<   2015年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 

ヘンな論文/サンキュータツオ

面白い。
こういう、ヘンな、誰もそんなことしないだろ!っていうことやってる人とか、好きなものに多大な熱をかけて惜しまない人、大好き。
それを「論文」というファクターから見ていくタツオさんも凄いな、と思う。
読んでて、去年やった歌詞分析をきちんとした論文にしてみたくなった。(分析分類方法明記してないし雑なとこ結構あるので)
あとリバBL分析も早くまとめたいんだよなあ……。


感動したのは『「コーヒーカップ」の音の科学』。
研究とはなんたるか、統制条件を整えては比較する、そうして初めて真実が浮かび上がってくる。
気の遠くなるような作業だ。


『「浮気男」の頭の中』、この研究対象の6人ポリアモリーだろ。
研究対象条件の「夫婦関係に不満がない、奥さんとの関係は良好、奥さんへの愛情がある、彼女とも真剣」、
まんまポリアモリーの条件である。
言い換えれば「モノガミー社会におけるポリアモリーの苦悩とその昇華過程」というところかね。

そのためタツオさんの最後の一文はイラッとした。
「世の奥様方! くれぐれも旦那さんの前を、裸で「びー」と歩かないように」p52
歩こうが歩くまいがポリアモリーには関係なかろう。
無知ゆえの言葉にせよ、夫の浮気を妻側のせいにまとめる偏見の露呈がみっともない……。

でもポリアモリー研究においての価値はあるよな多分。タツオさん(浮気を羨ましがるシスヘテロ男性)の紹介方法含めて。
無意味なように思われることが実は役に立つっていうのも熱い。

前人未到の湯たんぽ研究は熱さの極みよね。
江戸時代に歴史的空白があるとかその考察とかめっちゃ面白い!!
培ってきた研究スキルを全投入して湯たんぽ調べあげるとか……伊藤さんの人生凄すぎる……。



こういうことにアンテナ張れるのは魅力だよなー。
いいなー面白いなー。
膨大な研究の限りを、その精神を、こうして伝えてくれるタツオさんの役割って結構貴重だ。
最近東京ポッド聴いてないけどこっち聴こうかな。
[PR]

by jinloturu | 2015-05-16 19:56 | エッセイ・評論他 | Comments(0)  

ライアー×ライアー7巻/金田一蓮十郎

言ったあああああああ!



このザックザック話が進む心地よさが金田一さん……前巻あたり停滞気味だったから心配だったけど助走だったのか。

透本当に気づいてなかったんだな。いやはや鈍感すぎる。『ニコイチ』と同じか。
汗だらっだらの湊wwwwwお腹痛くなるほど笑ったわ!これ以前の別れ話の透との重ね合わせなのね!
その上「愛してる」のコンボ!!ダメだ最高!!ww

でもそっかー。
透からの別れ話は意外だったな。
ちょっと言い訳きつい気もする。
最大のカミングアウトが保留に……言うんですか、言うんですか?
でもこれの次回には言えないんじゃないかな。まだ。

照れる透が可愛すぎる。(私の一番好きな透は湊に近づけないの解禁されて服引っ張るところ……)
別れ話にルームシェアに告白に、大イベントばっかだ。
状況こんがらがせ要員で用済みされた塚口さん本当に不憫。
[PR]

by jinloturu | 2015-05-16 19:55 | 少女漫画 | Comments(0)  

ココロ図書館

日常系アニメを倍速せずに全話見たの初めて……。
それは面白かったからではなく、むしろ苦痛であることも多かったのだが、義務感からです……すべては音楽のために……。

やー音楽は合っててとても良かった!!
保刈さんまたアニメBGM担当しないかなあ……。
要所要所の使われ方もばっちりで、盛り上げるここぞという所に良い転調がきたりするんだ。
ただ三度流れた『空につづく坂道』のうち二度がバイクメンだとは思わなかったww
12話のめっちゃ良いシーンで、バイクメンのアップに合わせて昭乃さんの声が流れたのは笑った。
後の一度は4話、イルカのシーン。
10,11話の2曲、サントラ入ってないやつだ。
11話冒頭の曲好きだ。二度と音源化される機会ないよな。かなしい。


