逃げるは恥だが役に立つ9巻/海野つなみ

そこそこよかった~~~!お疲れさま!
って感じの総評。
結局ドラマ1話も見てない。どうしようかな。

なんというか、本当に、連載当初の2012年からだいぶ社会の空気は変わったよね。
確実に違うよね。
このマンガがすごい!2014で8位か。これも「自分のテイストが時代の空気に合ったのかも」みたいなことを作者言っていて、それで2016年ドラマ大ヒットと。
ぴったりと時代の感性に「合った」のが2016年なんだよな。


「呪い」。呪いな。私自身最近呪い呪い多用している。
が、この百合ちゃんの「そんな恐ろしい呪いからはさっさと逃げてしまうことね」、他のメディアで引用されすぎてこの9巻読む前にもう腹立ってしまっていたよ。
だってその呪いそんな簡単に逃げてしまえるものじゃないじゃん!それを自分の気の持ちようで逃げられるだなんて恥をかくとか以前に無理じゃない向こうが呪いをかけてきてるんじゃない!
それを世間知らずの若い娘への説教として溜飲を下げていいのか、呪いをかけてくる権力の存在(ウテナでいう蜃気楼)を無視して安易に引用し個人に責任を負わせるその神経どうなのか、結局時代の感性はここまでなのか、というもやもや。
作品内レベルではそういう呪いが解ける範囲で解けた、逃げられることだったのだけど。


まあ作品外批評はさておき作品としてはこの安奈ちゃんをいい影響も与える憎めない人として描き、百合ちゃんへの攻撃も誤解と知れたあとすぐ謝るキャラなのは好感だよね。
あとゲイの描き方が終盤だけまともになってるのもずるい~~~ここにも時代を読みとることができる~~。(ドラマ版は最初からまともだと聞いてそれは見たいんだよな)

結局平匡とみくりはマジョリティーもマジョリティーに落ち着いたのな。
っていう見方は乏しいのかもしれない、それまでの紆余曲折が『逃げ恥』を『逃げ恥』たらしめているのだから。結婚式しないし。
それでも自分達の選択として形には残したいねというカスタマイズ。婚姻して終わりではなく結婚という「生活」を切り盛りしていくラスト。
最近牧村朝子さんとモリガさんが「脱婚」してこれ時代を先取りしすぎて世間に伝わらないんじゃ……ってはらはらしたんだけど、私はこの二人にも「やっぱり私たちには婚姻パック合いませんでしたね」って脱婚してほしいかもしれない。

百合ちゃんと風見さんもな~~。
いやいいんだよ、処理としては完璧なんだよ、マジョリティーに落ち着いたみくりと平匡と対比して婚姻を選ばないかもしれないし独り身をなおざりでなしに充分根拠を伴って肯定してるし年齢という「呪い」も絡めてさ。
だから安心してあっちのふたりは結婚させてしまえる。
でもカップル化か~~~いやほんといいんですけど……「長くは続かない」って最後の最後に言い切ってるのはびっくりしたけどびっくりすること自体まあ私の囚われたもやもやではあるんだよな……だから処理は完璧なのよ。
高齢処女だって掘り下げるに値する問題だしね。実際ずいぶん作品として深まった。
結婚にしても恋愛にしてもセックスにしても挿入にしても食事にしても家事にしても「してもいいししなくてもいい」、あらゆる選択が可能になった時代、同性間結婚はその選択すらないままである時代、個々人が自らの選択でカスタマイズする時代。
あっだから平匡とみくりは名字どうすんだ!?触れないの同姓強制問題!?
まあな夫婦間平等を追求してきたのであって社会のなかにある夫婦という問題意識は薄かったけどさ……。

「これはあたしの問題であってそれを相手に背負わせるのは筋が違うと思うの」、ああだから風見さんは好きになったのよなあ。
「自分に自信がないことと僕と釣り合わないっていうのは関係がない」と冷めてしまうような彼だから。
[PR]

# by jinloturu | 2017-03-21 21:47 | Comments(0)  

出口ゼロ13巻/瀬田ハルヒ

ああああああ百合だああああああああ!!
すさまじくすさまじく私好みの私のための百合だ…………。
あり、あり、ありがとう……。
もはや愛子という名もぐらついたぞ。ゆみかと呼んでよいか。


前巻で愛子と怜士にフラグらしきものが立って、私は、ふっと我に返った。恋愛要素のないこの作品も、なかよしだから、やっぱりそこに終結するのかと。
夕日と咲良はともかく、そこも安直にまとめてしまうのかと。でもしょうがないよね、その安直さも、恋愛要素も、求められているのだろうし、なかよしだしさ。
勝手に期待して勝手に諦める私自身を弔って、覚悟しなおした。
ありがとうさよなら夕日ちゃん大好き、と言う愛子の予告に、ああこれだけあれば生きていける、と、悼みも含めて少し泣いた。


