<   2016年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

FAKE/監督:森達也

よかった!よかった!
もーう すごい森達也!!って感じ。これを期待していた。期待通りすぎた。
佐村河内問題、「なんか盲目だったか聾だったかの人がなんかゴーストライターで……」みたいな知識しか持ってなくて見始めたときあれっ待って知ってる前提で進むのかしらと焦ったけど見てけばわかってほっ。
森さんの『A』まわりの作品見て読んでたとき「あああの時代のオウム事件に対する世間の目をまず体感できていたらなあ」と思うことはたびたびあったけど、結局のところ私は疎い……まあ今回のは元々ゴシップに近づきたくないというのがあったけど。
今回も佐村河内さんに対してなにかしらを思ったことがない、いやでも「ゴーストライター雇って自身の障害を利用し付加価値つけて世間を欺いた」くらいの知識は当時耳に入れていたなあくらいの。



私は作品の演出を読み取るのが好きなので見ている最中にあーこれはこういう意図でこうしたんだなって意識無意識に思うことはよくあるけど、これ見てる最中は頭の中で森達也が「僕はこの素材をここに挟みたかった」「どうしてもこれを引き出したかったのだ」みたいなことをずっと喋ってた。私にとっては森さんは字の人なんだな。
他の作品ならば監督が観客の頭に居座るほど表に出てくるなんて失敗と言っても過言じゃないけど森さんはこれが狙いでしょうと。
だってエンドロールで初めに流れてくるスタッフが「撮影」と「編集」だよ?!ふつう裏方も裏方で裏方に徹しなきゃならないじゃないですか。
でも私は監督の狙い通り撮影が何人いたのか気になっていたので……監督と専門?カメラマン二人でしたね。
テレビかなにかの取材でそこのスタッフが「なんかいつも撮る側なので撮られるって緊張しますねー」って口走ってていい台詞録ったな!って思った、森さんが「期待通りだ」って心の内でほくそ笑んだ姿が浮かんだ。


そういうカメラという異物 ドキュメンタリーとは編集であるってことですね監督……。
フジテレビの出演依頼で、顔も名前も責任者だってことも明かしながら「けしていじったりしないですから!」って丁寧に説明するスタッフの声を背景に猫を撮すこのカット!最高!FAKE!
猫という素材もいけると踏んだとき嬉しかったろうな~。
フジテレビの人これを撮ってるカメラマンの意図不明だったろうなー映画になると一発で、ね……。
でも正直メディアの人がここまでひどいと思わなかったというか思いたくなかったよ……。こんな「普通の人」で、顔も名前も晒してカメラに撮られてると意識しながら「絶対いじりませんから」って誠意ありそうな説明をして、それであれかよ……。
バラエティー番組ほとんど見ないからあんなグロいことやってるの初めて見て面くらった。佐村河内さんバッシングどころか難聴者全般差別……テレビが差別に満ち満ちていることくらいは知ってたけども……。
企画説明書もすごいですね。「バッシングを笑い飛ばし」って勝手に佐村河内像を作ってるの。こええ。
本人が出演依頼を受け入れていればましになっていたという森氏の説明。何故なら出演者をどう料理するかコンテンツ化しているから。


映画冒頭「今からカメラ入れます」で導入し、エンドロール後に「いいシーンが撮れました」を挟む。
繰り返されるこの「ドキュメンタリーは作り物だよ!」って訴えでなにが浮かび上がるかってふたつあって、ひとつは我々大衆のゲスさなんですよ……。

最初に「新垣に取材を依頼したが断られた」と画面説明があったとき、瞬間、私「後ろ暗いところがあるからなのかな」って思ってしまったのよ。
そして直後、新垣さんの声を知りもしないのに話を作っていたことに気づいて情けなくなった。それを指摘された。
新垣さんのサイン会で直接会って「あー森さんでしたか! 僕も一度お話したいと思ってたんですよ!」と交流し(戸惑いはちらと見えた、かもしれない)、並んで動画を撮り握手して、「今度正式に取材申し込みます」、のち。
「取材は新垣の事務所から断られた」。これ完全作為的文字列だよね……事務所から……。

