タグ:すき、印象的 ( 162 ) タグの人気記事

 

出口ゼロ13巻/瀬田ハルヒ

ああああああ百合だああああああああ!!
すさまじくすさまじく私好みの私のための百合だ…………。
あり、あり、ありがとう……。
もはや愛子という名もぐらついたぞ。ゆみかと呼んでよいか。


前巻で愛子と怜士にフラグらしきものが立って、私は、ふっと我に返った。恋愛要素のないこの作品も、なかよしだから、やっぱりそこに終結するのかと。
夕日と咲良はともかく、そこも安直にまとめてしまうのかと。でもしょうがないよね、その安直さも、恋愛要素も、求められているのだろうし、なかよしだしさ。
勝手に期待して勝手に諦める私自身を弔って、覚悟しなおした。
ありがとうさよなら夕日ちゃん大好き、と言う愛子の予告に、ああこれだけあれば生きていける、と、悼みも含めて少し泣いた。


そしたらこれだよ。こんなん予想してねえよ……。
ラスボス咲良じゃねえのかよ完全に愛子巻!!!!
2巻のさあ!!「ごめんね……!!」のあの信頼を!さあ!!!
破壊しきった夕日の人格真っ向から破壊しにかかった女が女を妬み嫉みに由来しない意思をもって絶望に突き落とすこの殺伐を描ききった!!!
これを私が百合と呼ばずして誰が呼ぶ!!!
夕日ちゃん♡夕日ちゃん♡って愛を叫ぶ姿からこの変貌だよ。
とんでもねえ女優だ。二重人格的な感じなのか。
女優といえば許される感のある、「からっぽな」、愛子の人格安定しなさすぎだけどどういうふうにまとまるやら。
これで本当に本当に、夕日にとってメインの男ふたりは戦うパートナーで、愛子とはなににも代えがたい絆で結ばれるのなら、私は、私は何も言うことないですけど……。
完全に「敵」化するとは思えないけど、作品の方向性としてそれもありえなくはないからな。
アカデミーの破壊は"本当の愛子"を敵とするのか。
それでいて表紙もう全部王道百合やん。最高。
次で最終巻かーー。
[PR]

by jinloturu | 2017-03-21 21:46 | 少女漫画 | Comments(0)  

アルテ6巻/大久保圭

運命を受容した………………。
あーーアルテが"女"とか"貴族"とかはねのけて自分で運命こじあけてきたキャラクターだからこそ、その対比としてカタリーナが置ける。
どっちも本物だよ。どっちも肯定すべきだよと言う。
「カタリーナの幸せがここにあるとは思えない」というのがアルテの行動因だった。
アルテは運命を捨てて自分の幸せを掴みにいったからそう思うけど、実は、運命のなかで、自分の幸せをつくっていくことだってできるんだよ。
それは自分の運命に真正面から向き合ったからこそできること。

運命の描き方としては凡庸といえば凡庸だけど、王道とも言えて、それを魅力的なキャラクターたちがなぞっていくから人生がきらきら光って見えるんだ…………。
特にカタリーナを想うから拒絶して、運命を受け入れてまぶしく笑うジモとかね……。
泣く。
[PR]

by jinloturu | 2017-03-08 01:37 | その他漫画 | Comments(0)  

少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録

そいえば劇場版感想書いてなかった。

あーね。
そう、ウテナと聞いて想像していたラストシーンは、こういう感じだったな。
概念を破壊していく少女革命。望みうる、求めうる、エンパワメント。
キスしてくれてありがとう~~(;_;)確かにテレビシリーズの心残りはここだったかな。"キス"(という象徴行為)してほしい。
本編三分の一ほとんどレースしてただけだった、そして勝利そのものは確定しているのに、終始飽きさせずぽんぽんいろんなモチーフが飛び交い、はらはらさせる。アニメーション。

