<   2015年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧

 

資本主義から市民主義へ/岩井克人/三浦雅士

あっ好きだ。

何気なく手に取った本だけど思想が自分に合いすぎ。いい出会いをした。
「モノでありヒトである」二面性を受け入れるところとか、IT革命は技術が物事を決定したのではなく世界が革命を必要としただとか、「自分の意思で動くときそれは自分を使役すること、所有することである」とか、エピメニデスのパラドックスを真理形式の不完全性ではなく「命題の真偽が非決定であるという命題が真である」と解釈するとか。
特に「建設的虚構」のところであああああ好きいいいいいってなった。
そうなの!虚構は現実の正反対ではないの!
虚構がモノとしての実体よりも遥かにリアリティを持つことがあって、それを信ずるがゆえに現実に影響を与えるの。
私はその中に生きていたい。

そして岩井氏は言語・法・貨幣は社会的実体を持つ建設的虚構だと言う。
一定の社会の中で実体という力を持つもの。




本質にあるものは無。自己循環論法。
産業資本主義は(地域、階級的格差に基づいた)労働力を無限にあるものだと規定したけどもイデオロギーに過ぎず、利潤は差異からしか生み出せない。

無だけれども無意味ではない。「社会的実体」を持ち効力を発揮する。
正直仮言定理とかなんだったっけ?ってレベルの知識だったんだけどそれでもわかる話を筋立てて語ってくれたからわりとすらすら読めた。

人間の自由は法で初めて現実化され、経済の自由は貨幣の存在があってこそ。
そこで取りこぼしている自由への運動を受け入れて、いつしかその自由は国家(法)か資本主義(貨幣)に吸収されていく、という市民主義のメカニズムめっちゃわかりやすいな。

市民主義な……あはは。
カントの定言命題的倫理が思想ではなく真理となった社会が市民社会であると。
人権を身にまとっているという考えが浸透してる成熟した社会……絶賛逆行中ですけど……。
マイナンバーとかな?派遣法改悪とかな?
自民党の改憲草案ぞっとしますね?
個を失わせようとする働きだからな。遠ざかってる。

そしたら長谷部恭男さんの「民主主義の暴走を止めるための立憲主義」を引用しててちょっと面白かった。
この書は2005年発行なので「民主主義の暴走=集団ヒステリー化する=民衆を信用しない」って話に持っていってるけど、現在だともうちょっと違った見方をしたいですね。
「民衆に選ばれたのだから何をしてもいい」と勘違いする権力を止めるための立憲主義を。

結びが「『資本社会から市民主義へ』という考え方がたしかな力をもたなければならない時代になってきている」だったけど、10年経った今でも、今こそ、だよなー……。
[PR]

by jinloturu | 2015-09-13 15:16 | エッセイ・評論他 | Comments(0)  

glee ~4話

見始めてしまったよglee。とりあえず第1シリーズは時間かけてでも見る予定。
なんか思ってたよりポリティカルコレクトじゃなかった。あくまで思ってたより、だが。

石井さん目当てで吹き替えにしたけど吹き替え声優さん錚々たる人たちだった。
それでwiki見たらフィン役の俳優さん亡くなってるのか……。なんと……。



めっちゃ面白かった。
うまく生きられない人たちの群像劇、最高に好き。
キャラクターたちが生き生きしてる。最初は記号的だったアメフト部やチア部のハイカーストの子らがどんどん肉付けされていくのたまらん。
クインがチアユニフォームを脱ぐ(=記号を捨て素顔をさらけ出す)瞬間が楽しみ。

ミュージカルシーン毎回楽しみ。かっこいいしほんっと歌うっまいな。
私でも知ってる名曲だらけだしなー。

ティナのメイクが好きだよ。
だって日本ドラマじゃあの典型的中日韓顔であんなメイクできない。美しくかっこよく魅せて奮わせるためのメイク。好き。



しっかし実力至上主義だなー!アメリカへの偏見強化されたぞ。
カースト主義へのレジスタンスなんでしょうけど、役に立たない人間はいちゃいけないのってなるよな。
gleeのメンバーたちの歌の才能って端から前提にあるし、カートのキッカー能力なんか最たるもの。

まあ泣いたけどな!
いや音楽流して踊りながらっていう自分のやり方突き通して認められる瞬間はたまんないでしょ……そういうの大好きよ……。

しかしいちばん政治的に正しくないだろってなったのはゲイの描き方だよね。
性自認と性的指向を混ぜんなよ。女っぽいゲイもそうでないゲイもいるし女っぽいからってゲイとも限らないよ。
……っていう指摘をしてるCM、アメリカでやってなかったっけ??
まあこれ2009年か。LGBTの人権意識怒濤の勢いで変わってるし今はもうちょっと違うのかなどうかな。
でもそこ限定で言えば場合によっては日本のほうが理解進んでるんじゃ?

