ラストゲーム11巻/天乃忍

この異性愛め~~~~~!!!!!

まじ少女漫画の王道をこれでもかと詰め込まれ異性愛が憎い……。
いや、基本的には「異性愛め~~!(喜)」って感じだったんだけど周りからなんの軋轢もなくカップル認定されたりすんなり王道結婚エンドやられるとなんか異性愛への憎しみが……。


いやはやまじ柳かわいいよ!
途中ジェンダーテンプレに柳が回収されそうになって九条目線の柳がかっこよくなったあたり本当につらかったんだけど試合に勝って勝負に負けた柳の涙最高にかわいいな!!
それでこそ柳。

前巻の、九条がいるから留学(離れること)を選択した柳というその裁量も大好きだし。
支えあっていけるよねっていう。

はあー。おめでとうございます。
王道を現代風アレンジで面白くできるのは力ですね。
11巻楽しませていただきました。
[PR]

# by jinloturu | 2016-12-14 15:42 | 少女漫画 | Comments(0)  

名づけそむ/志村志保子

本当にこのテーマ縛りオムニバスの上手さときたら絶品だな!
テーマが絶対浮かない。自然に話に溶け込んで、ああそういえば全部共通してるねって。

最後の二話「律美」「恵」が好きかなあ。
名前って自分自身だもんね……自己肯定の話だよね。全部。
どれだけ自分を愛せるか。他人に関心を払えるか。
名づけるとは他人の一生にレッテルを貼る、ある種の暴力だからこそ繊細で重たい。
「律美」に憧れていてくれた後輩も、「恵」の女性性を認めてくれた親友も、人の人格を尊重する、人付き合いの繊細さだ。
[PR]

# by jinloturu | 2016-12-14 15:41 | 少女漫画 | Comments(0)  

この世界の片隅に/こうの史代

リンさん~~~~!
なんだよ百合じゃねえか……。
なるほどなあ。
私は映画を見ていて、戦争の追体験だという思いが強くあった。
その臨場感の作り込みは映画がすごくて、漫画のシーンの膨らませ方が絶妙だったのだなあと思う。

こちらの原作はふわふわと、映画以上に日常のヒトコマが一話完結に顕れた感じ。
で、だから「暴力で従えてた」と気づいた衝撃があると。

再生、というよりも、それでも生きていかねばならないし、ただ生きていっている、っていう、終わりかた。
[PR]

# by jinloturu | 2016-12-14 15:40 | その他漫画 | Comments(0)  

お菓子の家~un petit nid/凪良ゆう

あー堅実!
本当にそつがないよな。キャラの作り方も。
味覚障害と人付き合いをねそう使う。
そして180cm受け!
攻めと身長変わらないのにべたべた甘えたっていうの大好きよ。
まあこれは前作でDV当て馬役だったからこその設定でしょうけれど。前作読んでないけど。
激高の人付き合い初心者コストを払えない受けの清算。
包み込んでくれる人に甘え爆発させるの弱いよね。
[PR]

# by jinloturu | 2016-12-14 15:39 | BL小説 | Comments(0)  

憂鬱な朝7巻/日高ショーコ

朝がきたーーーー!いや夕方かーーーー?!
憂鬱でない、朝が。


はあ……大好きな大好きな開放型依存ですね……。
お互いから離れて自分のことを考えて。
久世と自分のため以外に動く桂木に喜ぶ暁人も、それでも桂木が鎌倉に来た途端掴みかかるように抱きつくのもバランスがいい……ありがとう。
今まで色々あったから奔走する彼らを見ているのも楽しいし、桂木家の確執が徐々に徐々にほどかれとりあえず株で手を打ち前進するのもよかったなあと思うし、だからふたりがやっと会えるのもBLとしての盛り上がり最高潮……。
さてこれからですけど……。
母親がまじで桂木激似美人。
ペーパーの桂木はいつでもかわいいなあ。
[PR]

# by jinloturu | 2016-12-14 15:38 | BL漫画 | Comments(0)  

この世界の片隅に

エンドロールと監督舞台挨拶のとき、涙があふれてあふれて。
安堵した。戦争が終わって。しあわせの。へいわの。終わったのだ。そう思って安堵して、涙が止まらなかった。

「悲劇の消費」とはよく言う。
「悲劇を消費して、自分の関わらない刺激的な悲劇にこそ喜んで、そして自分の安泰な日常生活に安堵する。悲劇をダシに幸せを語る」と言う。

私はこれを見ていて、そうじゃない、そうじゃないのだ、と、強く思った。
これはむしろ、「不幸を経験したからこそ小さな幸せを実感できる」類型だ。表裏一体。
いかに自分が幸せか、幸せなうちは気づかない。気づけない。それが当たり前だから。
不幸を自分事として追体験するのにノンフィクションや事実をもとにしたフィクションは導入として便利である。

すずさんの衣食住と平凡さ安寧を保つ居場所。
すずさんの精神安定をはかる絵描きの居場所。
居場所の入れ子構造?
もっかい見たい気持ちは強くあるけどしんどいのでしばらくむりやな……。