うん。うん。そうだね。険しい道だ。誰も走ったことのない道だ。それでも二人なら。二人の力でなら声を振り絞れる。世界を革命する力を獲得し、城を、王子様を、破壊できる。乗り越えられる。
そうだね。ウテナとアンシーならば。
いいなあ。いいなあ。いいなあ。乗り越えられるだけの力を得られていいな。孤独に戦っていた私には無理だった。戦えなかった。ひとりでは乗り越えられなかったよ。いいなあ。私もそこにいきたかった。すりつぶされてしまった。希望を求めて追いすがった特別な二人がやっと破壊できる世界なんだよ。道は開いてくれたけど、絡みとられてしまう女が、ここにいてしまう。

男性表象がなるほどな、ずいぶん簡略化されていて感心した。
そうそう百合作品の当て馬問題。クズorいい人類型。
類型の根本でありながら、キャラクター性には深みがある。
王子様であることを求められて王子様になろうとしたから死んだ王子様。
王子様であるためにお姫様を必要として食いつぶし殺された王子様。
結局この蜃気楼に支配された世界では、誰も彼もが苦しめられる。生きながら死んでいく。
救いがない。行き止まり閉塞。
だから革命が最後の奇跡。最後の希望。
それがたとえ険しい道でも。

七実のネタ扱いかわいそすぎる……。
[PR]

by jinloturu | 2017-02-27 22:01 | アニメ | Comments(0)  

僕のかわいい王子様/村上左知

わ~~~~~~!!!性癖~~!!!!!
こ、これだよ……私が求めていたのはこれだよ。


「ネコとしてのアイデンティティ」に、まず、さすが村上さんだな~~と思い。
受けにこだわる受け……相手が誰であろうと積極的選択として受けにこだわりアイデンティティにまでなっている男。
それ。まずそれ。
「男らしさ」から降りて、しかし女性性表象までは獲得せず、かわいらしい絵柄で「男のネコらしさ」を演出。

次に、千原先生という圧倒的受けを前にしてそのアイデンティティが揺らいでしまうこと。
つまるところ攻め×攻めのマウント争いの真逆。
攻め×攻めは「男らしさ」の争いであり、ホモソーシャルのそれとまったく同値。
対して受け×受けは「いかに男らしくないか」を競争していく。村上作品は、それを「いかに女らしいか」競争に反転しないよう慎重に回避している。自覚的。
あくまで「男」であることを前提にする。だから絶対自分の作品を「百合」と表現しないし、今作も例えば高森は美容は怠らないが短髪スーツ、汚部屋、そして二人とも料理下手、という設定によって、「女らしさ」を受けに背負わせないようにする。


はーー好き。
って、思ったんだけど、読み進んでいくうちに、ちょっと高森先生ネコにこだわりすぎてない……?ともやっとしてくる。
「男らしさ」から降りつづけた結果、「受け」の役割を固定化してきていないか……? それは「男"なのに"ネコにこだわる」という意味を帯び、結局役割規範を強化して、その線上には「女らしさ」規範が待ち受けているのでは……?

そしたらそんなことを思ったつぎの瞬間に「ちゃんとタチできるかな やるならちゃんとやりたい」!!!!
わーーー!!ちがう!!!受けにこだわってたんじゃない!メタで見て役割を強化しようとはしていない!タチにもなろうとしてる!!
がんばってタチをやるネコ大好き村上作品はそれ!!!

で、明かされるのは、高森先生が執着していたのは実は「役割」という固定観念そのものであったということ。
ネコならネコ、タチならタチという役割どおりのロールプレイをしようとしていたから、千原先生の存在によって混乱が生じる……。
この構図めっちゃ狂気じゃない? 攻めと受け、リバ、それぞれ役割とは「らしさ」とはなにかについて延々考察してなければこんなこと描けなくない?
男らしさを求める男を描きたくない気持ちがめちゃくちゃ伝わってくる。わかる………………わかる~~~~~~~~。

