タグ:すき、印象的 ( 178 ) タグの人気記事

 

しまなみ誰そ彼3巻/鎌谷悠希

はあ……
「君の言葉で僕が傷ついたことを知ってほしい!」、そう。
そうなんだよな。
それだけなんだよな。
「傷ついた」、言葉だけじゃ絶望的に伝わらないんだ。
お前は気軽に無邪気に口笛を吹いたつもりかもしれないが目の前にいる殴られて血のついた私を見てほしいだけなんだよな。

怒るべきか。怒らざるべきか。笑顔の下の「あームカつく!」。瞬間的に沸いてきたのは。
「怒り」。
怒りだ、我々の。
どこにもいけない怒り。加害者はお前だ、君だ、私だ、被害者もみな、お前であり君であり私だ。

椿くん内面化ホモフォビアかよ。
見てらんね。
救われてほしいのだ。たすくの言葉が届いたのだといい。
[PR]

by jinloturu | 2017-12-09 23:49 | その他漫画 | Comments(0)  

来世は他人がいい1巻/小西明日翔

悔しいな面白いわ。
なんなんだろうなにが上手いんだろうか。ストーリーが上手いわけではないと思う。
間を埋める、キャラをつくりあげるその順番、とかそういうのがすごく上手い気がする。

腎臓最高でしたね。
立場弱かった女が啖呵切る瞬間とか最高に決まってるだろ。
まじで売っちゃう度胸な……
『春の呪い』はなんか収まるとこに収まった感じで物足りなさがあったがこれは先行き見えないから気になる。
そして地味な埋め作業が上手い作家のこの題材とかはまりすぎる。
ちゃんと腎臓が生きてほしい。
[PR]

by jinloturu | 2017-12-09 23:48 | その他漫画 | Comments(0)  

ちはやふる36巻/末次由紀

それ、それ……
聖人君子ではなく、醜い感情を持ち、しかし醜さ一辺倒でもなく、醜い感情だってある、それでも、それでもきらきらした感情だって本物で、そこに向かっていく……!
そういうのがほしいの、こういうキャラが大好きなの、大好きなの!!!
うれしいと思えたことがうれしかった、そうでしょう!?それでこそ新でしょう!!!

かつて太一が新の帰還を「やった」と涙したように、新だって太一を求めていて、一緒にいたいと思っていて、三人でかるたしたいと思っていて、卑怯でいながらその眩しい青春を追いかけるんだよ。


はあ~~~~
「西日本代表は綿谷新」!!
躊躇なく歴史のノートに書く机くんもそれを早く報せなきゃ励ましになると確信している瑞沢メンツも支えられてる千早太一も「わた・や」を報せる太一ももう大好き……
なんなんだきみたち……千早が呪いかと思いきや周防さん合わせにくる太一鳥肌たったわ。

なんなんだ。
[PR]

by jinloturu | 2017-12-09 23:47 | 少女漫画 | Comments(0)  

宝石の国7巻/市川春子

7巻買って積ん読していて、人に「7巻急展開だからはやく読んで!!!」と言われて余計に最初から読まねばならぬと読めなくなって、しかしアニメの出来があまりに素晴らしかったので重い腰上げてようやく1巻から読んだ。

おっもしれえな。
まずシンシャ、シンシャ……!
ここで繋がるのかと思ったじゃん!!!!
シンシャの出番を小出しに、ずっとフォスのことを待ちつづけてしまったシンシャの、想いが、ここで報われるのかと!
もだえ転がってから「あ、これ、"萌え"やん……」と遅れて気づく。

でもフォス~~~ほんとひどいよ……置いてかないで……。


市川さんてこんなエンタメ作品描けたんかい。
なんか1巻ずつ読んでたときは、たしかに面白かったけど、大それた起伏があるわけでもなし独特なテンポは短編時のまま据え置きだからまとめて読んでこんなに面白かったのかと。改めて。
それでいてこの多用される最終ページの大ゴマづかい演出、ベタでまたこれかと思うんだけどそこにもってく技巧のなせる技なのかすげえくる……。
モルガナイトもゴーシェもほとんど出番なかったのにこんな切なくなるか……!?百年の重みよ。



