<   2015年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

あやつり左近

アニメ版。昭乃さん参加作品14作め。
正直そんなに面白くなかった……。

ミステリーとして派手なトリックがあるわけでなし、謎の解明を通して人間のリアルな闇や良心を炙り出す心理劇なわけでなし。言ってしまえば、凡作。
無駄にドロドロした関係が繰り広げられるやつな。
殺人の動機付けもなんだかなーと。「悪事がばれたから」とか「復讐(あまり感情移入できない)」とか。
「この中に殺人者がいるかもしれないのに一緒に居られるか!俺は別の部屋に行く!」を聞けて満足。

最初の廃校の話は犯人があっさり自殺して終わったけど、飛騨の幽霊話は自殺を試みるも逮捕される筋書きはまあ好き。

・廃校
・二面鬼とタレント旧友邂逅
・人形師復讐。右近修理。猫の死
・紫陽花の色。殺人道具の日本刀が折れて自刃
・ファラオの剣アリバイ崩し
・薫子の見合い。能の跡継ぎ問題殺人
・医療ミスで復讐。死んだと思ってたのに生きてた。ビデオ
・左近跡目を継ぐ。絶えた対抗家系の復讐

こんな人形ミステリ連作短編。



しかし左近はかわいかった。
事件の解決時に説教しだすのは鼻につくけど、年上のおねーさんたちに予測不能にいじられたりしてわたわたしてるのとか最高。
右近が焼失してしまったかもしれないとなったときの動揺ぶりとか目覚めそうになったよね……。
性別無性かなって思ったが男自認っぽい台詞はあったな。

お母さんの「疲れてるんじゃないの?」に返す、「いえ。そんなことないですよ」の台詞がめちゃくちゃかわいくて……。
「そんなこと」の言い方がね。緒方恵美さんですよ。最高。



昭乃さんの起用そんな合ってもなくね?って思ってしまったけど、物語を締め括るイントロ付きEDのしとしとと砕けるような儚さはとても美しい。
かと思えば殺人ビデオの男の悲鳴からぶつ切れる形で「叶えて……」とウィスパーボイスの導入には唸ったね。
最終回ED2番は拳を振り上げる。
2番限定でAメロに跳ねる琴の音が綺麗で!浮き立つね!
『叶えて』こんなに聴いたの初めてだから「その指で……」の含んだ感じの歌い方の良さに気づけたのは収穫。
[PR]

by jinloturu | 2015-07-25 06:34 | アニメ | Comments(0)  

キミのとりこ/村上左知

作風ちがうなー!
こんなのも描いてたんだなー、村上さん。BL要素うすっ。
再婚両親死亡後兄弟もの、脱走逃避行もの。
逃避行ものはまあ好きかな。

一編だけあるBLは結末わかりきっててふつう。
[PR]

by jinloturu | 2015-07-25 06:14 | BL漫画 | Comments(0)  

追想五断章/米澤穂信

そんな面白くなかったけど米澤節だ。
骨組み土台を緻密に作り上げて後味はけしてよろしくない。
「図書館で蔵書が出されるのを待つ間」とか「電車の乗り換えシーン」とか、なんか冗長だな?いるのかこれ?って描写が目立ってたけど、芳光の冴えなさを演出するためだったのか……。?
芳光の物語がどう絡んでくるかと思いきや「非主人公の愁い」だもんな。


リドルストーリーを軸にしてきて、結末がわかってしまえば味気ない気分を体感させておきながら、最後に「夫婦間に愛があったかはわからない」という終わりはまあ美しい。

結局のところ叶黒白は自尊心に負けて可南子が真実を追えるようには遺してしまったんだよなあ。
そこで結末を入れ換えられるように細工をしたからといってその苦労は一目で見破れてしまうと。
いや、どっちを選択してもいいという配慮か。でも配慮する時点で選択肢ひとつだしな。
叶黒白の意図がいまひとつよく見えない。
せめて死んだあとでくらい溜飲下げたっていいだろうというところか。
[PR]

by jinloturu | 2015-07-23 04:33 | 小説 | Comments(0)  