役割規範が崩壊したから、最終的に受け×受けであることを受け入れ、高森先生もネコでありながら探り探り攻めていく……。
「僕ここまで乳首感じないし」とかこの、受けだからそれを発言してしまえる、受けとしての比較を攻めている最中にさせる、こうして攻め×受けを周到に破壊していくのはいつもどおりさすがの手腕。
事後千原先生のタチ性が覗くのは、役割規範を破壊しおえたからこそなんですよ。

で、紙幅の都合上?完全なリバシーンは描けなかったから、話としては高森×千原で終わる。
だから高森先生が攻め化した、と見られてしまう可能性も微妙に残ってしまった。
しかし、それを村上さんは絶対に許さない。
番外編、「千原先生かわいくてネコの自分忘れそう」と調子に乗る高森でさえ、挿れてほしいと懇願する……こいつは受けなんだよ本人がアイデンティティ攻めに傾いていてさえ受けであることを"望んでいる"んだよ……。

性癖!!!!!
性癖……はーー、こういうリバが、こういうリバが、こういうリバが、私の求めたオアシス。ニッチ需要を満たしつづけてくれることに感謝する。
攻め役割に執着する男を見ると「男らしさ」に縛られていることにつらくなってしまうんですが、単純に男"なのに"と男らしさの反対にこだわれば男らしさを破壊できるわけではなく、男らしくなさを追求するたびむしろ無視された選択肢が浮かび上がり男らしさを強化してしまうことが往々にしてあるからつらい。
それをね見事に昇華してみせたよね最高。


ルールそのいちシリーズはもうなんか安定の萌え……。周到すぎてもはやよくわからない……リバ感覚が合いすぎる。
理央のこの騎乗位のコマの構図、実は初めて? かわいい。
[PR]

by jinloturu | 2017-02-27 22:00 | BL漫画 | Comments(0)  

憎らしい彼/凪良ゆう

最高エンタメすぎるな!?

まず、萌えるよ、萌える……これいちばん大事……ここさえクリアすればBLはオールオーケーなのにこんな、私の読みたかったものとか価値観に対する真摯さとか伏線のそつのなさとかキャラの無駄のなさとか、しかもそれらすべてを一定量かつBL文法に落とし込みながら濡れ場サンドも完璧な……こんな……いいのか……。

まずねなによりなにより大事なことは凪良さんのセクマイとの向き合いかたね。
これが私は読みたかったんだよ。現実にある差別とか諸問題を、説教くさくならず、萌えにくるんでコミカルに描くBL。
両親に清居の魅力を熱く語る平良、いじめられてるのか友達できたのかゲイなのかぐるぐる混乱する両親、冷や汗をかく清居。
「ゲイカップルのカミングアウト問題は繊細なんだからこんな出会い頭の交通事故みたいにやるべきじゃない」
これ!!
単に恋人の両親へのゲイバレを焦るんじゃなくて、ゲイのカミングアウト事情がいかに社会的事情の問題であるかを盛り込む、しかしそれは過剰な深刻さのなかではなくエンタメとして処理される、これが、これが見たかったんだ……。
エンタメとして処理されるからこそひねくれ読者にも届くんだもの。

あとね平良がほんとにきもいままで、しかもストーカーが高じて流血沙汰まで起こすような犯罪者ファンと結局は同根メンタルであると描かれたのもよかったな。
「そんなやつとはちがう」って言わなかった。そんなやつだからこそ清居は惚れた。
変わらない。「正しくあるべき恋人像」に収まらない。
すごいなー。
[PR]

by jinloturu | 2017-02-12 02:47 | BL小説 | Comments(0)  

いまさら翼といわれても/米澤穂信

うっ……やられた……。
千反田さん、なんだかんだいって館に戻ってくるのだという願望持ってしまっていた……。
わからないように描かれてるけどあと4分。
いまさら翼といわれても……!!
奉太郎には説得できる資格も手札もない。
やられたな~くそ~。