フォスの同一性のことを。
作中ではインクルージョンを要因として重視している。もはや体の3分の1はフォスフォフィライトではないから。
読者にわかる形では口調と性格が挙げられる、もはやそれしかない。
(これがアニメになるともう別の話になっちゃうんだよな、なにしろ黒沢ともよさんが抜群すぎて、一声で同一性は自明のものとなってしまう)
髪がばっさりいったのは元のフォスに近づけるため、でしょう。
聡明なラピスラズリを置くことであほうなフォスの影を見つけやすく、それが同一性を担保する。
投げやりでどこか抜けた話し方、ひょうきんな動きや人をおちょくるような身ぶり、そして先生に手の内全部さらしちゃう弱さ甘え考えなし大胆さ。
それがフォスのキャラだという。
同一性への挑戦はここで打ち止めかな。

元は同じだった肉と骨と魂への、同一性への問いかけとかあったら楽しいな。

とりあえずシンシャをフォスの物語に参加させてくれ……。
[PR]

by jinloturu | 2017-10-25 22:07 | その他漫画 | Comments(0)  

蛍火の杜へ

だめだって私こういうのめちゃくちゃ弱い……!!

アニメをみる。
ひっさしぶりに「少女漫画っていいなあ!」と思った。
こういうのだよね。
恋愛ものってこういうのだよ。私が求めてる恋愛描写ってこういうのだよ。

なんか今も書きながらずっと泣いてるんだけどなんでこんなに……弱い……。

ギンが消えることは最初から予想がつく。
変な小細工もなく、おじいちゃんへの説明どうしてたんだとかにも突っ込まず、話をむりに膨らませることなく、蛍の日常描写すら最小限に、ただふたりで過ごす夏を丁寧に叙述した。
それだけのことの上手さときたら。


序盤の攻防。
触らないでね。
夏のマフラー。
同級生の男の子。
あと3年。
人混みをかきわけて。
本望だ。

こういう些細なひとつひとつを描写というんだ!
祭りとかさりげない伏線が生き生きしてる。

お互いどれほど触れたかっただろうとか、きっとギンは毎年蛍に忘れられることを怖れながら待ってたんじゃないかとか、あらゆる一切を省くからこそ些細な描写から想像をかきたてられる。
うっまいなあ……。

蛍の同級生の男の子がきっちり必要程度の役割しか果たさなかったのがよくて。
例えば蛍が女友達の話をギンにしてて、ちらとその男の子の姿を思い浮かべるんだけどなぜか後ろ暗くて隠して、察したギンが「男は?」と聞いたりして微妙な空気が生まれるとか、凡な作品ならそうしてる。
会えない、流れる時間が違う、触れられない、ふたりの間にあるのはそれだけなんだよ。
物理的な遠距離すら装置に過ぎない。遠いことそのものは問題にされてない。(だからこそ、遠さに馳せる想像が膨らむ)
ふたりにあるものは「恋愛」かもしれないけど、「恋愛」を意識させると、この作品のシンプルさゆえの哀切がぼやけて壊れてしまう。
それだけ繊細なんだ。

大好きな作品になった……。
[PR]

by jinloturu | 2017-09-16 19:00 | アニメ | Comments(0)  

結城友奈は勇者である

なんで誰もこれを私に薦めてくれなかったんだ!!
戦う女の子……
泣いてわめいて打ちのめされて、どうしようもなくって泣きながら立ち上がり咆哮する女の子を、私に!


