので。あの大人びたキョウが現れないのだから。

でもTV版1話のシズノの、やっと会えた嬉しさを追体験はできてうわーーーラストのシズノの微笑みに今も泣きそう。
念願の!!シズノルートだったんだなあ!!!ありがとう!!!!!

愛してるわ、キョウ……!!!
予告にもそんな仕掛けが!!飽きさせないよ飽きさせないたまらん。
そこも、ADPに、予告における叫びの「記憶」を当てはめろってことでしょう小憎い。私が今年のサンフェスでこの本予告見てどれだけ衝撃を受け涙したと思っているんだ。
なんか、「こんな悲痛な叫び、おまけに愛してるか……"きっとここにはこんな感情があるんだろう"と思ってた部分が埋められてしまうんだな」って予想はあったけどさ。まさかそんなね。はい。
でもシズノルートだと気づいたの初見最後の最後だったよ……。

「俺もさ、イェル」のインパクトも強くて、初見からずっとそれについて考えてる。
なぜイェルと呼んだか? 当然「記憶」絡みのことです。「ミサキ」「シズノ」の意味を思い出してしまったから。
「恋人に無意識に母親と妹の名前つけちゃって母親の名前でなんか呼びたくねーよな」みたいな理解をしたらすげーわかりやすいんですけどそういうことじゃないんだよな……。
だってTV版は思い出してもシズノと呼んでいる。ここもうちょっと考えたい。
イェル呼びはシズノには聞こえてないのもポイント。
……ていうかADP見たあとにTV版25、26話見ると最高に喪失感出ません?嗚咽出たよ……。
キョウはカミナギを好きになって、すべてを思い出したらもう過去のものとなって、「あなたも変わり私も変わった」と、どんな気持ちで、シズノ……。
そして、触れようとした手で触れられず、掴もうとしたところから消えていくのはシズノの手……ラストで微笑むシズノは記憶を失っている……見事に対になってる。



「つまりゼーガってなんだったんだ?」「触れることです」
これをラストに持ってきたからテーマは「触れること」?と惑わされたけど、恋愛描写ではやはりテーマ「触れること」なのでは。
カミナギとは触れないし、バイクでの接触も「女の子とタンデムなんて初めてでしょ」「初めてじゃねーし」で無効化したし、コハクラ先輩は抱き締めたし、クラゲとミズサワの接点もあの不安定ミズサワの抱擁くらいだし、ミナトの「愛」増し増しはあのシドニーサーバーでのシマと手を取ったことからだと強調されてるし。
もちろん、キョウとシズノの「触れ合い」は言うまでもなく。
キスして、シズノの秘密を知って物理的距離を取って、最期のお別れはデータ砕けて手を取れない……なんともゼーガらしい。深く体温のようにその手を抱くまで。

つまりシズノとの恋愛をまとめに持ってきたわけだ。
シズノ中盤まで出てこなかったのに本当思いきったよなあ……いや、それで、エンドロール後はちゃんと「記憶」で落として前半も含めてADPを包括しきったわけだが。




私は「SFアニメとフード」について考えてるからおっフードくるか!?って思ったのにキョウとシズノ一緒に食事せずに終わったな……明らかに尺不足。
そうだよなあ、食事さえすれば私ももっとはやくシズノルートだって気づいてたと思う。
幻体はものを食べるのか?を掘り下げる絶好の台詞がきたのに……まあTV版のような「生きるとは」がテーマではないからいいんだけれども。


未沙季ちゃんもねー。こういう仕掛けがあったとは……。
私がゼーガで(というか、桶谷脚本で……)好きだったダブルミーニング演出がちゃんとここで生きててよかった。先に行ってるね……。
やはり舞浜外の私立中学通ってたんだろうか。
そしてクラゲに応答していた未沙季ちゃんはルーパだと気づいたときの衝撃も。仕掛けるなあ。
ルーパは未沙季ちゃんのなんだったんだろ……? キョウの精神安定のためにシマがルーパを導入しNPCとして見せてた? 他のオケアノス級母艦にはいなかったしなルーパ。
未沙季ちゃんのあとを追ってルーパも消える、って感じだったよね。「では妹が未沙季へ」って?? キョウの妹って意味で、深読みしなくていい??
先に行ってるね、って「未来で待ってる」みたいな感じか。細田版時かけか。

