<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

プリティーリズム・レインボーライブ

51話完走できるくらいには面白かった~!
1年ものという長尺作品で、常時誰かしらのなにかしらの物語が同時進行していて、飽きさせないアニメでした。
子供向けに平易な展開を重ねながら描かれるテーマは大人が退屈するものでもなく、バランスよく開かれた作品という印象。
なにより編集がうまい!
後半にいくほど感覚がつかめてきたのか「これくらい詰めこんでも大丈夫」といったぐあいに平気で5つくらいの物語が進行する。
3、4台詞やりとりしてすぐ場面転換、みたいなの多用して混乱させない手腕がすげえよ。
主人公が7人という触れ込みもだてではない。


キャラ紹介と掘り下げが一通り終わる1クールめ終了時、おとはちゃんのべる様信仰と強い信念にすこし心が揺らいだくらいであとは特に惹かれる子もいなかったので誰に肩入れすることもないかなあ~と思ってたけど気がついたらわかなちゃんのことずっと気にしてた。これは恋。
ままあることですが最初にドン引きした子に結局いちばんハマっちゃうのよね~。
初登場時は「えっこの子メインになる子?サブキャラでなく?やだな……」と思った。

のに!
自身が失敗の許されない家庭で育ち完璧主義者でありながらべるちゃんを助けるために存在価値でもあったろう頭のよさを下げる場を設けてまでべるママに自分のテストの点数を晒し……わざとお嬢様感を消すためかわいかったおろしてた髪を結いあげるというべるちゃんへの愛を惜しまず……
父親がショーに来てくれると知ったときのご機嫌がかわいかった……
それでラストだよ!!7連続ジャンプに挑戦だよ!!!
泣くでしょ……失敗を怖がって2連続が跳べなかったわかなちゃんが……!
いちばん驚いたしいちばん感動したシーンでした。。
言い訳をしないんだよなあ気遣いができすぎてるから損な役回りなんだよなあ。
あんちゃんだって気づけないわかなちゃんの愛に、ほんとに、べる様が気づいてよかった……。
べる様の「愛してる」は最高だった。



しかし家族問題これはどうなんだろうか。
涼野家神浜家のいざこざ、なるほどほどよい重さできたなと思ったんだけどこれほど物語的に解決しやすい問題でこんな微妙な気持ちになるとは思わなかったぞ……。
子供の人生、子供自身の固有性が大事だってもっと強調してよ……親に振り回された子供が親の人生・言動と重なると知って子が感動って意味がわからないよ……親も苦悩の胸のうち子に明かしちゃだめでしょこらえろよ押しつけになるんだよ……。
わかパパべるママが子を愛してたからってなんだというんだちゃらにはなんねえよ、「子供を愛してない母親がいますか」、いるんだよ。
森園家の力関係もこれで解決しちゃだめでしょ。
それぞれ子供の個を蔑ろにする問題が提示されているのに全然個が大事だと対抗されてない。

ここに関しては「子供向けだから」で許しはしないぞ。まさにいまこの手の問題に直面している子供が見るかもしれないんだ。


あと神浜コウジに勝手な怨念を感じる。
長髪で甘めのルックスでCV.柿原徹也でギタリストで困ってる女の子に素で手助けしてマメに連絡とってくれてそれでいて「え?俺のこと好きなの?」とかすっとぼけそうで料理ができて日中ふらふらしててなにやってるか不明で暗い過去がいくつか翳ってる男、絶対ヤリチンじゃん……(偏見)
トラウマちらつかせて好意搾取しつつヒモやってそうなのに純情ぶってて、ちょっと背伸びしたいうぶな中学生いとちゃんを釣ってる感が許せねえ(勝手)
この二人のロマンスの経緯が謎すぎて「えっなんでくっついた??」となるからよけい憎しみだけ募りそれで愛の障害を乗り越えてもな。


