カテゴリ:未分類( 4 )

 

逃げるは恥だが役に立つ9巻/海野つなみ

そこそこよかった~~~!お疲れさま!
って感じの総評。
結局ドラマ1話も見てない。どうしようかな。

なんというか、本当に、連載当初の2012年からだいぶ社会の空気は変わったよね。
確実に違うよね。
このマンガがすごい!2014で8位か。これも「自分のテイストが時代の空気に合ったのかも」みたいなことを作者言っていて、それで2016年ドラマ大ヒットと。
ぴったりと時代の感性に「合った」のが2016年なんだよな。


「呪い」。呪いな。私自身最近呪い呪い多用している。
が、この百合ちゃんの「そんな恐ろしい呪いからはさっさと逃げてしまうことね」、他のメディアで引用されすぎてこの9巻読む前にもう腹立ってしまっていたよ。
だってその呪いそんな簡単に逃げてしまえるものじゃないじゃん!それを自分の気の持ちようで逃げられるだなんて恥をかくとか以前に無理じゃない向こうが呪いをかけてきてるんじゃない!
それを世間知らずの若い娘への説教として溜飲を下げていいのか、呪いをかけてくる権力の存在(ウテナでいう蜃気楼)を無視して安易に引用し個人に責任を負わせるその神経どうなのか、結局時代の感性はここまでなのか、というもやもや。
作品内レベルではそういう呪いが解ける範囲で解けた、逃げられることだったのだけど。


まあ作品外批評はさておき作品としてはこの安奈ちゃんをいい影響も与える憎めない人として描き、百合ちゃんへの攻撃も誤解と知れたあとすぐ謝るキャラなのは好感だよね。
あとゲイの描き方が終盤だけまともになってるのもずるい~~~ここにも時代を読みとることができる~~。(ドラマ版は最初からまともだと聞いてそれは見たいんだよな)

結局平匡とみくりはマジョリティーもマジョリティーに落ち着いたのな。
っていう見方は乏しいのかもしれない、それまでの紆余曲折が『逃げ恥』を『逃げ恥』たらしめているのだから。結婚式しないし。
それでも自分達の選択として形には残したいねというカスタマイズ。婚姻して終わりではなく結婚という「生活」を切り盛りしていくラスト。
最近牧村朝子さんとモリガさんが「脱婚」してこれ時代を先取りしすぎて世間に伝わらないんじゃ……ってはらはらしたんだけど、私はこの二人にも「やっぱり私たちには婚姻パック合いませんでしたね」って脱婚してほしいかもしれない。

百合ちゃんと風見さんもな~~。
いやいいんだよ、処理としては完璧なんだよ、マジョリティーに落ち着いたみくりと平匡と対比して婚姻を選ばないかもしれないし独り身をなおざりでなしに充分根拠を伴って肯定してるし年齢という「呪い」も絡めてさ。
だから安心してあっちのふたりは結婚させてしまえる。
でもカップル化か~~~いやほんといいんですけど……「長くは続かない」って最後の最後に言い切ってるのはびっくりしたけどびっくりすること自体まあ私の囚われたもやもやではあるんだよな……だから処理は完璧なのよ。
高齢処女だって掘り下げるに値する問題だしね。実際ずいぶん作品として深まった。
結婚にしても恋愛にしてもセックスにしても挿入にしても食事にしても家事にしても「してもいいししなくてもいい」、あらゆる選択が可能になった時代、同性間結婚はその選択すらないままである時代、個々人が自らの選択でカスタマイズする時代。
あっだから平匡とみくりは名字どうすんだ!?触れないの同姓強制問題!?
まあな夫婦間平等を追求してきたのであって社会のなかにある夫婦という問題意識は薄かったけどさ……。

「これはあたしの問題であってそれを相手に背負わせるのは筋が違うと思うの」、ああだから風見さんは好きになったのよなあ。
「自分に自信がないことと僕と釣り合わないっていうのは関係がない」と冷めてしまうような彼だから。
[PR]

by jinloturu | 2017-03-21 21:47 | Comments(0)  