「記憶」とともにあった「名前」。
いいよね。ちょうどいいよね。ほぼ?すべて?水に関連する名前をキャラにつけているゼーガにおいて。
アークってノアの方舟って意味だったのか。こないだからTV版見返してるんだけどモブ中のモブまで「沖田」で感心した。

コハクラ先輩の記憶が欠けていったのは転送障害……? 別にメイウーたちが故郷の人たち忘れてるみたいな展開もないし、前浜サーバー停止とは関係ないように見えるけどどうだろうか。
忘れてたコハクラ先輩の記憶をキョウが取り戻すことになんてなったら胸が熱いけど四角関係勃発よ、ですね。

カノウトオルの「カミナギ……? 誰だい、それ……」は「わんちゃんの名前、なんにする……」に繋がるね……。クリスとアークも自己紹介くるか。

ミナトの名前もね~。なんか「エマ」だって情報はどこかで聞いたような気はしなくもないけど、ミナト、どこから出てきたその名前……シマの信頼できる副司令ポジションがミナトなのか。
2回目見てから24話見たんだけど「ミナト……ずっと傍にいてくれてありがとう」だったのでもう、もう、シマ……!!!
これはあれか、カノウトオルだってずっと傍にはいてくれなかったのにと……。脚のデータ破損でゼーガ乗れなくて逆によかったねミナト、ってところなのか。

シマの背負ってるものが重すぎて重い。目的のためには手段を選ばなさすぎる。
でも眉をひそめて堪えるカット、1秒くらい尺取ってもよかったのでは?? 一瞬すぎて見逃すわ。
量子データを流して過去を書き換えてジフェイタスなかったことにするって、わけわからん。どういうことだ。
そして壊れたデータを継ぎ合わせてなんだろうカノウトオルのクローンでも作るつもりだったの??
シマの体はそれらのデータで補修することはできなかったのか。それとも集めたのは補修用のデータでもあったけど作戦のために捨てたのか。(サーバー補修チームというのも気になります)
データが足りないから流し足した"記憶"たちの意味もよくわかんないの……なに……。


結構噛み合わない設定を誤魔化してる部分もあるけど、これでやっと舞浜サーバー月移設がこのカルディア作戦時だったと判明したね。
いや、これがTV版に繋がる過去編だとは絶対認めないけどね……!シマがキョウに絶大な信頼を置いてない過去は深刻な解釈違いです!シマはキョウを信頼してるから月移設作戦を伝えたんだ。
でもルーシェンの好意は採用してるんだよな……24話見てやっと「君の盾くらいにはなれる」の意味がわかった、君の盾にもなれない……。
パチスロ版の「勝ち負けじゃねえ、俺たちはチームだろ!」を謎採用してたのは本当に謎なんだけど、ルーシェンおまえどこの世界線から来たんだ。背景がそうだからパチスロからってわかっただけでパチスロプレイしてないからあれがどういうストーリー仕立てだったのか知らないけれども。
つまりこれより更に前バージョンのキョウがある……??でもADPのニュアンス的に今回で初覚醒だったっぽいんだよな。
カミナギとは別の世界線へ行く、ルーシェンの未来の記憶なのかもしれない……。

まあ、キョウが途中から大人化してほしかったのにならなかったのが一番期待はずれだったけど、今思うとそれでよかったな。
これだけ大きいTV版との齟齬があると、唯一絶対の正解と思わなくて済むから。

あと月基地殲滅作戦におけるマアリヴ轟沈も整合ですね……あとカガヤンは主力母艦のうちのひとつではないのか残念……。(カガヤン、タオ司令のファン)




細かいところつついてたらきりがないのわかってるんだけどついつついてしまう……大きなところではループごとのケータイの変遷も意味わかんないです。
1周目未来感→2周目スマホ→3周目、キョウのくだりはないけど、ツムラサチコからのメールがハヤセのガラケー?へ、って流れ、すごいと思った。TV版カットの使い回しがSF的意味をまとう……!
→からの、4周目キョウガラケー。