居場所を探して、居場所を与えられて、居場所を奪われて、居場所を選んでいく。
一瞬に奪われるのではない。徐々に削り取られてく。異常はすぐに日常と化す。
嫁に行って働いて禿げるほどのストレスが笑いに昇華されるのと、戦争による「よかった」探しは同じ線上に存在していて、だからあのときまで、極限に晒されていることに気づけなかったのだ。
はるみちゃんが「空襲飽きたー」って言ったところらへん、山田風太郎の戦争記エッセイを思い出した。
「空襲の多発する地域から疎開してきたので、空襲に慣れてなくて少しの爆音さえ過剰に怯えるこのへんの人間が馬鹿らしい」みたいな一文を。
麻痺する。慣れる。


周作が死なないでくれて本当によかった。
すずさんの居場所の最後の象徴を、奪わないでくれて……。
[PR]

# by jinloturu | 2016-11-30 01:19 | その他 | Comments(0)  

マギ~8巻/大高忍

政治描写が面白そうと聞きつけ手に取りました。
中東アジアか……。
王制→下からの民主化(下から……?? 上からとも言えるか、アリババが王族じゃなかったら成立しないし)への流れは順当、王道。
でも共和制って単語が出てきたり、ていうかアリババが自分で考え出したわけじゃなくて勉強した上で他国から共和制の考えを転用しようとしたり芸が細かいよ!
説得力を持たせるのに必然的な選択なのが小憎い、萌えだよ。

ここからだなー!
少年漫画的に民主主義を描いてアリババが「君たちはもう国を作っていける力がある」と演説するのは熱かった。
王族でありスラム出身であり兵士であり市民でありダンジョン攻略者で能力者であり政治家でありアリババくんひとりで色々役目負いすぎだろ。笑

1巻の最初から「元々ここはダンジョンを拠点に栄えた町だ」って紹介される、リアリティーラインの線引きが上手い。
だから政治経済的な話が現実味をもって響いてくる。ある程度単純化してるけど結構複雑なことやってるよね。
他国の紙幣が鍵になるって完全にそれを盛り込もうと思わなきゃできない要素だ。

その最初の説明で、「おっこれは攻略されたら町が衰退するフラグか?」と思ったらとりあえずそうではなく。
あとで気づいたけど兌換紙幣発行って基本的に世界は金本位制なのかー?!
ダンジョン攻略されるたび豊かな金が発掘されそれを町で使えば完全に潤う、世界豊かになる、すげえ。
「かね」が「かね」として描写される。


あとね、"運命"が絶対的で従うべきもの、命が全へと回帰するものっていう思想をここで見れるとは思わずもうけもの。
少年漫画らしからぬ、と言うには私は少年漫画に詳しいわけじゃないけど、物語が肯定するのが運命への投身で主人公側が倒すべきが「運命への反抗分子」って構造めっちゃ面白い。
それでいてカシムによって「運命」を懐疑する、抜かりねえー! いいね私はぬかりなさが大好きだよ。
回帰すべき「全」とはブラフマンがモデルなのかな? いやまあ大分違うんだけどwiki見たらアラビアンナイトってインド思想が色濃いらしいな。
運命の描き方は完全に東洋的でそこに少年漫画性をまぶしてるのわくわくするので頑張って最新刊まで追い付こう。

しかしバトル要素(肉弾戦)は基本的にあんま興味ないんですよね……困った。
[PR]

# by jinloturu | 2016-11-30 01:18 | 少年漫画 | Comments(0)  

世界で一番、俺が○○1巻/水城せとな

くっそ水城節ーー!!
こういうの大得意でしょう、大得意に決まってる……好き。
構成と台詞回しとひとつの人生を生きてるキャラクターづくりという強みが大爆発だよ。

導入である。楽しみ。
でも大事な友達すら敵になってしまったらこわいよな。大丈夫かな。
あと表紙のデザイン大好き。

[PR]

# by jinloturu | 2016-11-30 01:17 | その他漫画 | Comments(0)  

可愛い先輩の飼い殺し方/市梨きみ

なんかめちゃくちゃ商業BLが読みたい!!と思って、試し読みからたどり着く。
飼い殺すとか軟禁とか好きじゃないんだよなあ……と思いつつ買ったけどそこまでヤンデレじゃなくてほっとした。
そういうタイトル詐欺みたいなのよくあるけどなんなんだろうな?

でもわりと好みでした……エロい。性癖に合致する。
まず表紙がエロいよね。王道真面目黒髪受けに執着が加わるなんてとても好きだよ。
捨てられたと思って衝動的に飛び込もうとまでする。

しかし出先で読んだのに「お前、家族……!」「もともと隠すつもりなんかありませんから 先輩とのこと誰にも」にぶわっって涙があふれてしまって最近とみにこういうの弱い……。
[PR]

# by jinloturu | 2016-11-30 01:16 | BL漫画 | Comments(0)  

ライアー×ライアー9巻/金田一蓮十郎

前巻のおわり気になりすぎて、今巻の最初は本誌で読んだんだけど、結局いつものパターン~!
『ニコイチ』から一貫して変わらぬゆるいカミングアウト。
一回くらい修羅場になってもいいんじゃない!?
両親カムは結構重たい気がしますけど血繋がってないしあの両親だしな~。今までに比べたらインパクトも薄いし。
っていうか今巻で完結なのかなと思ってたよー。
まだ続くのか。

いやまあ湊かわいい! 湊かわいい!
みなって言おうとしちゃったけど湊だよ……。積極的な湊かわいいし処女判明によりいっそう緊張する透もかわいい。
[PR]

# by jinloturu | 2016-11-21 18:14 | 少女漫画 | Comments(0)