<   2014年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧

 

SEX PISTOLS1、2/寿たらこ

わりと面白かったしきゅんとした。
かっこいい攻めとかわいい受けね……。
で性欲有り余ってる攻めね…。
王道も王道で良いんじゃないでしょうか。
盛り上がるキスシーンで爆笑できるところもBLの魅力だと思います。
「血管の中まで精子が泳いでそうな男」って表現なんか凄く気に入ったぞ!
使う機会きっとないけど好きだ!

熊樫が便利キャラに……。
異常な執着当て馬→あっさり負けて友達に→別カプの受け化て。
SF的にはわりと面白い設定だし妊娠BLのパイオニアというなら価値もありましょうが、展開の貧困さが気になる。
当て馬入れないとくっつけられないのか。男嫌い設定や一日一回言うこと聞く設定全く生かしてない……そういうの大好物なのに……。
差し引いても米国しろカップルは好きだけど。
まあ一段落したし、これから上手く転がりそうだったら続き読もうかなーとAmazonレビュー見たらボロクソだ。
まさに「展開の貧困さ」に由来するものらしい。同じこと繰り返してるだけじゃんという。
うーん。よほどでなければ読むのやめようか、ここで。
美しいままでいいです。
愛で全てを解決してるなーというのも、ありきたりだなーというのも、もっと感情が複雑でもいーじゃんというのも、冷めかかる原因だから。
だったらば。
[PR]

by jinloturu | 2014-10-29 04:53 | BL漫画 | Comments(0)  

37℃スピリッツ/村上左知

萌えた!
やはり淡々としているんだけど、千明妙にエロいし、二人ともかわいいし。
結局リバ……うふふ……。
本編でリバってなくても匂わせればいいんだなわたし……。
どっちが上だか既に忘れた。

とろけるキスの感触がなんだか伝わってくる。


『犬だって食わないお話』。『恋は乞うもの』。
ルールシリーズまたもや!わーい!
大学生になったのかな?
誘うのがね。その空気感がね。たまらん。この二人ほんと好きだ。
[PR]

by jinloturu | 2014-10-27 04:52 | BL漫画 | Comments(0)  

俺の気も知らないで2/村上左知

なるほど二つに分けたのかキンドル……。
前半部がわりと好きだったからちょっと残念~。

最初の話はそんな好きじゃないかな。

二つめは、うん、奔放になった受けだったっけ?の理由がよくわからないけどじっと待ってる攻め?がかわいかったから良しとしよう。

[PR]

by jinloturu | 2014-10-27 04:52 | BL漫画 | Comments(0)  

セキレイ

アニメ、2004年。2008年。?
今も原作連載中。


性規範つえー。
「アニメ」の文法のお手本だ。感心した。

「俺なんて……」と自己肯定感低い主人公に説得力もなく惚れて、「あなたはあなたというだけで特別なんですよ」!
空から降ってきた巨乳美少女と突然同居!
恥じらいなくポロリ! 胸揉みまくり!
戦いで上半身の服だけ切れる!
男とのキスで力に目覚める!

すげえ。
ちゃんと「あなたを守る」って言質も取れたし。
「女の子に守られるなんて~それを嬉しいと思うなんて~」とまで。
守られてばかりで、そのくせ「女の子なんだから」ってセリフも多く、家事も女がやって、戦いもしないけど前線に出て、結の力を目覚めさせる重要な役割も背負って。
って美味しいとこだけ取るのが「アニメ」だあー!って思った。

いやはや。

[PR]

by jinloturu | 2014-10-25 04:50 | アニメ | Comments(0)  

美しいこと(ドラマCD)

わたし本当に『美しいこと』好きだな……!
いやあ。良かった。
雰囲気があって。
達央さんと杉田さんかあと、他キャラのイメージがついてきたらどうかなと思ったけど大丈夫だった。
杉田さんて声かっこいいんだね……?
いや、うん、いや。

