<   2017年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ファイアパンチ1~4巻/藤本タツキ

え……まって……すごい……すごい面白い……………………

1話が話題になって面白くて出落ちかと思いきや本物だったっていう……。


エロスとタナトスと宗教倫理そして文明。
どこか進撃に似ているけれども決定的な違いはエロスとタナトスだ。進撃は未分化だがこちらは性のにおいがすごい。しかもいやらしいわけではなく。

途中で突然同性カップルが現れて「僕らも常識から逃れてきた」とか言い出したので、「え……うん、作中倫理を疑い揺るがすのに手っ取り早く"使える"のが同性愛だったのかな?まあ現代的だな?」と思ったんですが、ちがう、それだけの意味じゃなかった、それだけの意味じゃないことに泣いた……。
根幹はエロスとタナトスだ。性という生と死だ。

生き延びるための食人、世代を継ぐための若い兄妹姦(未遂)、それらを忌避する倫理観とそうもいってられない切羽詰まった世界、葬式という儀式、「死んではならない」「生きて」という宗教観、生の苦痛から死へ向かう衝動と死に抗う動機づけ。
1話に全部詰まってる。

セックスがある。強姦が日常的に行われている。子供を産ませることが正義だと正当づけられて。下品なトガタ。
愛がない。性と愛が結びつけられていない。ただ強者の快楽と子をつくるためのセックスがある。
そして4巻ラストだ。
次世代につなぐ大局的アポトーシス!!!

急に飛ぶんじゃないのだ。セックスから急に死へ飛ぶんじゃない。
不死身の肉体再生。
「年よりよりも若い者を守る」。
兄妹姦の倫理。
同性愛と常識。
生があまりに過酷ゆえ子を残すことに懐疑がうまれる。
死にたい。
負けたくない。
トガタの性別の謎。
すべて次世代につなぐための力点をセックスに置かないための。

そしてそのためにセックスがある。タナトスへ向かうために。アポトーシスが現実味を帯びるために。

なんか感動して泣いてた……。




読みながら感情が同期してしまって、そして現実を投影してしまって、そうだよこの世はディストピアだよと思って、私がタナトスを感じて、安寧のための死を想って、いた。しんどい。
そしたらさあーー、、この世界に、負けたくなかった。
この世界に負けたくなかった。
泣き崩れるわ!!

そうして正義が生まれる。掘り下げばっちりだな……。


死のために宗教がある。神が要る。
宗教、倫理ときてスターウォーズの新作のための破壊!!!文明!!!!文明だ!!!!
映画!漫画でメタやって読者を現実に引き戻してリアリズムやって地球を捨てた人類SFそしてスターウォーズにつなぐ!
はあああ……



しかし近親相姦に同性愛にクローンに、そこから見いだされる生命とつながる命と生命倫理、って、やっと時代が90年代の少女漫画に追いついたかなって感じ。
破壊と再生だよ。まんま少女漫画じゃん。そしてその先だ。
あー少女漫画と少年漫画が混ざってくれるの嬉しいなほんと。
[PR]

by jinloturu | 2017-05-31 14:20 | 少年漫画 | Comments(0)  

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

洒脱だ……。
なんか好きとかではないんだけど感心した。洒脱だ……。

導入めっちゃきれいだ。
現代ニューヨーク、の中の異質な鞄、日常に侵食する魔法と緊張感、魔法の常態化してる秘密の部屋、鞄の中のサバンナ。
段階を経て引き込んでいく流れめっちゃきれいだな。と思った。

ハリポタを見たことがほぼないんだけど想像しうるイメージとは違った。まあスピンオフだからなのだろうけど。
魔法便利すぎでは!?

なんかBLみの高いおじさんたちの闇よくわかんないからよくわかんなかったけどとりあえずよくわかんないままでいいのはわかったけどなおさらよくわかんなかった。
こっちがメインの話がみたかったな。
[PR]

by jinloturu | 2017-05-30 14:49 | その他 | Comments(0)  

進撃の巨人21,22巻/諫山創

2巻まとめて読んだんだけど読むまでよくネタバレに出くわさなかったな。よかった。

「そうか……」「そうかよ……」「そうか」。
と言った。

そうか。
うん。
そうだね。自由は。自由は?

