<   2016年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

エル・カザド13~26話

あああああ待て最終回最高か!?!?
私は!!こういう百合に弱すぎる!!!!
こういう作品があって初めて息ができる。生きていていいんだとさえ思う。
ありがとう。ずっと泣いてる。ありがとう……。


ペドロが出てきた時点でショックだったよ。あーあって思ったんだよ。
基本的に百合作品を信用してない。ぽっと出の男に取られるなんてざらだ。しかも二人とも昔男に恋情抱いていたことあったわけだしね。
丁寧に百合を描いきてさえ結局作品的には恋愛部分を男女でまとめなきゃ気が済まないんでしょって、どこかで諦めている。諦めていなければ傷が深くなるからこれからも諦めつづける。それはもうそうするって決めている。
「エリスと結婚しない?」だよ、「ナディがいいならいいよ」って言うエリスの、やっぱり基準はナディなんだなっていうところしか慰めにならないんだと思ってた。
最終回でナディがペドロの気持ちに気づかないとしてもいずれくっつくかもと匂わせた時点でもう百合ヲタとしては受け入れられませんよ。諦めざるを得なくなるのよ。

そしたらさー!ペドロ完全に百合の引き立て役じゃん?!当て馬じゃん!?
ふっざけんなよー泣かせるなよー息ができると思わせるなよ息が詰まるのほんと心臓に悪いからやめろよ……。
いやもう旅を終えたけれども安寧の日々にうずき旅を再開するって締めは王道だけどそれよりも恐怖への防衛心が勝るというもの。
『NOIR』は女だらけの三角関係だったもんな。
いやもうこういうありがちな男キャラを引き立て役に押し込めてカウンターしてくれるからこそ人生肯定まで思い馳せるわけだけどねー……。



あー。はい。
何から何まで物語のすべてが百合を描くためにある百合作品で最高でした……。
以前12話まで見て「13話以降はよほどでないと見ない」と言ってたんですけど、友人に「13話からが百合だから!」と推されたので見ました。

いや大正解。見てよかった。
途中だれるところ、ご都合主義のオンパレード、下手すぎる構成はあったにせよ、もう百合がよければすべてよしです。
25話の「遺言があったら、どうぞ」も「大好き」ももうなんだよなんなんだよ……。
12話までナディとエリスはわりと距離あった印象だったので13話で抱きつくエリスに思わずきゅんっきゅんしたらその後も隙あらばくっつきまくっていて最高すぎた。
おまけにリカルドに嫉妬ですよ?かわいすぎない?

そのリカルドも、ナディと夫婦に間違われるくらいであったにもかかわらず外野に徹して「二人を守る」とか言う百合ヲタの鑑だった。
ブルーアイズも百合三角関係の失恋役と思いきややっぱり百合ヲタだった……大好きな推しカプのために魔女の力覚醒させる百合ヲタつええ……。

まあ正直こんな戯れを言いたくなるくらいには脚本構成にあまり魅力がなかったんですけど。
キャラデザ・作画・音楽・演出はだいぶ好きです。
菊地洋子とか梶浦由記とか……キャストもゲスト含め豪華だしほんと脚本構成だけ惜しい感じは否めない……。
L・Aも最高にマッドだしな。
CV宮野のネタキャラのなかでも随一では。こいつ面白すぎる。
もう真っ裸で川べりに座ってシャボン玉吹き始めたときはこのシーン考えた人天才すぎると感服したね。
最期は物悲しい……。


まあ、まあ、百合としては素晴らしい作品でございました……。
[PR]

by jinloturu | 2016-04-29 13:52 | アニメ | Comments(0)  

selecter spread WIXOSS

面白かったー!
どろどろ百合だった。
晶、最初の登場シーンはどぎつくていらつくタイプだったけど二期からが本領発揮ですね……。
晶が依存しきったところを用済みと切り捨て「見えないところに」痕をつけるために躊躇なく半笑いで腹を蹴るウリス最高……。
憎しとした伊緒奈と同じ顔なのにウリスであるならあきらぶりーになる晶のその回路も素敵。

『その別れは突然』、ちよりとエルドラの別れが一番きた……ふたりの関係好きだ!よ!
ラストの近づきたいけど近づけない感じかわいすぎか。
「うちの子」だからな、「うちの子」。それが対等な友達関係になったらと思うと。
エルドラの声なんか珍しい感じだなーと思って見てたら新井里美さんかよ。好き。


るう子とたまの求めあう百合も中々好きですがくっついたあとの遊月と香月がー!気になるよー!
花代さんの悲哀、、そしてセレクターの願いに縛られる呪い、、

しかしまとめ方それでいいの……?
るう子、繭のことは気にかけるけどウリス完全無視なの?
と思ってたら、なんと再構成の劇場版が2月にやっていたらしい……一足遅かった。DVD出たら見よう。あと三期も発表され。たのしみ。
[PR]

by jinloturu | 2016-04-23 16:38 | アニメ | Comments(0)  

selector infected WIXOSS

カード販促アニメかーと思って2014年当時は視聴リストからはずしてしまったけど面白いなこれ。
販促要素がほぼないし笑


まどマギとストーリーラインが同じなので完全一致だったらどうしようとはらはらしたけどラストが全く別物でほっとする、という見方をしてしまった。ちょっと邪魔。
しかし中身は違うからその点で楽しめた。
遊月の願いがね……遊月かわいいよ。