ぼくらのへんたい 8巻/ふみふみこ

おい亮ちんがすっげかわいいぞ。
夜中に目覚めてまりかの寝顔眺めて「さむっ」とか。
告白きたわー。
確実に亮ちん歩みを進めていっている。
よかったね……。


おばあちゃんに「青木まりか」と紹介したところはとても良かったのに「女(?)ってそういうの好きだよな」の小さな書き文字うぜえ。残念。
まりかは完全女自認で、今まさにそれを亮ちんも認めたから「青木まりか」と紹介したんでしょ。
それをしといて「女(?)」はただの作者の差別意識の露呈だわ。
よく見かける表記だけどそれする人は差別だってわかってないんだろうな。
[PR]

by jinloturu | 2015-07-23 04:32 | その他漫画 | Comments(0)  

湯神くんには友達がいない 7巻/佐倉準

最近面白くないなーどうしよーと思ってたけど今巻面白かった。
修学旅行中の遭難イベントがこんな低テンションで描かれてるの見たことない。
いい感じにみんな右往左往しててこっちも疲れる。(感情移入的な意味で)
噂話のからくりも面白かったし。
とりあえず百瀬さんの好感度上がってよかったねちひろ……?
[PR]

by jinloturu | 2015-07-23 04:31 | 少年漫画 | Comments(0)  

戦姫絶唱シンフォギアG

ああああああ!
見たかった百合!!!
これこそ求めていた百合!!!!!
「戦わない」未来をどう描ききるべきか、と。


未来がみんなの想い託されたギア?を投げ放ったシーン、めちゃくちゃ感動して涙溢れまくった……。

未来が響を守りたくて響が戦わなくていい世界を望んで戦いに参加して、結果死から響を守って、戦わずとも守る方法を学んで、最後にそれ……。

去年あたりから「守る」の非対称性についてずっと考えてて、ブログでこねくり回したりしてて、ここでも緒作品で度々言及してたわけだけれど、ついに完璧な答えを見たよ。
男女でこそ見たいものではあるけど、百合だからこの展開にできるし、こうであってほしかった。
GXで未来がどうなるか楽しみです。追い付いてよかった。




しかし「見たい」のと「萌える」は違うんだな。
いえ、一定以上は萌えたんですけど、こう、はまりこんでいくほどではなかったなーと。残念。
百合的に好きなCPどれかなって探してたんですけど、マリアとナスターシャに萌えたよ……Oh……この年齢差百合は新境地だ。ナスターシャ……。
切歌と調の大好きだから絶叫は、うん、好きだよね……。この二人の曲好きだ。

博士の噛ませ感とか男二人の超人ぶりは笑う。
[PR]

by jinloturu | 2015-07-19 09:29 | アニメ | Comments(0)  

出口ゼロ 8巻/瀬田ハルヒ

百合だーーーー!(喜)

ゆみかがさ、集中的に攻撃されててさ、大好きな夕日にとどめを刺されてしまうのに夕日はゆみかを全面的に信頼して……だ、大好きだ、この噛み合わなさ。
ここでやっぱりゆみかも信頼してたよってなっても美味しいけれど、それだと2巻のときほど熱くたぎる萌えにはならないんだよな。
でも便利キャラに堕さなくて良かった。
ここでまじで心折れてたって知ったなら私のときめき指数振り切れるわよ。


でも、そんなに早くめちゃくちゃになってしまうものなのかね。
モデルの囚人と看守実験だってあれ全く面識のない人たちでやったから早々に壊れたわけだし。
って思っちゃうとそんなにときめかなくなるな……。


咲良との再会がわりにあっさりだったので何かと思えば裏があったか……。
裏があるって確信しなかったのは何気に「おっとだれが抱きついていいといった?」の一幕があったからだよなーと。
ここで咲良のキャラを深めておく手腕、さすがだ。
[PR]

by jinloturu | 2015-07-19 09:28 | 少女漫画 | Comments(0)  

