終わりのセラフ10巻/鏡貴也/山本ヤマト/降矢大輔

よ、よかった、今巻もミカエルがちらちらっと出てきて「優ちゃん……」と呟くだけだったらどうしようかと。
しかしそうくるか……「家族」だから敵でも守る……。
そのせいで死んだ人の落とし前どうつけるつもりだろう。
なんでそういうモヤる描写入れるんだろう。以前もあったからあまり信用してない。
吸血シーンあまりのあざとさに笑った。
優一郎わざわざ手首切ってあげたんだからそっち飲めよww
現場の判断で危機一髪、名古屋空港の虐殺逃れたと……。人体実験らへんの話はどう出てくるやら。

[PR]

by jinloturu | 2016-03-06 05:53 | 少年漫画 | Comments(0)  

<< トクサツガガガ5巻/丹羽庭 ノラガミ15巻/あだちとか >>