カテゴリ:少年漫画( 50 )

 

マギ~8巻/大高忍

政治描写が面白そうと聞きつけ手に取りました。
中東アジアか……。
王制→下からの民主化(下から……?? 上からとも言えるか、アリババが王族じゃなかったら成立しないし)への流れは順当、王道。
でも共和制って単語が出てきたり、ていうかアリババが自分で考え出したわけじゃなくて勉強した上で他国から共和制の考えを転用しようとしたり芸が細かいよ!
説得力を持たせるのに必然的な選択なのが小憎い、萌えだよ。

ここからだなー!
少年漫画的に民主主義を描いてアリババが「君たちはもう国を作っていける力がある」と演説するのは熱かった。
王族でありスラム出身であり兵士であり市民でありダンジョン攻略者で能力者であり政治家でありアリババくんひとりで色々役目負いすぎだろ。笑

1巻の最初から「元々ここはダンジョンを拠点に栄えた町だ」って紹介される、リアリティーラインの線引きが上手い。
だから政治経済的な話が現実味をもって響いてくる。ある程度単純化してるけど結構複雑なことやってるよね。
他国の紙幣が鍵になるって完全にそれを盛り込もうと思わなきゃできない要素だ。

その最初の説明で、「おっこれは攻略されたら町が衰退するフラグか?」と思ったらとりあえずそうではなく。
あとで気づいたけど兌換紙幣発行って基本的に世界は金本位制なのかー?!
ダンジョン攻略されるたび豊かな金が発掘されそれを町で使えば完全に潤う、世界豊かになる、すげえ。
「かね」が「かね」として描写される。


あとね、"運命"が絶対的で従うべきもの、命が全へと回帰するものっていう思想をここで見れるとは思わずもうけもの。
少年漫画らしからぬ、と言うには私は少年漫画に詳しいわけじゃないけど、物語が肯定するのが運命への投身で主人公側が倒すべきが「運命への反抗分子」って構造めっちゃ面白い。
それでいてカシムによって「運命」を懐疑する、抜かりねえー! いいね私はぬかりなさが大好きだよ。
回帰すべき「全」とはブラフマンがモデルなのかな? いやまあ大分違うんだけどwiki見たらアラビアンナイトってインド思想が色濃いらしいな。
運命の描き方は完全に東洋的でそこに少年漫画性をまぶしてるのわくわくするので頑張って最新刊まで追い付こう。

しかしバトル要素(肉弾戦)は基本的にあんま興味ないんですよね……困った。
[PR]

by jinloturu | 2016-11-30 01:18 | 少年漫画 | Comments(0)  

進撃の巨人20巻/諫山創

うそでしょアルミン……。
ちょっとうそでしょ……?

いや、はや、なんなんだよこの切望と痛みは。
なんなんだこの生き様は。無念は。
あまりに小さい、一人ひとりが成した、死ぬことで成した、功績はあまりに小さい。だけど大きい。それがなければ一筋の希望さえ潰えるという意味で大きい。

え、うそでしょアルミン……。
エルヴィンも死んだの?あんな無様に?
陽動て。ふたりとも陽動だよ。ただの。はー……。わかってたけど。わかってたけどさ~~進撃がこういう話だとはさーだからこそ魅力的だけれどもさあ……。
なにを背負って前に進めるというんだよ。
この絶望からの活路見いだし逆転劇からの代償の描き方めっちゃ上手いな……。
[PR]

by jinloturu | 2016-11-21 18:06 | 少年漫画 | Comments(0)  

蒼穹のファフナー5巻/XEBEC/松下朋未

ローンドッグ野郎いただきましたーー!!!


ごめん……翔子よりも先にインパクトが……ローンドッグ野郎いただきました……待ちわびていたよ……。

だってしばらくは、、模擬訓練時まででさえ、態度普通に見えたじゃん。
普通ではなかったけどアニメ版に沿っていたじゃん。
あれっこのままなのかな?小説版甲洋スルーかな??
……と思いきや。思いきやの。
模擬訓練を挟むことで毒親強調し追い詰められ度増している。
甲洋の心理描写くそ丁寧だなあ……最高と呼ぼう……。
甲洋の優しさがね。どの媒体より随一優しさ増し増しだった甲洋がね……この蔑みの目めちゃくちゃ興奮するな!!!?
待ってました。


墓の一騎の「俺は平気だ」も満点だと思いますね……そして総士もそれに突っ込めないっていう……いいなあ14歳。そこに立ち戻る。
海辺でも決壊しない、まだオチない、平気だって言い続ける。

バーンツヴェック稼働確認で甲洋が翔子から目を離すとか、リンドブルム調整中だから一騎が追い付かなかったとか、毎度ながら地味な繋ぎの説得力感心ばかりだ。

ちゃんとジークフリードシステムからのアクセス不能も新型フェストゥムも強調してるし、保さんの「大人をなめるんじゃない」を食って確固たる意志を見せる総士とか調整中のリンドブルムの性能を越えてまで追い付こうとするから翼爆発してしまう一騎の切実さの表現とかさあ……。
約束!! 一騎の約束……。
「これがやりたかったんですよね?!」感がすごい。
この、準備の整わないなかで誰もが精一杯対応してそのぎりぎりでの戦いで選択を貫いた者が完遂し翔んだ翔子に結実する。
このね、真矢ちゃんがこぼす言葉が「やだよぉ……」なのまじで真矢ちゃんのキャラが立っていて好き。
アニメはそもそも戦争の現実感がなかった子供たちの呆然が描かれたけど、そうだね、現実が迫りつつ受け止めきれない真矢ちゃんの心情は、「やだよぉ」だよ……あの顔で……。