夏凜ちゃんの雄叫び……
怖くて震えてもそれを押さえつけての雄叫び、勇者部五箇条を振りかざした彼女が、もうね、すき……。
あと風ちゃんがすき……。
なにもかも背負い込んでしまう、まだ中学3年生なのに「樹さんの保護者」をなんの抵抗もなく聞き入れてしまうから感情の堰が切れた涙が光る。


切れなかったんだよな友奈ちゃん。
なんでもポジティブに捉える友奈ちゃんはつらくもあるけど救いにもなる。だから簡単には戻れなかったんだけど。


まどマギフォロワーでありながらまどマギを求めると肩透かしを食らうみたいな情報はおぼろげに知っていたので気をつけてたのですが、あまり気負うことなく楽しめた。
日常回がたんまりあるのってありがたいじゃないか……一粒の緊張感をまぶした日常回って見ていたいじゃない。
まどマギの残像が重ならないほどの月日が経っているしね……TVシリーズ5年以上前なんだな。


最初車椅子に乗るキャラが特に説明されることも気にされることもなく自然に手助けされてバリアフリーに生活している!すげえ!と思って。
東郷さんが「変身時のみ立てるようになる」だったら嫌だな立てなくなっても動けることを証明してほしいと思ったら脚で立たないデザインですげえ!!!と思って。
だから車椅子であることに意味付けをしてほしくないと思ってたのよね、8話はラストまで乃木園子が東郷さんと関わりがあったなんて気づけなかった。
8話の衝撃な……忘れている記憶への思い。さびしさ。
と思ったらタイムリーに秋から鷲尾須美は勇者である放送するんかーい見なきゃ。
「食事が豪華だったのは労いじゃなくて供物」とかこっええわ……。

まあ「身体機能の欠損」はどうしても「絶望」の道具として扱われるんだ、とは思ったが。「完治すべし」なんだなとか。


樹ちゃんの「勇者部に入らなかったら歌いたい夢も持てなかった」という肯定はなんか……そうだよなあ……と。
東郷さんの絶望だって深いでしょう……友奈ちゃんの勇者力に救われてしまったけれど。
システムを変える力などない。
女の子が犠牲になりつづけるシステムが存続するのはやはりどうかと思う。
ていうか、今後またバーテックスが現れるとしたら、どう考えても後輩じゃなくてまた勇者部の面々に白羽の矢が当たると思うんだけど。機能を失ったまま。
来期には記憶を取り戻したわっしーと乃木ちゃんの再会が見れるのか。
[PR]

by jinloturu | 2017-09-16 18:57 | アニメ | Comments(0)  

銃座のウルナ1-3巻/伊図透

なんだこの胸苦しさは。
取り立てて奇抜なことをやってるわけではないのにぐいぐい読ませる。
面白い。

雪は閉塞をもたらす。
女部隊は辺境を表す。
トロップの平和さがそれらを引き立てる。
世界から隔絶された地でしかし閉塞感を打破するために戦うのではない。
だから胸苦しい。
その先にはなにもないから。
むなしさでもない。辺境までウルナは自分の足でやってきてカレットとふたりだけの楽園を築いた、流れるままに迎え入れられたから。
救済のための楽園ではなく、だから死守すべき花園にはならず、失うとは思ってなかった。ウルナがトロップを簡単に捨てられたのはそれを失うと思ってなかったからだ。

ヅード殲滅戦前夜、ここだけは、ここにだけは男が来ないでくれと願った。
男が乗り込んできた、辺境だった女の園が初めて男に踏み荒らされる、(構造として)世界の中心地になる。
乱交が、そのなかにレイプもあった、ウルナとカレットの秘密基地を浮き上がらせるための男女セックス。
翌日あっさり男に侵入されてしまうのもあの夜を際立たせることになる。幻のような淫靡。

そうなんだよなーカレットさんまじかーここで死ぬかー……。
犬とカレットさんを殺したヅードはラフトマの愛人……?
画的な衝撃を選ぶなら首をはねればよかった。
しかし肩なんだよな。肩で死ぬんだよな。
これはヅードの倫理観と覚悟の弱さを表現しているんだろうか。
世界の秘密を知り加担し秘密基地を失ったウルナは辺境の地でどこまで自己を保てるのだろうか。
[PR]

by jinloturu | 2017-08-27 16:41 | その他漫画 | Comments(0)  