そ!し!て!
奉太郎がかわいすぎるんだけど!?かわいすぎるんだけど!?!?
序盤からかわいくて3ページめくったところで一ヶ月くらい読めなくなったよね。
えっなんなん……米澤さんほうたる萌えだよね……明らかに自キャラ萌えでは……でなきゃサービス精神旺盛すぎるでしょう私がほうたる推しだから目が曇ってるわけじゃないよね二次創作読んでるのかとおもったわ……。
『鏡』は雑誌のときに読んだ。
ネットで「アニメに影響されてる逆輸入だ」と言われてて、でもそんなに実感していなかったんだけど、今読んだらそうだねこれは明らかに京アニ仕様の奉太郎だ……!!
かわいい!!つらい!
全編にわたって奉太郎を掘り下げた単行本でありがたすぎるな。

まずこんなに奉太郎がものを食べてる描写がね。これでもかと。
「もふもふ」だよ!?目を疑ったわ、トーストを食べる擬音が「もふもふ」!
もそもそですらない、あざとい奉太郎あざとい……。
焼きそばもトーストも冷やし中華も作って食べる奉太郎……そしてそれは必ず他人との関わりへと繋がっていく。コーヒーもラーメンも。
そうしてね、リフレインされる料理描写がね、『長い休日』に結実するのがもう最高。
「最低限の作業をなんてことないようにやっているけど意外と料理するんだ、そして面倒がらないんだ?」っていう印象を植え付けてね。
いやそうなんだよ本当に奉太郎の家事をこなすところも試験前にきちんと勉強するところも誰も見てないとこで他人の買った『氷菓』の代金を立て替えるところも大好きだよ……。
ついにその謎が明かされたのが感慨深い。
かなしかったんですね。
人の気持ちに敏感で、でも、人が自分をどう見ているかには鈍感な奉太郎だからこそ、気づいてしまったときにはその本心の棘が深く刺さってしまったのだろう。
大人しくて目立たない女子に、っていうミスリードも。
優しいんですよ奉太郎は優しいんですよ自分が少しばかり損をしてでも人を気遣うんですよ損をしたなど思ってないんですよ「小木はヘリが好きだった」なんて言いたくないんですよ。
だってただ言わなきゃいいだけじゃない。今後人に言いふらさなければ真実なんてどっちだっていいじゃない。
言ってしまったことへの反省こそが奉太郎を奉太郎たらしめている……。
その奉太郎が、やたらにえるに歌えなんて強要できるはずがないのよな……。

そして古典部4人みんな義理堅いな。なんて健全な高校生だよ。
だからこそ義理を破る(破りかねない)摩耶花とえるが苦々しくこの話を飾るのだな……。

奉太郎についてはまだまだ語れるな……やめよう……「フライパンを洗っていたはずだ」とか最高かわいいよね……。
[PR]

by jinloturu | 2017-01-07 20:15 | 小説 | Comments(0)  

少女革命ウテナ

見よう見ようと思いつづけて早数年、やっと見た!
というのも、これを語るには自分の話から切り離せないので言うけれども、私はつい最近、女を好きになる自分が社会に殺されて、ずっと社会と戦ってきた自分の敗北を認めて、『ユリ熊嵐』で言うところのスキを諦めて、男を選択したのですね。
女らしさ規範と異性愛規範の呪いをかけられる悔しさにのたうち回ってたら人からウテナを薦められたので「あっ今私に必要だわ、見よう」と。



歴史に堪えて古びない作品は名作だとは言うけれど、20年経ってもウテナが古びないこの2017年日本社会はやばい。
未だ私が殺されなければならないウテナを救いに思わなければならないこの社会が怖い。そして憎い。

救いでした。すがりつきたいほどの。わかっていたよ泣き崩れることなど。
私の観測する社会は、人にわかってもらえないのだと最近理解した。隙あらば同性愛を殺そうとしてくる社会。どうしても女を男の手の内に閉じ込めないと気が済まない社会。
そういう社会があるなんては一見わからないのだと。
そっかー、と思ってた。

しかしこの作品はしっかりと私の認識する現実を、私の苦しみの重さ色形を、そっくりそのまま型どって照射してくれた。
理解してくれた。
私の苦しみはこんなにも刺々しくて重たい鉛なのだと、わかってくれた。
それがどんなにありがたいことか。