りんねちゃんとなるのランデブーと別れ、これは女児の性癖の土台をつくるやつでは?
これやってもいいんだ~と。
りんねちゃんのこともっと知りたかったな。
ジュネ様すげえ声になじみがあってかわいいなと思ったらおんぷちゃんの人だった!
このふたりのバトルもっと掘り下げて見たかったな~~!!
別々の愛を知り愛に生きる対比をおいてほしかった。
様々な愛を描こうとする挑戦は認めるがいまひとつ力不足の感。

ヒロはだいぶ愛らしかった。

プリズムショーの曲はわりとどれも好き。
おとはちゃんソロとハッピーレインの曲が好きかな。べるちゃんの低音ボイスが他の子と混ざるときの調和ぐあいもいい。(というかべるちゃんの長髪ビジュアル・キャラで低音の声優さんあててくれたことはだいぶ信頼できる)
ヒロとかカヅキがショーやると異次元感炸裂するくせに女の子のプリズムショーそれほどはっちゃけてなくて、なんで??女はおしとやかにってか??とちょっとフラストレーションあったけどどんどん皮がむけていって安心した。ラスト数話の炸裂はよかった。
[PR]

by jinloturu | 2017-10-04 17:16 | アニメ | Comments(0)  

KING OF PRISM -PRIDE the HERO

人に誘われて応援上映初体験してみた!
きっと私の好みにリーチしない気がするけど異文化勉強流行のキャッチ友達の好みの理解、食わず嫌いはよくないな~と思ってせっかくの機会なのでのった。
まあ最悪つまんなくてもあらゆるユニットや舞台の観客の嗜み方相違に興味があるのでそこは楽しめるだろうな~と思ってた。


結果想像どおりに想像どおりの感想を得る体験でしたね。


えっなんなん場面転換に着いていけない叙情がなさすぎるこれ考えて見ちゃだめなやつかな? あっやっぱ脳をからっぽにして楽しむやつなんだな あっでも無理私そういう楽しみ方できない 考えさせてほしい でもわかんなくていいやつだ どうしよう 事前知識がほぼないけど万端にするほどの労力を割くほどの興味もなかったけど予想どおりこのざまである 叙情がなさすぎるのになんでこれを何十回もリピートする人がいるの?(あとで冷静になったけどリピーターの有無に叙情の有無は関係ないな) えーん男性アイドルに全くときめけないよー

とりあえずわかる範囲で場面の理解をしようとしたら全然色替えに意識回す余裕がない。
まあ通常上映見たところでわからないのは同じだからいいけど。


これでも頑張ってときめくポイントを探そうとしたんだけどそもそも男性のダンスのどこに魅力があるのかわからない……そこまでは言いすぎだけど……。
唯一シンくんのときはちょっとかわいくてよかった。
あとルヰくんみたいなキャラは嫌いじゃないわりと好き。

パフォーマンスがインフレしている。
いかにぶっとぶことができるかレースみたいになっててちょっと冷めてしまった。
なんかもうちょっとキャラのバトルやライバルへの想いとか心情に寄せてそこから湧き出るパワーを表現するのかと思いきや乖離してるんだな~。



応援は面白かった!
ある種のコードがあってテンプレがあって時おり変化球があって適度になごんで各々好きなように応援していて、映画館というそこそこ声が通る密室で上がる観客の声の張り加減が好きだわ~。
あとで聞けばわりとよい雰囲気の上映回だったとのこと。
ペンラ芸とか「あるよね~!」ってテンションが上がった。
あとうしろの席の人がうちわ持ってて、『修羅場』うちわのシーンで扇ぐものだから涼しくて笑った。


あとこれ驚いたんだけど応援上映前提の作品なのにコール曲が!!ない!!!
コールできない!してない!
私は特に声を出さずにキンブレ振ってただけだったけど一応アイドル現場ではコールmix多少はするのでわかりやすいコール曲があれば参加したかったかな~。
まあ新曲とかじゃなくて既存曲に物語があるらしいので仕方ないか。


とりあえずこれまでプリティーリズムを見てきた人にとっては情報がふんだんにあるらしいしプレゼンにも惹かれるところがあったのでレインボーライブを見てみる。
異文化を体感できてよかった!
[PR]

by jinloturu | 2017-10-04 17:14 | アニメ | Comments(0)