内容について。
突っ込んじゃダメなんだろうな……それとも突っ込みながら楽しめばいいのか……というこのご都合展開。
だから最後市の助成金おりないから図書館閉鎖ねって話になってびっくりした。
まあ解決もご都合だったので一安心。最初は苛々してたのに倒錯したな……。


もー……キャラの心が清すぎるの苦手です。
まぶしくて。
平坦な、チラシ回、姫宮きりん回、水着回、司書研修回なんかは苦痛だったけど、ひかりちゃんお母さん回から三姉妹お父さん回あたりはまあまあ見れるようになった、かなー。

いいな姉のシスコンぶりが徐々に狂気の沙汰に……。
姉妹百合がそもそも好きじゃないのもあるが、なんか大体白けてしまった。
こころがいない日の放心、狂い方、うぜえ……。肉親への異常な依存心苛々する。
だからこころが帰ってきたこと以外の方法で立ち直ってくれたのは良かった。

最後のこころの恋ほのめかしなんだこれ。こころのナンパ手慣れ感うける。
特に意味なく車イスキャラが出ることには好感。

何気に声優陣豪華すぎる。
当時はそうでもなかったのかはわからんけど主役からちょい役まですげえ。
そして三姉妹のお母さん役絶対市原由美さんの兼ね役だと思ってたのに沢城さんの兼ね役だと?!
恐ろしい……。

「怪盗じゃなくてお助けファニートータスじゃねーか」の独り言なぜだかめっちゃツボった、、、

[PR]

by jinloturu | 2015-05-14 06:03 | アニメ | Comments(0)  

ハイ☆スピード! 1/おおじこうじ

『Free!』二期終わった後買ったけど積ん読してた。
買うほどではあるが、読むのは先伸ばしてた程度の微妙な興味だったんだよ鮮度高いうちに読めよって感じだ。
2巻も買ってたから読まなきゃ……映画公開までに……。


なんとも平坦、そういう印象。あくまで『Free!』のサブテキスト。
水泳描写もそんなスゴイスゴイ言ってるだけで伝わってこなかった残念さがある。専門用語わかんないのもあるけど。
しかしアニメがこの原作を愛しリスペクトしてることはわかって、ほんと綺麗に昇華したねえ、と。
亜紀誰だよって思ったらほんと……アニメにいちゃいけない配置なんだって……徹底排除が怖い。
そしてメインキャラの肉親なら許せるこの感じはなんなんでしょうね。
アニメにおける江ちゃんと貴澄の入れ方はほんと凄いと思う。


真琴のドストレートな、宗介のねじ曲がった「やべえぞこいつ」感こわかった……。
ほんとに遙のことしか考えてねーな真琴?!
なんだろう熟成された年代物の情念みたいな……私結局怜渚に落ち着いた感あるのでなんだろう一歩引いてみて怖いなこいつら、って思いました。
なんか2巻はもっとやばいらしいのでがんばって読む。
[PR]

by jinloturu | 2015-05-13 02:08 | 小説 | Comments(0)  

魍魎の匣 上/京極夏彦

別につまらないわけではないけど特別面白くもない。
評価保留って感じだ。中下巻も読まないと。

登場人物には色があって中々好き。
とりわけ木場が良いな。抜けている感じ。
外を取り繕って、中身の空虚な自己イメージ。


しかし何故百合小説ってこう自己陶酔に走るんですかねえ……。
相手に自分を見出だして愛すナルシストばっか。
レズビアン小説も同様。
生まれ変わりですか、そうですか。
[PR]

by jinloturu | 2015-05-12 19:53 | 小説 | Comments(0)  

楽園追放 - Expelled from Paradise -

面白かった!!

