<   2016年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

ぼくは麻理のなか7巻/押見修造

最近人格統合の話ばっか考えてたから「あれ?もしやこれも人格統合されるのか??」と驚いた。
けど、違ったか……。
完全に意識は戻ってしまったか……。
麻理の顔で嘔吐物描かれるのきっついわー。

麻理は既に幼い頃最初のアイデンティティーを剥奪されていたんだなあ。
人格乗っ取られて戻ってきたさあどうなるの。

小森が依を好きになる、というのは小森の変化としてわかりやすい。
戻った麻理と依の百合展開希望。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-09 07:03 | その他漫画 | Comments(0)  

天使禁猟区/由貴香織里

あー由貴香織里ってこの作品の方だったんだ。
絵きっれい。
90年代の少女漫画の絵好きなんですよね……一番懐かしく親しみがある。

前世ものに兄妹恋愛ものという時代感。そ、そんなに「禁忌」なのか近親……。


話は苦手なタイプ。
設定ずらずら並べられて漢字にカタカナルビ多用でもう何がなんだか把握するのが大変。
すごいこう支配体制に抗ったり頑張れば人を生き返らせることができたりという、少年漫画っぽい構造。
だから刹那が記憶を取り戻さなかったり少女漫画らしからぬ「前世もの」の描かれ方がちりばめられている。
それでいて近親愛やら「紗羅しか愛せない」やら「僕らは本当にふたりでひとりの「吉良朔夜」になったんだよ。この僕も君の一部分」やらの少女漫画性が十二分に含まれているところは面白かった。

吉良先輩のお父さんのエピソード好き……もうこの吉良朔夜もお父さんの子供なんだ愛すべき息子なんだ……北海道へ行かなかった。


あとの話はわりと結構どうでもいい。。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-09 07:02 | 少女漫画 | Comments(0)  

A-A'/萩尾望都

こう……萩尾望都って私の中で名作文学枠……。読めば面白いけどちょっと読み進めるの面倒。
運命と自我の話だと聞いて、そういやゼーガっぽいと以前聞いたことあるなーと思ったらそうでもなかった。
ぐぐったらなるほどその話ゼーガ完結前の感想ブログだ。
そして萩尾望都の短編ってそのへんの提示した命題に白黒つけないよね。いや長編でもそういうのあったか。
たとえば表題作さあクローンは前と同じ人間か?で終わる。それが味。
タクトが男か女か選ばなかったのはヘテロ主義に回収されずに済んでよかったな。
そして鳥を殺したことを受け入れてから事が始まる……。メンタルケア。

[PR]

by jinloturu | 2016-03-06 05:57 | 少女漫画 | Comments(0)  

前世の記憶/高橋克彦

表題作は転生ものでした。残念。
でもなんで人口の多いところで前世の記憶持つ人が多く現れるかとか面白かったな。無垢さと未練?
「母さんと僕を殺したね」
こえーよ!!昔この手の怪談話聞いて怖かったのか今でもその話強く記憶に残っているよ。
そういうよくあるホラーのつづきとして、な。
自分を殺した人の子供に生まれ変わってしかしそのせいで母が父を殺して苦役強いられ……というほのかな後味の悪さ、よかった。

[PR]

by jinloturu | 2016-03-06 05:56 | 小説 | Comments(0)  

アルテ4巻/大久保圭

うおー。
アルテ女だからという理由でほめられたらどうするんだろうと思ってたけど断りましたか……。
レオさんちょっと消極的じゃ?と思ったらちゃんとそこ回収された、よかった。
さびしかったのね。
しかしアルテが元の街離れるとは。家庭教師……ね。

[PR]

by jinloturu | 2016-03-06 05:55 | その他漫画 | Comments(0)  

トクサツガガガ5巻/丹羽庭

今巻もよかった。
ドレス何着買い……ひええ。まあ、切り詰めるよね。
そして取っておいてくれる店員さんイイヒト。
この作品に出てくる人みんなあったかいよね。
しかし構成がパターン化されていて一冊で読むと盛り上がりがいくつもあってだれる。

[PR]

by jinloturu | 2016-03-06 05:54 | その他漫画 | Comments(0)  

終わりのセラフ10巻/鏡貴也/山本ヤマト/降矢大輔

よ、よかった、今巻もミカエルがちらちらっと出てきて「優ちゃん……」と呟くだけだったらどうしようかと。
しかしそうくるか……「家族」だから敵でも守る……。
そのせいで死んだ人の落とし前どうつけるつもりだろう。
なんでそういうモヤる描写入れるんだろう。以前もあったからあまり信用してない。
吸血シーンあまりのあざとさに笑った。
優一郎わざわざ手首切ってあげたんだからそっち飲めよww
現場の判断で危機一髪、名古屋空港の虐殺逃れたと……。人体実験らへんの話はどう出てくるやら。

[PR]

by jinloturu | 2016-03-06 05:53 | 少年漫画 | Comments(0)  

ノラガミ15巻/あだちとか

新キャラちゃんかわいい。私結構ひよりんめとりたいですが。
兆麻の愛すげーな……一心不乱。もっと乱れてくれたら好み。
祝は葬り……恵比寿もかわいい。
本編はとりあえず何も言うことないのな。
そういや例の宗教の件のせいでアニメ最終話録画失敗してみてないや。最終話直前の話がとても好きなん。

[PR]

by jinloturu | 2016-03-06 05:52 | 少年漫画 | Comments(0)  

弟の夫2巻/田亀源五郎

あ、2巻は1巻よりよかった。
友達もそのへんにすっごいいそうな女の子……。

アクエイキョウねえ……。
こう、ね、誰にも相談できないからゲイだと噂聞いたら見ず知らずの人にだって頼りたくなるよね。うん。

[PR]

by jinloturu | 2016-03-06 05:51 | その他漫画 | Comments(0)  

花まんま/朱川湊人

表題作すきだー!!いや前世ものだからなんですけど……。
娘の死を何年もずっと引きずってごはん食べれなくなった父のもとへ届く花まんま……泣いた。
だけれどもフミ子は前世の人格を引きずってはならない、そうはさせない!ということで未練の家族を駅で断ち切る兄。

あと『送りん婆』が好きだな。人殺し……。
庭で転げ回る病気の幼児とか、うわーって。
でも婆さんはその言霊では逝かなかったんだ。
ノスタルジー、と言われてもその時代知らんからそのへんはよくわからんかったけど、それでも楽しめるつくりだから大衆的であれると。
そしてその時代を「古きよき時代」にしてしまわない姿勢に好感。
きちんと、"差別"という言葉を用いて差別を描く。
『トカビの夜』好き。
ユキオが、同調圧力に負けてチェンホにリモコン戦車長く遊ばせたれって言えなかったの、「些細ないじめ」で済ませることだってできたのに。
唐辛子ぶらさがる家々……地獄だな。
そして差別した負い目があるからチェンホの霊を「復讐」としておびえる……人間心理を上手く描いたなあ。

『妖精生物』期待してたけどこれは偏見なぞっただけの話だったな……。よくある憎しみの連鎖。
どうしてこう女性差別描くのにエロの意味での「性」をお約束のように盛り込むんだ。

[PR]

by jinloturu | 2016-03-06 05:50 | 小説 | Comments(0)