<   2015年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

空と原/O.B./中村明日美子

さーすがBL金字塔。
っていう。
『卒業生』読んでから大分時間経ったからちょいちょい忘れてるけど意外と覚えてた。
草壁と佐条カップルはいちいちきゅんとするな!
『空と原』では他カップルに?って感じだったけど『O.B.』で踏み込んでて、それぞれ良かった。
なにより空気感だなー。

アニメ化っていうのがテレビアニメだったら間違いなく見るな、と。
[PR]

by jinloturu | 2015-03-20 00:18 | BL漫画 | Comments(0)  

犬神さんと猫山さん 4巻/くずしろ

5巻も出るんだ~嬉しい。
百合度がどんどん上がっていく。
奔放×ツンデレってそう好きでもなかったんだけどなんか相馬さんと猪里さんは良かった。
てかどのカップルも好きだな。
犬猫だけだと思ってたんだけど。
ラブコメだからですかね~。
恋愛ともつかないギャグコメよりこっちのほうが好きだ。
[PR]

by jinloturu | 2015-03-20 00:17 | 百合 | Comments(0)  

放浪息子 15巻/志村貴子

完結巻だけ読んでなかったのか私。

淡々と変化していく日常、心地よかったな~。
するすると丁寧に織り込まれていくきもち。
ここで終わってしまうのは、ずるいとも思う。
二鳥くんが苦しむのはこれからだから。
美しいところに焦点を当てた物語だから、これはこれでいいんだけど、でも、いいの?って部分はある。

最後の安那ちゃんの「じゃあ私はレズビアンになるってこと?」はとてもいい。
カテゴライズを遊んでる感じが。
[PR]

by jinloturu | 2015-03-20 00:16 | その他漫画 | Comments(0)  

ちょびっツ/CLAMP

全巻一気読み。
ちぃめっちゃかわええ。
アニメのED、昭乃さんの『サリーのビー玉』ver.が好きすぎて『ニンギョヒメ』の直接的な歌詞を昔は馬鹿にしてたんだけど、読んだ後だと結構募るものがありますね。
アニメはちらっと序盤見た程度だったので。

SFの嗜みロボット三原則。
それに縛られないように、っていうのは、パソコンを隷属させず意志尊重するってことかな。
代わりのいないたったひとりってこと。
それって漫画的にはとても素敵だ。

「たったひとり」「アタシだけのヒト」。
その価値観自体はわりと受け付けないんだけど、多様なカップルを用意してそれでも本須和はちぃを選び取る図は好き。

「気持ち」というのが思い込みであると言ってくれるのも。

てかCLAMPかなり久しぶりに読んだけど、コマの中に美しい一枚絵入れるこのセンス……何度美しいと思ったか。
10年以上前の作品でもこの気品が薄れてないのが凄い。

でも裕美ちゃんの前で何度もパソコンの話振っといて「優しい人」はねーだろwと思いました。
[PR]

by jinloturu | 2015-03-20 00:15 | その他漫画 | Comments(0)  

変ゼミ 1,2巻/TAGRO

あっダメなやつだ。
犯罪のオンパレード。

最初は「これ私の趣味に合わないやつだな」で終わろうとしたけどやっぱり恐ろしすぎるので積極的に否定してく。
この否定を「あーわからない人にはわからないし気持ち悪いだろうね(笑)」みたいに捉えられるのが一番嫌。
NTRスカトロボディサス等変態そのものへの嫌悪感はないんだよ。全裸着ぐるみとかはわりとそそるし。

そういうエロ漫画だったら読めたと思う。
ていうか、世界観として、全員変態だらけの変態集団が仲間内で変態なことしてるだけだったら全然読めたはずだ。
例えば水越さんだらけならね。

でもこれ、フツーの日常世界にあるちょっと歪なゼミの犯罪行為が看過されてますよって話じゃん。
仲間内以外も被害に遭ってるのがほんとダメ。
その一線すら守る気ゼロ、誇りもクソもねえ作品。

下着泥棒、盗撮、露出、セクハラ(と言うにもひどい性的虐待発言、行動)、家の合鍵勝手に作って不法侵入……。
Amazonのレビューに「軽犯罪集団」と書かれててくらくらした。軽くねーから!!!


