<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

誰も懲りない/中村珍

誰も懲りてねえー!救いようねえー!

途中まで普通に創作だと思ってて、やけに重い設定のひけらかしやな、いっそ陳腐やな、でも珍さんの力量がそうさせてないな、と思ってたんだけどノンフィクションかよ……!
漫画家志望あたりでんっ?てなって「小市さんて同性愛者なんですよね」でやっと確信。

だから私にとってはそのシーン、それ以上の意味は持たなかった。

けど後に「祖父に強姦されてたことは誰にも言わなかった」「だから同性愛者になったと思われたくなかった」ときて、うわーそっかって。
あのシーンでそこと相関関係見出だした人もいるんだろう、結果そういう人を欺いてたってことになるのか、と。
私みたいな読者、欺かれる読者、最初からエッセイだと知っててセクマイ理解もある読者、それぞれ違う感想を持たせる構造を持つシーンなんだ。
やべえ、すごい。

「強姦されたから女に走ったと思われたくない」うんうんうん!
ひゃー
いや、私はされちゃいないがね
たまらんかったわ



追記。
別にノンフィクションじゃなかったわ。
まあだとしても物凄い作品であることは確か。

[PR]

by jinloturu | 2014-03-30 04:12 | その他漫画 | Comments(0)  

とらドラ!

あれよ……。非常に親い同性関係は恋愛感情挟んだほうが萌えるけど、非常に親い男女関係は恋愛感情ないほうが萌えるんだよ……。
とらドラくっつかないでくれって願い無惨に絶たれたよね。

あー違うな。恋愛感情ない同性関係も恋愛感情ある異性関係も萌えるけどとらドラは恋愛メンタルを入れて「恋人」と明確化した関係にしちゃったのが残念だったんだわ。
現に大河がいきなりツンデレから素直キャラに振り切れちゃうし。

最初の矢印でカップリングして「家族」的関係があの二人の間にあればわたしの好みドンピシャな作品だった……。
それを除けばすっごい面白かったよ。

[PR]

by jinloturu | 2014-03-13 04:09 | アニメ | Comments(0)