カテゴリ:その他漫画( 90 )

 

しまなみ誰そ彼1巻/鎌谷悠希

うああああ……いてえ!!
びしばしいてえよ!!!


これ……うん、そう、これ。
これこそ日本の「差別」と「抑圧」。こういう作品を求めていた。
未だに「同性愛は異常」という明確な言葉を用いる人もいるにはいるけど、最近はもうみんなそれはおかしいって知ってる。
でも。
明確な言葉ではないんだ。
同性愛は異常/変/ふつうじゃない/ありえない/おかしい/ネタ/笑い者/特殊性癖……
そういう価値観を刷り込ませた空気を私たちは吸っていて、そして再生産している。

っていうことをこれでもかと突きつけられてとてもいたい……!!!

「お前、"そう"なん?」
「ああ、それ?」「兄貴が送ってきた釣り動画だよ。引っ掛かってさ。」
c0348328_7255499.jpg
(『しまなみ誰そ彼』1巻p16 鎌谷悠希)

……うああああこの絵つれえええ……。
その昔好きになりかけてた女の子に真面目な調子で「同性愛って気持ち悪いよね」って言われて「まあでも自分に関係なければいいんじゃない?」って台本読むようにすらすら返したのを思い出したつらい。
「バカじゃねーのホモなんて。きもいわそんなの」
自傷行為わかるー!!
なのに好きな人に否定されるとそれをリフレインしてしこりになってしまうたすく、溺れてる、つらい。


大地さんがさらっとカムしたかと思ったら早輝さんがカムアウトしたの!?と怒るのもまた。
その昔彼女との関係を理解してくれそうな友人らに言おうよって言っても「はあ?言えるわけないじゃんお前馬鹿?」って彼女本人にあーあーあーほんとあの内面化ホモフォビアに散々罵倒されて泣かされた過去がーーあーーーー!!


瀕死。



「たすくがホモじゃないってわかってるから。」とか「襲ってくんなよ~?」とか「親御さんはかわいそうに。」とかもうやめてよ……。
リアルでビアンにカムされてもその人に対してさえ「僕、僕は「そんなの」じゃ、」という言葉が出てきてしまうのがめっちゃつらかった。
自分を殺して殺して殺してきたんだ。


早輝さんと大地さんが額寄せて結婚式の話をするのを見てやっと自分の欲望を肯定してあげられる、そして釘ひとつやっと抜いて、「好きな男の人が居る」と人に打ち明けられる……そして返す言葉は「うん。」それだけでいい。
すごい自己受容を描いてくれた……。


聞いたところによるとどうやら作者さん自身アセクシャル自認の方らしいので今後一切の心配がない。
あっでもここで恋愛感情ない人種を否定するのね残念、みたいな魚の小骨への予防線がいらない。
あと差別を「田舎だから」という描き方をしてなかったのもいい。きっと意図的。
都会にもこれくらいの差別飽きるほど沸いてますからね。


はあ。つらいけどよくぞやってくれた……!の気持ちが大きいので2巻以降も楽しみです。
ご当地漫画としての色も全面に出ていて尾道の風景がたっぷり堪能できて、まあ今ちょうどファフナー見ているのもあるのでうふふって感じ。
背景すごく綺麗。

[PR]

by jinloturu | 2015-12-22 07:25 | その他漫画 | Comments(0)  

コンプレックス・エイジ 5~6巻/佐久間結衣

「苦しいのもひっくるめてわたしは今が一番だよ」、泣く。
そう言えてしまうまでの今までのすべて。

「好きは呪いだ」。ここにこの作品全部詰まってるな。
趣味とは何か。趣味に人生をかけた人たちの話。
ああ、ウルルコスやめちゃうんだ、と落胆したけども、これが作者の考え抜いた答えなんだなあと。
物議をかもした読みきりと印象は違う。
ずっと同じように続けていくことは「できない」ものだと。色んな要素から。
公子がやめてしまう理由が結婚ではなくてまあよかった。限界を見てっていうのも悲しいし、裏切られた気持ちも悲しい。
それでも関わりつづけていく。呪われた好きを背負って。
そして公子のドレスを作って捧げる渚にまた泣く。百合だ。

渚母の友人がアンティークショップを開いてるの見て、一瞬あー仕事にならなければ趣味は認められないんだよなあと思ったけど、「仕事にしちゃえば誰も文句言えないでしょ」で考えを改めた。
趣味を貫き通す意志としての仕事、か。
だから渚の行き着く先も起業だ、と。
[PR]

by jinloturu | 2015-09-29 16:38 | その他漫画 | Comments(0)  