ブログタイトル変えました

前タイトルが「自分用メモ」で、その名のとおり自分があとで読み返す分類用備忘録用につくったブログでして、その意味でふんだんに活用しているんですが。

でもブログってすごい検索性高いネットサービスだなあ……と、ふと。
エキサイトブログといえども検索結果2-3ページで普通にヒットするしそれで「自分用メモ」って内にこもったタイトルは恥ずかしいのではと気づいたので変えました。
新居昭乃『VOICES』の歌詞より「ひとつめの言葉は夢」。
大体こういうタイトルは昭乃さんの曲から取っている。
最近一周回ってこの曲大好きです。

ブログの書き方は今後とも紹介なしでネタバレありきのひとりごちる方向で変わらないと思います。
読んでくれてありがとうございます。あまり読まれてる実感はないけど。
好みが合っているなら購入の参考にしてくれれば嬉しいです。特にリバ。特にリバ。
[PR]

by jinloturu | 2016-03-22 22:42 | Comments(5)  

BL リバまとめ

どなたからでも随時タレコミ募集です。
結構切実です……教えてください……。
:新しく追加したタイトルにつけています

2016/08/14『みずいろの町まで』ニアリバ追加
20016/09/07『二番目の男』追加
2016/09/07『両想いなんて冗談じゃない!!』ニアリバ追加
2016/09/16『スリートレース』『好きな人ほど』『ドラッグレス・セックス』『青い風の吹く街で』『花椿秘恋唄――100年先まで』追加
2017/02/27『男子迷路インアウト』『女装男子とメンヘラおじさん』『僕のかわいい王子様』追加
2017/02/27『泥沼』『泥沼~ビコーズアイラブユー~』ニアリバ追加


リバまとめ。
単体キャラのセク関係なく同一カップル間でリバありのもののみ。
※参考
【リバ】リスト (リンク先blog:BL読みの とはずがたり)

