カテゴリ:ショート・ギャグ・短編集( 37 )

 

ダンジョン飯1/九井諒子

店頭に置いてなくて、Kindleで確認したら同時発売の上にセールだったから買った……。こういうこと増えてくんだろうな。

そして面白かった。
そんな呑気に食ってて良いのかと思いつつ。
食欲をそそられるとかではないんだけどいちいち発想が面白い。罠を調理器具にとか叫ばせることで味の一手間になるとか。

長編だから仕方ないんだけどいつもの九井さんの器用でバラエティー豊かな絵柄の変わり身が見たかったなとだけ思った。
[PR]

by jinloturu | 2015-01-24 16:43 | ショート・ギャグ・短編集 | Comments(0)  

WORKING!!13/高津カリノ

完結だから久しぶりに手に取った~。
さらっと読んだけどやっぱ小鳥遊と伊波ちゃんがくっつくとこで終わるのね。
伊波ちゃん可愛いよーーやっぱり可愛いよーー。
胸ちっちゃいもんね!のとこ笑った。
[PR]

by jinloturu | 2014-12-26 15:54 | ショート・ギャグ・短編集 | Comments(0)  

くーねるまるた5/高尾じんぐ

相変わらずほのぼの美味しそう~。
しかしよく考えると「日本大好き外国人」「貧乏でも幸福なまいにち」って時代の反映だ。
りんごが落ちてくるのを一日中待ってるマルタすげえ。
ほんとに「美味しそうに食べる」顔上手いなー。食欲そそられる。
[PR]

by jinloturu | 2014-12-26 12:58 | ショート・ギャグ・短編集 | Comments(0)  

コウノドリ~2/鈴ノ木ユウ

これ一話試し読みだけしてたら読むのやめてた……。
一話だけ本当にモヤモヤした。
追い詰められて知識も得られない助けもない環境で、これから育てる自信もないのになんとか産んだばかりの整理ついてない母親に対して、「あなたのやったことは虐待です」って追い詰める産科医。
「赤ちゃんを助けたかったから救急車を呼んだんじゃないですか」って、母性神話っぽい台詞で嫌だ。自分の体が異状になって錯乱して恐怖心や不安から呼んだかもしれないだろ。
って思うのは私が赤子の立場で考えられないからだろうか。


しかしまあ、二話以降は一話はなんだったのかってくらい全方位考慮した魅せ方でほっとしたし面白かった。
「出産は病気ではないから安全だと思い込む」の重さと問題提起。
そんな危険なものなんだ……と驚くと同時に、それを乗り越えてこその感動がある。高齢初産とか母体保護のための中絶とかも。
手術シーンは概ねカットだからドラマを見せてく方針なんでしょう。
ならば社会制度への切り込みも期待したいところ。
何が正しいかはわからないとする医者漫画の肝も良い炙り出し。
多分3巻から顕在させてく展開だろうね。
しかしピアニスト設定なんなんだろ。
[PR]

by jinloturu | 2014-12-16 04:31 | ショート・ギャグ・短編集 | Comments(0)  

死にたくなるしょうもない日々が死にたくなるくらいしょうもなくて死ぬほど死にたくない日々1/阿部共実

タイトルw
コピペで済ませた。
表紙のタイトルが絵に隠れて読めないってすげえ。


意外と私タップ!のほうで読んでる話少なかったんだなー。
初見多め。

やはり一番痛いのは『おねがいだから死んでくれ』でしたね……もうなんなんだよやめてくれよ! 表紙から好きだ。
佐久田くんは正論しか言ってないのよ。田所の選民意識がただ痛いんだよ。
でも阿部さんはけして馬鹿にして終わりじゃない。そこを掘り起こすから「心がざわつく」。
佐久田くんがカースト低そうな素朴で可愛い顔してるから尚更際立つ。最初に意気投合と見せかけ落とす……、
そして時系列!!
頭の隅では前日のことかもしれないってわかってた。
でも私は「この絶望を作品に還元したのかも」と補完したがった。
最後のページで、そんな救いを求めていた自分に気づいてしまって打ちのめされました……完敗です。


『がんばれメガネ』も中々痛かった。
「あれ、実はこいつがおかしいんじゃね?」って徐々に思わせる手法ほんと上手いよな。
初めはメガネがイタいと思うもの。
阿部さんはフツウって価値観を揺るがし無化する。
『ちーちゃん~』もそれでこそのこのマン1位でしょう。
最近日本文化はフツウを見直そうとしてて良い傾向だなーと思います。
そこにあっての阿部共実人気だ。

[PR]

by jinloturu | 2014-12-15 01:52 | ショート・ギャグ・短編集 | Comments(0)  

不思議な少年1/山下和美

あーこういうオムニバス大好きなんだー。
しかもテーマが人間讃歌。
ちょっとわかりやすすぎるきらいはあるけど、私の大好きな「醜くてこそ美しい」という物語。
機会があれば少しずつ読み進めていきたい作品群ですね。
私の中では入江亜季ポジション。

しかし収録されてる3話はすべて、主人公が良い奴だから、もしこのままいくのであれば気にくわないかなって感じ。
弟殺しをしないことで、忌まわしい連鎖を止める兄は、構図として好き。弟はこれから罪悪感に苛まれる……?
2話めはゆ、百合では……!
ぶたれて安堵に微笑むってのが百合的に私大好きですよーーー!
はい!
ここで微笑んでしまうのはとてもずるい行為なんですよね。相手の怒りの行き場がなくなる。だから好きなんです。ずるい人間大好き。
それでも許してしまう主人公。
まあ大概主人公も社会的成功を得てますからね。成功者の余裕でしょう。

殺人を、殊に否定はしてないけど、結果的に「人殺しは人を守って死ぬ」というテンプレに沿ってしまうのは残念かな。
まあだから、そういう物語的な「救い」、悪く言えば「逃げ」に走っているところは見逃せなくて、3巻くらいまで読んで変わらなさそうであればやめてしまうかも。

おどろおどろしく不可思議な雰囲気はとても好き。
しわくちゃの老人が左半身だけ水に浮き音もなく川を流れるコマとか見とれますね。

[PR]

by jinloturu | 2014-11-30 02:53 | ショート・ギャグ・短編集 | Comments(0)  

返事をくれない彼氏を追い込んでます。/森もり子

こええええ。
元カノへの嫉妬とか被害妄想とか。
返事くれないのにSNSはやるのなんでって最高にうざいよな。

うん、まあ、こういう漫画だってわかってた。文句言うために読んだも同然。
無料だったからね……。
[PR]

by jinloturu | 2014-11-08 04:59 | ショート・ギャグ・短編集 | Comments(0)