最後頭上の蜃気楼が瓦解したのだと思ってたけど違ったわ、決闘場だけか。
権力構造は崩壊しなかった。

最後世界を革命してウテナが概念化するんじゃないかと漠然と思っていたけど違った。意外だった。
でもこのラストこそ今の私がすがりつきたい救いだった。
ずっとこの世界で生きていくのではない。蜃気楼は依然崩壊しないのに、プラネタリウムも崩れないからぬるま湯にいられる暁生の物悲しい空虚な権力。それがまだ機能するこの世界、男が女を支配することを夢見る世界が存在すること。
簡単には崩壊しないと言ってくれて嬉しかった。
だってウテナが1997年だよ、20年経ったよ、ねえ、この世界なにか変わりました? 私たちの戦いってなにか報われました?
まったく報われてないとは言わないよ、もちろん少しは変わったよ、でもまだ死ぬ人は、性別関係なく、殺されていく人はそこらに累々と積み重なっているじゃないか。
革命は簡単じゃない、だけど、外には別の世界があるのだと言ってくれて嬉しかったのよ。
死んだ私の苦しみは、この簡単には変えられない社会に生きているからだって言ってくれたのが嬉しかったのよ。
それでも数多の剣を受けてまで戦おうとするウテナ。いつか一緒に輝ける、二人。
そういうささやかな薔薇を届けてくれたのが嬉しかった……。


本当に、この世界では男も苦しめられるのがさすがの名作ですね。
単純に男と女の対立構造になってない。
フェンシング部部長の、支配者かと思いきや樹璃に奇跡を起こしてほしかった弱者、とかすごいもの……。
あと若葉に想いを寄せた幼馴染みが決闘する資格なしと判定させられるところとか最高……!
ありがちな異性愛ロマンスを破壊したのだって小気味いいのに「女を手に入れられなかった男のルサンチマン」が大したことじゃないと一蹴される!!
若葉と西園寺先輩の話とかすごい好きなんだけど木原音瀬の『期限切れの初恋』を思い出した。木原さんはこれに着想を得たのか?と思ってしまうほど。

七実の卵の話とか実に暗示っぽいけどなんだろうなー。あの学園では子供を産むってどういう意味を持つのかなー。
これもロマンスの崩壊では?
そもそもこの白鳥由里さん、すごくいい。
冬芽と血が繋がっていないことに歓喜の念が一切なく空虚なロマンスの絶望に終わっただけなのも凄みがあった。

そうそう男性性象徴の剣、毎度の決闘で「王子様のキスで力を得る」ことで女のウテナが勝利する説得力を持たせる、ってこれの処理どうするのかと思ったら。
自分のなかから出でた剣だからウテナ自身の力ってことでしょ、という言い訳すらせず、最後暁生の手に渡って扉を前にあっさり折れて退場してびっくりした。
気味がよすぎる!!!!
扉をこじあけたのはウテナの体と汗と涙だった!!
マッチョイズムでない肉体性……すげえ……。
女の力で女と契れるんだよ薔薇の花嫁を救い出せるんだよ……。

なんで暁生に婚約者がいる設定なんだろうなあと思ってたけどまあ理事長代理の仮初めの権力はそうとして、「婚約者がいるのに」妹を支配する、ウテナを支配する、ウテナにも罪悪感を持たせる、っていやはや綿密な設定であったな……。



もう、なんか、本当に今見てよかったな。
そんで今ウテナを見た熱から「百合と男と社会」の変遷についてまとめてるんだけどそれで今自分がかかってる呪いをずいぶん客観視できてきて少し楽になった……所詮呪いは呪いでひとつのイデオロギーでしかないんだよな棺の外に世界はあるよな……ほんとありがとう……。

あと絶対運命黙示録、「ソドムの闇」ってうわー歌詞で直接的に言っちゃうのか!と思ったけど、よくよく考えてみたらソドムの意味なんて普通の人は知らないか。?
[PR]

by jinloturu | 2017-01-07 19:58 | アニメ | Comments(0)  