漫画
会川フゥ 『愚か者ども、愛を知れ』
青井れん 『フジワラくんとセトくんのはなし。』
青樹緫 『そんな君と僕だから』(『HAPPY DAYS』)
青樹緫 『ファンシィラブ』(表題作)
安南友香子 『花嫁は野蛮な獣に奪われる』(『ネコ×ねこ♥ラブ』)
阿仁谷ユイジ 『カンゴク69』(表題作)
阿仁谷ユイジ 『男子迷路インアウト』(『完璧な飼育』)
新井サチ『おとなりにノラ猫』(『ゴールイン!』)
      『ギリギリな僕ら』(『ケダモノ予備軍』『ギリギリだよ僕は』)
荒井よしみ 『あふれてしまう』
井上佐藤 『子連れオオカミ』(『ララルー』『チムチムチェリー』)
岩清水うきゃ 『恥辱の楽園』
梅松町江 『くるりかえせば』※単行本未収録。GUSHmaniaEX特集リバーシブル初出
小野塚カホリ 『生日快楽』(表題作)
梶本潤 『詩緒ちゃんのエロすぎる飼育』(表題作)
梶本レイカ『Call me,call.』
鹿乃しうこ 『君さえいれば…』
鹿乃しうこ 『ナツコイ』(表題作。『フユコイ』)
九州男児 『課長の恋』全3巻
雲田はるこ 『いとしの猫っ毛』シリーズ ~5巻+1巻
雲田はるこ 『新宿ラッキーホール』(『陽当たりの悪い部屋』)
雲田はるこ 『野ばら』(『BOYの季節』『ハートのイアリング』)
黄河洋一郎 『子羊たちの獣道』(表題作)
腰乃 『鮫島くんと笹原くん』※リバは単行本未収録、Cab vol.13付録小冊子にてリバ(※Cab電子版あり。Kindle、eBookJapanは小冊子付き。Renta!には付いてない?)
彩景でりこ 『傷だらけの愛羅武勇』※旧版はリバ未収録、新装版は収録
彩景でりこ 『純愛えろ期』(『小さな町の恋のプロローグ』『小さな町の恋のエピローグ』)(『はじめてのともだち ACT.1』『はじめてのともだち ACT.2』)
   『欲情えろ期』(『~エーちゃんと俺~』)
       『相愛えろ期』(『act.1 聡史×瑛生』『act.1 その後』)
笹村剛 『その肌、立入禁止』(表題作)
笹村剛 『まずは奪いあい!』(表題作)
定広美香 『ねじの回転』
定広美香 『ヤバイ目で見ンなよ!!』(表題作。『6年目の花道』)
里つばめ 『未熟な僕らの卒業論文』
SHOOWA 『縄がなくてもだいじょうぶ』
鈴木ツタ 『hand witch』(『お世話になります』)※両方向挿入はなし
すもも 『嫌煙家のテーブル』(表題作。『禁煙家のベッド』)
高瀬ろく/佐崎いま 『リバ恋。』
たりらびー 『大人のヒヨコ』(『秘密のるーる』『るーるーの秘密』)
ともち 『二番目の男』
千歳ぴよこ 『怒涛のイカせ体♥』(『愛するお仕事♥』)
鳥人ヒロミ 『成層圏の灯』シリーズ 全4巻 文庫版全2巻
直野儚羅 『Three Wolves Mountain』
楢崎ねねこ 『恋の詰め将棋』(『恋の詰め将棋R2』)
西田東 『奪う男』(『LIVE & LET…』)
     『目を閉じないで』(『LOVE・HATE』)
新田祐克 『春を抱いていた』全14巻
basso 『クマとインテリ』(『con te』『昼下がりの部屋』/『ジェラートにまつわる三つの短編』)
ぱんこ。 『アルティメット・ラヴァーズ』全2巻
ぱんこ。 『青春ティアーズ』(表題作。『青春ショック』)
日高ショーコ 『初恋のあとさき』 (表題作。『good morning』)
氷室桜 『初恋アンダーウェア』(『頑固な上司の可愛がり方』)
ふさ十次 『辣腕社長の昼と夜』(表題作)
ふみふみこ 『女装男子とメンヘラおじさん』
水城せとな 『窮鼠はチーズの夢を見る』
       『俎上の鯉は二度跳ねる』
水城せとな 『同棲愛』全11巻 新装版全8巻
ミズノ内木 『逃げ出すにはもう遅い』(『恋愛マウントバトル』。カバー下)
緑山ヨウコ 『ヤンキーと恋わずらい』(『二度目の初体験』)
村上左知 『にゃあと鳴いたら』(表題作)
村上左知 『ルールそのいち<完全版>』
      『22時のルール』(ルールそのいちシリーズ収録)
      『37℃スピリッツ』(〃)
      『朝川くんとキスをするなら』(〃)
      『にゃあと鳴いたら』(〃)
       『僕のかわいい王子様』(〃)
本仁戻 『恋が僕等を許す範囲』全3巻 新装版全2巻
モンデンアキコ 『1円の男』(『放蕩と無頼』)
         『リミッター』(『放蕩と無頼~覚悟』『放蕩と無頼+』)
山田ユギ 『死ぬほど好き』(『愛がどうした』)
山田ユギ 『誰がお前を好きだと言った』(『照る日曇る日』『暗いトンネルの向こう』)
やまねむさし 『快楽ループ』(表題作)
遊楽夏 『強引な彼と恋愛トラブル』(表題作)
吉池マスコ 『俺が世界を救う』(『傷だらけの俺』『神の騎乗位』)
       『お父さんは悩ましい』(『こけむすまで』)
わたなべあじあ 『彼氏グラマラス』(表題作。『彼氏グラマラス後日』)
わたなべあじあ 『恋愛相姦図』(表題作)

漫画 受け攻め交代・逆転
扇ゆずは 『スタアな恋』(『ラスト・サマー』)
      『スタアに愛』(『エンドレス・サマー』『ラヴァーズ・サマー』)
鹿乃しうこ 『Affair』(表題作。『あへあ2005~その後~』)
深井結己 『その唇に夜の露』
ホームラン・拳 『三十一夜』
高永ひなこ 『恋する暴君』(5巻『ぼくたちの失敗』9巻『knockin' on your door』)

漫画 ニアリバ
(リバシーン描写なし。ほのめかしorこの先リバの可能性大or作者の中でリバ)

