有頂天家族2

日々の癒しだった。
矢二郎推しなのでいろんな化け姿が見れて嬉しかったし旅立ちわりと本気でさびしかった。
鬼とか地獄とか将棋の駒とか虎とか将棋盤の虎歯形とか叡電とか次から次へと飽きないポップな画面。

ごりっごりの家父長制を特に疑うこともなくやってのけるのを素直に見れるのはごりっごりだからですね。
賛美ではなく清濁あわせもつ日常。
根底にあるその設定がしがらみを生み波乱を起こしそりのあわないたぬきとも血縁者だから切り離せないし逆に家族の連帯というしがらみで良い感じにまとまる。

偽右衛門の立会人を受け持つ天狗のメンツとか泣けるほどどうでもいい……どうでもいいのにそれが彼らの生きる術なんだ。


通行人から画面端の街角を通りすぎるバスにいたるまで細部のモブが動きすぎて狂気……一人一人が生きている……そしてもはやどうとも思えなくなる視聴者としての慣れもこわい。
人間が生きている世界と重なっているという説得力のためだけに、しかしそれがこの作品にとって重要な要素で、狸と天狗と人の違いはまったくあやふやでありながらこれが狸というものなのだと納得感が生まれる。
愛はエゴなのだ淀川さん好き。
[PR]

by jinloturu | 2017-08-21 22:41 | アニメ | Comments(0)  

<< 2DK、Gペン、目覚まし時計。... ももたまい婚 >>