<   2016年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

そういえば私ガンダムシリーズで最初から最後まで見た作品初めてかも?
結構新規の視聴者多いみたいだし妥当か。

とはいえ特に中盤真剣に見てないんだよな、HDD圧迫するのでどんどん消してたけど後半少し悔しくなったり。
まだ鉄華団の子供たちの顔と名前ちゃんと一致してない……。

まあ、細かいところは置いても軸がめちゃくちゃすっきりしてるし日5だからか折りに触れて説明台詞入れてくれるからわかりやすかった。
(でも、自分もわからないくせに全部台詞で説明されると萎えるから面倒くさい)


まさに「鉄血」。泥臭さ、重たさ、血なまぐさい過酷さがよく伝わってきて引き込まれた。
「死」の描かれ方はわりと好きだったから、ちょっと最終回味方の死と「敵」の死が平等でなく少し拍子抜け。
ビスケットの最後まで鉄華団の未来を見据える死に様ね……泣くわ。

三日月というキャラを初めカウンター感が散りばめられた作品だなあと思い。結構好き嫌いがはっきり分かれたキャラだったね。
嫌いではないです。

クーアトが最高でした!!
押し潰されそうなクーデリアを身近で支えているのはいつでも折れないアトラなんだ。ハーレム中の百合は結構好きです。
フミタンが死んで、更にアトラがクーデリアを庇って死ぬかもしれないシーンまじで叫びましたし、この「嫌なところ突いてくる感」が最高だったね……からのスパダリ三日月……。
特に15話でアトラが機転を利かせて自らクーデリアを名乗って囮になる展開大好きです。
もうね覚悟を決めるフェムっ娘が本当に好みなんですよ私は。特にアトラはヒロインとして鉄華団の華を飾る給仕役で問題なかったのに、実はすごい闇を抱えた孤児の一人で、拷問に対しても「慣れてる」と言えるのがね……うわあ私アトラ好きだったんだ……。
そしてクーデリア名乗れたのはクーデリアとの信頼・絆があったからという。


絶対ね、フードが面白いですよこの作品。
そこまでちゃんと見てないけど。
三日月が単なるサイボーグに見えないのはOPを初め(丁寧だなあ)何度もごはん食べるシーンが描かれ「腹を見せて」いたからだと思うんですね。
人間味があるし、三日月の論理で、考えを持ってもいる。

最終回後に「三日月阿頼耶識のせいで視覚だけでなく味覚おかしくなってるんじゃ」って話を聞いてやっと繋がった。
三日月が生命維持と嗜好品の区別ついてない理由が。
クーデリアがフミタンを亡くして「力をつけなければ」と魚?だったかな、ご飯食べてたとき、「チョコもあるけど」と言ったんだよね。三日月。
でアトラに怒られる。これはそういう描写だったんでないかしら。
加えて、演出上、ここに三日月の「得体の知れなさ」というか、「正常人でなさ」が描かれているような気がする。

比較するとクーデリアはまったきに正しい人なんだ。
フミタンの死からの立ち直り方も、ビスケットの死から立ち直るオルガの描写と対比されるように、正常。
だから「力をつけなければ」とご飯を食べる。
フミタンの弔いとしてお菓子、嗜好品が席に供えられるのも面白い。鉄華団にとって貴重な、お菓子を。
だからこそマクギリスがチョコを弄んだりもしくはお菓子を「誘惑」の象徴として賄賂なんかをどうこうしたら絶対面白いだろうな~。

そんなところか。
最終回のガエリオの信じられないという表情が最高でした……二期も楽しみ。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-31 18:35 | アニメ | Comments(0)  

アクティヴレイド-機動強襲室第八係-

うーん、そこそこ惰性で見ていたかも。
なんだろう、全体的に漂うアホらしさとかコメディー感はわりと好きだった。
CGが綺麗だからこそ技術を無駄遣いして税金投入に第八が世間から嫌われる感も。
ああ、利権問題だけでなくもっと金回りあたりのことも「リアリティー」がほしかったのかな。
そのへんの野暮ったさ。

1話ごとの起承転結のわかりやすさはよかったよ。
キャラたちも憎めない感じが好きです。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-31 18:33 | アニメ | Comments(0)  

灰と幻想のグリムガル

アニメ。原作未読。
好きだ。毎週楽しみだった。
あらすじで興味持って、ゴブリン一匹で大苦戦する2話がすっごい肉薄していて見るのつらくて。

でも、この世界を「日常」として地道に生きていくパーティーが輝いていた。
ゆったりと流れていくだけの生活を、特別な演出なしで退屈せずに見ていられる作りなのが凄い。
そこでのささやかな心のふれあい。

「死」の挿入はお手本どおりといったところ。
でも特別な演出をしないからこそ、あそこで、パーティーでかなり重要なリーダーつとめるマナトが死ぬのは衝撃だったわ。
火葬に「それも金かかるんですか」は、すごくいい台詞。細谷さんさすがの演技。