アルテ 3巻/大久保圭

交渉術を学びにいく、とかの、アルテの「とにかく自分で」精神好きよ。
師匠がアルテに昔の自分を重ねてたから弟子に取った、説得力と掘り下げも。
最初周りに文句言わせないためにわざと厳しくすることで同情買ってるのかな?と思ったけど師匠はそんなことしないよな。
いつもどおりの修行とな。

アルテの作業見初められたみたいだけど「やわらかな線が描けるのは女ならではで素晴らしい」とか言われたらアルテどう対処するんだろうな。
[PR]

by jinloturu | 2015-09-29 16:32 | その他漫画 | Comments(0)  

スイッチウィッチ 3巻/茂木清香

なんだろう。
薄っぺらいなあ。
特殊な力を持っているというだけで「遊び」で一国の首相を殺しちゃう若者集団、ただのステレオタイプで説得力皆無。冷めるわ。
テロやるにもかなりのコストかかるわけでそこまでやるテロリストはテロリストなりの正義があるものよ。
これじゃ無差別に殺される第二世代への感情移入もままならない。
ミホちゃんの若葉への恨みも、若葉のミホちゃん殺しも、迫るものがないなー。

生理をこうも唐突に生々しく話に組み込んでくる作品は初めて見たかも。
臭いでばれないかなとか貧血の理由付けとか。
[PR]

by jinloturu | 2015-09-29 16:30 | その他漫画 | Comments(0)  

アシさん 2~3巻/タアモ

描いてて痛くならないのかな……。
極めて軽妙な作品だけど他作家への嫉妬とか妙にこう毒々しくてリアリティたっぷりでじくじくする……。
特に30越して一番の自信作が佳作どまりだったことに限界を見て漫画家志望やめるとことかもう……。
主人公がデビューからの苦労すっとばしたのはせめて軽妙さを取り戻すため、なのかな。

BL作家さんのキャラほんといいな。道行く人の受け攻め判定すら仕事になる。
下書きを推しカプにしてあとで自キャラに修正、笑う。実際してる人いるんだろうか。
[PR]

by jinloturu | 2015-09-29 16:29 | その他漫画 | Comments(0)  

ぼくは麻理のなか 6巻/押見修造

きもいな……。
そして電話してきたのは麻理さんじゃなかったのか、結局。
一人じゃ立ち直れないのみじめね……。
百合キス……うーん。萌えないのは性自認の問題だろうか……。
やっと麻理の内面が明らかになっていくのか。親が鍵?
[PR]

by jinloturu | 2015-09-29 16:24 | その他漫画 | Comments(0)  

きのう何食べた? 10巻/よしながふみ

「いい息子じゃない」って繰り返すシロさん気になる。
結構親を支えていると思うんだけどやっぱりゲイカム周りのことがしこりなのだろうか。
仕方ない、かな。
うーん。


シロさんをしっかりした人じゃなく「責任取りたくない」感情を暴くのはよかった。好き。
あと友達少ないから孫できた佳代子さんに寂しさを覚える……ふふ。
老化の話もじわりじわりとやってきて楽しみ、だなあ。
パンケーキ美味しそう。
[PR]

by jinloturu | 2015-09-24 00:51 | その他漫画 | Comments(0)  

亜人 6巻/桜井画門

演出好きだわ~。
「クズが」「バカが」
「人は変わらない」「まあな」
好き。


「あの」のふきだしが男の頭に刺さっていることで恐怖演出するのすごい発想。
[PR]

by jinloturu | 2015-09-24 00:50 | その他漫画 | Comments(0)  

極黒のブリュンヒルデ 14巻/岡本倫

なんか段々女キャラの描き方雑になってない?
鼻につくようになってきた。

でもスパーンスパーンとストーカーなめんなは笑った。
黒羽の忘れちゃった焦燥感はつらい。
宇宙人の胚をどうするって?
もう頭脳戦やトリックは見れないのかなあ。
[PR]

by jinloturu | 2015-09-24 00:49 | その他漫画 | Comments(0)  

コウノドリ 3巻/鈴ノ木ユウ

四宮先生~~~!
「今日先生ね チョットいいことがあったんだ」
泣いた。植物状態の子供にね……。

煙草も海外公演も自然出産も、生活や人生観に密接に関わることなんだなー。
いつも奇跡の傍にいる、ね……。
[PR]

by jinloturu | 2015-09-24 00:46 | その他漫画 | Comments(0)