ひっでえ話だ。ひでえ話だ。
しかし海に到達した。自由は犬に食われると知った。
目的は? ねえ目的霧散した?
主人公が最初に目標を立てて、しかし本当の世界を知って目標の無意味さを痛感しアイデンティティを確立、真の目標を立て直す、という流れは完全に王道なのに。
本当の世界を知るまでに氷山の一角に過ぎぬ世界の残酷さをどれだけ味わわされどれだけ犠牲を払ったよ。
マーレのある大陸に拘る必要ないのではと思ったけど孤島だし早々海渡れなかろうし結局難民になっても問題山積みだろうし正体隠してもいられないだろうし巨人化する脅威に周囲を脅かしながら生きることになるんだろ。


いやもうほんとあの、アルミン重……。
いやなんかまあ20巻の時点で巨人化する可能性もなくはないと、想定はするでしょ。したけどこれはねえだろ。
ねえだろ……。いやねえわ。
誰も考える余裕なんかないのに誰もが私情を背負ってそんな、新米くんだってエルヴィンに希望を見いだしたから生を与えたかったわけではないんだ。
ベルトルトの最期きついな~。あんな死に方あるかよ。寸前まで友情への憐憫すら抱いてたのに。

はーー臆面もなく結婚願望を語るユミルと受け流すヒストリア最高……。
突っ込みが入らない……。
[PR]

by jinloturu | 2017-05-30 14:47 | 少年漫画 | Comments(0)  

なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ/ぱぷりこ

実はnote全課金してるくらいにはぱぷりこさんのファン。妖怪男ウォッチは買ってないけど。

分析とプロファイル能力もさることながら言葉のセンスが最高。
「愛情は経年劣化していくという減価償却の概念」とか「へそで茶が粉塵爆発するポエム」とか「1万本のネギを後光のごとくしょって煉獄鍋へダイブ」とかこの躍動感溢れる表現力。

人間の欲望への洞察が鋭くて、そこからくる行動論理がざくざく掘り返され並べられていく流れは芸術的。
「それかー!納得!!」ってすっきりする。人間と人間の欲望がすげー好きなんだろうな~。


じゃあどうすれば妖怪から脱出できるか?については終章で示唆が入るもののそこは主題ではなかったので、ただの「こんな女がいます」晒しあげ展示会みたいになってしまってちょっと物足りない。
具体的個別解決法はnoteでやってるね!→note
noteの相談をこの18タイプで分類すればアクセスしやすくなるのでは。




ちょっと客観的レビューになったのは私個人は当てはまるやら当てはまらないやら微妙な立ち位置にいるからだろうな。

でもぱぷりこさん追いかけてるのは昔妖怪予備軍だったからだよ……。
「自分の意見を言うのはわがままだと思ってスキルがガタ落ち、自分ばかりが我慢してると思ってる」とか刺さる……。心を殺して聖母になろうとしたのはキラキラ粉飾ではなく不安定な相手をつなぎとめる手段として依存させるしかないと諦めたからだけど……。
そして当時の彼女はネトスト妄想女子だわ……変に浮気を疑ったりまではなかったけど不安マネジメント能力が低くて臆病だから愛情テストで相手を支配下におこうとしてた……ネトスト癖あったのはそれか納得……。

しかし今のパートナー氏も私も恋愛事でわりと行動派なほうだけどチャートやったらふたりとも地蔵だったのでたぶんそもそも今の私は想定読者ではないと思う。
モテる男にアレルギーあるタイプの妖怪バリエーションもほしいな……そんなないかな……?
[PR]

by jinloturu | 2017-05-30 14:46 | エッセイ・評論他 | Comments(0)  

男子の貞操/坂爪真吾

「性でつながる社会」に抗して――坂爪真吾『男子の貞操』批判
このブログの書評(批判寄り)を読んでから読み始めた。

僕たちが生きている社会は、男性が性にまつわる問題の当事者にならなくても済む社会、より正確に言えば、本当は当事者であったとしても、そのことを意識せずに、平然と生きていくことができてしまう社会です。
(p39より引用)