もうひとつは、少なくとも森監督のドキュメンタリーとは信頼なんだなあってこと。
撮影期間が進むにつれて、佐村河内さんがだんだん心を開いていく様子が見て取れる。
最初は頑なに「ひどい嘘をメディアに流された」と怒っていた佐村河内さん、つまり、自分をわかってほしいのに全く聞き入れてもらえない「悲しみ」。
それで、徐々に打ち解け、別のマスコミの人が帰ったあと「あー疲れた、森さん煙草吸いましょう」ですよ。森さん側の、つまり別のメディアの人間のカメラに向かって。
それでも「森さんは私が聞こえないって信じてくれてるんですか」と問い、「信じなきゃ撮ってませんよ」と熱い言葉に感動したにもかかわらずそのあと森さんが「心中ですよ笑」と付け足したとき「え、なに?(かおりさんに向かって翻訳してと頼む)笑われると怖いんですよ」と不信感も吐露。
すごいよね……400人いた友達が一瞬で掻き消え……佐村河内さんの父親もこの人だけはという親友すら離れていったとか……。
そして最終的には
森「僕のこと何%くらい信じてます?」
佐「全部です」
これらが撮影順だったかどうかは知らないけれど。

煙草もメタファですもんね。
「映画作り終えるまで煙草やめます」って宣言したときあれ「あーこの台詞演出として使う魂胆で出てきたんだな」って思ったもの。なんだっけ、別のドキュメンタリー取材で煙草の小道具化について語ってたような。
信頼関係づくりとしての煙草、そして、信頼関係からくる禁煙宣言。
驚く猫。かわいい。

かおりさん、初めはきょうだい?妻?サポーター?介助者?って関係性不明だったけど、どうやら妻らしいと。専業主婦なのかな? 生活は貯金からなのか。
右手にはめた指輪。
ずっと、横で甲斐甲斐しく通訳して、取材陣をケーキでもてなして。
本当になんでもないという顔をして淡々と雑事をこなしてるんだけど、終盤明かされる、週刊紙から発覚した当時の話。
「離婚は当たり前だと思ってた。佐村河内という姓から切り離すべきだと……」
うわっ……。そっかその氏そっか……と思って……。その後の会話、質問、返答にこの夫婦の間にどれほどの……どれほどの愛があるのかと……。かおりさん知らなかったのか……。
ラストの指輪もそりゃ光る……。


ラスト、作曲している佐村河内さんをひたすら無言で撮しつづける、つまり、観客に映画の消化をさせるパート。曲、ここまで作れるものなんだねえ……。
私はひたすら「森さんに信じてもらえてよかったなあ」と思っていた。思っていたよ。
オウムもずっと世間に対して風評被害を訴えていて、しかし彼らの属する団体は取り返しのつかないことをやらかしているからね……分が悪すぎるし団体としての責任も理解していたのかという。
そしてそれを森さんは肯定も否定もせずにただ眺めていた。
今回の問題は、それよりと随分軽いからね、「信じなきゃ撮れない」と言うよって。
でも白黒つけない、もといつけられないから、「いくら共作と主張しても新垣氏が自分の手柄だと言いたくなる余地があったのでは?」という米雑誌の見解も入れる。
この、はっきりしない曖昧なニュアンスこそ、取り出してくれると思っていたよ。期待通り。
そして締めくくる「FAKE」の質問。


この映画が渋谷を拠点に公開されたの、作為はなくとも、面白いなと思った。
渋谷あちこちカメラ回ってるからね。機材持ってうろついてる人インタビュー受けている人写真を撮っている人。今日特に多かったような?

