<   2016年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

僕と君の大切な話1巻/ろびこ

『脳内ポイズンベリー』にしろ人と人のすれ違いを深く心情描写で突き詰めて描く作家はそれを煎じつめて戯画化した作品に辿り着くものなのか……。

「男って」「女って」という、今もなにくれとなく通用してしまうカテゴライズから見る偏見を採用して「男と女は異性同士だからこそわかりあえない」に終始してしまうのはきつい。
キャラはかわいいし気に入ったし2巻でわちゃわちゃした学校編になるのが楽しみだけど、私がろびこさんに期待しているのはオタク文化的キャラ遊びもあれど巧みな心理描写が主だからなー。
そのへんは期待できないかもしれないことを覚悟しつつ買うとは思います。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-22 20:35 | 少女漫画 | Comments(0)  

蒼穹のファフナー FACT AND RECOLLECTION

2011年舞台版。
だいぶ前に購入済みだったんですがようやく見ました。
本当に翔子主人公だー!
そうだよ私はこういう原作再構成系メディアミックスが大好きなんだ。
……特典DVDやブックレットインタビューを見て、松来さんのなかでファフナーという作品は翔子というキャラクターは大きかったんだなと思って。
千秋楽挨拶で松来さんが「また翔子の時間をいただけて本当に嬉しい」と言っていてああああEXO24話アフレコ間に合ってほしかったなあああ!!
c0348328_07535649.jpg
(画像引用: 三間さん@Sunma47のツイートhttps://twitter.com/Sunma47/status/701134717156888576?s=09)



さて、感想を。
しかし本当に完全に翔子の声だなこれで張れる声優さんすげえ……これで真矢役が松本さんだったら釣り合い取れてたろうに舞台で浮くな、と思ったんだけどすぐに慣れた。
そして葛城さん身長高い!本当に親子に見えたわ。

構成が本当……最高で……。
一騎と総士近辺の話匂わせるのは軸がぶれるからやめてくれと懸念してたらばっさばっさと気持ちいいほど切ってくれて杞憂だった。
翔子の「なんか話そう」って台詞がね!なるほどと!!
翔子が対話を教えたから一騎はカノンに向き合えると!そして名前の由来を訊くと!
これこれこういうのだよ大好き。
カノンがみんなから「翔子」の影をうかがってこそ容子さんに「翔子の服か?」と尋ねる、そして思い出話が始まる流れも好き。そこから膨らませるかと。
だからこそカノンのアクティビオン注射時の想いがよく響く……。
そんななか11歩自販機はどうしてもねじこみたかったんだなと思えて笑いました。


チャプター名「お肉!」笑った。
翔子お肉食べてほしいね。
小説版にしろ松下版にしろ翔子を掘り下げると「いかれてやがる……」とおののくんですけど松来さんのまとう雰囲気がめちゃくちゃかわいくてな……。
わりと一騎に対して積極的な面とかそれでもわりと恥ずかしがる面とかすごくかわいい。
欲を言うなら真矢ちゃんとの親友感もっと見たかったかな!

変性意識の設定をきちんと説明して、翔子の激烈「ゴーバイン!!」のギャップを伏線にしておいてこそ最後に生かせるというね……。
あっあっでも私は優しい甲洋が心底大好きなので翔子がまだいなくなってない段階の「このローンドッグ野郎」はちょっと嫌だなと思いました。
でも大音さんはやっぱり甲洋はまり役で好きだ。

あと戦闘シーンが絵的に魅せられない分緊迫感づくりがすごいなと思った。
澄美さん彩乃さん役の方たちすげえ……よくぞあんな早口で叫んで……。

剣司が咲良に「女なんかに」的ミソジニーを発動するのやだなって思ったんですけど広登の「男らしくないんじゃないのー?」に接続する上で仕方ないキャラ造形なのかなあ、とも。

最大の疑問はなんでクライマックスのBGM『翔子 -shoko-』じゃないの……???
なんでそんな暢気な雰囲気の劇伴チョイスしちゃったの?タイトルこそ『少女の想い』か……。
なんか理由あるんだよね?かなり浮いてたけど……。
儚い女の子を演出するのに白ワンピに麦わら帽子はなんかもうベタベタすぎるど定番でなんだかなと思わなくもないけど(EXODUSでも思ったさ……)美しかったです……。
空の上の翔子に語りかける容子さん、泣いた。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-15 07:51 | その他 | Comments(0)  

ちはやふる31巻/末次由紀

うわあああああ?!
え?え?

全然先の展開予想をしようとしてなかったから千早と新の対決だけでもかなりの衝撃を受けたのに、か、勝った??
千早が?