主人公の配置がすげー気持ち悪い。
性的虐待に「何で私このゼミ入ったんだろ……」とか拳骨一発で終わり。
犯罪者の犯罪行為見ても犯罪されても好意冷めない。
盗撮協力のために友達を売る犯罪者。
なのに、「フツーの女」として描かれてるのがほんっと気持ち悪い。

不法侵入されて課題と名目の強制猥褻(てかもうレイプ同然)受けて「お嫁に行かなきゃ」オチでギャグとして流されるとか、まじで、はあ?!?!!

そういう世界の話、とは捉えられない。
何故ならこの思考回路は確実に現実の世界に存在するものだから。
「嫌がるふりをしてるけど本当は興味津々な女」像。
やめろ。
そういう都合のいい妄想を松隆に付与して犯罪を許させながら「フツーの女」として描くのやめろ。
[PR]

by jinloturu | 2015-03-20 00:14 | ショート・ギャグ・オムニバス | Comments(0)  

同居人の美少女がレズビアンだった件。/小池みき

あー良かった!とても!
このラフさ。
まきむぅ観察エッセイとしても、ニュートラルに配慮された気安さのあるセクシャリティ漫画としても、面白かった。
レズビアンを「レズビアンとして」ではなく「その人として」扱い接する助けになると思う。

しかしギャグ色強めとはいえ改めてまきむぅと森ガさんのなれそめからその後の展開すげえな……!
[PR]

by jinloturu | 2015-03-20 00:13 | その他漫画 | Comments(0)  

蒼穹のファフナーEXODUS 10話 希望の地へ

一騎やっと人間の食べ物食べたあああああ
エメ美羽身長差ほぼねえええええ



正直この二つに意識持ってかれた……。のでここからいこう。

今週のフード:ロードランナー、楽園ブレンド
ザ・同じ釜の飯!
ラムネすら飲まなかった一騎がコーヒーを!
良かった!!!!
黄泉のものを食べるとあちら側へ行ってしまい、こちら側のものを食べると踏み留まれる、それです。
フェストゥムを食い、コーヒーを飲む一騎さんは、実は総士よりも人類とフェストゥムの架け橋となれるんじゃないのか?っていうのは早計?
もっと煮詰めよう……。
まあまだ固形物は食べてないんで不安というか疑問はあるんですけど、生きるために腹に入れるっていうことが大事で、何より描かれていない時にも一騎は食べていたんだ、ときちんと想像できるからめちゃくちゃほっとしましたね可愛かったし……。
なんでみんな両手持ち!取っ手あるじゃん!寒いからね!かわいすぎか!!

ここで弓子さんと対比させるのが小憎い。
「何も」食べない、寝ない。
睡眠大事って気づいたの8話なんで今週の睡眠はまあやりませんけども。
人間とはどういう存在かを浮かび上がらせていき、HAEで曖昧になったフェストゥムとの違いを明確にして、そこから落とし所を探るんですね……。

食、睡眠ときたらまあ三大欲求的には性欲ですけど、そこで言う性欲は性愛と生殖と種の保存をごっちゃにしてるから嫌いだなあ……。
と、思ったら、種の保存(次世代継承)ってファフナーに通底するテーマじゃないですか。
手を変え品を変え散々描写されてきたんだわ。
食に関してはEXODUS10話までで既に無印全部の倍以上のごはん出てきてる。掘り下げる余地が沢山あるんだ。



そして遂に!エメ美羽に光が!!!
ハグ!ハグ!
同身長だーーーーー!!
6話以来これしか関心なかったも同然です……。
ハグが基本コミュニケーションの二人。フェストゥムを通じて交信していた数ヵ月?では実現不可能だったこと。
相手がすぐそこにいるから、できること。
あのね!私身長差にはほとんどピンとこないんですね!身長僅差大好きなんですね!
そんな願い叶っていいの……?美羽が叶えてくれたの……?一総も身長僅差に萌えてるんですけど……。

真面目な話、エメリーも対話するためミールに成長させられたんじゃないかって疑惑が深まるのよね。
その限界値があの身長、あの外見だったのではと。
何せ年齢非公開だもの……芸能人かよ。
おかげでこっちは色んなパターン妄想できてますけどこちらも2話以降気になって仕方ないこと……。
4歳の美羽と同じ遊びで遊べてたのよ?
7歳くらいならあのおえかきレベルでも違和感ないんだけど、10歳くらいなら?って考え出すときりないわけで……深読みしすぎだといいけど。
だって本当にそうならエメリーの半生過酷で孤独すぎるでしょう……。

依存関係持ちつ持たれつ百合……!
しかし、「みんな」というキーワードを持ってくることに象徴されるが、必ず二者間で閉塞しない関係にあるの!!
だから私はエメ美羽が好きなんだ!!