そしたらこれだよ。こんなん予想してねえよ……。
ラスボス咲良じゃねえのかよ完全に愛子巻!!!!
2巻のさあ!!「ごめんね……!!」のあの信頼を!さあ!!!
破壊しきった夕日の人格真っ向から破壊しにかかった女が女を妬み嫉みに由来しない意思をもって絶望に突き落とすこの殺伐を描ききった!!!
これを私が百合と呼ばずして誰が呼ぶ!!!
夕日ちゃん♡夕日ちゃん♡って愛を叫ぶ姿からこの変貌だよ。
とんでもねえ女優だ。二重人格的な感じなのか。
女優といえば許される感のある、「からっぽな」、愛子の人格安定しなさすぎだけどどういうふうにまとまるやら。
これで本当に本当に、夕日にとってメインの男ふたりは戦うパートナーで、愛子とはなににも代えがたい絆で結ばれるのなら、私は、私は何も言うことないですけど……。
完全に「敵」化するとは思えないけど、作品の方向性としてそれもありえなくはないからな。
アカデミーの破壊は"本当の愛子"を敵とするのか。
それでいて表紙もう全部王道百合やん。最高。
次で最終巻かーー。
[PR]

# by jinloturu | 2017-03-21 21:46 | 少女漫画 | Comments(0)  

アルテ6巻/大久保圭

運命を受容した………………。
あーーアルテが"女"とか"貴族"とかはねのけて自分で運命こじあけてきたキャラクターだからこそ、その対比としてカタリーナが置ける。
どっちも本物だよ。どっちも肯定すべきだよと言う。
「カタリーナの幸せがここにあるとは思えない」というのがアルテの行動因だった。
アルテは運命を捨てて自分の幸せを掴みにいったからそう思うけど、実は、運命のなかで、自分の幸せをつくっていくことだってできるんだよ。
それは自分の運命に真正面から向き合ったからこそできること。

運命の描き方としては凡庸といえば凡庸だけど、王道とも言えて、それを魅力的なキャラクターたちがなぞっていくから人生がきらきら光って見えるんだ…………。
特にカタリーナを想うから拒絶して、運命を受け入れてまぶしく笑うジモとかね……。
泣く。
[PR]

# by jinloturu | 2017-03-08 01:37 | その他漫画 | Comments(0)  

トクサツガガガ9巻/丹羽庭

「オタクは一度の外出に予定を詰め込みすぎる」、オタクの特徴なの……??インドアだから……??
予定を詰め込みすぎてる外出先で読んだのでエッウッてなった。

オタクあるある毎度毎度わかりすぎるな!共感しかない。
あと勝手に家庭事情推し量ってきてかわいそう扱い、親も抑圧されて無理してるつらい、それ描いてくれてありがとう……。


あと非オタクの人めっちゃクリエイティブだな……?
この、自分や他人のために時間を割いて技術力上がっていく非オタクすごいよねわかる。オタクを特権化して描かないあたりさすがだなと思う。
でもやっぱオタクっぽさある。
[PR]

# by jinloturu | 2017-03-08 01:36 | ショート・ギャグ・短編集 | Comments(0)  

捏造トラップ-NTR-~3巻/コダマナオコ

いやいやいや「なにも知らない相手と電話等しながら寝取られエロシーン」寝取られお約束何回繰り返すんだ笑
好きすぎだろ。

すごい、コダマさんだからこういう題材で連載させてもらえたんだろうなあ。っていう特殊ぶり。
直球に百合オタに共感を投げ掛けている。
「男を腐したいよね今まで我々男の支配に煮え湯を飲まされてきたよね今こそ溜飲を下げようではないか女が男から女を寝取ろうぜ!!!!」このはしゃぎよう。
「今度ヤるとこ混ぜてよ」男、あまりに直球すぎて笑ってしまった。ようやるな。

しかし単純なんだよなあ。
クズorいい人当て馬類型も、ひたすら優柔不断で自覚のない主人公も。
この主人公あまりに典型すぎて懐かしいわ。昔よくあったよなここまで優柔不断な少女漫画ヒロイン。
唯一、蛍がこじらせて自分からクズの道にずぶずぶハマって藤原と依存関係つくってるのは今後期待したいところ。
[PR]

