カテゴリ:その他漫画( 87 )

 

重版出来!4/松田奈緒子

今までで一番良い巻だった。
安井さんが悪役でないことも。売れて初めて冒険できる。
それを読者が知った後でも、東江さんの安井さんへの印象は変わったりしない。

才能への嫉妬、これ、きついな。プロになるのが怖いって感情もなるほどとすんなり入ってくる。
それでその中田に自分の漫画で泣かれて「救い」になる。中田は、幼い頃漫画に救われていた。漫画の持つパワーを信じてる、その強さが凄いんだ。
現実は嫉妬相手が自分を見てくれずに終わることが大半なんだろうけど、漫画のパワーの前にはね。
中田の汲み取る才能に言及して説得力もあるし。

体調管理大変だろうな……。
生理のこと、結婚出産のことまで描くのは正直女性作家だからできることですね。
男性だって描けるけど、描きたいこととしての比重は軽くなるから。
家事を自然に男性がやってる描写も。
[PR]

by jinloturu | 2014-12-16 05:53 | その他漫画 | Comments(0)  

ドリフターズ4/平野耕太

やばいあらすじだいぶ忘れてる……。そのため理解できないとこ結構あった。

しかし戦いは関係なく楽しめるのがアクションものの良いところ。
いやあ!
なんてストレスフリーな画面なんだ!!
基本的に心理描写メインの漫画好きだから、視線の流れを複雑にしてる作家を多く読むわけでね……。
こう、いかにサクサク読ませるかを突き詰めた漫画、私には新鮮なんですよ。
いや、他のバトル漫画よりも魅せたいものや何やってるかが一目でわかりやすい。
信長と与一と豊久全員時代が違うからって口調も違うの、誰が喋ってるかわかりやすくする格好の設定だ。

上手下手も基本に忠実で。主人公勢は皆上手から下手へ。
何考えてるかわからん敵の土方が突然上手から攻めてきたと思ったら、それは回を跨いで負けそう的モノローグ入れるための膳立てだったことに感動した。
こういう技術がストレスフリー画面を作るんだ。
更には一層豊久の空恐ろしさ非人間的豪胆さを逸出させる演出にもなってる。

[PR]

by jinloturu | 2014-12-16 05:26 | その他漫画 | Comments(0)  

極黒のブリュンヒルデ11/岡本倫

連載長くなるんだろうな……。
頭脳戦が面白いから、今巻は一休み巻新章下準備巻って感じ。
寧子記憶喪失も、完全喪失っぽくは描かれてないからあんましんみりしない。どうせ戻るんでしょ、と。その時の展開に期待はするばかり。

孵化こえええ!
えげつねええ。
いやなんつー覚悟よ。私を食べたら佳奈は助けてとか佳奈に触るなとか!
百合の匂いがしますが生憎私のツボではなく。
女キャラの扱われ方が嫌だからなのかな。
性的器みたいな。
ついに佳奈も村上に赤面か……。

てか執拗なサービスシーンなんなんだろ。テコ入れというより作者の趣味なんだろうなって気はするけどエロさすらないから性的器感増すだけ。
[PR]

by jinloturu | 2014-12-16 04:11 | その他漫画 | Comments(0)  

僕はコーヒーが飲めない2/福田幸江/吉城モカ/監修:川島良彰

うおー。蘊蓄羅列辛いよう。
感心することもあるんですけどね。
それを物語にちゃんと落とし込めるかどうかに作者の力量出るもんね。。
少なくとも前半のバランスはかなり悪かったかと。
うーん。
キャラが薄っぺらいなーと。
生きてるキャラいない。


まあでも、「最高のコーヒーを作る」っていう明確な目標のもと邁進してる姿はわりと熱いから、続き買うとは思うけど。
私コーヒーは飲めればなんでもいいのでこの知識が必要になること多分ないだろう。

カバー裏は1巻に引き続き好き!ぎっしりコーヒー豆。
紙の質感も。

[PR]

by jinloturu | 2014-11-30 23:45 | その他漫画 | Comments(0)  

ラブライブ!1巻/鴇田アルミ

とりあえずラブライブに初めて触れた。
漫画版は他とどれだけ違うのかな?

まあ、こんなもんだろ、という感想。
あまり心理描写を丁寧に挟み込むスペースがないんだろうなって。
あらすじ自体は聞きかじりで知ってたわけだしその域はそんな出ないかなという。
アニメ見るかー。いつか。

[PR]

by jinloturu | 2014-11-30 04:26 | その他漫画 | Comments(0)  

先生の白い嘘2/鳥飼茜

ううぅーーーー……。
結局、先生、抜け出せないのか。
ただただ痛い。
なんか感想書いても薄っぺらくなるなこれ。
萩尾望都の解説が全て、という。「暴力的なのに、品が良いです」。
力強く「女」という性別の扱われ方と戦う人物すら、「選べる立場」だと切り捨て、卑屈--絶望してしまえる。
助ける、ことの、独善ヒロイズムを。絶対描くだろう。
[PR]

by jinloturu | 2014-10-11 23:37 | その他漫画 | Comments(0)  

誰も懲りない/中村珍

誰も懲りてねえー!救いようねえー!

途中まで普通に創作だと思ってて、やけに重い設定のひけらかしやな、いっそ陳腐やな、でも珍さんの力量がそうさせてないな、と思ってたんだけどノンフィクションかよ……!
漫画家志望あたりでんっ?てなって「小市さんて同性愛者なんですよね」でやっと確信。

だから私にとってはそのシーン、それ以上の意味は持たなかった。

けど後に「祖父に強姦されてたことは誰にも言わなかった」「だから同性愛者になったと思われたくなかった」ときて、うわーそっかって。
あのシーンでそこと相関関係見出だした人もいるんだろう、結果そういう人を欺いてたってことになるのか、と。
私みたいな読者、欺かれる読者、最初からエッセイだと知っててセクマイ理解もある読者、それぞれ違う感想を持たせる構造を持つシーンなんだ。
やべえ、すごい。

「強姦されたから女に走ったと思われたくない」うんうんうん!
ひゃー
いや、私はされちゃいないがね
たまらんかったわ



追記。
別にノンフィクションじゃなかったわ。
まあだとしても物凄い作品であることは確か。

[PR]

by jinloturu | 2014-03-30 04:12 | その他漫画 | Comments(0)