まあでも松岡のエリート感はなかったなーと。達央さんだとイメージずれる。
演技の点ではとても良かったのだけど。特にキレるシーンの、抑えきれない怒りの表現が凄かった!
泣きたいようなじれったさ。
温泉資料持ってきたときの葉山さんへの嫉妬心キレとかよく伝わってきたし。
寛末が本社に押し掛けて資料室?で「君が気になる」発言後のキレ方が特に好き。

寛末の野暮ったい感じもよく出ていた。
日常会話のラフな空気も良かったな~。

あとエロが!エロが!
私笑わずにちゃんと萌えられるんだな、まずそこ。
そんで濡れ場すくねえええ。1分もなかった?
(ハチミツ浸透圧とかCD化してたけど中身超気になるな)
それ以外のところに重点置いて切り詰めている証拠。
で、あ、良いね……。BL読んでてもいまいち男の喘ぎ声想像できなかったんだけど、ああ、良いね……。
まあ、私に声優ヲタ属性なくて良かったよ。CD追いかけ始めたら際限なくなるぞ。


まあ、色々褒めたけど、自分のセリフ解釈からずれてやきもきすることが結構あったので、この先あまり聴くことはないだろう。
えっそこのイントネーションそうしたら切なくならないじゃん、とか。
小説で文字のみな分、そこから情景を構築してるから、少しニュアンスがずれてしまうと違和感が大きくなるんだと思う。
でも、脚本だかアドリブだか、「何もあんな…」「あんなのにしなくたって……」と原作改変してくれたのはスバラシィ!
原作が「しなくたってって…」だと気づいたときショックだったもん。あ、今そこにいる寛末に伝えているつもりのセリフになってるんだ、と。
そこを! 独り言にしてくれたからとても満足。
一言、って、大事。
こんな細かく見るんだから、やっぱり、解釈違いでもやもやするドラマCDは合わないんだろうなと。
映像化であればいっそ楽しめるものだけれども。漫画のドラマCDならもっといけるかな?


あ、でもBL小説ってドラマCDと相性はいいよね。
情景描写が手薄いからストレートに「モノローグ」として脚本に落とし込めるし。
そう! BL小説の語り部には決して一人称を言わせないし言ってほしくないけど、ドラマCDだとそこを改変できるしすべきである!
ああ、凄い!
多分他の小説でもそうなってるんだろうなー。

あとBGMの入れかたちょっと気になった。踏み切りのシーンの臨場感はあったけど。
[PR]

by jinloturu | 2014-10-25 04:43 | その他 | Comments(0)  

涼宮ハルヒの憂鬱11~28話

苦痛を感じないで全話見れるくらいには面白かった。
謎が未消化だけど原作読む気にはならないかな、って感じ。
無意味なキョンのほくろ毛カット……。
みくるがキョンを籠絡するために遣わされた……とか、納得の感。
ハルヒの横暴さを、結局のところ許してしまうのはちょっともやった。
彼女が反省した上で仲直りしてほしいなあ。せめてアニメとしてまとめるには。そうしなかったところにスタッフの信条があるのでしょうけど。ハルヒは変わらない、と。
変わらない日常を描く、変わらせない彼ら、そしてそれの是非とは、意味とはって命題もあるからねえ。今思い至ったことだが。
だからこそ最終回は単調な話だったのだろう。

噂のエンドレスエイトは本当にノリなんだな……リアルタイムのファンだったらと思うと苦笑いだ。
すっげー絵コンテや演出家の見せ所だわと思うけど生憎これ幸いと飛ばしたのでわからず。
好きな演出家さんとかだったら後日見よう。
[PR]

by jinloturu | 2014-10-25 04:42 | アニメ | Comments(0)  