# by jinloturu | 2017-03-08 01:35 | 百合 | Comments(0)  

春の呪い2巻/小西明日翔

すごいこう重たくて熱い告白だ……。
お、おう……。
呪いにしてしまうのも、呪いはなかったのかもしれないと気づくのも、結局生きて残された者の傲慢なんだよな……。
もうひとひねりあってほしかったかな、と思いつつ、まあこれしかないでしょう、という落としどころ。
[PR]

# by jinloturu | 2017-03-08 01:34 | 少女漫画 | Comments(0)  

少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録

そいえば劇場版感想書いてなかった。

あーね。
そう、ウテナと聞いて想像していたラストシーンは、こういう感じだったな。
概念を破壊していく少女革命。望みうる、求めうる、エンパワメント。
キスしてくれてありがとう~~(;_;)確かにテレビシリーズの心残りはここだったかな。"キス"(という象徴行為)してほしい。
本編三分の一ほとんどレースしてただけだった、そして勝利そのものは確定しているのに、終始飽きさせずぽんぽんいろんなモチーフが飛び交い、はらはらさせる。アニメーション。

うん。うん。そうだね。険しい道だ。誰も走ったことのない道だ。それでも二人なら。二人の力でなら声を振り絞れる。世界を革命する力を獲得し、城を、王子様を、破壊できる。乗り越えられる。
そうだね。ウテナとアンシーならば。
いいなあ。いいなあ。いいなあ。乗り越えられるだけの力を得られていいな。孤独に戦っていた私には無理だった。戦えなかった。ひとりでは乗り越えられなかったよ。いいなあ。私もそこにいきたかった。すりつぶされてしまった。希望を求めて追いすがった特別な二人がやっと破壊できる世界なんだよ。道は開いてくれたけど、絡みとられてしまう女が、ここにいてしまう。

男性表象がなるほどな、ずいぶん簡略化されていて感心した。
そうそう百合作品の当て馬問題。クズorいい人類型。
類型の根本でありながら、キャラクター性には深みがある。
王子様であることを求められて王子様になろうとしたから死んだ王子様。
王子様であるためにお姫様を必要として食いつぶし殺された王子様。
結局この蜃気楼に支配された世界では、誰も彼もが苦しめられる。生きながら死んでいく。
救いがない。行き止まり閉塞。
だから革命が最後の奇跡。最後の希望。
それがたとえ険しい道でも。

七実のネタ扱いかわいそすぎる……。
[PR]

# by jinloturu | 2017-02-27 22:01 | アニメ | Comments(0)  

僕のかわいい王子様/村上左知

わ~~~~~~!!!性癖~~!!!!!
こ、これだよ……私が求めていたのはこれだよ。


「ネコとしてのアイデンティティ」に、まず、さすが村上さんだな~~と思い。
受けにこだわる受け……相手が誰であろうと積極的選択として受けにこだわりアイデンティティにまでなっている男。
それ。まずそれ。
「男らしさ」から降りて、しかし女性性表象までは獲得せず、かわいらしい絵柄で「男のネコらしさ」を演出。

次に、千原先生という圧倒的受けを前にしてそのアイデンティティが揺らいでしまうこと。
つまるところ攻め×攻めのマウント争いの真逆。
攻め×攻めは「男らしさ」の争いであり、ホモソーシャルのそれとまったく同値。
対して受け×受けは「いかに男らしくないか」を競争していく。村上作品は、それを「いかに女らしいか」競争に反転しないよう慎重に回避している。自覚的。
あくまで「男」であることを前提にする。だから絶対自分の作品を「百合」と表現しないし、今作も例えば高森は美容は怠らないが短髪スーツ、汚部屋、そして二人とも料理下手、という設定によって、「女らしさ」を受けに背負わせないようにする。


はーー好き。
って、思ったんだけど、読み進んでいくうちに、ちょっと高森先生ネコにこだわりすぎてない……?ともやっとしてくる。
「男らしさ」から降りつづけた結果、「受け」の役割を固定化してきていないか……? それは「男"なのに"ネコにこだわる」という意味を帯び、結局役割規範を強化して、その線上には「女らしさ」規範が待ち受けているのでは……?

そしたらそんなことを思ったつぎの瞬間に「ちゃんとタチできるかな やるならちゃんとやりたい」!!!!
わーーー!!ちがう!!!受けにこだわってたんじゃない!メタで見て役割を強化しようとはしていない!タチにもなろうとしてる!!
がんばってタチをやるネコ大好き村上作品はそれ!!!