前半は退屈だった。
説明台詞は頭を滑っていくしね。
加えてヒステリックでバカにした態度の女、そんな女を諌める余裕たっぷりの男。
アンジェラが加減を知らずに暴れちゃうけど失敗して不良に捕まったところをかっこつけた演出で助けるディンゴ、もうその構図、反吐が出る。
調子づいた女のモブレはエロ同人でしか見たくないですし。

アンジェラがあんまり露悪的(てか無知蒙昧)に描かれるものだから、地上を見下した口調で語られるディーヴァの素晴らしさが後で
「あんたさ、ホンモノの素晴らしさを知らないのか」
的に作中否定されるのだと思うと、「いやディーヴァめっちゃ良い所じゃん」と反発したくなって。

とまあ、前半はそういう描き方と退屈さに苦痛を感じていた。


しかし後半、「ディーヴァはメモリの奪い合い、社会の檻に入れられる」と明かされる星空のシーンから一転面白くなった。
世界の見方、価値観の広がりの追体験。王道だけど、そういう否定の仕方で良かった、と思った。
そこから一気に話が加速しラストまで駆け抜ける。

人ならざるものが人らしくあれるって演出弱いんだよ~卑怯だよ~。
フロンティアセッターかわいいよ。
ディンゴとの対話を楽しんで、
「宇宙は寂しいだろう。一人で飛びだして行ったら後悔してたんじゃ」「その観点はありませんでした」
これも価値観の広がりだ。
コミュニケーションの楽しさを知ったフロンティアセッターが宇宙で何を夢見るのか。
最後の最後、昭乃さんの『HAYABUSA』『Lost Area』が脳内に流れた。
ディンゴに誘いを断られて、「それは致し方ありません。ですが……」と続けてしまう未練がましさ……!!
フロンティアセッターかわいいよ。

「楽園」って皮肉の意味なのかなと思ったけど、水島さんと虚淵さんのインタビュー読んだら素直に受け取っていいみたい。
「メッセージは"多様化"」と聞いてびっくり。え、あれディストピアとして描いてるつもりなかったの?!
ならもう少しディンゴに「ディーヴァは自分には合わない、地上が合う」と言わせても良かったのでは。
いや「多様化」とは文脈的にはフロンティアセッターみたいな「人間」がいても良いでしょ、という話だったけれど。
そのへんに関しては王道だなあ、と思うので、もう一歩進んだ「社会に迷惑をかける存在がいてもいい」と言ってくれる作品が見たいなあ。
この作品で言えば役立たずで凍結されるパーソナリティ側の物語というかね。


アーハン好き!かわいい。
球体がメカニカルに変型していく映像わくわくする!
戦闘もかっこいい。
サンドワーム撃墜時の、スノーボードのハーフパイプセクションを滑るようなカメラの動きの爽快さったら!
フルCGも凄かったね技術的なことはわかんないけど。CGでこんなに違和感なく溶け込むんだ。
なんか尻が人気らしいけどエロさで言ったらアンジェラの髪の動きの方がよほど印象的だった。エロいよあれ。
[PR]

by jinloturu | 2015-05-12 12:36 | アニメ | Comments(0)  

ひまわりさん 1巻/菅野マナミ

む。絵がかわいい。まつりのボブが絶妙にかわいい。

ほんわかした日常、読みやすく魅力的な画面、人間や本への暖かいまなざし。
素敵だなあ。

とは思いつつ、続刊読むかどうかは縁次第かしら。
百合未満な状態で続くようだし。
[PR]

by jinloturu | 2015-05-09 20:10 | ショート・ギャグ・オムニバス | Comments(0)  

地球防衛企業ダイ・ガード

絶対一定の需要があるロボものだ……!


「一回の起動で膨大な金がかかる」とか「でも怪獣を倒したことによって企業の株価が上がって元が取れる」とか「戦闘で壊した民間人の車が経費で落ちるか心配」とか「飲酒後スクランブルが出て焦る」とか「開発した武器がライセンス取ってなくてあっさり軍に取られる」とか「自衛隊の実弾発射は法逸脱と国会審議」とか、
ロボアニメへの突っ込み所を見事逆手に取って突っ込みきってめっちゃ面白い。
金とか利権とか野暮ったい!野暮ったくて最高!!
最後までクレーン組み立てしてほしかったな~。


ついったー時代にやってたら絶対『坂本ですが?』とか『ダンジョン飯』的ジャンルの人気の出方してたと思う。
まあこれだけロボアニメが興隆してるのに確かにこれが10年代まで出てこないというのもおかしな話だ。
それに、ここ数年のロボアニメは技術進化に応じて戦闘シーン洗練されてるからかっこよすぎるんだよな。
そういう技術が「存在してしまう」中でこの泥臭く間抜けな戦闘シーンはつらそう。
いや見せ場はかっこいいけども。特にラスト良かったな。