そしてそしてカミングアウト至上主義な。
この作品のテーマにも「本当の自分を晒け出す(そして人に認められる)」があると思うんだけどゲイカムしないと人と本当の絆は結べないって言っちゃうのは暴力だと思うんですよ……。
だってゲイカムって本人じゃなくて周囲側の問題じゃん……。
このへんはアメリカとの価値観の相違を強く感じる。他のゲイを描いた映画とかでもそうだった。

まあ泣いたけどね!笑
親にカムして受け入れられる展開はいつでも弱いのよ。うわあ幸せだって思う……。
そしてそういう感動シーンをさらっと流しちゃう早さもわりと好き。


でも「同性を好きになる人はふつうにいる」っていう意識が根付いてるのは羨ましいなと思った。
[PR]

by jinloturu | 2015-09-13 15:15 | その他 | Comments(0)  

政治の修羅場/鈴木宗男

ボトムアップだねえ。
「先生」の考えを先回りして読み取ることが優秀な秘書となるわけか。
とある仕草をしたら煙草がほしいということ、そしてそれに従わねばならない、みたいなのって面倒くさいよ……。
でもそれが日本的なのだろうか。

「総裁選の賄賂を受け取らない。金で動いたと思わせない、気持ちで動いたと思わせる」(下手に義理を作ったら縛られる)とか面白い駆け引きだなー。


全然小泉政権時代を知らないけど、北方領土、「政府が四島一括変換方針のところを鈴木氏が二島先行に無理矢理進めた」わけではなく「ロシアの情勢に従い二島先行でという政府判断に従ったら世間から批判された」の、?
だとしたら面白いよなあ。とかいう話ではないけど。事実が事実と解離する。
それで田中氏が四島返還を要求したらロシアに付き合いきれんと放り出されふりだしと。
政治って緊張するな。物語としては面白いんだよ。
[PR]

by jinloturu | 2015-09-13 15:14 | エッセイ・評論他 | Comments(0)  

喜安浩平の世界

……は??え?は?
一体私はなにを見たんだ????

…………中の人自ら公式そうかずだと……?????!



だって「作劇家喜安浩平」の作品として買ったんですよ。
『幕が上がる』でももクロちゃんの魅力を広げてくれたことが嬉しくて何度も見返してるんですよ。
むしろファフナーお渡し会イベントで「『幕が上がる』書いてくださってありがとう」とか空気読めないこと言ったのも私なんですよ。
だから買ってみたんだ。確かに石井さんとか松本さんとかキャストなんだ~ってポイントは、あった。


めっちゃ萌えたじゃん……。
どうするよこの押さえきれない感情をよお……。
聴き進められなくて何回も一時停止した待って待って待って待ってと言いながら……。
はあ、ええ、ありがとうございます。

3が掛詞として上手くて好き。爽やかに総士を振る一騎、ありえなさすぎて萌える……。
喜安さん、総士に聞こえなくもない声の出し方絶妙でしょ。

掛け合いは爆笑ですね。
おしり痛そう……ああ優しくしなよ……。




しかし『インタビュー』はストレートに不愉快でしたね~。
卑猥とセクハラは違うからな~ここ大事。
構成の仕方とかディレクターの演技とかは好きだけど。

『感覚』が好き。
あのノリと盛り上がりと尻すぼみとフォローと気まずさ。
あるある感。観察力の為せる技だわすごい。

『修羅場』はオチを「おかしみ」だと思ってるならちょっとやだな。
喜安さんほんのりホモフォビアとミソジニー持ちな方なので。(『自転車』が奇跡的に同性愛そのものを笑いにしてないから安心して萌えられてほんとよかった)
アニメーション面白い。声優さんの顔がアニメに。
間の取り方とか最高だった。


てかどれも掛け合いが面白いな。
得意なんだろうな。
[PR]

by jinloturu | 2015-09-13 15:13 | アニメ | Comments(0)  

今夜はきめるぜ!/剛しいら

『今夜はのるぜ!』のほうがつまんなかったから流し読み。
あっじゃんけんで決めた……!
そしてリバ詐欺ではなかったよかった。だがトラウマ由来の不感症とな。
なんとも微妙……。楽しめよ。開発しろよ。
[PR]

by jinloturu | 2015-09-13 15:12 | BL小説 | Comments(0)