聾者かつ聾サポーター?である前川さんという方が出てきて、その方がマスコミの難聴誤解についてブログで語っているらしいと映画内で言ってたので検索してみたらあった。
感音性難聴の認識について

あとこの記事面白かった。
新垣隆の売名が酷過ぎる
映画見ててじゃあどういうことでどういう流れがあってどうしてゴーストライター雇ったりしたの?って湧いた疑問に答える記事。
森さんが撮りたいのはそこではないからね。オウム問題のときもそれで他の文献調べようと思ったんだった……。
まあこれも前川さんの切り抜いた言葉ではある、そういうことを映画は言いたかったんでしょうけど。米雑誌の取材で「なぜ騙してた?」という質問に「痛い核心を突かれたなあ」と笑う佐村河内さん。答えはカットされ。


しかし日本語字幕バージョン流さないのかなあ……。

[PR]

by jinloturu | 2016-06-26 22:36 | その他 | Comments(0)  

愚か者の最後の恋人/樋口美沙緒

あれっ読み始めたときは「あ、攻めと受けに圧倒的権力差があるやつだダメかも」って思ったけど意外といけるぞ。
振り返ってみるとそういうの結構あるかもな……なんなんだろうな違いは。受けのかわいさか攻めのヘタレ度か?
でも少しずつ読み進めたから家のしがらみ云々かんぬんはよくわからないまま終わった……わからなくてもとりあえず萌えという軸があれば読めるからBLべんり。
清々しいほど筋書きありきのBLらしい恋愛もののすれ違いで、こういう王道好きです。
[PR]

by jinloturu | 2016-06-22 03:49 | BL小説 | Comments(0)  

蒼穹のファフナー4巻/XEBEC/松下朋未

あっあっ翔真……!!!
あれっおかしいな私真矢ちゃんは総百合カプ化させたいと言いつつ翔子とだけは親友関係として見ていたかったんですけどおかしいなこれ無理だな翔真最高だな?!
いや百合とは恋愛のみを指し示す言葉として使ってないから百合と親友の境目は曖昧というか有り体に言って萌えるか萌えないかの違いなんですけどすみませんありがとうございます。

カットさせたドラマCDのシーンをここに持ってくるのね。メディテーション訓練の場ならボルテージ上がってる真っ最中だし真矢ちゃんが自身の後悔について思い出すのになんら不自然でない状態じゃない?そこを救われるのがSTAND BY MEの肝だけれどこれ全然違うじゃん。
「あの時」って言って瞬時に真矢ちゃんわかってしまって、しかも凄い緊張と後悔の表情で、つまり結構しこりはでかいね???
これ一騎と総士の対にさせている?
でも翔子はなんでもない日常のときにそれを持ち出して「ありがとう」って言えてしまう子なんだよーーーここだよ百合ポイントはここだよーーー!
そういう翔子補完をしてくれてありがとうございます……それができないやろうとしない皆城くん浮き彫りになるしょうがないね皆城くんだから……含み持たせて遠回りにしか言えない。
ここで真矢ちゃん救われてくれてよかったなあ触れた手は近いなあでもだからこそ残酷でもあり。。真矢ちゃんが大人にならざるをえなくなったのはまず翔子から始まるいやみんなそうだけど。

エピソードをカットして終わらせるんじゃなくてあとで繋ぎあわせるあたりどうにか全部詰め込もうとするんだなあとしかし盛りだくさんにならない匙加減上手いなあと。
ヘスターちゃん初登場テンション上がったー!いい演出。

甲洋と一騎の交流も深まっているなあ。ローンドッグ野郎わくわくする。
あとゆきっぺの「今さら何を……」で結構食らっている千鶴さん好き。
[PR]

by jinloturu | 2016-06-22 03:42 | 少年漫画 | Comments(0)  

スピリットサークル6巻/水上悟志

面白かったー!面白かったー!!!!
ありがとーーーーー!!!
中盤までフルトゥナの話できてなかったってまじかよすごいな……あんなに面白かったのに……。
フルトゥナの孤独、、かなしいな。ルンとイーストだけはずっと一緒にいてくれた。
熱烈に今を生きよという前世もの王道で力強いラスト。少女漫画以外で前世ものにぐっと向き合うとこうなるのかと。結局過去は変えられない。

でも風太と絋子のくっつけ方強引すぎるのは残念だなー。別にルンに望ませなくてもよかったんではないの?
[PR]

by jinloturu | 2016-06-22 03:39 | その他漫画 | Comments(0)  

夜とコンクリート/町田洋

こっちは好き。
最後の話、めっちゃ共感した。寂しさ!!相手の構成物が過去のものとなってあの頃の大事なものを手放している寂しさ!!