思ってたより新規カット少なかったな。
いや戦闘シーンはほとんど新規だけど……本当に美しくて参った……。
一番面白い使い回し落差は「ウシオに惚れられてもなー」。苦しむべきだと思うな、ってADP1周目でもそのカットで言ったのにミズキ……笑
いやでもこんなふうに再利用して新しく正反対の文脈であわせられるものなのね……。
20話の、水族館ハグの使い回しは、ループだとわかっていてもカミナギに感情があるかどうか設定がまるで違うからカミナギの表情に違和感あったけど、そういうの、初見以降ほぼない。すごい。


あーあとカミナギの「若者感」描こうとしてすべってるとは何度見ても違和感……。
TV版の「変くない?」は、流行ってたっけどうだっけって、ぎりぎり私の知り得ない時代なのでまあまあスルー。
うーん……「厨二」とか「ナントカ女子」とか、こういうキャラのこういう女の子が(笑)つけないでナチュラルな発言として言わないでしょ……「爆笑を禁じ得ない」はまだそれっぽかった。

それとそれと、ホロニックローダー開発後にもサーバー300基あったのな。それがTV版途中11基って。
ブランク、思ったより大きいな?その間ガルズオルムが急成長したわけでもないようだし。

あっあとネーヴェたちとの戦闘で光装甲をすべてブレードに回すっていうの、怖い方法では??
なんかシズノが「パイルが開発進めば」って言うからなんのことだろうまさか裏技の羽ぶっさし攻撃?と思ったけどホロボルトのこと?か。
未来の記憶にも……出てきましたけどホロボルトプレッシャー……。



あーーだめだ細かいことほんと収拾がつかない、おわりにしよう。初見時の感想もだらだら何千字と書いた上でこれですよ……。
またなんか書きたくなったら別記事を立てよう。
それくらい高密度な劇場版でした……。
NEXT ENTANGLE、なりますかね。なってほしいね。
ゼーガの儚さ切なさ切望がまた見たい……。エンドロールの、フォントを変えた「For」、うわああって思ったよ。

あ、、3回目、一番注目してたのは、「ラストの『羽よ背中に』は間奏部分少しもカットされることなく尺内にキョウとレムレスの会話収めたか?」でした。
さすがアニメ1秒のあらそい、丸々フルでした。すごーい!演出が!リンクしてる。
新居昭乃狂いとして大満足……。
「飛ぶ鳥を見る」で鳥のカットとかね……しかしせっかく昭乃さんがサーバー内の壊れた空を描いたのにあの空、さては本物だったな?
[PR]

by jinloturu | 2016-10-18 16:33 | アニメ | Comments(0)  

推しが武道館いってくれたら死ぬ2巻/平尾アウリ

はい好きー!!!!
えりぴよさんからのはじめてのプレゼントだっつって嬉しがる舞菜ちゃんめちゃくちゃかわいいよ~~~~~~ごろごろ。
ていうかブログにつくだに10円です!とか書いちゃうアイドルコアな人気出ないものかな……私なら推す……容姿って芸能界のど真ん中でなきゃそこまで重要じゃなくない?
いや不人気理由は色々あるけど。

本当に全然通じあわないのじれってえええ……もうちょっと報われてもよくない?舞菜ちゃん



しかしまじでヲタがみんな推ししか見てない感じちょっと違和感。
他の些細な描写がむわっとくるほどリアルである分。いやそこまで知らないけどねライブアイドル界隈!!
[PR]

by jinloturu | 2016-10-13 02:26 | 百合 | Comments(0)  

既婚者ですけど、何か?2巻/桐乃まひろ

まだつづきあるのか!うおーもどかしいな早くつづき読みたい。
そして既婚者じゃなくなったかーそっかー残念。
まあ倫理的処理が完璧なのでこの結論もむべなるかな。
ただパパの反応いかばかりか。どうせまた結婚させられるのでは。
しかしやはり御門が晴子さんをパートナーとして大好きなところが好きだなあ。
「恋愛感情なくてもよきパートナーとして夫婦やれる」というこの結婚の描き方はいかにも現代的で。