で、明かされるのは、高森先生が執着していたのは実は「役割」という固定観念そのものであったということ。
ネコならネコ、タチならタチという役割どおりのロールプレイをしようとしていたから、千原先生の存在によって混乱が生じる……。
この構図めっちゃ狂気じゃない? 攻めと受け、リバ、それぞれ役割とは「らしさ」とはなにかについて延々考察してなければこんなこと描けなくない?
男らしさを求める男を描きたくない気持ちがめちゃくちゃ伝わってくる。わかる………………わかる~~~~~~~~。

役割規範が崩壊したから、最終的に受け×受けであることを受け入れ、高森先生もネコでありながら探り探り攻めていく……。
「僕ここまで乳首感じないし」とかこの、受けだからそれを発言してしまえる、受けとしての比較を攻めている最中にさせる、こうして攻め×受けを周到に破壊していくのはいつもどおりさすがの手腕。
事後千原先生のタチ性が覗くのは、役割規範を破壊しおえたからこそなんですよ。

で、紙幅の都合上?完全なリバシーンは描けなかったから、話としては高森×千原で終わる。
だから高森先生が攻め化した、と見られてしまう可能性も微妙に残ってしまった。
しかし、それを村上さんは絶対に許さない。
番外編、「千原先生かわいくてネコの自分忘れそう」と調子に乗る高森でさえ、挿れてほしいと懇願する……こいつは受けなんだよ本人がアイデンティティ攻めに傾いていてさえ受けであることを"望んでいる"んだよ……。

性癖!!!!!
性癖……はーー、こういうリバが、こういうリバが、こういうリバが、私の求めたオアシス。ニッチ需要を満たしつづけてくれることに感謝する。
攻め役割に執着する男を見ると「男らしさ」に縛られていることにつらくなってしまうんですが、単純に男"なのに"と男らしさの反対にこだわれば男らしさを破壊できるわけではなく、男らしくなさを追求するたびむしろ無視された選択肢が浮かび上がり男らしさを強化してしまうことが往々にしてあるからつらい。
それをね見事に昇華してみせたよね最高。


ルールそのいちシリーズはもうなんか安定の萌え……。周到すぎてもはやよくわからない……リバ感覚が合いすぎる。
理央のこの騎乗位のコマの構図、実は初めて? かわいい。
[PR]

# by jinloturu | 2017-02-27 22:00 | BL漫画 | Comments(0)  

男同士の絆/イヴ・K・セジウィック

むずかしい……なにがむずかしいって、噛み砕くと「~~なのではないかと考える。この場合こういう反論が考えうるけどそういうことじゃなくてもっとこうこのへんの話が私はしたいからあそこらへんに取っ掛かりがあるんだろうなーとおぼろげながら思ってる」って、終始こんな感じで文が進んでるから。
議論に対する誠実さを求めた結果主張が曖昧に行きつ戻りつして、主張の結論を出さずに議論の展望のみ語るのでわかりにくいんですね。イギリス文化と文学からきし知らんし。
でもがんばって読んだ。面白いから。

面白いんですよ。最近フェミニズム入門書をいくつかぱら読みしてたんだけど別に私入門書いらなかった。学問が知りたかった。

簡単に背景を調べたところ、レヴィ=ストロースの、「血を存続させていくために近親相姦を忌避する、そのロジックとして血の再生産役割である女を共同体から代謝していく」という女の交換論をフェミニズムから分析した先人たちが幾人かいて、それをさらにホモソーシャルという文化のなかに読み込んで考えたのがこのセジウィックの『男同士の絆』ということ。(間違ってるかも)
「男性同性愛はミソジニーすなわち女排除の究極形態だ」という俗説を否定し、ゲイと女性の権利獲得活動を接続しようとしたと。
でも結構ゲイカルチャーって血再生産のための女体すら必要としてないから究極ミソジニーを温存してるとこあるよね……っていう実感はさておき。


いちばんおもしろかったのは、「近代社会においてなぜホモソーシャルはホモフォビアを内包しているか?」分析。
古代ギリシャなんかのホモソーシャルは少年愛文化が存在した。(日本の男色文化もそうよね)
だからホモソーシャルはそれそのものがホモフォビアを要求するわけではない。
しかし、近代(イギリス)社会においてはホモフォビアは必然的に必要とされた。なぜか。
「家父長制やそれに準ずるホモソ社会を維持するために、最小限の力で最大の効力を発揮する、男たちを統制する機能の役割、それがホモフォビアだったから」。