俺の気も知らないで1/村上左知

さらり系だ~。
作家買いでなかったらあまり印象に残らない。
ただやっぱりリバの香りが……。
大好きよ~? 作者と気が合うね~?
余裕ぶってからかってたのに相手の直球ぶりに赤面て……!
いやはやわかってらっしゃる、わかってらっしゃる……!
本当は抱かれたかった派。かわいいな。かわいいなぁ。
(ううリバウケ……。ちょっと共感もしてしまうわ……。)


もう一編も好き。
大人しそうでいてエロい受けが作者の好みなんですね。私もです!!
積極的だ。かわいいよ。かわいい。



……ん?
結局たぎってるね。
[PR]

by jinloturu | 2014-10-21 04:41 | BL漫画 | Comments(0)  

妖刀 有安杏果論/からふね

結構知らないことあった。
難儀な演技レッスンとか。


酷評ですな~。
愛するあまり、なんですけど。
他の4人より声が個性的でないっていうのは、強引ではないか?
素人目だからか?
推しの贔屓目?
充分に個性的だろうと思うのだけど……。

ただ、声が細いとか小手先テクニックの内実とか、専門的なことでは色々気づかされた。
そっかあ、アーティストとしてまだ「弱い」のってそういうことかあ、と。
感情のセルフコントロール大事っていうのもまた。

私信はちょっと私信に過ぎたかなと思う。
何様なんだ、と思ってしまいますね。一読者として。

ありプレは、先日のチビッ子祭りセトリ1番ですからね。大事に歌い込んでいく、気概が見えます。

将来これを読み返したとき沢山の克服と幸福が待ってたらいいな。

喉に全くの心配もいらない奇跡ではなく「妖刀を御しながら馬鹿みたいに笑って歌って踊る」杏果を、私たちは愛してる。

[PR]

by jinloturu | 2014-10-21 04:40 | エッセイ・評論他 | Comments(0)  

22時のルール/村上左知

『flow』。『こんな夜も、時々は。』。『Frosty blue』。『続・Frosty blue』。『誰にも見せないで』。
完全版っていうからあれが全てと思ったら違ったよ嬉しい。
理想のリバップル……!
ついでに共感もした笑
タチネコどっちもやりたくないときはないってやつ笑
スイッチ入る瞬間たまらんね!
あー今日はこっちなんだみたいな。
偏ってるときにタチやらせろよ喧嘩とか。リバでこそ。リバでこそ。
「全部」「うん そうだよね」ってところの間隔が好き。
言葉のリズムが合う、わたしに沿う作家だ。わたしはそれをとても重視する。だから村上さん好き。
まだ未収録のものがあるんだろうか……。あるんだろうな……。


なんだろうほんと肌感覚が合うわこの作家さん。
表題作も派手さや盛り上がりはないけど日常的な幸せの空気にきゅんとする。
愛を語る際言葉や行動以外の見せ方で想いを重ねるからにやけ増すんだ。
[PR]

by jinloturu | 2014-10-21 04:39 | BL漫画 | Comments(0)  

ヤってみやがれっ!/ゆりの菜櫻

あああ……ぉう。
私の求めてたリバだ……!

俺様鬼畜メガネが、自ら! 受け入れる!
すごい、この俺様に対する嫌悪感が一気に氷解した、すごい。
他の奴に使うぐらいなら俺がっていう……ええ。
超萌えたーー!
ありがとう!




しかし、ねえ。
それ以外が苦手すぎてなあ。リバでようやく釣り合いが取れる。
俺様は俺様だーしー。
ツンデレもなんか萌えなかったな。好きな部類のはずなのに。
文章が受け付けないからですかね……。
ノリも合わない。
リバと聞いてなかったら絶対読むのやめてた。
すごくネット小説の臭いがするあのノリ、だめ。
まあ徐々に慣れてきたけど、最終的にちょっとマイナスな印象、に落ち着いたくらいのレベル。
[PR]

by jinloturu | 2014-10-20 04:38 | BL小説 | Comments(0)