なるほどそれも新しい仲間を迎えるコミュニティの四苦八苦へと繋がると。
そしてたっぷり墓前で死の受容を描いたり、メリィとの交流を描いたりしみじみと。
全体を通して、バストアップとロングショットの組み合わせがキャラクターたちの距離感の機微をうまく慎重に表していることが多い気がして好きだった。
何度も繰り返されるあの坂のメリィとの分かれ道。
墓前のシーンと坂のシーンを雪天候で繋ぐのも好きだな。

ランタの描き方が好き。
嫌なことをただ言うキャラにならない、ランタなりの論理で生きているのが明らかにされていく。
ハルヒロが「ランタに協調性がない」と思うのと同様に、ランタだって「ハルヒロは自分の話を聞いてくれない」と思っている。
そうそう、こう、相容れないけれどもコミュニティを運営する上で最低限のつながりを持てる、完全にわかりあう必要はないって言ってくれる作品が増えている気がするのは時代の流れかな、息ができる。安心する。
だからこそラスト助け合うことができるラインに。

風呂のぞきのシーンはランタ以外の男の子が倫理観ちゃんとしててほっとした。
風呂場を映さなかったのもよかった。
こういう地道な作品で下手なお色気はいらない。
でも色彩の、陰影の付け方がエロかった、評価しよう。


ゴブリンやコボルトたちも彼らの世界で日常を生きている姿を見せる、ハルヒロたちのほうがただの侵略者ではないか、「生と生の戦い」の哀愁が常に漂っているのがこの作品の魅力を押し広げている。
このへんの折り合いを見てみたいし、彼らがどこからどうやって来たのかという謎も気になるので原作を……読もうかどうしようか……。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-31 18:32 | アニメ | Comments(0)  

僕だけがいない街

リアルタイムアニメ、よほど真剣に何回も見返しているのでないと細かい箇所忘れてしまうからまとめ感想書いてこなかったんだけど、今期はやろうかなあと。
来期もやるかどうかはわからんけど。
今期は豊作でした。
アニメ版僕街。元々原作ファンです。


これはいいラストだった。
アニメとして上手く原作から離れてまとめた感じ。

まず1話の構成が素晴らしくて。
これはこういう話ですよ、という作品説明1巻分をここまでぎゅぎゅっと盛り込んだかと。
そのおかげで疾走感が出たし、それでいながらダイジェストにならずに要所を押さえていて。

まあ、でも、原作の再構成演出で面白くなるタイプではないなあと思っていて、実際その通りだった。
でも心配だった声優さんは中々よかった。土屋さんもまあ慣れた。
小学生編でモノローグてか心の声だけを大人声で、とか、「……声に出てた」を重ねるとかは好き。
あと、心理描写をコンテで構築するのはよかった。
例えば愛梨の家の火事場から逃げて橋の下で愛梨と再会するときの、壮大にぐるっと回り込むカメラとかは、漫画ではできないことだし。

八代のサイコパス感が薄れたのは残念だけどまあ致し方なし。よくまとめた。
しかし八代の15年は悟だけが生き甲斐で――突然のBL。
屋上で、自分の意思で手を離す演技はよく伝わる。

雛月かわいいな、悠木さん好きです。
まあ演出が生きてないなと思う回もあったけど概ね面白かったです。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-31 18:31 | アニメ | Comments(0)  

リカーシブル/米澤穂信

うっっわあああめっちゃしんどくて面白かった……。


米澤作品読むと自分の許容できる鬱としんどくなる鬱の種類がわかるな……。
自我否定とか、「特別な自分というアイデンティティーの粉砕」系はいけるしむしろ好きですもっとやれって思うこともあるけどこれは……居場所の完全喪失はおまえ……。
もう、初めから肩身が狭くて不安定で、世界から拒絶される恐怖を神経質なほど感じている主人公を描いているのに、話が進むにつれて少しずつ剥がれ落ちるように足場を失っていく様が……最後に救いとなるものはなにもないだろうという信頼(信頼です)があったから余計しんどい。
ママが放心状態で居間を出ようとしてハッと離婚届に飛びついて照れ笑いする描写……しんどい、しんどくて最高。

だから、あんなに疎ましく思っていたサトルがハルカが完全に狂う直前かすがいになる――その反転に至るまでの心理過程がすごい。


前半は慎重に伏線を張り巡らせる、なにかが異常であると警告しながらモヤモヤさせたまま進む。
そのモヤモヤが晴れる瞬間への期待と信頼を持ちつつも辛抱強く退屈をやりすごした。
そして三浦先生の事故から収束に向かって加速していくにつれどんどん引き込まれ、ひとつの伏線が回収された瞬間の、快感。
この構築が病みつきになる……。
そしてメインディッシュの謎解きの、渾身の勝利の確定。明かされてく真実と繋がる一本軸の心地よさ。
しかしそれだけに留まらず、ハルカが疎外されたこの世界でこれからも生きつづける諦念も、織り混ぜて。
ああ上質なエンタメ大好きだなあ……。

不思議な現象→種明かし→しかしひとつだけ現実的とは言えない不思議な疑問が残った……というラストは定番だけど、米澤さんはすべて堅実に現実でまとめる作家だと思ってたので、少し驚いた。
ともかく旅のお供の小説として最高でした。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-28 15:19 | 小説 | Comments(0)  