えええ……どういうこと……。

まあ新団体戦慣れしてないとか千早の主将としての成長とか理由になれるようなところはあるんですけどまじかー。

瑞沢が北央に、藤岡東が富士崎に負けたときの礼、ちょうど千早が下手に向かって新が上手に向かってしてるんだよね。
そして千早VS新戦でも基本構図が新→←千早。
ほんときっちり理論だてて画面つくってるよな。好き。
そしてその構図は千早の勝利を予見している。

あの「せ」を一瞬で理解できなかったのが少し悔しい。読み返したいな。
新のいやらしさがこう清々しく描かれるの好き。瑞沢主将から千早を引き剥がそうとするあたりとかも。
そして新は負けても、持ち前の負けず嫌いや小6の頃の千早像を覆されたショックはあれこそ「女としての(見下し目線で恋心を抱いていた)千早」に負けたショックなんていうみみっちさは絶対ないだろうなと思える信頼。少女漫画だよ。

太一が完全にヒロイン笑う。
「俺なんかいなくても」いじいじ→部長がいないから負けた自己肯定な。
太一が会場に現れるシーンの演出ドラマチックすぎる最高。
いなくても太一の影はずっと傍にあった。
千早が「いるみたいなの」と笑い、たいちのはちまきをつけ、太一のような主将を演ずる。
「千早」個人でなく瑞沢団体の勝利であるのなら、太一に気づいた千早の勝利それは千早と太一が新に勝った瞬間たれるんだ。
しかし恋愛感情云々のまるでないちはあら戦だったな……好き。
たいちはフラグ立つのもいいですけど新への恋愛感情は「単なる憧れだった」とかじゃなくてちゃんと恋愛感情として昇華してほしいよ。いやどうなるかなんて知りませんが。

何気に綾瀬家の千早と千歳逆転問題気になる。
今まで千歳に偏りすぎてただけではあったけどさー!お姉ちゃんの哀愁ー!


追記。
最近全巻読みなおしたら誤読だらけだったなー。まあいいけど。
そもそも私は新がかるたから離れていたことを結構失念していたぞ。
対比。対比。
「新の調子は悪くない」と明言されているので新が千早に負けた理由にはならないし、千早は「主将」になっただけで太一になったわけじゃないよな。
あと太一フラグは別に立っていなかった。

[PR]

by jinloturu | 2016-03-15 07:50 | 少女漫画 | Comments(0)  

この音とまれ!11巻/アミュー

晶と滝浪顧問の恋愛展開とかやめてくれな?!
そんなぽこぽこカップルつくってほしくない。

おばあちゃん悪役すぎてかわいそうだぞ……まだなんか絡んでくるのか……。
悪役→改心展開はさすがに飽きてきた。
ひたむきな箏曲部員たちは好きだけどさ。
すっごい地道に丁寧に練習描写が繰り返されるんだもんな……次巻、大会が楽しみだ。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-15 07:49 | 少年漫画 | Comments(0)  

パシフィック・リム

金曜ロードショーで見ました。
劇場公開中見に行こうか迷った末行かなかったけど行けばよかった。
面白かった。


ジプシーが怪獣を大気圏上空で引き裂いて落下するシーンが好きだな。
包まれる一体感。
戦闘シーンの手に汗握る迫力もかっこいい。
重量感があって、巨大ロボが現実にあったらこういう感じになるんだろうなっていう説得力。
飛んだ怪獣がジプシーをビルに叩きつけるところもすごくわかる納得感。
パイロットスーツを整備員が装着していくシーンも好き。
アニメだと謎の光のお着替えシーンになるから(アニメで育っているのでそれはそういうものとして好きだけど)新鮮なリアリティ。


多様性ね!随所に描かれる。
対等に渡り合うパートナーとしての男女。白人男性とアジア人女性。
恋愛にならないと事前に聞いていたから安心感でもって見ていたけど、知らなかったら意外性にきゅんきゅんしていたと思う。
ただその安心感があったからこそ「ふたりの世界を作っている」ラストシーンを「上官が「もしもーし?聞いてる?」と戸惑う台詞」で描くのが少し引っ掛かったり。
これでは恋愛描写としても演出されてしまうのでは……敏感でごめんね……キスシーンがないと事前に知っていたからそう思うんだろうよ……。

ニュートンとハーマンが好きだ。
自らドリフトしにいくニュートン本当にマッドサイエンティストやなと思った。
怪獣が地下まで追ってきたとき「僕を狙っている!」と叫ぶニュートンなんだろうって思ってwiki見たらなるほどドリフト双方向だからか。
して最後に肩を組むふたり、良いなー!
[PR]

by jinloturu | 2016-03-15 07:48 | その他 | Comments(0)  

出口ゼロ10巻/瀬田ハルヒ

はいゆうゆみいただきました!
きゅんきゅんさせてくれてありがとう……。
ゆみかが都合よいキャラになってないだけでほっとする。

この作品モブや影の薄いキャラはきちんと模範リアクションする役割を全うするので本当にゆみかまで夕日が偽物だと気づかないのかと最初ショックだったんですよ。
そこにきての「夕日ちゃん……」と泣くゆみかにときめかないはずがない。
しかしゆみかの名簿はなんだ?!
これはつづき気になる。
掲載分最終話の表紙とか百合定番の「ともだち」感あって最高ですね……「なかよし」……。
今さらながらこのブログで一番アクセス数あるの恐らく『出口ゼロ』感想なんで多分検索上位にきてるんだと思うんですけどこんな百合にはしゃぐだけの特異な感想でごめんなさいね……。
ゆうゆみわりと私のなかで1,2を争うレベルで好きな百合カプなんだけど百合好きさんにまったく見つかってない寂しさ。