そんで「相部屋ダブルベッド」のお約束をこう利用しますか!
結婚生活もセクハラ描写もそうだけどこの既存のあるあるを洗練させて転がすのめっちゃ上手いな。
自覚した芹沢くんの猛攻に期待するぞ!
[PR]

by jinloturu | 2016-10-13 02:25 | BL漫画 | Comments(0)  

ドラッグレス・セックス/エンゾウ

『好きにしたいよ』がとても好きです……。
BLにおける異常な執着極まれり……。本当にやばいやつ……。
閉塞的依存は普段だめなんですけどここまで突き抜けたらなんかもういいかなって。藤生って働いてんのかな。たとしても真澄が在宅勤務しか許可してなさそう。
これは真澄の執着もきっとなかなかのやつだろうなと思ったら馴れ初めが凄まじかった。そりゃ勘当するわ。
殺してやるね、実際萌えたよね……。


そしてタイトル違わずどえろだった。セックスで物を黙らすどえろ。
アへ顔(というか三白眼?)最初引いたけどもうこれだけのセックスの洪水の前にはやはりもういいかと……。
そしてお目当てのリバ!
攻め顔マッドサイエンティストがフェロモンによって素直に「今度は君がそっちか」と受けるのとてもよい。
手袋フィンドム代わりにするのも好きだな!
[PR]

by jinloturu | 2016-10-13 02:24 | BL漫画 | Comments(0)  

天涯行き/凪良ゆう

雰囲気がよかった。
色々なものを抱えたまま淡々と物事がそよ風に流されていき、静かな二人暮らしも、そのなかで心通わせる穏やかさも、好き。
しかし重いよな……。
復讐の処理もよかった。復讐の達成にも綺麗事にもならないんだ。ふたりの癒しこそ。
[PR]

by jinloturu | 2016-10-13 02:23 | BL小説 | Comments(0)  

最低女神/井村瑛

わー当たり!!最高。
特に最後の『プラチナサンディ』の息も詰まる閉塞感がよかった。
どこにも行けない退廃感。
好きって気持ちの到着点は。

他も、部族を抜けて走る百合とか、「おかしい」を詰めて噴水に飛び込む絵の美しさとか、色々よかった。
[PR]

by jinloturu | 2016-10-04 20:43 | 百合 | Comments(0)  

philosophia/天野しゅにんた

ふおおう……。
まず煙草ちゅーというBL構図が百合の表紙になってることに衝撃があったよ……。

そして段々知に惹かれ執着して俗世を受け入れていく愛の心情変化も。
ラストも、えええ……。それでも最後には知も愛に少しは惹かれているとわかったのが救いか。
「私は知さんをわかりたい」「私は愛にわかられたくない」
この会話凄く好き。フィロソフィア的な二重意味も知のこの断絶も!!!
めちゃくちゃわかるー!とも思う。

おまけの救済は正直いらなかったかな……。
愛にはずっとその重たい初恋を一人で引きずっていてほしい。
[PR]

by jinloturu | 2016-10-04 20:41 | 百合 | Comments(0)  

恋愛前夜/凪良ゆう

やっと凪良さんの「ふつう」の話がいいなあと思えるようになってきた。
ていうかふつうと言うにはドラマチックだしね!でもこのくらいのドラマはあるよね!

ヤコ先生いいキャラしてるな……スピンオフがあるのか……。
ヤコ先生があんなキャラだからナツメの心折る描写が映えるわけで。
「ふつう」に泥臭く人間としての情けなさやるせなさを描き出せるのがたまらないよね。トキオを追って東京へ出たのに期待へし折られ仕事まで容赦なく崩れ去るのがさすが。
微妙な心の触れあい。


あとなんか立て続けに「男同士おかしい」とか言ってる作品読んで参ってたからそういうの絶対なにがなんでも入れない凪良作品癒し……拠り所……泣きました。
[PR]

by jinloturu | 2016-10-04 20:36 | BL小説 | Comments(0)