そういう「日常」の合間にふと思い馳せるようなひとこまを切り取っていて好きだった。
どうでもいいだるい夏を過ごしていたくて閉じこもる。無重力に跳ね回り祝福する陽気なオブジェ。
[PR]

by jinloturu | 2016-06-22 03:27 | ショート・ギャグ・短編集 | Comments(0)  

惑星9の休日/町田洋

方向性はわかる……私のなかにこれを好む指向性はある……がよくわからなかった。
夢の中ののっぺりさんと会えてほしかった。
[PR]

by jinloturu | 2016-06-22 03:23 | ショート・ギャグ・短編集 | Comments(0)  

ひだまりが聴こえる-幸福論-/文乃ゆき

好きだー。
はー。絵が繊細で構図にもセンスがあってすごいな。
「私が平気かどうかなんでお前が決めるんだ」とか花粉症のワンシーンとか、よりマイノリティー問題に寄り添ってる感じがして好感。
前巻よりだいぶBLしてる!ちょっとだけど!
お前ら告白即ヤるのか……しかもその可愛らしい絵柄で……みたいなBL今引いてる時期だから新鮮でよいです。
キスがかわいい。

続き読めるの嬉しいけど太一の声すら聞こえなくなってくるってフラグが不穏ですね。
[PR]

by jinloturu | 2016-06-22 03:20 | BL漫画 | Comments(0)  

犬神さんと猫山さん5巻/くずしろ

前巻までに色んなCPに萌えていたはずだけどキャラが多くて描き分けも混乱して思い出せなかった。
でも猪里と相馬いいと思う。安易にわかりあわないあたりが。
ディス!コミュニケーション!!オーライ!!

犬猫はくっついちゃえよ……。ちょっと犬神がふらふら他で百合フラグ立てるとやきもきしてしまうから王道に猫山さんといちゃいちゃしてるとほっとするよね。
[PR]

by jinloturu | 2016-06-22 03:17 | 百合 | Comments(0)  

逃げるは恥だが役に立つ7巻/海野つなみ

うわーいなんかぐいぐい読み進むな。
わかる、ふんわりと、恋愛をすることもあるでしょうというのはわかる、けど、みんな恋愛関係に陥ると結局恋愛イデオロギーに回収されてしまわないか……?と思ってなんかもやもやする。
なにしろこのイデオロギーは多大に強力だからさ……。
百合ちゃんが「若い子を安心させたい」と言うならそれは肯定されてほしい。
いや作品的に肯定してはいるんだろうよだけどなにしろ強力だからさ……!!

あとがきの「結婚してもお金ほしいなんてがめつい」って読者の感想に心底びっくりした。
えっえっ?!……えええ!!?
……な、なるほど、恋愛ものとして見たらそうなるの……か?うーん??
「そういう」漫画なのはわかるけど。
あとやっっっとゲイの描き方がまともになっていてほっとしました。
だが心底これが好きになれるかと言ったらそうでもないな。
[PR]

by jinloturu | 2016-06-22 03:15 | 少女漫画 | Comments(0)  

猿喰山疑獄事件/遙々アルク

『無恋愛紳士』がわりとよかったのでこちらも読んでみようと。
なんかやたらAmazonで絶賛されていて、まあBL作品に対する絶賛と酷評ってあてにならないことが多いので特に期待はしてなかったんですけど、衝撃のラストとか言われると気にせざるをえないじゃん……。
布石がほしかったかな、と思った。顔に絶対的価値を確信しているとかそうでなければ生きている意味もないとか。その上にくる元祖鷺坂の末路の衝撃とか。
口絵はどきっとしました。
ラストの鷲巣を鷺坂と間違えて最初すごい混乱したので最低限描き分けてほしかった……鷲巣と間違えられた鷺坂が殺されたのかと思った……。

詰め込み感はすきです。だのに各々のエピソードが引き立てあっていて全然邪魔しあわなくて。お得感がある。
[PR]

by jinloturu | 2016-06-22 03:13 | BL漫画 | Comments(0)