はい♡それ♡
私の怒りは性を語らずに済む思考停止で済む性の現場で不在になれる社会化された男へのものが主です♡♡




性が「お上」の規制によってコントロールされている、禁じ隠すことにより性的興奮が喚起される、性器露出が恥ずかしいからパンツが要請されたのではないパンツが生まれたから恥ずかしくなった……
あれよあれよと性的記号が剥がされていく序盤の章はいっそ快楽なほど憑き物が落ちていく感覚を得る。
「隠されるから/タブーだからエロい」「性的記号は文化」までは実感として知っていてもこんなにまで上から支配されていたのかと。

……と感心しながら読んでたらいきなり「セックスする動機付けがないならしなくていい、じゃないのよ、命をつなぐライフラインと他者との絆のために必要」とか生殖イデオロギー、ロマンティックラブイデオロギーが展開されはじめて「!!?」ってなった。
おい「男性同性愛者にも学びがあるよ」とか書いておきながらそれがただの申し訳程度の記述に堕すぞ。
「エロ」と「愛」は意図的に使用しなかったくらい性に対して誠実であろうとしてるはずなのにそこで性欲と性行為と生殖と情を結びつけちゃうのか。

いい方向の「べき論」を提示する理念はなるほどと思ったけど、全体的にいささか「記号」への憎しみが過ぎる。
確かに記号は危険を孕むから慎重に扱わなきゃいけないけど、必ずしもリアルセックスと両立しえないものじゃないでしょ。記号の虚構はリアルセックスの代替ではない。
積み重ね型セックスの"正しさ"とやら、「もし僕らがモノアモリー的クローズド対人関係において自己とパートナーが長期的に満足を得やすいセックスを探求したいと思うのであれば」、という前提がほしかったかな。
でもまあ「べき論」に沿うなら男を性の当事者として意識させるためには記号を捨て去るほど強制しなきゃいけないのかなあ。現実問題それくらい記号は暴力に転化しつづけているしね。


性風俗批判もまあ……ひとつひとつは説得力があってわかるけど……って感じ。
あ、『AV女優の社会学』における「エンタメ」という単語はもっとポジティブな意味合いだったと思うんだけどな。エンタメ"だから"と問題を矮小化してはいけないけど恣意的な運用ぽさ。

私はヘテロ主義的挿入・射精中心主義を蛇蝎のごとく嫌ってるからちゃんとそこを解体してくれたのはありがたい。
が、嫌いすぎて「"誤った"オナニー」とか「膣内射精障害」とかいう言葉にも嫌悪感があるからもやっとしたかな~~……。長期モノアモリー恋人契約異性とのセックスを至上とする価値観は拒絶したい。ヘテロセクシズムと容易に結びつくし。

あと絶対に反論したいのは「多くの国で一夫一婦制を採用してるのは一人の男が複数の女を満足させるのは非常に難しいから」。
いや秩序形成のための社会的単位として都合がいいからだろ……。



そんな感じでちょいちょいもやっとしたところはあった(大枠は上記ブログが言ってくれてる)、にせよ、基本的には「そ れ な !!!」って言ってた。
意義深い本ではある。なにしろ男は語らないから。
それでずっと活動しているのはすごいなあ。
[PR]

by jinloturu | 2017-05-30 14:44 | エッセイ・評論他 | Comments(0)  

クズの本懐7,8巻/横槍メンゴ

うおお麦好きだーー!
弱い女を見下して自分の手元に置いて優位性を錯覚したいミソジニスト男が好きだーーーー!!!

という性癖がはっきりあぶり出されてしまった。
最高。
茜さんの「嫌がってくれなきゃ嫌」嫉妬むき出しもかわいい。
ちょうどいま『妖怪女子ウォッチ』読んでるけど茜さんはもろ恋心搾取モテ女子だ……。


淋しさを埋めるのに本物もなにもあるのか?
麦と花火が未練を残してそれでもひとりで歩こうとするラストは納得する、けど、このまとめ方はちょっと疑問が残った。
と思ったら番外編の連載とな……。
[PR]

by jinloturu | 2017-05-30 14:43 | その他漫画 | Comments(0)