ユーリ!!! on ICE

これは語らねばなるまい。記録せねばなるまい。
間違いなく特異点。
私は渦中を追ってはいないのが残念だけど社会の話を絡めて語らなければ見えない。誰か熱心な人が二次の盛り上がりとか学級会とか現実と創作のゆらぎとか含めまとめてくれないかな。
私は私の感想の限りを記録するので、もっぱら、「アニメと同性愛表現」の話をします。今記事はストーリーラインやアニメ的表現の話はばっさり切る。
これもひとつの社会の外縁でしょうと。


まずこの作品に「性・ジェンダー」タグを付けることを残念に思う。そんなものを考えずに、ただ「愛」のアニメとして他の作品たちと同列に埋もれてほしかった。
でもセクシャリティの側面を語らずにはいられない。



色々な意味で盛り上がってると聞き、人種から人生から多様性を描いていると聞き、そして明るい感じのスポーツものはわりかし好きなので、きっと面白く見れるだろうと途中から追いかけた。
でもこの時点ではどうせいつものクィアベイティングなんだろって思ってた。
「腐女子」をターゲットにしつつ、「でも"ホモ"じゃないからねっ☆当たり前だけどねっ☆勝手に"腐らせ"てくれっっ☆☆」ってエクスキューズを入れるんだと思ってた。
だって、今オタク文化のなかにあるありとあらゆる漫画やアニメは、そうだから。
何度も何度も失望してきて、クィアベイティングを経て"正しき"異性愛に帰結した作品群に心を殺してきたから。


だからね、4話、「勇利は俺に何を求めてるの?兄?親?先生?」に並列して「恋人?」を入れてくれただけでもう私は嬉しかったんですよ。
「ありがとう!!!!」って叫んだんですよ。
想定してくれてありがとう。同性愛を当たり前に排除しないでくれてありがとう。同性愛的関係にすることを「腐らせる」なんて言わないでくれてありがとう。普通はありえないものと言わないでくれてありがとう。このホモフォビアはびこるオタク社会の中で逃げ道を作らないでくれてありがとう。私の存在をないものにしないでくれてありがとう。


そしたらさ。全然そんなもんじゃなかった。
7話です。革命の、7話ですよ。
別にこの二人に萌えとかはなかったので、最初は「わーちゅーしたー笑」程度でテレビを消して次の行動をしてたんだけど、服を着替えてるとき、不意に実感が湧いて、号泣した。
やってくれた。
BLという触れ込みでないアニメが、しかもオリジナルアニメが、ギャグにも逃げず、物語の要請上という形にも逃げず、ただひたすら話の盛り上がりに最高の仕上げをするためだけに男同士のキスシーンを描いてくれたんだ。
クィアベイティングから脱したんだ。

ちょうど今ね自分の中にホモフォビアとヘテロノーマティビティーの毒が回っている時で、苦しくてなんにでも泣けてしまう不安定な時で、だからというのはある。号泣までしたのは。
でも、先のわからないオリジナルアニメで、どうしても「同性愛」の存在を認めたくない視聴者が「腐」を排除しようとする中で、これをやってのけてくれた意義は大きい。


色々な反発を見かけたけど、色々と怒りに震えてきたけど、とりあえずこのエントリは「はあ??」って声が出た。
BLとLGBTを厳密に分ける必要がまずわからん。BLが差別問題に向き合った上でそれを痛快にひっくり返すことは非常によくあることだ。
別に『ニューヨーク・ニューヨーク』みたいな作品のことを指してはないよ、挙げるのも迷うくらいいっぱいあるよ。BLを馬鹿にするのも大概にしてほしい。
そして、異性愛を描いたアニメは意識するまでもなく氾濫してるのに同性愛を描いたアニメは数えるほど しかない中で、BL原作を使って視聴者層を限定・隔離したりせずに、男同士の限りなく同性愛的な関係をてらいなく平然とやってのけた功績は大きい。
「LGBTに踏み込む」ってそういうことだよ。同性愛を異性愛と同じ位置に置いて特殊なものにしないでBL嗜好者だけが見る独占的なものにしないでおくことだよ。社会状況全体を考えないとなにも見えない。どれだけのアニメで作品で社会で同性愛の存在がないものとされ馬鹿にされてきたと思ってるの。
これは私の場合だけど同性愛程度のことに今さら悩む作品なんか見たくねーよ。現実に散々絶望して疲弊してきてるのに。
悩み抜くBLも既にうじゃうじゃあるし。それらの作品はこの人の中で「BLではない」のだろうか。

