コウノドリ~2/鈴ノ木ユウ

これ一話試し読みだけしてたら読むのやめてた……。
一話だけ本当にモヤモヤした。
追い詰められて知識も得られない助けもない環境で、これから育てる自信もないのになんとか産んだばかりの整理ついてない母親に対して、「あなたのやったことは虐待です」って追い詰める産科医。
「赤ちゃんを助けたかったから救急車を呼んだんじゃないですか」って、母性神話っぽい台詞で嫌だ。自分の体が異状になって錯乱して恐怖心や不安から呼んだかもしれないだろ。
って思うのは私が赤子の立場で考えられないからだろうか。


しかしまあ、二話以降は一話はなんだったのかってくらい全方位考慮した魅せ方でほっとしたし面白かった。
「出産は病気ではないから安全だと思い込む」の重さと問題提起。
そんな危険なものなんだ……と驚くと同時に、それを乗り越えてこその感動がある。高齢初産とか母体保護のための中絶とかも。
手術シーンは概ねカットだからドラマを見せてく方針なんでしょう。
ならば社会制度への切り込みも期待したいところ。
何が正しいかはわからないとする医者漫画の肝も良い炙り出し。
多分3巻から顕在させてく展開だろうね。
しかしピアニスト設定なんなんだろ。
[PR]

by jinloturu | 2014-12-16 04:31 | ショート・ギャグ・短編集 | Comments(0)  

<< 聲の形6/大今良時 極黒のブリュンヒルデ11/岡本倫 >>