阿仁谷ユイジ 『刺青の男』(『僕のカタギくん』『みんなの唄』)※ほのめかし
阿部あかね 『奪われることまるごと全部』(表題作)
       『好きというのになぜかしら』(『奪われることまるごと全部R』)※作者はリバにしたかった
イシノアヤ 『恋などとうに成就してた』※ほのめかし
カサイウカ 『天才は総じてどうしようもない』※カバー下ほのめかし
カサイウカ 『両想いなんて冗談じゃない!!』※攻めが受ける気満々、あとがきに受け姿イラストあり
金丸マキ/穂波ゆきね 『その時ハートは盗まれた』(『接吻〈KISS〉スキャンダル』) ※原作者の中でリバ
佐崎いま 『親友から突然告白されて困ってます。』(『恋の棘』)※元受け×元攻め。この先もリバの可能性大
嶋二 『みずいろの町まで』※同人誌にて夢落ち一部逆転あり
ともち 『泥沼』
     『泥沼~ビコーズアイラブユー~』※作者はリバにしたかった。アニメガ・文教堂特典ペーパーにてニアリバ
ねこ田米蔵 『つよがり』(『夏休みのヒミツ』)
       『酷くしないで』(『放課後のヒミツ』)※じゃんけんで勝った方が攻め
basso 『ナカさんのながれ』※ほのめかし
蜜村ハチ『リバ恋愛♂♂攻防戦!!』※攻防戦後→固定化
村上左知 『眠れぬ夜は誰のせい』(表題作)※あとがきに作者のリバ妄想
モチメ子 『やさしいエピローグ』※「抱かれてもいい…!」×「えっいいんですか」
ヤマダサクラコ 『思い過ごしも恋の内』(表題作)※受ける気満々な攻め×攻めたい受け

小説
浅見茉莉 『偏愛シンメトリー』
剛しいら 『今夜はのるぜ!』
      『今夜はきめるぜ!』
沙野風結子 『リバーシブルスカイ』
J.L.ラングレー 『狼を狩る法則』
鳩村衣杏 『部長の男』
水原とほる 『氷面鏡』※主人公のセクががリバ。リバシーンあり。最終的にくっつくCPのリバはなし
山藍紫姫子 『クリームな僕』
ゆりの菜櫻 『ヤってみやがれっ!』

小説 受け攻め交代・逆転
萩野シロ 『甘い棘の在処』
木原音瀬『WEED』
木原音瀬 『月に笑う』上下巻 ※両方向挿入はなし

小説 ニアリバ
綺月陣 『罪と罰の間 』※攻めるか……?というところで終幕



未読、未確認

漫画
青山あると 『悪魔ホストにお仕置き!』
新井サチ 『青い風の吹く街で』
石田要 『思春期男子純情系』
内田一奈 『ぼくはこのまま帰らない』全6巻 文庫版全3巻
      『して。』 全4巻
      『motto!』文庫版全3巻
エンゾウ 『ドラッグレス・セックス』
扇ゆずは 『ラヴァーズ・サマー』
岡田屋鉄蔵 『タンゴの男』
小野塚カホリ 『僕は天使ぢゃないよ。』(表題作)
神楽坂はん子 『吸殻の寝床』(『冷たい繭』『残雪』)※逆転
語シスコ 『もっともそうな二人の沸点』(『らばーずないと』)
日下孝秋 『からめ手で口説いて』~6巻
草間さかえ 『地下鉄の犬』※リバは単行本未収録、同人誌にてリバ
越谷みなみ 『ふたごっぱい』
彩景でりこ 『エロまん ~紙とペンとSEXと!!~』(『もしエロプラス』『もしエロプラス+』)
定広美香 『空気の存在』全3巻 文庫版全2巻
定広美香 『灰とダイヤモンド』全4巻
定広美香 『バディ・システム』
      『XI』※メインはリバらない?
つづき春 『Going to hell』全5巻
虎丸 『真っ赤に流れる僕らの血潮』
鳥人ヒロミ 『グッドナイト』(表題作)
七菱ヒロ 『スリートレース』
西田東 『フェイス』
浜田翔子 『夢の子供』全6巻+1巻 文庫版全4巻※逆転
はらだ 『好きな人ほど』※逆転
藤たまき 『桜並木袋小路』 (文庫版『流星と真夏のクリスマス/桜並木袋小路』)※逆転
みささぎ楓李 『鬼畜眼鏡』
水上シン 『愛玩少年』 ※逆転
みはしあん 『いっしょに暮らそ。』
本橋馨子 『ストロベリー・デカダン』全3巻 文庫版全3巻
山田ユギ 『どうして涙が出るのかな』※リバは単行本未収録、『Rutile vol.5』ルチルフェア2004応募者全員プレゼント小冊子にてリバ
山田ユギ 『人はなぜ働かなければならないのか』
      『一生続けられない仕事 2』(『人はなぜいらないものを捨てられないのか』)
よしながふみ 『西洋骨董洋菓子店』※単行本未収録。同人誌にてリバ
梨花チマキ 『花椿秘恋唄――100年先まで』