ブログタイトル変えました

前タイトルが「自分用メモ」で、その名のとおり自分があとで読み返す分類用備忘録用につくったブログでして、その意味でふんだんに活用しているんですが。

でもブログってすごい検索性高いネットサービスだなあ……と、ふと。
エキサイトブログといえども検索結果2-3ページで普通にヒットするしそれで「自分用メモ」って内にこもったタイトルは恥ずかしいのではと気づいたので変えました。
新居昭乃『VOICES』の歌詞より「ひとつめの言葉は夢」。
大体こういうタイトルは昭乃さんの曲から取っている。
最近一周回ってこの曲大好きです。

ブログの書き方は今後とも紹介なしでネタバレありきのひとりごちる方向で変わらないと思います。
読んでくれてありがとうございます。あまり読まれてる実感はないけど。
好みが合っているなら購入の参考にしてくれれば嬉しいです。特にリバ。特にリバ。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-22 22:42 | Comments(5)  

さんかく窓の外側は夜1巻/ヤマシタトモコ

ああこれBE×BOY連載なんだ!
てっきりマッグガーデンあたりの少女漫画系マイナー誌かと。
ニアBLっていうかBLですね。作者がそう明言してくれたから安心して読める。
こういうBL面白いなー可能性は無限だよなー。
エロい。
完全にセックス。しかも人前。
なんか意味があって肩噛み首筋舐めたのかと思いきや平然と「興奮してつい」笑う。
背後からの肩噛み、大好きなBLシチュだよ!

霊にまじで「ただそこにいるだけ」の怖さがある。
なんかそういう独特の手触りを感じられる日常風景を描くのが抜群に上手いよね……。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-22 20:39 | BL漫画 | Comments(0)  

聖の青春/大崎善生

この淡々と読みやすい文章が好き。
ノンフィクションだそうだけど、将棋のことなにもわかんない私でも作中の空気を感じ取れていて、なんだか当時の将棋界や関西あたりの人情事がそのままパッケージングされているみたいだった。
村山聖という人となり。
常に死を見つめ死と付き合ってきたがゆえの冷静な眼差しが時折もたげる瞬間にびくりとなる。
偉大というより、強くて強情で、しかし愛され静かに惜しまれる人だったのだなあと。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-22 20:38 | 小説 | Comments(0)  

乙嫁語り7,8巻/森薫

時間の都合上1-3巻、7,8巻という微妙な感じで読んだ。
なにしろ百合を求めて……。

姉妹妻の契りを交わしてのち「私より親しいひと作っちゃ嫌よ」と独占欲発露するのは萌えました。
が、むしろ、ポリガミー的関係という点に着目した。

最初アニスが退屈な結婚生活で夫に縛られる窮屈さを感じて女友達を欲したのかと思って、そこからの解放としての百合、という見方をしてた。
けど夫もすごく良い人……。しかも愛妻家。
これで夫が取り残されるのはなあ→シーリーン家庭事情でめとることに→アニスも夫もシーリーンに嫉妬しない→この妻にしてこの夫あり……
の流れが!
この世にモノ規範があるからこそ面白い物語として成立するカウンターになっていて好き。
めちゃくちゃ平和なポリガミーだ……!
てか、百合において男は脅威だけども、男を支配的な嫌な奴として配置してそこから逃走する女二人――っていう百合は見たことないんだよなあ 。
レズビアン映画とかは範囲外だけど「男性作家はそういう構造を描くが女性作家は男も良い人として描く」という話はどっかで見た。


そして噂にたがわぬ画面の豪華さ。
繊細だあ……。
本当にこういう装飾好きで仕方ないんだろうなという作者の愛が伝わってくる。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-22 20:37 | その他漫画 | Comments(0)  

いつでも君の傍にいる/安曇ひかる

すっげーー何から何まで余さずテンプレだった。なんか感心。


BLにおける社会的地位の高い当て馬はみんな受けへの執着心が異常で狂ってるよなーーー、
と思った次の瞬間なぜか不用心にもたまたま開いてる玄関の鍵、に笑った。
個人的BLあるあるの一番がそれなので。
からの、一旦本編一区切りしたあとの後日譚が嫉妬からの勘違いからのすれ違い――て、テンプレすぎてすげえ。しかも座薬。
いえ、好きですテンプレ。
キャラもテンプレ記号的で理解に助かる。
でも本当にまっすぐなテンプレだから苦笑してニヒル視点になって入り込めなかった部分はある。まあいいけど。
しかし大体バイ自認は節操なしなんだよな。はあ。


キャラの感情が展開に埋め込まれている感じで「はい、こう展開したんだからこういう感情を得ましたね」と提示されてるだけのように思えてしまい。
お節介の攻めにお説教されて植物状態の父の受容をするとかそれで上司への性的依存から抜け出せるとか。
でもまあこれデビュー作?だっけ?
『明日も愛してる』みたいなしんどい感情を描けるようになるんだからすごいよね。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-22 20:36 | BL小説 | Comments(0)