ボクラノキセキ11/久米田夏緒

くっそこれだから前世モノは!
前世は異性同士で現世が同性同士だとくっつかず、前世は同性同士で現世が異性同士だとくっつく。
はいはい見飽きた何回やるんだ!
そんなの~槐1991~で完成形ですよ!
しかも槐は異性同士の時さえ悲恋だったからね、20年以上経ってんだから蛇足でしかないのよ。

っていう、百合展開にならなかったことへの愚痴笑
いや途中まで期待したじゃん~悠がグレンなのはわかってたよ判明した途端お前皆見かよ~。
まあここは失恋確定だから百花にはもうひと頑張りしていただきたい。
「バルト様いないんだ……」って、気持ちの区切りは描かれたからね。
悠の「ふーん」が御堂への嫉妬だと解釈できる展開になってほしい。

さて、他。
「いや守るんじゃない、一緒に戦おう!」
ですよですよ、ボクセキはこれですよ!
槙のその顔! 居場所を得るのは愛に拠ってじゃないんだ、対等性なんだ。
10年代の少女漫画はこうでなくちゃ。
皆見ってほんとに何も守ってないんだよな。意図的だ。七浦は早くそこに気づかないと振られるで。


肝心なことは全然わからないのにここまで引っ張れる力は凄いな~。
前世の謎と現在未来のジレンマがそうさせる。一介の高校の一クラスって設定が上手いんだよ。「クラス」って充分な閉鎖空間だからな。
外と繋がろう話大好きなんです。そいえば5夢もだから好きなのかな。

[PR]

by jinloturu | 2014-12-09 16:28 | 少女漫画 | Comments(0)  

<< angelaのミュージック・ワ... 朝川くんとキスをするなら/村上左知 >>