小説
秋月こお 『新ヤマトタケル伝 やまとツインズ』シリーズ 全3巻
神谷凪 『スイマー』
木原音瀬 『甘い生活』※逆転
須和雪里 『悲しきヒーロー』(『棘』)
マリー・セクストン 『ロング・ゲイン~君へと続く道~』
水無月さらら 『攻め気なあなた』全2巻
桃さくら 『DEAD END』
森内景生 『花鳥風月トラップnight』
山藍紫姫子 『堕天使の島』
山藍紫姫子 『花夜叉』 ※逆転?
山藍紫姫子 『誘惑のエメラルド』※逆転?
ゆりの菜櫻 『絶対零度の挑発』

未読。リバ?ニアリバ?単体リバ?

漫画
阿仁谷ユイジ 『目をとじて3秒』※続編の同人誌にてニアリバ
池玲文 『媚の凶刃』※ニアリバ
神室晶/高緒拾 『秘密の口づけ』
         『ランブル・ラッシュ』
         『イケナイ男』
         『抱かれたい男』※リバ?単体リバ?
神崎貴至 『本能的に、男』※ニアリバ?単体リバ?
腰乃 『隣りの』※ニアリバ

小説
英田サキ 『最果ての空』※メインではないがリバあり?
崎谷はるひ 『ただ青くひかる音』※ニアリバ
崎谷はるひ 『不機嫌で甘い爪痕』
       『不条理で甘い囁き』
       『不謹慎で甘い残像』※ニアリバ

[PR]

by jinloturu | 2015-01-29 00:00 | Comments(0)  

はじめに

このブログの使い方
基本備忘録。消費したものを忘れないための。
漫画・アニメ・小説・映画・ドラマCD・評論・演劇、商業流通に乗ったものであればなんでも放り込む。
加えて短文も長文も書きたいのでブログにしました。
印象に残らなくてもとりあえず記事をつくるため、自分の負担にならないようなブログ運営を目指しているので基本脳直。
ネタバレありきで好き勝手言う。

カテゴリ・タグについて

カテゴリは基本レーベル遵守。
BL漫画
BL小説
アニメ
小説
百合
少女漫画
少年漫画
ショート・ギャグ・短編集
その他漫画
エッセイ・評論他
その他
未分類

「ショート・ギャグ・短編集」はオムニバス・一話完結周辺全部入れてます。
「未分類」は感想・レビュー以外のエントリ。

タグ
すき、印象的
なにかしら興奮したかどうかが基準な気がするので特に厳選はしてない。星4~5つ的な使い方。
わりとそのときの気分次第でつけたりつけなかったり。

百合要素
「百合を意識して描かれた百合」「私が百合を感じたから百合」「私は百合を感じなかったけど恐らく見る人が見れば百合」が混在。

リバ
肉体リバ関係を描写したBL作品。

ニアリバ
なんかリバっぽい描写のあるBL作品、リバであることを示唆されたBL作品、私のリバ観にぴったりの作品。

性・ジェンダー
「性自認・セクシャリティ・性差別あれこれの「性」なるものを扱った作品」「「性」に関する描写が私にとって印象的だった作品」が混在。

蒼穹のファフナー
ファフナー関連。EXODUS毎話感想書いてました。

村上左知
受け×受けBLと言ったらこの人。

オウム真理教
オウム関連。好事家です。

はじめに
ブログ方針。



BLと百合が好きで無類のリバ好き。
BL リバまとめ
リバBLタレコミはいつでも募集しています。ほんと誰かおしえて……。
BLは主に商業を好み百合は主に百合主題でない作品に百合を見出すのを好みます。主に。


日渡早紀、小花美穂、津田雅美、川原泉、いくえみ綾あたりの少女漫画育ちで水城せとなを強く支持する側。
心理描写と婉曲表現が感に入ってその根源を分析しだすタイプの演出考察好き。(別口で考察ブログやってます→青い月のためいき
マイノリティーの扱い、特にセクシャリティに関してよく細かいところをねちねち言い出す。

"権力関係"が永遠の課題。
守る―守られる関係を気にしていて、これを無批判に受容せずに撹乱したり批判したりと掘り下げる作品はおそらく全部に「すき、印象的」タグをつけているはず。

[PR]

by jinloturu | 2013-01-01 00:00 | Comments(0)