まあもちろん「LGBTアニメなのでBLではない」「BLじゃない、愛だ」みたいな意見もまた私は嫌いですけど。同じことです。BLを隔離するな。
「ホモなんかじゃなくてそれ以上の愛」なんかは論外中の論外……なんでそこで"ホモ"を貶めるかな……。



わかってる。
こうしてさえ逃げ道は捨ててない。クィアベイティングから脱したとは言い切れない。真っ向から同性カップルを描いてはいない。だからこそ幅広い視聴者層を獲得できたのはわかってる。

みんな「恋愛」パッケージ嫌いだよね、なんでもかんでも「恋愛」にされるの嫌いだよね、安易にそんな陳腐なものにしないでほしいよね。
だからって殊更同性関係のみに反発しつづけ、安易に恋愛関係になる男女のことは当然視するその社会に私は殺されてきてるんだからな????
愛は多様って言うけど、この作品はそれを謳っているけど、恋愛だって多様なんだよ陳腐なだけが恋愛じゃないんだよ。

何をかわからない感情を愛と名付けて、それで、キスをしたって恋人になったって結婚したっていいじゃん。
恋愛を、同性愛を、排除しないで。

結婚……結婚二期でしてくれ……。
二期見たいなあ。この世界ならロシアに同性愛宣伝禁止法なんかなくて、日本でも同性婚法制化されてるんじゃないかなあ。もちろん結婚を選択しない人も等しく尊重されて。
なんて理想の世界だ。住みたい。



まあくどくどと並べたけれど話はきちんとテンポよく面白くて、だからこそ褒めちぎることができる。
まあ私はもっぱらクィアベイティングについてと、どんな形であれ「愛」の称揚神格化を毛嫌いしているのとで目が曇りがちで、ストーリーやキャラを掘り下げて見据えることができなかったのは心残りかな。
特に愛については抜け目ないフォローがそこかしこにあったはず。
そういうアニメが盛り上がってよかった。まず、同性愛を真っ向から描いてほしくはあるけれど。(しかしそれはどれだけ上手くやってもここまで盛り上がらないだろう、理想にならない社会への落胆)
いっこストーリーの話をするなら最後に勇利が引退を思い止まるのがユーリのFPっていう構成が一番興奮したね。最後に主人公を氷上に押し上げる牽引がパートナーの愛じゃない!
あっでも10話バンケットと最後のエキシビションはさすがにときめきを覚えました!すげーな!!

これを踏み台にもっとBLと百合とセクシャルマイノリティーとGSRDと現実と虚構が混ざりあって尖鋭化していくアニメが見たい。
[PR]

by jinloturu | 2016-12-22 05:59 | アニメ | Comments(0)  

この世界の片隅に

エンドロールと監督舞台挨拶のとき、涙があふれてあふれて。
安堵した。戦争が終わって。しあわせの。へいわの。終わったのだ。そう思って安堵して、涙が止まらなかった。

「悲劇の消費」とはよく言う。
「悲劇を消費して、自分の関わらない刺激的な悲劇にこそ喜んで、そして自分の安泰な日常生活に安堵する。悲劇をダシに幸せを語る」と言う。

私はこれを見ていて、そうじゃない、そうじゃないのだ、と、強く思った。
これはむしろ、「不幸を経験したからこそ小さな幸せを実感できる」類型だ。表裏一体。
いかに自分が幸せか、幸せなうちは気づかない。気づけない。それが当たり前だから。
不幸を自分事として追体験するのにノンフィクションや事実をもとにしたフィクションは導入として便利である。

