太陽の下で-真実の北朝鮮-

えっこれだけ? 言いたいことこれだけ??
二時間近くやって言いたいことこの涙だけ???

って思ったんだけどうーん。
なんかこれはドキュメンタリー=真実、という常識あってこそか。
私だって個人主義になろうとしているよ、全体主義は怖いと思うよ、だが「全体主義のどこが悪いか言ってみろ!?」って思った。言えない、撮れないのこそ怖いねっていうのもわかるんだけどうーーん。
思想統制、怖いよ、そうだね、わかりきった同じ話繰り返されてもなあ……。
こんなん自由主義国家から見た社会主義断罪映画じゃねーか、断罪するならするでこの社会のなかにちゃんと個性のある個人を浮き彫りにしようよ、作品としてうまくないよ、だから「思想押しつけ国家は悪いよね、という思想押しつけ映画」になってる気がする。
いや権力が人民に押しつけることと一ジャーナリストが権力を暴くことはもちろんちがうよ、だからそういうことで意味がある映画だっていうのはわかる、でも単なる一映画にはなれないじゃんこれ……他国からの侵害があったから極端な国家安全保障に走ったんじゃん他国が権力じゃん……。
なんだろうなあ。
うーん。意味のあるそして勇気ある行為だっていうのはわかる。
「ドキュメンタリー撮っていてさえヤラセが入る」っていう描きかたに矛盾や衝撃を感じられないだけ。てめえだって「和やかな家族写真ですね~~~……背景には金日成像が!!」みたいな演出して衝撃煽ってんじゃねーか、って私が思っちゃうだけ。批判してるつもりでいるけどブーメランなのわかってる??って思っちゃうだけ。

個人が生きてるじゃん。
あー原典サブタイにあったかどうか知らんけど「真実の北朝鮮」って煽りが嫌い。
真実、って、おおかた大衆の予想通りの北朝鮮像しかないじゃないか通念を裏切らないくせに真実もくそもねえだろって。
描き方と売り方が嫌い。
撮ったものそれそのものは貴重な資料だと思う。その編集が嫌い。
ジンミちゃんの涙で、さあ個が消されていっちゃうグロテスクさね……っていうラストっていうのもそれ自体もジンミちゃんの個を尊重してるのか?と思う。
うーーん。最後までなんとも言いがたい。

[PR]

by jinloturu | 2017-02-12 02:46 | その他 | Comments(0)  

<< 憎らしい彼/凪良ゆう 危険な二人/岡崎京子 >>