この音とまれ! 9巻/アミュー

形こそ違えど全エピソードワンパターンで飽きてきたな……。
そんな悪役ばかり配置するのはどうなの。
さとわの家と跡継ぎの晶はまあわかるけどそれなら妃呂の一悶着とかいらなかったんじゃ……。
全国行くなら他校のメンツとのぶつかり合いをもっと見せてほしいなあ。

演奏シーンの魅せ方は相変わらず重厚で好き。
「基本 徹底的に叩き込んでやろうぜ」がかっこよく演出されて巻の引きになるの面白いな。
[PR]

by jinloturu | 2015-07-13 22:20 | 少年漫画 | Comments(0)  

戦姫絶唱シンフォギア

あ、守り合う百合だ。
凄い。
響は未来たち日常を守って、未来は響の帰る場所を守る!
囮になるって抱き締めた場面がめっちゃ好きです。
対等だから。
百合=対等っていうのは受け入れがたくて、守る→守られるだけの関係はそんなにぴんとこないのね。
守ると思ってたら守られてたみたいなのは状況次第。

で、戦わない未来が戦う響を「守る」ってそうくるかー!と思ったわけです。



めっちゃ肉弾戦で笑った。
ていうか悠木碧さんが歌うっていうの見て初めて知った。悠木さんの歌声好きなの!だからうれしい。

女の子だけの作品って百合的に好物なキャラ出てこないんだな、ってやっとわかった。
物語を回すためのベストなキャラ配置だとは思う。
うーんもったいないな。百合を楽しめないのが。
響の無神経さがキャラの深みを作るかとわくわくしたら全然スルーされてしまった。

純真無垢なヒーローだったわけですね、響は。
でこそ「生きるのを諦めちゃだめ」がクライマックスとラストに繋がるのはきれいだった。
最初の奏は「ここで出てくる台詞かそれは」と思ったものだけど、この日常を守る響とか、墓場でノイズに襲われモブを励ます未来とか、美しいなと。
ラスト奏に励まされて目覚めて「立花あああ!」と咆哮してタワー壊す翼は、過去を受け継いで未来へ託す、この作品のテーマそのものということでよろしいか。

ふつうにそこそこ面白かったのでGも見る。
GX予約してないけどまだ2話までしか放送してないからネット配信で間に合うはず……。
[PR]

by jinloturu | 2015-07-13 22:20 | アニメ | Comments(0)  

ボクラノキセキ 12巻/久米田夏緒

わー読み返してないから何がなんだっけ。

槙そーくるかって感じだちょっとショック。

皆見と春湖は「一緒に戦おう!」まで昇りつめたんだなーと。
春湖→(守る)→←(大事にする)←皆見
っていう対等は男女ジェンダーに基づいた対等で、本当に同じラインに立てたからこそ「一緒に戦える」のだと。

で、槙は旧来のジェンダー立場に沿って男(七浦)に守られるしか術がなかったからその中で立ち回ろうとしたところを女(悠)が手を取ってくれて。
だからシスターフッドを描いていくと思ってたのに、七浦への情、少なからぬ好意はあったんだーっていうショック。
でも槙は対等を求めるからこそ七浦ともそうなれる、そうなりたいと思っちゃったんだよな……。
からの決別で、色んな形で対等を希求し肯定する作品であればこそ、ここから七浦の考えが変わっていくのかなあ……。


なんか前世は地球っぽいですね?
えっそれ言語わかるんなら超ラッキーじゃん。そういう文化圏はまた別なのか?魔法のこともあるしな。
体の大きさは変わんないみたいなんだよなー。ぼく地球に引っ張られる感想だ。
あ、前世の記憶蘇ってもやってること違うから秀才にはなれないって描写、好き。
[PR]

by jinloturu | 2015-07-10 06:37 | 少女漫画 | Comments(0)