すずさんの衣食住と平凡さ安寧を保つ居場所。
すずさんの精神安定をはかる絵描きの居場所。
居場所の入れ子構造?
もっかい見たい気持ちは強くあるけどしんどいのでしばらくむりやな……。

居場所を探して、居場所を与えられて、居場所を奪われて、居場所を選んでいく。
一瞬に奪われるのではない。徐々に削り取られてく。異常はすぐに日常と化す。
嫁に行って働いて禿げるほどのストレスが笑いに昇華されるのと、戦争による「よかった」探しは同じ線上に存在していて、だからあのときまで、極限に晒されていることに気づけなかったのだ。
はるみちゃんが「空襲飽きたー」って言ったところらへん、山田風太郎の戦争記エッセイを思い出した。
「空襲の多発する地域から疎開してきたので、空襲に慣れてなくて少しの爆音さえ過剰に怯えるこのへんの人間が馬鹿らしい」みたいな一文を。
麻痺する。慣れる。


周作が死なないでくれて本当によかった。
すずさんの居場所の最後の象徴を、奪わないでくれて……。
[PR]

by jinloturu | 2016-11-30 01:19 | その他 | Comments(0)  

マギ~8巻/大高忍

政治描写が面白そうと聞きつけ手に取りました。
中東アジアか……。
王制→下からの民主化(下から……?? 上からとも言えるか、アリババが王族じゃなかったら成立しないし)への流れは順当、王道。
でも共和制って単語が出てきたり、ていうかアリババが自分で考え出したわけじゃなくて勉強した上で他国から共和制の考えを転用しようとしたり芸が細かいよ!
説得力を持たせるのに必然的な選択なのが小憎い、萌えだよ。

ここからだなー!
少年漫画的に民主主義を描いてアリババが「君たちはもう国を作っていける力がある」と演説するのは熱かった。
王族でありスラム出身であり兵士であり市民でありダンジョン攻略者で能力者であり政治家でありアリババくんひとりで色々役目負いすぎだろ。笑

1巻の最初から「元々ここはダンジョンを拠点に栄えた町だ」って紹介される、リアリティーラインの線引きが上手い。
だから政治経済的な話が現実味をもって響いてくる。ある程度単純化してるけど結構複雑なことやってるよね。
他国の紙幣が鍵になるって完全にそれを盛り込もうと思わなきゃできない要素だ。

その最初の説明で、「おっこれは攻略されたら町が衰退するフラグか?」と思ったらとりあえずそうではなく。
あとで気づいたけど兌換紙幣発行って基本的に世界は金本位制なのかー?!
ダンジョン攻略されるたび豊かな金が発掘されそれを町で使えば完全に潤う、世界豊かになる、すげえ。
「かね」が「かね」として描写される。


あとね、"運命"が絶対的で従うべきもの、命が全へと回帰するものっていう思想をここで見れるとは思わずもうけもの。
少年漫画らしからぬ、と言うには私は少年漫画に詳しいわけじゃないけど、物語が肯定するのが運命への投身で主人公側が倒すべきが「運命への反抗分子」って構造めっちゃ面白い。
それでいてカシムによって「運命」を懐疑する、抜かりねえー! いいね私はぬかりなさが大好きだよ。
回帰すべき「全」とはブラフマンがモデルなのかな? いやまあ大分違うんだけどwiki見たらアラビアンナイトってインド思想が色濃いらしいな。
運命の描き方は完全に東洋的でそこに少年漫画性をまぶしてるのわくわくするので頑張って最新刊まで追い付こう。

しかしバトル要素(肉弾戦)は基本的にあんま興味ないんですよね……困った。
[PR]

by jinloturu | 2016-11-30 01:18 | 少年漫画 | Comments(0)