君は夏のなか/古矢渚

ずーっと読んでる。
真骨頂だ。
夏と男子高校生相性よすぎでしょ。

相変わらず要素の調理がめちゃくちゃうまいんだよな~。
場面チョイスがドラマチックで素敵。
雨のバス停という王道であーだから好きになったんだなあいやそりゃ好きになるよ~っていう納得と気持ちは充分伝わってくるのにどこかでセーブかけてしまう
空気感、一描写一エピソードから伝える説得力が高いんだよな。
渉が佐伯を好きになってく過程も。

ナンパかーわい~。
受けのことが好きすぎるのに自分に自信がなくて自己完結しちゃうけど許されるならばいつでも受けに触れたいし気持ちを表現したい攻め大好きだよ……。
じっさいエロは見たい。二次創作では描いてるらしいんだよな~。
[PR]

by jinloturu | 2017-08-27 16:40 | BL漫画 | Comments(0)  

男の絆-明治の学生からボーイズ・ラブまで-/前川直哉

意外とジェンダー論初学者に向けて書かれてた。
セジウィックの論が難解だったからかな……。修論下敷きというのもあるだろうけど。


そうそうー!
「昔の日本は同性愛に寛容だった」論イラッとするんだよ。
ホモソ下位への搾取と対等な人間関係の区別がつかないのかと。
別に……いまの同性愛者がみな対等関係つくってると思ってるとか対等信仰したいとかじゃないんだが。

まああと教養のない頃は同性愛差別の原因はキリスト教の流入だと思っていて、次に性科学の流入だと思ってたけど、そうじゃないんだとわかってからは明治日本の流れを知りたかったのでようやっと読めた。


男同士の性行為が硬派学生のものから軟派学生のものへと変わっていった経緯とか、結局人間意味づけによって言動が抑制されるよなと。


あーあと近代家族観=伝統論もうざいよね。
いかに明治期女が家庭に押しやられていったかとか、高度経済成長の波によりそれまで少数だった外で男が働き女が内で子育てする家族が急増したとかわりと初めて知る知識だった。

これ書き足そうかな。
「外で社会を生きる男は友を想う気持ちが強いが内で家庭を生きる女はそれが薄い」とか百合オタ的には腸煮えくりかえるぞ。


それら偏見を破壊する著作と見ればたしかに初学者にこそ薦めるべきなのかもしれないな。


BL論的には物足りなさすぎるけどまあそれが主題でないし。
論に持ち出すのがグリーンウッド(のみ)っていうのはチョイスそこか~って感じだけど当時はそこまでのインパクトあったのかね。いや面白いけど


後輩が電車で女学生と話して笑っただけで「女子に歯を見せるとは何事か」といきなり鉄拳制裁する硬派学生、という例示にめっちゃ引いた。
あああの手の保守的価値観人間の自己と他者の同一視ってこういうことか(いやここまでじゃないけど)……おっさん価値観だと思ってたけどおっさんも若い頃があったんだよな……って妙に実感する。
[PR]

by jinloturu | 2017-08-27 16:39 | エッセイ・評論他 | Comments(0)  

AIの遺電子6巻/山田胡瓜

この作品のなにがいいって家族観だ。
「本物の母が三人いる」とか「洗脳しても努力なしに仲のいい夫婦にはなれない」とか「それが子供のためになるわけではない」
とか。
唯一2巻あたりの「いくらでも容姿のいいアイドルは作れるから差別化競争が激しくなる」には疑問を呈すけど(整形が忌まれるのと同じできっと「本物の人間であること」に価値が見いだされるはずなので)それ以外の価値観だいたい安心感が強い。
[PR]

by jinloturu | 2017-08-27 16:35 | ショート・ギャグ・短編集 | Comments(0)