最初、いぶきさんが赤木か青山と恋愛関係になったら嫌だなと思ってたけど、全くそんなことなく良き同僚関係築いてて感動した。
ていうか主人公いぶきさんだった。その成長物語は父の死の消化と義親子関係の改善という手垢まみれの題材ではあるが。
でもお父さんの最期の目まじで歓喜でイっちゃってて笑った。
そして女体へのセクシャルな視線が一切ない!パイロットスーツすらあのダサさ!素敵。

「災害派遣は自衛隊の二番目の仕事に過ぎない」「ずっと二番目やってるほうが良いでしょう?」
って会話後、ダイガードが足元氷で固められてしまった時に、自衛隊が持ち前の機動力で壊しに、融かしにかかったところが一番好き。



でも赤木が短絡的に軍を目の敵にしてたのが疑問だ。
軍の面子がどうとか仕事が取られるとかより、重大な戦闘を軍ではなく一企業に任せていいものか、国は何で単なるサラリーマンを危険に曝してるのか、ってなるのは当然の流れでは。
それでダイガード奪い返すだのして都合のいいように活躍しちゃうからなんだかなーと。

最後は「自分に出来ることをやる」って結論出したみたいだけど別にその根底の思想は最初から変わってないし特段成長描写にも思えないので、謎。



しかし視聴方法限られてるのがなー。
私も見たいと思ってから今月dアニメストア入るまで5年以上待ったし、バンチャ見放題も3月に終わっちゃったし……。


昭乃さんが参加してるの挿入歌だけなのよね……。ぜ、贅沢!
菅野さん繋がりでだったのかな??
21話『偽りの記憶』あたりでも流してほしかったなー。
あとファフナースタッフ沢山いて面白かった。
[PR]

by jinloturu | 2015-05-09 19:38 | アニメ | Comments(0)  

狼と香辛料 二期

なんでそんな中途半端な終わり方にしたのだ……。
もうちょっと構成なんとかなんなかったん……?
そして原作読み返そうと思ったら5巻持ってないと気づいてモヤモヤ継続中。


しかし全体的には好き。
昭乃さんのOPが聴けるってだけで幸せだ~。
初めてアニメのキャラデザを見たときは少し落胆したけど、ホロの色気や狡猾さ等多彩な表情が完璧に再現されていてとても良かった。

「原作ちょっと忘れてるから良い感じにカタルシスある」見方をしていたが、アマーティ編は原作から大好きすぎてばっちり覚えていたためか面白さは半減。
あと「……すまぬ」で立ち去ったロレンスの心情が開示されなかったのも原因かな。

いやー三期。来ないだろうねえ……来てほしいけどねえ……。
[PR]

by jinloturu | 2015-05-08 02:02 | アニメ | Comments(0)  

オウム真理教の政治学/大石紘一郎

「理論的な教義体系に惹かれた」と語る(元)信者が多かったから教義内容気になってたけど、そんなものかと拍子抜け。
例えば「コーザル界、アストラル界、現象界」があると仮定して、そこから説明を組み立てていく、というもの。
だから幽霊は「現象界から下位アストラル界を覗いたもの」と説明できる、と。
じゃあアストラル界ってどうやって説明すんの?って疑問が沸く。
いや、それそのものは中々に面白い話でそういうのわくわくしながら聞きたいけど、揃って「教義が理論的」と言うのならもっと根拠がしっかりした凄いものを期待してた。
逆に言えば他の宗教ってこういう説明すらできないの?
キリスト教とか確かにもっと抽象的だったような……?

まあ修行方法が明確だった、って魅力のほうはわかるけど。


『言語ゲーム』。
わかりいいネーミング。
アイヒマン実験知ってりゃわかりますね。戦中は日本全体が「特殊」な言語ゲームの中にいたと。
創造した新語によって本質を覆い隠す……。
仏教の「四量無心」のひとつ――「捨」(平等心)を、「聖無頓着」と訳し、麻原は「事に心を動かさず、自分のすべきことをしなさい」と教える。
単なる無頓着を「聖」に変えた、という『言語ゲーム』。
なるほどなと。
"カルト化"とは言語ゲームからしていくのか。
[PR]

by jinloturu | 2015-05-03 23:29 | エッセイ・評論他 | Comments(0)