「5秒待て」!
正直本編外でネタにされすぎて「ああいつものね……あれ?」と、ちゃんと受け取るのにタイムラグが発生した笑
これはオマージュしないでほしい。めっちゃ笑った笑
克服は熱い笑ってごめん。でもセルフオマージュしすぎてこいつら人生何度目だ感出てきた。多分また慣れる。

ヴェルシールド並みの防壁、すぐ突破。さすがヴェルシールド並み。
まあ……ミールじゃんよと。
ケーブル奔走かっこいいしぶらさがり(と言うほどでもないけど)ザインかわいい。

総士の初雄叫び……感涙!
凄い、ほんと凄い、こんな声音で、今までと全然違って、でも総士で、凄い。
「虚無の申し子」お気に入りかよ!
「消え去れ~~~!」のとこ、技名出てくるんじゃないかと思ったわ。

ていうか総士と一騎、指揮官と戦士って関係全然変わってないのすげえな……並列処理の賜物か。
一騎がマークザインになってから、戦闘中に指揮官としての総士の名を呼んだことってないんだよね、確か。
ていうか意外と戦闘データすくねえ。
でも一緒に戦ってる分総士ばっか一騎一騎言ってるのがなんか笑える。
けど片想いにならないのが絶対的信頼っていうね……。
一緒に戦うって、ずっとそういう意識でやってきて、今までと何も変わらないんだな二人にとって。
総士がそこにいることを骨の髄まで確信しきってる一騎か……。ジークフリードシステム乗ってなくてもそうなんだ……。
ザインの後ろにニヒトが付くってどう捉えればいい?
とりあえず一騎を従えて初めて総士は絶対正義になれるんですね構図的に……。
絶対正義?いや、存在を獲得?これは最終回まで保留事項かもな。
(ニヒトが振り向いた瞬間ワームにやられた時の構図は違和感あったのでもはやコンテミスって言ってくれたほうがいいんだけど……)



アショーカさんが守ってるのってシュリーナガルの人たちだけなん……?
それともバルカに近い人たちを守ってるの?
あのへん普通に逃げ遅れた人とかいるんじゃないかと思うんだけど無事かしら……。
ていうかミールが人を守るって凄いよなあ。
竜宮島のミールだってここまで目に見える形で庇護してきたことないのに。いや目に見えない空気だから守り方もそれに準じてるのか。

総士がニヒトと自身を完全に別物として認識できるのって、体がフェストゥムだからなのか、鋼の精神からなのか?
逆に一騎機体再生ってどういう経路経たらそんなことできんの……全然わかんない……。

クラウチングスタートめっちゃかっこいいし、構えたところに腕と足吹っ飛ばされたの不覚にもかわいかったし、ザインさんのお気に入り決めポーズの時ニヒトさんのケーブルが揺れはためくの好き。

すっかり実況解説役のミツヒロ笑
良い反応っぷりですよね彼。実況で食っていけます。




「いずれ力そのものに同化されるわ」のとこの美羽の唇最高にエロい……。
いいの?弓子になんの疑問も抱いてないけど大丈夫なの美羽?
弓子にミールの影響が何らかあったとしたら気づくと思うんだけど……いやそれ以前に娘として気づかないのかっていう……。
自分の望む世界を形成していく、万能の神……?
その世界の中で妄想を肥大化させてく闇落ちしか浮かばねえ。安易な闇落ち、わりと好きなので……。
でも美羽の根幹も「ここにいること」にあると思ってたんだけどなあ。何しろ齢2歳でいなくなる恐怖を知ったのだし。
一騎と総士がいなくなるって理解しても「守って」ってどういうこと??
それって今のところ戦うってことよ、相手をいなくならせるんだよ、みんないなくなる可能性だってあるのよ、竜宮島の「戦いばかりは悪いこと」って価値観あなたも受け継いでたでしょう、おはなしはどうしたの、って……
一気に美羽がわかんなくなった。

