<   2014年 12月 ( 52 )   > この月の画像一覧

 

アルティメット・ラヴァーズ2/ぱんこ。

最初にカバー下見て「晴れて受け攻め固定」とあったからショックだったけど中はちゃんとリバで良かった。
しかし確かに鷹行の受け固定感はな~。
まー「好きだ」にきゅんときたのでよしとしよう!

もう一編はちょっと無理ある展開かなと。ここでくっつくんならもっとページ割く必要あった。
トラウマからくる性癖ってそう簡単に抜けないだろうて……。
[PR]

by jinloturu | 2014-12-31 12:55 | BL漫画 | Comments(0)  

狗神の花嫁/樋口美沙緒

花嫁もの初めて読んだなー。
あーやはりこの作者ストーリーテリング上手いな。
余すとこなく、という感じ。おばあちゃんへの想いがきちんと消化されるとか。墨田が最後にまた出てくる、それがテーマを表すシーンになるとか。それでいて引き際もちょうどいい。
テーマも一貫してるし、BL小説で伏線の体裁が整ってる伏線って中々珍しかったりする。
比呂が狗神の真名を思い出すところとても綺麗だった。
相変わらず純愛に関する見方は居心地悪いけどこれがあるから話として面白くなるんですよ。馴染もうよ。

設定も結構作り込んであって説得力にかなっている。きちんと背景を描こうと。だから切なさが際立つのよ。多少の突っ込みどころは気にしない!
起承転結が明確で、緩急づけも適当。ドラマチックな場面と日常のイチャイチャと過不足ない濡れ場。これら全部繋げる線が凄いな。
お前は愛が多すぎるぞ!w
素直な狗神超かわいい。ほんとマロンみたい。他の犬相手してるとだだーっと走ってきて自分が撫でられようとするの。
茶目っ気のある藤も好き。

あとここにも「守り」合う対等BLが。
[PR]

by jinloturu | 2014-12-31 12:55 | BL小説 | Comments(0)  

天才は総じてどうしようもない~百鬼カントクと凡人たち~/カサイウカ

イエスリバ詐欺!!
快感になって参りました。嘘です。
カバー下4コマ仄めかすだけ。とはいえ逆転ありなのかーと思うと。いや主導権は変わらないから特には……。

内容、最初のコミカルな雰囲気は好き。
四ツ森の異常なポジティブさキャラの濃さ。
でもシリアスになるにつれありきたりな台詞と展開で目が滑る……。
いいんだよ棒で……。
映画モチーフも生かそうという気概すら見えないし。
表紙裏表紙は好き。
[PR]

by jinloturu | 2014-12-31 12:54 | BL漫画 | Comments(0)  

恋をしたらどうなるの/村上左知

うおお性嫌悪からのデミセクを描いてくる恋愛漫画って意外と少ないよな!
結果的にまあアセクノンセクいない風になってしまうのはあれだが。

ヒカル吐くから青衣バケツ常備て笑
自分にだけヒカルの胃が許してくれる、無表情だけどとても嬉しいんでしょうなーて。
恋心に唐突に気づく、そのあっさり加減が大好きです。
そして一生一緒にいるために花屋でバイト始めたんだな青衣……。

読み切りも良かったなーご都合万歳。
[PR]

by jinloturu | 2014-12-28 20:56 | BL漫画 | Comments(0)  

恋人になる方法/村上左知

ヘタレワンコ幼なじみ~好き~。
基本キャラみんな受けっぽい村上さんの手にかかるとここまでヘタレるのかーきゅん。
強引にいこうとしてできなくて泣きながら告白する忍ほんとかわいい。
おつかいも迎えも拒否されて「もう俺いらない?」って言葉が出てくるのって自分の存在意義それだけだと思ってたからでしょ……。なんだよ付き合っといて……!
密かに好きな相手から恋人のふり頼まれる展開とか大好き。
周囲も自然に受け入れてくれる村上さんの世界快適。

腐男子設定好きじゃなかったけど結構いいものですね。
しかし「現実そんなすんなり入らねーよ」と言わせといてすんなり入るんかいとずっこけ。
[PR]

by jinloturu | 2014-12-28 20:56 | BL漫画 | Comments(0)  

高杉さん家のおべんとう8,9/柳原望

相変わらずほのぼのー。途中巻全然読んでないけど大丈夫だった。
久留里の実父DNAすごいな。笑
地理への絡み方が本当綺麗で興味そそられる。
久留里がちゃんと喋るようになって安心した。特に病気みたいに描かれていなかった分ね。
[PR]

by jinloturu | 2014-12-28 20:56 | その他漫画 | Comments(0)  

コンプレックスエイジ2/佐久間結衣

炎上した読み切りの再編。
ゴスロリ趣味捨てることが成長と思ってるわけではないよ、と読者に示したわけで。
いやジェンダー問題については1巻から真剣に取り組んでいたのだし、伝わってはいたけど敢えて母親として本編に組み込むことでどう展開していくか。

てか職場にバレて辞めるまで追い詰められるて……。勝手に消費されてなー。
まー顔隠さず撮って公開してくメディア批判でもあるかしら。
コスプレ界よく知らないから勉強にもなるわ。
[PR]

by jinloturu | 2014-12-28 20:55 | その他漫画 | Comments(0)  

軍靴のバルツァー7/中島三千恒

ああ……各国の思惑の絡み合いとかだめだ……。時間あるときにまた読み直そう。
戦争展開が面白いから、このクーデターどうなるかは気になっているよ。
出生の秘密、これがバレてバーゼルラントの立場が危うくなってくんですかね。
こんな重大な話、外から見える窓際で慎重なバルツァーがやるんかよって思ったが、バルツァーは所詮中間管理職でこういう場に慣れてないからこそのうっかりなんですかね。
[PR]

by jinloturu | 2014-12-28 20:54 | その他漫画 | Comments(0)  

進撃の巨人15/諫山創

殺人行為への作品としての後処理好き。
よく知ってるわけじゃないけど人殺しいくないとする作品群へのアンチテーゼだろうか。時代性かしらね。
アルミンが手を染めたから生きていられる人がいる。

利権問題。
多分色々晴れたら一気に繋がるのだろう。ヒストリア父何者。
新聞屋が決死の覚悟で真実を伝える、そういう末端から事態は革新していく展開超熱い!
ジャーナリズム不信が募ってく現在においてストレートに響いてくる演出よ。
ほんとに時代に則した作品なんだなー。そりゃ爆発ヒットするわ。
[PR]

by jinloturu | 2014-12-28 20:53 | 少年漫画 | Comments(0)  

四月は君の嘘10/新川直司

これはアニメと同時に完結したらもう一度読み直したいなー。
把握しきれてないなあ。

武士の演奏パート凄かった。演奏終わりの指先かっこえええ。良い顔してるし。
しかしまだ「友達を好きな女の子」なのか?と思ってしまう。
最初はその設定で、公生とかをりはパートナーとして強く結び付くための配置なのかとわくわくしたものですが、別に亮太とかをりが恋愛的に凄く良い感じになるわけではないし、切なさの説得力弱いなと。

椿ー!
告白したよーー……幼なじみな、な(´;ω;`)

世界は狭いんだよなあ。
公生の演奏家としてのビッグな人生の話じゃない、自身のメンタルと向き合って四苦八苦しながらミクロなレベルで進む世界。
ここでかをりが回復して、明るい未来を示唆したラストで清々しく締めてくれたらいーな。
[PR]

by jinloturu | 2014-12-28 15:46 | 少年漫画 | Comments(0)