あとさ浜に落ちてた部品、この場合マークゼクス確定になるよね? 他に破壊された機体もないし?
いやエルフの可能性もあるんだっけ?
暗夜航路ね。暗夜航路だ、一騎の一人落ちた海の安息。
泣くことさえまだできない一騎が決壊する瞬間がまた楽しみですね……。
甲洋のことが一騎を孤独に追いやり翔子のことが重たい枷になる描写を全面にやってくれると、期待してます。
[PR]

by jinloturu | 2016-11-19 23:30 | 少年漫画 | Comments(0)  

この音とまれ!12巻/アミュー

やっぱり演奏シーンの表現力多彩だなー!!気持ちいいったら。
姫坂の子たちぐっとくるなあ。
正直この作品親近感湧く人あんまいないんだけど(武蔵と晶くらいかなあ)姫坂の子たちはここへきてとても愛らしいし応援したくなる。
あと寄せ集め校出したのもよかったな。幅が広がるね。
[PR]

by jinloturu | 2016-08-25 21:05 | 少年漫画 | Comments(0)  

進撃の巨人18,19巻/諫山創

いやあおい、面白いじゃねーか!
……って毎巻初めて気がついたように言ってる気がする……。
でもちゃんと読み込んでないから真には気がつけてない、だから毎巻発見したみたいになる。座標の力ってなんだったっけとかぐぐっちゃったよ。
しかしもうすぐ20巻出るのか……いつも借りて読んでるけど次は買おうかなあ。

強烈な人生讃歌だよ。まっすぐすぎる。
世界は残酷だけど人は生まれたというだけで等しく美しかるべき存在……。
現場の限られた時間の中で選択を下し下準備した作戦を遂行する緊張感。そしてみんなの生死やいかに。

あとしおりんデザインのパクリの巨人(訴えられたら負けるやつ笑)がモブ的に活躍してて笑った。
[PR]

by jinloturu | 2016-08-02 13:23 | 少年漫画 | Comments(0)  

ノラガミ16巻/あだちとか

これも好きだったのにいまいち入り込めなくなった作品だなあ……。
ひよりんのくじけなさ、かっこよさ、好きです。
[PR]

by jinloturu | 2016-08-02 13:21 | 少年漫画 | Comments(0)  

終わりのセラフ11巻/鏡貴也/山本ヤマト/降矢大輔

わりとぱら読みだ……。
う、うん、鬼になって終わりのセラフが生まれたと。
どうしようもう完結したら読もうかなあ。
息抜きのコメディー的シーンがまったく面白くなくて逆に興を削がれるな。
[PR]

by jinloturu | 2016-08-02 13:19 | 少年漫画 | Comments(0)  

蒼穹のファフナー4巻/XEBEC/松下朋未

あっあっ翔真……!!!
あれっおかしいな私真矢ちゃんは総百合カプ化させたいと言いつつ翔子とだけは親友関係として見ていたかったんですけどおかしいなこれ無理だな翔真最高だな?!
いや百合とは恋愛のみを指し示す言葉として使ってないから百合と親友の境目は曖昧というか有り体に言って萌えるか萌えないかの違いなんですけどすみませんありがとうございます。

カットさせたドラマCDのシーンをここに持ってくるのね。メディテーション訓練の場ならボルテージ上がってる真っ最中だし真矢ちゃんが自身の後悔について思い出すのになんら不自然でない状態じゃない?そこを救われるのがSTAND BY MEの肝だけれどこれ全然違うじゃん。
「あの時」って言って瞬時に真矢ちゃんわかってしまって、しかも凄い緊張と後悔の表情で、つまり結構しこりはでかいね???
これ一騎と総士の対にさせている?
でも翔子はなんでもない日常のときにそれを持ち出して「ありがとう」って言えてしまう子なんだよーーーここだよ百合ポイントはここだよーーー!
そういう翔子補完をしてくれてありがとうございます……それができないやろうとしない皆城くん浮き彫りになるしょうがないね皆城くんだから……含み持たせて遠回りにしか言えない。
ここで真矢ちゃん救われてくれてよかったなあ触れた手は近いなあでもだからこそ残酷でもあり。。真矢ちゃんが大人にならざるをえなくなったのはまず翔子から始まるいやみんなそうだけど。

エピソードをカットして終わらせるんじゃなくてあとで繋ぎあわせるあたりどうにか全部詰め込もうとするんだなあとしかし盛りだくさんにならない匙加減上手いなあと。
ヘスターちゃん初登場テンション上がったー!いい演出。

甲洋と一騎の交流も深まっているなあ。ローンドッグ野郎わくわくする。
あとゆきっぺの「今さら何を……」で結構食らっている千鶴さん好き。
[PR]

by jinloturu | 2016-06-22 03:42 | 少年漫画 | Comments(0)  

この音とまれ!11巻/アミュー

晶と滝浪顧問の恋愛展開とかやめてくれな?!
そんなぽこぽこカップルつくってほしくない。

おばあちゃん悪役すぎてかわいそうだぞ……まだなんか絡んでくるのか……。
悪役→改心展開はさすがに飽きてきた。
ひたむきな箏曲部員たちは好きだけどさ。
すっごい地道に丁寧に練習描写が繰り返されるんだもんな……次巻、大会が楽しみだ。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-15 07:49 | 少年漫画 | Comments(0)  

密・リターンズ!/八神健

そこそこ面白かった。
なんか編集部意向の路線変更の末の打ちきりという振り回され作品らしいけど、前世ものとしての収まりは結構いい。
密は過去に囚われず、過去に戻れるとしても今生きている鳴神が大事だから拒否する、理都は過去をも自分の一部だと言い、前世の人格を受け入れる。
理都に改めてアタックしてことごとく裏目に出る序盤とか面白かった。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-09 07:06 | 少年漫画 | Comments(0)