あと9話の一騎の「みんなを守るよ」の中にシュリーナガルの人、全世界の人は含まれてなかったのか、と衝撃。
やはり私は一騎をわかっていない。
自分だけが平和でいるのは燻りのもとで、だけど、竜宮島の人だけが平和でいられるならばそれでいいのか……?
「人を助けることは、悪いことなのか!」(無印4話)の一騎はどこへ……。

ロードランナーさんのそこはかとないカオナシ感。

あれ?一騎総士真矢3人揃ってまともな会話するのもしや初めて?新鮮すぎるな?
って思ったけど全然まともな会話じゃなかった……。
総士wwwこれは素直に笑っていいとこwwwwwめっちゃ笑った。
一騎に妬いて八つ当たりできるまでになったのねって感慨深さはある。ちゃんとコミュニケーション取れてる証拠。
まあこの時の真矢は対話するにはちょっと辛い状況なので……。
でも刺々しくならずに「ごめん」って言えるようになった関係!嬉しい!
後で謝れって一騎にけしかける総士くん気遣いやさん……。自分が謝ることは立場上できないからっていう……。

総士にもわかるほど弓子は変わったと。でもオルガさん溝口さんもリアクションないんだよな……総士って人の変化に敏感だっけ。
弓子さんミールに何されたん……美羽も何されたん……。
でもアショーカさんも美羽が望むこと全てを叶えるわけではなく、美羽がいなくなってしまえば本末転倒だと考えているわけですよねー。

とりあえず美羽が呼んでから織姫目覚めたのか。アルタイルと接触した時にもう呼んでた?
総士が初めて「織姫」って言った!呼んであげる日を待つ。

美羽もはっきりアルタイルの到達を悪いことと言ったのか……何がどうなってそうなったよ。
そこでニヒトを映すか、という。


遺体安置所……それ描くんだ……。
もはや竜宮島の人間の死をだけ背負わせないんだな……。
そこで言う「人類軍なんてやっぱり平気で仲間を撃つ連中だ!」は危険すぎるよ暉くん!!
"同胞殺し"の真矢が待っているかもしれないのに!!
そういうこと言ってるから一騎に勝てないんですよ……。

対して広登は、竜宮島アイデンティティー確立してるから他へも目を向けられる。暉はまだ自己愛の段階なんですね。
広登、あのインタビュー映像を編集作業で何度も繰り返し見てたんだろうな~。

やたらザルヴァートルモデルに執着するミツヒロ……。
あの英雄ぶりにころっと心酔しちゃったんだろ。でもニヒト無視でザインだけに惹かれてるかのように描かれてるのよねー。
父親はいいの?洋治のこととかどれだけ知ってるのミツヒロ?

「美羽の父親」って何その無機質さ!!こええ!!
まじで道生が守ろうとしたものとは一体!
今の弓子は美羽の願いを導くものとして存在してる?
美羽ありき、美羽第一。
って表現は今までもそうだったけど、肝心のエゴイズムの表象拳銃を手放してしまえるから……それ全く弓子じゃないよ……辛すぎる。
落として拾えなかったこと、真矢へ受け渡した意味は何だろう。
思わせ振りグレゴリ型も。

シュリーナガルからエグゾダス!

このへんから顔誰?って感じだったけど今までのクオリティを保てる方がおかしいので不満はない。
それでも背景美術は変わらずめちゃくちゃ綺麗っていう……。溜め息出る……。

シュリーナガルだって新しいコミュニティーなわけでして。流浪の民ですね。
というか今の世界で故郷に住み続けてる人どれほどいるんだ。
2万もの人間がそもそも「移動しよう」と思えるくらいには追い詰められてるわけで。
だって竜宮島の人で、島がボロボロになったからって理由で捨てられる人、いるんだろうか、という話。
それこそ私は、原発の避難勧告地域からどうしても離れられなかった人の話が忘れられない。

人の心を読むエスペラントってエメリーのことかよ!
待ってまじでエメリーなんの代償支払ってきたのよ……。
次のサブタイが『変貌』って怖いよ……いやいつも怖いです……はい……。
てかエメリーと美羽以外の「エスペラント」現れねーなー。