しかしシステムがどうしてあんなどう転んでも報われない鬱なんだ……二期でそこに説得力持たせられてればいいけど……なんであんなことしてるのかも不明なままだし。
晶の顔があの傷程度で収まったところに「鬱」の中途半端さを感じてちょっと冷めたところはある。
[PR]

by jinloturu | 2016-04-23 16:37 | アニメ | Comments(0)  

恋する暴君10巻/高永ひなこ

「本編後の平和な日常」をこう長々と見ていられるのって幸せだよな。
しかもそんなに蛇足とは感じさせない。
なにしろキャラが立ってるからなー。
「ケジメのないのがヤ」って説明してくれる兄さん……感動。
筋が通ってるもの。
キャラの言動が過去のいざこざ(解決済)のわだかまった結果だと見せてくれるのが好き。
森永の自信のなさなんかもだけど、手を振り払うところとか「自己完結か謎解釈か」とかね……宗一あそこで森永を否定してしまったと思ってたのか。


はてさて現在同性パートナー持ち元ホモフォーブの宗一と国博が森永両親にどう掛け合うか気になる。
そのへんの描き方は信頼できる作家さんだから。わざわざ宗仁さんの対応を指して「ふつう」を「平均」と言ってくれる細やかさが好き。
海外婚と養子縁組をやったので次はパートナーシップ制度使おう……日本で同性婚法制化されるまで連載続けよう……。
[PR]

by jinloturu | 2016-04-23 16:36 | BL漫画 | Comments(0)  

地獄のガールフレンド2巻/鳥飼茜

ああ……母親やめたいとこぼすことの後ろめたさ……。
共感できるわけじゃないし、子供育てたいというわけでもないけど、知っていたほうがいい感情だと思う……。
しんどくて、そのしんどさは社会のせいでもあって、でもとりあえずそういう中で生きている人たちの日常な。
そうして恋愛をするにも一歩引いてしまう。

エスコートを期待するのもされるのもしんどいよな。
[PR]

by jinloturu | 2016-04-23 16:35 | 少女漫画 | Comments(0)  

ななしのアステリズム1,2巻/小林キナ

web版で読んでたので買わなくていいかな……と思ったけど表紙かわいいし巡り合わせで買ってしまった。


これはいい三角関係!
なんか「恋愛感情じゃない」という読み方もあるらしいけど、私はそうは思わない。
「想うだけでいい」「付き合いたいと今は思わない」「中学生」というのがその根拠ならばあまりに恋愛の幅が狭い。
想うだけの恋愛をしているんだよ。中学生でも。
これは相手にだけ持つ感情だ、という赤面描写がこれでもかと散りばめられているじゃないか。
少なくとも司と鷲尾は今のところノナモリーっぽいなー。

絵がかわいくて瑞々しくて。
琴岡の「司もいずれ男と付き合う、それが普通じゃん?」という台詞が凄くよかった。
鷲尾への牽制と、司への想いの抑制と、凝り固まった思想(つらい、中学生にそんな思いしてほしくない)。
この台詞が単に作中肯定される、ないしはあとで否定されるためだけの意味になってないのが現代的だなと。
男の娘も肯定されて馴染むし司の男口調もたしなめられないしBLの予感もあるし、今後安心して期待できそう。

こういう作品でこそ「普通」の規範破壊が生きると思う。
ので、私は、琴岡推しです!
凝り固まった思想を破壊されて泣いてほしい。
百合ポリーエンドの可能性も高いので期待があるけど、「恋愛じゃない」という誤解を読者に与えたままでは嫌だな。
ますます誤解されて、せっかくの革新的描写の数々が既存の規範に回収されてしまうから。
ちゅーぐらいはしてほしいものです。

てか朝倉くんの口調が気になる、完璧リア充っぽいキャラ付けがされてるのに口調のせいでリア充感がなくなってる。
そういうキャラ観で別にいいのか……?
[PR]

by jinloturu | 2016-04-07 02:13 | 百合 | Comments(0)  

昭和元禄落語心中

アニメ版。原作既読。
面白かったー!
菊比古と助六メインなのかー。

アニメで『落語心中』をやるんじゃない、落語を死なせないためのアニメだ、これは。
キャスト発表されたとき声優さんの豪華さに驚いたものだけどこれはこれは真価を発揮するというもの。
すごい。
それでいて、「アニメならでは」として噺の中の物語のイメージ映像を出すことは極力しないんだよね。
これは原作を汲んだ結果だろうか、それともこれも「身ひとつ」という落語の芸を魅せるためだろうか。
様々な角度から舞台の上の芸人を撮して、それで噺をかたどり、飽きさせないの。

てか菊比古こんな助六のこと好きだったんだな。
小言を言いながら髄から「惚れてる」描写の丁寧さ。
そして画面からにじむ気品と色香よ。
えっろいわー。
みよ吉の魅力もひたすら演出と声に支えられていた。

落語と心中なんかできっこない菊比古の奥底が、ここに描かれた。
初太郎の横で銭湯で泣いた日から、もう、一人ではいられなくなったんだ。
12話の現代編に戻る次回予告でまさか泣くとは……。

二期嬉しい!つーか分割か?
落語心中はここからだよな~~。
ひとつの台詞に色んな想いが詰まっていて、でも削ぎ落とされて尖鋭化してるんじゃなく、絞り出して濾過されてるから一滴でもこんなに響く。
[PR]

by jinloturu | 2016-04-07 02:12 | アニメ | Comments(0)