よく観察すると、ホモソーシャルが称揚する男の絆と、ホモセクシュアルな男の関係は非常に似ている。ていうかほぼ同じ。
似ているがゆえに、ホモフォビアはホモソーシャル統制に最大の効力を発揮した。
ホモセクシュアルだと指摘された途端に男はホモソーシャルの階級から落下する。
ホモソーシャルは、たまに気まぐれにホモセクシュアルを弾圧し、”いつその関係がホモセクシュアルだと指摘・断罪されるかわからない”状態をつくっておかなければならなかったのだ。
そうすることで、「ホモだと見なされないように振舞わなければならない」とつねに男を脅かしつつけ、ホモソーシャルを維持していくことができる。

……それだ!!!!!
もう、なるほどなーそれだーーーって感じ。
で、家父長制維持に必要な異性愛は、「ホモだと見なされないように」という隠蔽のために選択されると。
ご、合理的だ……というか便利すぎるだろホモフォビア……。
私は、例えば、ホモソ的な作品のなかで男たちが男らしさを確認したときの軽く拳をタッチしあう儀式が嫌いなんですが、今まで私はそこに「ホモセクシュアルが抑圧された姿」を読み取っていた。
言葉を交わさないで通じ合う(と思い込む)、感情を表情にあまり出さないようにする、男らしさを確認したときだけ最低限のふれあいが許される。いや触れろよ! 体全部で感情を表現しろよ抑圧するなよ! と思ってた。
しかしセジウィックはそれを、「むしろ推奨すべきホモソーシャルの絆と忌むべきホモセクシュアル関係というダブルスタンダードがあらわになる瞬間」だと言う。
ほほう……。


「女の交換論」については文献を遡りたいな。
男の絆を深めるのにどうして女が貨幣として交換されねばならないのか、実はよくわかってないなと思った。
ホモソーシャルは女を外縁化する。至上の男だけの絆を作りたいのなら単に女を排除するだけでいいのに、「寝取られ男」にさせられる危険性を冒してまで、異性愛をする。
ここもよく意味がとれなくてわかんなかったのよな……。なんで危険を冒してまで女を取り込むか。
シェイクスピアのソネット集分析は明快だった。
血の再生産のために相手の男の異性愛を望むが、「女」が実在性を帯びるようになると今度はホモソーシャルが破壊される恐怖にさらされると。
女が介入すると、男のあらゆる挙動について「女が現れたせいで堕した」とすべて女に責任を課すことになる。だからホモソーシャルが破壊されると考えてしまう。考えることになってしまう。
でもここも、そもそもなんで女が潜在的にホモソーシャルを破壊する脅威になりえているのかがぴんときてない。
女はホモソーシャルを破壊する恐怖になるか? 女は男を支配できないのに?(それを前提だと考えるからぴんときてないことはわかる)
もうちょっと読み込もう~。
これの補論的なその後の議論って体系化されてないのかな。見当たらず。
ジラールの「欲望の三角形」あたりもいくかー。

[PR]

# by jinloturu | 2017-02-27 03:29 | エッセイ・評論他 | Comments(0)  

憎らしい彼/凪良ゆう

最高エンタメすぎるな!?

まず、萌えるよ、萌える……これいちばん大事……ここさえクリアすればBLはオールオーケーなのにこんな、私の読みたかったものとか価値観に対する真摯さとか伏線のそつのなさとかキャラの無駄のなさとか、しかもそれらすべてを一定量かつBL文法に落とし込みながら濡れ場サンドも完璧な……こんな……いいのか……。

まずねなによりなにより大事なことは凪良さんのセクマイとの向き合いかたね。
これが私は読みたかったんだよ。現実にある差別とか諸問題を、説教くさくならず、萌えにくるんでコミカルに描くBL。
両親に清居の魅力を熱く語る平良、いじめられてるのか友達できたのかゲイなのかぐるぐる混乱する両親、冷や汗をかく清居。
「ゲイカップルのカミングアウト問題は繊細なんだからこんな出会い頭の交通事故みたいにやるべきじゃない」
これ!!
単に恋人の両親へのゲイバレを焦るんじゃなくて、ゲイのカミングアウト事情がいかに社会的事情の問題であるかを盛り込む、しかしそれは過剰な深刻さのなかではなくエンタメとして処理される、これが、これが見たかったんだ……。
エンタメとして処理されるからこそひねくれ読者にも届くんだもの。

あとね平良がほんとにきもいままで、しかもストーカーが高じて流血沙汰まで起こすような犯罪者ファンと結局は同根メンタルであると描かれたのもよかったな。
「そんなやつとはちがう」って言わなかった。そんなやつだからこそ清居は惚れた。
変わらない。「正しくあるべき恋人像」に収まらない。
すごいなー。
[PR]

# by jinloturu | 2017-02-12 02:47 | BL小説 | Comments(0)