一騎が英雄扱いされること、感謝されること嫌いなのわかってるから会話の主導権を奪う総士!
だから一騎も気張らずラフな対応ができる……まじで良い夫夫。
良かったね皆城くんが隣にいてくれて!もし離れた場所にいたら出前届けるためだけにザインに乗らなきゃいけなくなるもんね!
これ後で何も言わず一騎がもたれかかるやつだ。はー。ツーカー最高。
いやまあ今の一騎それほどまでに燻りはしないんじゃないかとは思うんだけど。


真矢が弱音を吐いて、一騎がそれを慰めるってすっかり立場逆転じゃないですか。?
二人とも戦士だから、戦士としての力が上の方が、優位な立場。平和な日常としての二人は今はいない……。
島だけじゃない本当の平和を求めるから……。はい。言ったな。

何で移動時にさらっとファフナー乗ってるの……?
ザインニヒトだけじゃなくみんなも。
何が起こるかわからないからだろうけど、寿命縮めるんだしさ……ねえって。
[PR]

by jinloturu | 2015-03-15 00:53 | アニメ | Comments(0)  

聖純少女パラダイム/森島明子

安定森島さん。
女子高という箱庭だけれど、そこは世間と隔絶されたユートピアやモラトリアムの場ではなく、「パラダイム」を内包した世間の凝縮であれるわけだ。
校則とは即ち世間規範。

そこで少女たちは、パラダイムと、それに従えない自分の個性の狭間で揺れ動く。

本の電子化すら拒否する頑固な価値観の碧、
品行方正だけど根は全然、でものらくらかわしているユキ、
体制に反発して衝突するリリ。

この三者の配置のバランスよ。

ここでの葵の動線を見ると、最初は規範を疑うことなく従ってきて、規則破りまくりの他者の多様性に初めて気づきショックを受けることから始まり、次第に他者を受け入れいき最後には建設的に規範を変えていく存在として描かれる。

それは取りも直さずシスヘテロ価値観で育ってきた人間がアライ・アクティビストに変貌する姿である。




つまり、感動しました!!
百合に於ける「女子高」という装置の多様化。
「頑固が碧のいいところ」という多様性も認める姿勢。
アクティビストになれる葵がその理由を「単にリリが自由にリボンを揺らせたらいいなと思ったから」と述べ個人のミクロが政治的マクロに発展する点。
「署名しただけ」の荷担にも規則を変える力があると提示。

いや、いい買い物した。
唯一、ノンセクの存在が無視されてるのだけ気になるんですが、まあ、これも安定森島さん……。
[PR]

by jinloturu | 2015-03-13 13:02 | 百合 | Comments(0)  

暗殺教室 12,13巻/松井優征

おもしれえええええ。
あ、好きだわ、これ。って初めて素直にストンと思ったかも。

「RPG母さんの二周目」だけネタバレで知っていたのでその展開くるのを今か今かと待っていたのだが、期待裏切らなかった。
まずだから渚母の登場シーン、キャラデザが「フツウ」すぎてゾワッとした。
「あんたなんか生まれてこなければ」とか「酒だ不倫だ暴力だと喧嘩ばかり」とか言う漫画、正直飽き飽きしてた。
これ、こういう毒親描写を待ってた……。
「女の子じゃない」は反則だよ……キャラの性自認は尊重したいよ……腹チラ痙攣髪おろし頬染めとかどう捉えればいいのよ渚くん……!
でも、「子は親を憎まない」道徳とか、そんなあっさり母親が渚を手放せるものかとか、もうちょっと掘り下げてほしくはある。


あれ、いや、おもしれえって思ったのはそこだけじゃなくて12、13巻全編通してなんですけど。
華麗な「死神」の捌き方とかE組全体の絆とか「人を殺す才能があります」とか。
でも、インパクトが、ね。
[PR]

by jinloturu | 2015-03-13 12:58 | 少年漫画 | Comments(0)  

未熟な僕らの卒業論文/里つばめ

ナチュラルリバ最高!
このテンションで、付き合い始めでリバ前提を共有したカップルの譲り合い、素敵。

でも濡れ場唐突すぎないか。笑ったわ。一話完結ならともかくこの速度で。

最初は淡々と物語を処理していくだけでハズレかと思ったけど、初告白の淡白さとか、クセになるタイプだー。
キスできゅんとなるやつ。
[PR]

by jinloturu | 2015-03-13 12:56 | BL漫画 | Comments(0)