咲良の真意はどこなんだ。
味方っぽさが見え隠れすると前巻のあっさり退場も納得がいく。

夕日ほんとかっこいいよ……リア時代なら間違いなく人生の嗜好根幹になるレベルの憧れを抱いていた。
フェミニンなままここまで"主人公"感全開でかっこよくあれてそれを貫ける女の子が本当に好きだよ。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-15 07:47 | 少女漫画 | Comments(0)  

ZERO/やまざき貴子

おお、わりと好き。
キャラに感情移入できたり好きになれれば間違いなく面白かったと思う。

しかし前世・クローン・近親とてんこ盛りだな!
すげえ、そのせいで人格拒否→受け入れは前世部分でなくクローン部分で割かれた感。
最後が駆け足だったの残念だなー!
丁寧だったらもっとちゃんとわかりやすい「運命の受容」が描かれていたはず。
主要キャラたちがめっちゃあっさりと死んでいったよ……10年育ててきたキャラを……。
雅羅沙が人殺しまくって帰るとこがないっつった先のシャグナの「おかえり」は泣いた。
バツの二重人格、伏線張ってたわりに唐突感があって最後の殺し合いが……うーん……やっぱりもう少しページ割いてくれたら……。



しかし全体に漂う退廃感がとても好き。
ここが近未来の日本だとするのが。昔のZABADAKが似合う。
まだ見ぬ希望の新都を目指して。前世のラブコメ「正しい日常」。
それらが淀んで閉塞した厳しい現実をいっそう浮き上がらせる。

暁男性自認なら中性だということをからかってほしくないなー。
バツと暁の関係は確かに好きだった。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-09 07:07 | 少女漫画 | Comments(0)  

密・リターンズ!/八神健

そこそこ面白かった。
なんか編集部意向の路線変更の末の打ちきりという振り回され作品らしいけど、前世ものとしての収まりは結構いい。
密は過去に囚われず、過去に戻れるとしても今生きている鳴神が大事だから拒否する、理都は過去をも自分の一部だと言い、前世の人格を受け入れる。
理都に改めてアタックしてことごとく裏目に出る序盤とか面白かった。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-09 07:06 | 少年漫画 | Comments(0)  

真夜中は相思相愛/村上左知

高校生カップルの話は良かったな!
シチュありきな感じのかわいさが。名前呼び。

表題作はそこまで。
でも飄々とカムしてわりと楽に受け入れられる、村上さんの特徴が拝めてほっとした。
好きです。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-09 07:05 | BL漫画 | Comments(0)  

推しが武道館いってくれたら死ぬ1巻/平尾アウリ

アイドル×ドルヲタ百合……。
いや、私読むしかないでしょう……。
平尾さん苦手だったけどこれは推せる。


徹底したひっどいディスコミュニケーション!!
どうにかはやく通じあってくれという思いが募っていく……。
「わかりあえない」のは好きですけどこうただ誤解しあってるだけのすれ違いの場合「わかりあえない」こと自体は特に好きでもない。
ので、誤解を解いてちゅーをするんだ!!
いやえりぴよ完全ヲタ目線だけど。見返り求めなさすぎだからすれ違ってるんだけど。
そのへんの求めるものの相違のわかりあえなさなら大好物ですね……そりゃあれだけ塩対応なら嫉妬くらいするし……。
舞菜の妄想のえりぴよへの手紙返信めっちゃ萌えたわ……素直になったら好きって言えるんだよ……!!

Cham Jamの規模感がよくわからん。
……って思ったけど地方ドルか、なんとなく掴めた。
なんのイベントもないワンマンで整理券番号300近くいくのかと勘違いしてたから混乱したのだ。
公式あだ名ないのかな!まいにゃって呼んでるんだと勝手に思ってたよ!
ブログがグループひとまとめでメンバー交代制とか芸細かいなと思った。
あ!あとメイト特典ブロマイド!!こういう細かさ好きだよ!!

しかしこう「漫画だから」「百合だから」ぎり許される感あってよかったな……。
えりぴよほんときもいもん……。
握手券買い占めはわりと厄介でないかと思うんだけどそこは舞菜スルーして惹かれていくあたりわりとお似合いといえる。
ガチ恋がヲタのきもさとしてでなく(そしてガチ恋ヲタが王道というのを否定し)「ファンに失礼」って言ってくれるところもよかった。

ちゃんとアイドル同士の百合カプも用意してくれてるのも嬉しい。
まだ他のメンバー覚えてないけど今後に期待。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-09 07:04 | その他漫画 | Comments(0)